無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

SAWA、豪華1stフルアルバムで、脳内音楽テーマパークへご招待!!

音楽

 2008年6月、半沢武志(FreeTEMPO)をプロデューサーに迎えたミニアルバム「COLORS」でのインディーズデビューからちょうど2年。インディーからメジャーへと活動の拠点を移しつつ、これまでに計5枚のミニアルバムをリリースしてきたSAWAが、7月7日、ついに待望の1stフルアルバム「Welcome to Sa-World」をリリースする。全17トラックに及ぶ壮大な内容となった今作、半沢武志(FreeTEMPO)やRAM RIDER、☆Taku Takahashiら、豪華プロデューサー陣が手がけてきた過去のミニアルバムからのリード曲5曲以外は全て新曲。SAWAとの交流も深い福富幸宏や瀧澤賢太郎、Jazzin’parkらがこのアルバムのために書き下ろしたトラックや、SONPUB、TeddyLoidといった気鋭のプロデューサーがアレンジを手がけたトラックなど、非常に豪華な内容となっている。
 さらに、多彩なプロデューサーによる楽曲をギュッとひとつに束ねるのが、随所に登場するスキット。SAWAの脳内音楽テーマパーク「Sa-World(サワールド)」を、マイペースな謎の女性ナビゲーターが案内するというポップでシュールな世界観のスキットは、構成・作曲・プロデュースから打ち込みまで、ほぼ全てをSAWA自らが手がけたという未だ知られざる多才ぶりを発揮。これまでのミニアルバムでは参加アーティストの豪華さにのみ目を奪われがちだったかもしれないが、「Welcome to Sa-World」=「サワールドへようこそ」というタイトルが示すとおり、遊び心に満ちあふれたこのフルアルバムを聞かずにはSAWAというアーティストの真髄を語ることができないのは間違いないだろう。
 スウィートでポップ、そしてちょっとシュールな「サワールド」を、あなたも訪れてみては…?

■リリース情報
SAWA
1st Full Album
Welcome to Sa-World
2010.7.07 release

DVD付初回生産限定盤:ESCL-3475-76 ?3,465(tax in)
通常盤:ESCL-3477 ?3,059(tax in)
※初回盤・通常盤はジャケ違いとなります。

01 Opening Ceremony 〜Sa-Worldへようこそ〜
02 MerryGoRound
03 Stars
04 NightBus
05 Chocolate Zone 〜野生のSAWA〜
06 ManyColors
07 I’m a president
08 Throw him away!
09 Danger Zone 〜逃げろ!危うしSa-World!〜
10 Swimming Dancing
11 Planet-T
12 Friday Night
13 Eat It All 〜Live in Sa-World〜
14 I Can Fly
15 あいにいくよ
16 Dream about…
17 Thank you for visiting 〜My name is…〜

■プロフィール
 多くのDJ/クリエイターから高く評価されているヴォーカルの表現力、”ミラーボール愛(!?)”溢れるビジュアルワーク、そして、ブログなどからも浸透しつつあるシュールかつピースフルなキャラクターでファン増殖中の次世代ダンスポップアーティスト、SAWA。4歳の頃から母親の勧めでヴァイオリンを習い始め、10歳を迎える頃には自らピアノを習い始めて絶対音感を身につける。その後、m-floやJazztronik、FreeTEMPOといったフェイバリットアーティストたちの楽曲に影響を受け、クラブミュージックをベースにした音楽制作やライブ活動をスタート。
 08年6月、半沢武志(FreeTEMPO)プロデュースのミニアルバム「COLORS」でインディーズデビュー。12月にはRAM RIDER、福富幸宏、中塚武、A Hundred Birds、瀧澤賢太郎ら豪華プロデューサー陣を迎えた2ndミニアルバム「TIME&SPACE」でiTune Music Storeのダンスチャート1位を獲得した。09年7月、5曲入りミニアルバム「I Can Fly」でメジャーデビュー。11月には自らのルーツでもあるm-floの☆Taku Takahashiプロデュースによる「Swimming Dancing」をリリースし、同じく☆TakuプロデュースのM2「World-Wide Tea Party」ではダブステップなトラックにもアプローチするなど、サウンドの幅を広げている一方、2010年4月にリリースした新曲「あいにいくよ」が有線チャートでTOP10入りするなど、J-POPとしての支持も着実に集めつつある。
 ヴォーカリストとしても、GEKKAN PROBOWLER、Sound Around、福富幸宏、FreeTEMPO、RYUKYUDISKOらの作品に参加しており、その個性を高く評価されている。

■ライブ/イベント情報
5/15(日)@渋谷 Lounge NEO
HAPPY SPACE brilliant house music
OPEN/START 14:00(〜21:00)
料金(税込)●Adv ?2,500 ●w/Flyer ?2,000 ●事前優待予約 ?1,500(ホームペー
ジ優待予約コーナーにて)
【Guest DJ】TOMOYUKI TANAKA [FPM]
【Guest Live】SAWA / CASTAWAY feat vocal.Rico (FLAT5th)
http://happy-space.net/
<関連リンク>
オフィシャルサイト

-音楽

関連記事

R.E.M.『オートマティック・フォ-・ザ・ピープル』の全24分のメイキング・ドキュメンタリーを公開

R.E.M.の名盤『オートマティック・フォーザ・ザ・ピープル』が今年リリース25周年を迎え、新しくリマスターされたアルバムがさまざまなフォーマットで11月に発売され、この発売を記念して、新しい全24分 …

LOVE PSYCHEDELICO 初の1Dayライブレコーディングによるアコースティック作品 を急遽発表!

LOVE PSYCHEDELICO所属のレーベル「スピードスターレコーズ」は、彼らの初となるアコースティック作品「“TWO OF US”Acoustic Session Recording at VI …

MUCC出演!第2回 ニコニコ生放送「ムックの新曲フライングゲット祭り!」決定!

先週12日(土)にムックとして初のニコニコ生放送「逹瑯とミヤ、たまにムック。」に出演した。 番組の目玉でもあった逹瑯×ヒャダイン、ミヤ×浅倉大介との豪華対談も盛り上がり、最後には残りのメンバーYUKK …

ルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・ザ・リアルが「バッド・ケース」のMVを公開

現代アメリカーナ・バンド、ルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・ザ・リアルの7月3日(水)にリリースとなるメジャー・セカンド・アルバム『ターン・オフ・ザ・ニューズ』より1stシングル「バッド・ケース」の …

Beat Buddy Boi、“パクリ疑惑”を一蹴! ZEPP TOKYO超満員“DJダンス”に8000人驚嘆!

世界最大級のダンス大会でも優勝を果たすなど、シーンにおいてはカリスマ的な存在感を誇る最強ダンスチーム・Beat Buddy Boi。 そんな彼らが5月27日にシングル「come again」でメジャー …

星野源 ニューアルバム『POP VIRUS』より アルバムタイトルトラック「Pop Virus」MUSIC VIDEOが公開!

ニューアルバム『POP VIRUS』がいよいよ12月19日(水)にリリースとなる星野源。 大ヒット曲「恋」、「Family Song」、「アイデア」はもちろん、アルバムリリースに先駆けラジオ解禁され、 …