無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

凛として時雨 2010 UK LIVE REPORT

音楽

夕景で響く。

I was music SUPER FINALさいたまスーパーアリーナにて行われたワンマンライブ。クライマックスで見せた赤く染められたステージに浮き上がったメンバーのシルエットを、つい先日のように感じられるのは、自分だけではないであろう。

特別な日から1ヵ月後の5月半ば、凛として時雨は彼らの原風景と言っても過言ではないイギリスにて、全4公演に及ぶ初の海外公演を行った。
5月13日、15日の2日間出演した『The Great Escape』というフェスティバルは、06年からスタートし毎年5月にUK・Brightonで行われており、200組を超える地元のバンドや海外アーティストが参加している。ライブハウスやBar、そして野外。
街中至る所にステージが設置されており、朝から晩まで宴が開かれている。
 初日のVolksは、海岸沿いにある小さなライブハウス。「moment A rhythm」のジャケットに映し出されているオブジェが、すぐそこに佇んでいる。国内のライブとは違う機材がセッティングされ、足元の蛍光灯はあるものの、耳を劈くSEは無し。スタッフのイントロデュースを合図に、TKのギターが唸り出す。決して多いとは言えないオーディエンスに向けて容赦なく曲を叩きつけていく。
音に触発されたのか、徐々にバーからフロアへ移動してくるオーディエンス達。
フィードバックを引き裂いて始まった「nakano kill you」のイントロに狂喜乱舞する姿は、未だに目に焼き付いたままだ。演奏時間は30分と短いものの、凛として時雨の”核”を凝縮させたセットリストで、少しもたじろく事なく剛速球をぶつける事が出来た流石のライブであった。

 2日目のKomedia。ここは、様々な店が立ち並んだ中にあり、音響や照明機材がしっかりしている、キャパが500人程のライブハウスだ。ティーンのオーディエンスで会場内の熱気が高まる中、ヘッドライナー前に凛として時雨が登場。この日は機材セッティングの都合上、立ち位置が若干変則的であった。ステージ向かって左側345とピエールがかなり近づいた状態でセッティング。TKはいつもよりセンター寄りに立ち、ステージ右側には少しの空きスペースがある。
サプライズとも言える日本ではなかなか見れない海外らしいハプニング?であろう。 TK自らがイントロデュースを行い、「想像のSecurity」「テレキャスターの真実」「Sadistic Summer」と続く。バンドのテンションはフルスロットル。TK、345のハイトーンボイスは重なり合うと共に、鋭利な刃物となって空間を切り刻み、ピエールのドラムは全速力で会場を駆け回る。つまり、演奏がキレッキレなのである。 最前列のティーン達が熱い眼で見つめる先は、3人の指先。確実に演奏を追っていた。指先から奏でる音、一音一音を追う目、日本でも良く見る光景。バンドキッズは万国共通なのであろう。
ピエール中野に機材トラブルがあった事はライブ後に初めて聞かされたが、改めて逆境に強いバンドだと感じた。全世界から様々なバンドが集まる中、確実に「凛として時雨」という音を、Brightonの地に刻む事が出来たに違い無い。

 場所はLondonへ移り、ツアー3日目はSouth of the Border。
会場はキャパ200人ほどの大きさではあるものの、非常にバランスの取れた、心地よい音像を作り出すのは、Londonの空気のフィルターを通すからであろうか。この日は、凛として時雨がヘッドライナーとなり、45分と少し長めのステージ。1曲目の「鮮やかな殺人」で、TKが歌い始めると共に、ヒリヒリとしたギターサウンドが掻き鳴らされると、一瞬にして会場の空気を自分達の物としてしまう。場所が何処であれ、見事に時雨ワールドを展開出来るのは、バンドのポテンシャルの高さ故である。「Telecastic fake show」「nakano kill you」「感覚UFO」と、凛として時雨の鉄板スーパーコンボを打ち噛まし、激走したままステージは終了。全9曲、圧巻のライブであった。

