無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

デーモン閣下ツアーファイナルにて、ALICEプロデュースによる新曲「NEO」を初披露!

イベント 音楽

デーモン閣下が『DEMON’S ROCK “DKR(うたどくろ)” TOUR』のファイナルにて、12月4日にリリースとなるシングル曲「NEO」を初披露した。楽曲「NEO」は、デーモン閣下が”世を忍ぶ仮の姿”の中学生時代から大ファンであったALICEに自身作品への楽曲提供をお願いしたことから生まれた。ALICEとして史上初の他アーティストプロデュース作品となり、谷村新司氏作詞、堀内孝雄氏作曲、矢沢透氏が編曲、しかも谷村氏、堀内氏、矢沢氏3名がコーラスにも加わるという超豪華楽曲となっている。そしてカップリング曲にはALICEが1981年の活動休止前にリリースした名曲「エスピオナージ」のカヴァーも収録される。

ジャケット写真は解禁となり、デーモン閣下発案のもと、新しい=NEO衣装が完成。デーモン閣下にしか出来ない世界観はいつも度肝を抜くものばかりである。

 

 

本TOURは、10月にリリースされたデーモン閣下の最新アルバム『うた髑髏(どくろ) -劇団☆新感線劇中歌集-』を具現化。劇団☆新感線の劇中歌はハードロック・ヘヴィーメタルを基調としているだけに、正に王道のハイトーンヴォイスとシャウトなど、冴えわたるメタルスピリット溢れるライヴステージを繰り広げた。劇中歌集である今作は構成が綿密に練られており、ライヴではそのアルバムの曲順と同じ構成で展開された。

劇団☆新感線劇中歌ならではのハードなサウンドと壮大で心揺さぶられるドラマティックな楽曲群、そして今回のライヴで特筆すべきこととして、劇中で楽曲が使われるシーンのセリフを閣下そしてバンドメンバーが朗読し楽曲が演奏される、という演出もあり、ロックオペラを思わせるような贅沢な世界が広がった。初日の大阪、千秋楽の東京と2公演に訪れた劇団☆新感線主宰の演出家いのうえひでのり氏にもこの演出方法は好評だったという。これぞ、あるようで決して無かったシアトリカルライヴといえよう。

 

 

アルバム『うた髑髏(どくろ) -劇団☆新感線劇中歌集-』全曲演奏という本編終了後、アンコールの3曲目に遂にその時が来た。イントロが始まりすぐさま「NEO NEO NEO・・・・」というコーラスが始まる。客席がざわつく。デーモン閣下は自身のブログで、「本当にうれしいことがあった」と記述し、後に、最も敬愛するALICEプロデュースによる楽曲「NEO」のリリースを発表、ずっと抱き続けてきた夢が叶った事を報告した。そんな知らせを聞いたファンからは多くの祝福メッセージが届いたという経緯がある。

 

 

遂に長年の夢を、ライヴという空間でファンと共有したデーモン閣下。「どんな曲がいい?」という谷村氏からの問いかけに、「ALICEのような曲にして下さい!」と答えた閣下のリクエスト通り、誰の耳にもALICEの楽曲だと感じさせる詞、曲、サウンド。本ライヴの世界観とは異なる楽曲のテイストながらも、閣下のヴォーカルが始まるとなるほどと腑に落ちた。“世を忍ぶ仮の姿”の中学生時代からALICEを聴き続け培った世界観は、全て閣下の血となり骨となっていた。

 

 

ニューシングル「NEO」初回生産限定盤封入の特典DVD映像には、都内某レコーディングスタジオにてALICEのメンバーとデーモン閣下による楽曲制作密着映像が収録されている。ALICEのメンバーが待つスタジオに足を踏み入れたデーモン閣下はレコーディングにおいて地球デビュー以来経験したことのない雰囲気を味わったという。ALICE×デーモン閣下という異色の組み合わせの中、普段見る事の出来ない貴重なレコーディング映像となっている。更に、ALICE書き下ろし・プロデュースの表題曲『NEO』の荘厳なるMUSIC VIDEO、そして、ALICE、デーモン閣下のインタヴュー映像も収録される。

 

 

 

 

【デーモン閣下 ニューシングル】

≪タイトル≫ NEO

≪リリース日≫ 12月4日(水)

≪収録楽曲≫

  1. NEO      作詞:谷村新司 作曲:堀内孝雄 編曲:矢沢 透

2.エスピオナージ   作詞:谷村新司 作曲:谷村新司 編曲:アリス

  1. NEO(オリジナルカラオケ)

4.エスピオナージ(オリジナルカラオケ)

≪商品構成≫CDシングル

初回生産限定盤(CD+DVD) 品番:BVCL-1017~8 価格:¥2,300+税

通常盤(CD) 品番:BVCL-1019 価格:¥1,200+税

 

※初回生産限定盤特典DVD:「NEO」MUSIC VIDEO、レコーディング密着映像、ALICE・デーモン閣下インタヴュー映像を収録(約29分)

 

 

【コンサート情報】

魔暦21年「DEMON’S ROCK“DKR(うたどくろ)”TOUR」

  • 10/21(月)Zepp Namba 開場18:30/開演19:00
  • 11/2(土)Zepp Nagoya 開場17:30/開演18:00
  • 11/10(日) Zepp DiverCity 開場17:00/開演17:30

【出演】デーモン閣下(Vo.)/松崎雄一(Key.)/石垣愛(Gt.)/原田喧太(Gt.)/ LEVIN(Drs.)/大桃俊樹(Bass)/MIYAKO(BGV.)/ayumi(BGV.)

 

 

【デーモン閣下プロフィール】

悪魔。「表現者」「音楽・娯楽の創作と演出」、遍く媒体でのご意見番。

魔暦紀元前16(‘83)年、ロックバンドの姿を借りた悪魔の集団「聖飢魔Ⅱ」の謳・説法方として現世に侵寇。

魔暦21(2019)年10月16日にアルバム「うた髑髏 -劇団☆新感線劇中歌集-」を発表し、今月より「DEMON’S ROCK “DKR” TOUR」を敢行。12月4日にALICEプロデュースによるシングル「NEO」をリリース。

TBS-TV「ひるおび!」(毎水)出演。広島県がん検診啓発特使、早大相撲部特別参与(共に8期目)。

公式web site: http://demon-kakka.jp/

 

 

【ALICEプロフィール】

谷村新司(ボーカル&ギター担当)、矢沢透(ドラム&パーカション担当)、堀内孝雄(ボーカル&ギター担当)。

1972年3月5日、シングル「走っておいで恋人よ」でデビュー。

「今はもうだれも」のカバーヒットを契機に、オリジナル楽曲「帰らざる日々」「冬の稲妻」「涙の誓い」「ジョニーの子守唄」「チャンピオン」「秋止符」「狂った果実」等、数々のヒット曲を連発し、1978年、日本人アーティストとして初めて日本武道館3日間公演を成功させる。

1981年5月21日にアリスの活動停止を記者発表。

1981年11月7日の後楽園球場のコンサート「3人だけの後楽園~VERY LAST DAY~」にて活動停止。

2019年5月から6年振りの全国ツアーを展開中。

公式web site: http://alice1972.com

 

-イベント, 音楽
-

関連記事

手嶌葵 最新作「Ren’dez-vous」より“Cinematic”なミュージックビデオ3作品が本日よりiTunesで一挙配信スタート!

手嶌葵の最新アルバム『Ren’dez-vous』収録曲の「Voyage a Paris〜風に吹かれて〜」「ショコラ」「ちょっとしたもの」のミュージックビデオ3作品が本日よりiTunesにて一斉配信開始 …

ディズニー・ミュージック・グループ初のアカペラ・グループ、ディカペラの日本デビュー決定で日本語楽曲も歌唱。

ディカペラ(DCappella)は、ディズニー・ミュージック・グループが世に送り出す、初のアカペラ・グループ。5月に発売される日本盤には、メンバーが日本語でトライした5曲が収録されることが発表された。 …

ももすももす 待望のセカンドシングル「アネクドット」11/6日リリース! 10/3より新曲「プルシアンブルー」先行配信!

今年2月13日に日本コロムビア/TRIADからシングル「木馬」でデビューしたシンガー・ソングライターの“ももすももす”の待望のセカンドシングル「アネクドット」の11月6日リリースが決定しました。 「ア …

渋谷クラブクアトロ、ツアーファイナルにて、リーガルリリーに新メンバー加入。

7月5日、渋谷CLUB QUATTROにて、リーガルリリーのワンマンライブが行われた。 リーガルリリーは6/6に3rd mini album『the Telephone』をリリースし、バンド初となる全 …

家入レオの新曲がCMソングとして起用されたアジア現代アートの祭典「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014」CM-SPOT公開ニュースリリース

アジア21ヵ国・地域の最新のアートを紹介する国際展覧会として、福岡アジア美術館が3年ごとに開催している「福岡アジア美術トリエンナーレ」。アジア美術館の開館15周年にあたる今年、その第5回展(「第5回福 …

“声だけで泣ける”シンガーソングライター奥華子、動画再生累計1500万回超えの名曲「楔 -くさび-」がiTunes限定で超先行配信決定!

“声だけで泣ける”シンガーソングライター奥華子が、「切ない」「泣ける」と口コミだけで広がり、いつしか動画サイトの再生回数が累計 1500万回を超えるほどとなった、ネット上で育った究極に切ない失恋ソング …