 UKツアーラストの地は、LondonのCamdenという街にあるBarflyというライブハウス。
お店が数多く立ち並ぶエリアの一角にあり、現地では由緒あるライブハウスだそうだ。
この日も、TKと345の立ち位置が逆になるという海外お決まりのハプニング?が合ったものの、全く動じる様子は無くライブが始まる。
この日のライブ中の彼らの眼に、バンド初期の狂気に満ち溢れた何かをふと思い出した。
バンドの本能が国境を越えて剥き出しにでもなってしまったのだろうか。
きっとメンバー3人の中に、その頃の気持ちが蘇っていたのかもしれない。

偶然、凛として時雨を目撃した者、ひっそり時雨を知り、胸膨らませライブに参戦した者、目的は違えど、見ず知らずの人達がイギリスの地で1つになる様子を、目の前でまざまざと見せ付けられると、「音楽には国境など無い」という事を実感せずにはいられない。本当に貴重な体験である。

 スピーカーは世界に向き始めた。雨の多いこの国で不自然なまでに続いた快晴、国境を越えて飛んできた音に”異常”を感じていたのかも知れない。

5月13日(木)
『The Great Escape』 Volks / Brighton / UK
想像のSecurity
テレキャスターの真実
DISCO FLIGHT
JPOP Xfile
Telecastic fake show
nakano kill you

5月15日(土)
『The Great Escape』 Komedia / Brighton / UK
想像のSecurity
テレキャスターの真実
Sadistic Summer
Disco Flight
I was music
Telecastic fake show
nakano kill you

5月17日(月)
South of the Border / London / UK
鮮やかな殺人
想像のSecurity
テレキャスターの真実
ハカイヨノユメ
DISCO FLIGHT
I was music
Telecastic fake show
nakano kill you
感覚UFO

5月18日(火)
Barfly / London / UK
想像のSecurity
テレキャスターの真実
ハカイヨノユメ
DISCO FLIGHT
I was music
Telecastic fake show
nakano kill you

-音楽

関連記事

12/22(日)豪華アーティスト競演のクリスマスライブ 「FamilyMart presents MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE 2013」へSOL が出演が決定した!

SOL (from BIGBANG)は先日約3年振りとなるソロ楽曲「RINGA LINGA」を公開し、韓国国内の音源チャート1位を席巻、7ヵ国の海外iTunesチャートで1位を独占。BIGBANGとし …

大正5年以来初!藤田恵美×柴門ふみ×婦人公論コラボによる音楽企画“ふふふプロジェクト”始動!!

10月22日(火)発売の雑誌『婦人公論』(11月7日号)にて、180万枚の売り上げを記録した「ひだまりの詩」でおなじみの元ル・クプル で歌手の藤田恵美、「東京ラブストーリー」「あすなろ白書」で有名な漫 …

氷川きよしが歌う「ゲゲゲの鬼太郎」フルサイズが7月24日より配信開始

氷川きよしが歌うテレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第6期オープニング主題歌「ゲゲゲの鬼太郎」のフルサイズが7月24日(火)より配信をスタートします。 今年アニメ化50周年を迎える『ゲゲゲの鬼太郎』は、過去 …

EBiSSH×SBC合同プロジェクト ONE N’ ONLY 11月18日(日)フジテレビ「Love music」出演決定!!

EBiSSH×さとり少年団(SBC)による合同プロジェクト ONE N’ ONLY(ワンエンオンリー)が、11月18日(日)24:30〜オンエア予定のフジテレビ「Love music」に出演することが …

沖ちづる「街の灯かり(春)」のショートフィルム公開

2015年に公開された沖ちづる出演の「街の灯かり」のショートフィルムで描かれた、都会の片隅で出会うスキンヘッドのサラリーマンと新人女性シンガーソングライターの一夜のファンタジーには続きがあった。 あの …

全編KREVAプロデュース!MCU&LITTLEの「UL」、3年越しのデビューアルバム発売決定

日本を代表するHIP HOPグループ「KICK THE CAN CREW」のMCUとLITTLEが新ユニット「UL」結成を発表してから早3年。ついにデビューアルバム「ULTRAP」がリリースされる事が …