無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

RAMMELLS、待望のニューアルバム「Mirrors」の詳細が明らかに!印象的なアー トワークも公開!

音楽

先鋭的なリスナーの支持が加速的に広まりつつある新進気鋭のロックバンドRAMMELLS。4月3日にリリースされる待望のニューアルバム「Mirrors」の詳細が明らかになった。

RAMMELLSにとって二作目のフル・アルバムとなる今作は、ロック、ブルース、R&B、JAZZ等のルーツミュージックを基本にしながら、70年代から現在までの”DANCE MUSIC”をキーワードに制作された。収録されている個性的な10曲は、懐かしさと新しさが同居した、まさに”ネオ・ノスタルジー”と呼ぶべき新たな世界を創り上げている。

より強固になったバンドのプレイと、ますます表情が豊かになったボーカル黒田秋子の声にも注目して欲しい。

今回のリリースにあたり、黒田秋子(vo.)のコメント
「いつもありがとうございます。ラメルズに関わってくれるみんなのお陰でまた一つ、アルバムを作ることができました。”Mirrors” 鏡を用いて起こすプリズム現象の光のように、様々なカラーの楽曲を詰め込めこんだアルバムです。自分たちの様々な感情を反映した曲たちが、聴く人それぞれの感情やシーンに寄り添えたらとても嬉しく思います。もうすぐ春ですね。ライブで会えるの楽しみにしてます。ラブ!」

5月には、バンド初となる全国ツアーも準備中!詳細は近日発表の予定なので、楽しみに待っていてほしい。

また、最新のバンドビジュアルとアルバム・ジャケットも公開!アルバムの世界観をより膨らませてくれる印象的なアートワークは、日本音楽シーンのトップクリエイターである木村豊(セントラル67)が担当している。

<リリース情報>
RAMMELLS
2nd Album
「Mirrors」
CRCP-40578 / ¥2,315+税
2019年4月3日発売
・収録曲
01. 真っ赤な太陽
02. Surrealism (読み:シュールレアリスム)
03. Over the purple
04. Gone with the wind
05. かくれんぼ
06. Echo
07. Dizzy Dizzy Dizzy
08. chiki-chiki odoru
09. CLOUDY
10. Dead men & woman walking

・RAMMELLSオフィシャルHP:http://rammells.net/
・RAMMELLSオフィシャルTwitter:https://twitter.com/RAMMELLS_JPN

-音楽
-

関連記事

FLOW 8/29発売Double A-Side Single「Break it down」MV公開!

8月29日(水)にリリースとなるFLOWのDouble A-Side Single「音色 / Break it down」に収録される新曲「Break it down」のMusic Videoが公開に …

ラテン系美女シンガー、ソフィア・レイエスがジェイソン・デルーロらとコラボした新曲「1,2,3」リリース!

アメリカでセールス・トップを記録したヒット曲「ラウダー」をリリースしたラテン系美女シンガー、ソフィア・レイエスが約1年ぶりとなる新曲「1,2,3」(読み:ウノ・ドス・トレ)をリリース!この楽曲ではスー …

宇多田ヒカル デビュー20周年に放つ7枚目のオリジナルアルバム「初恋」 6月27日(水)発売決定!

2018年、デビュー20周年イヤーを迎え、配信第一弾ソング『Play A Love Song』(「サントリー 南アルプススパークリング」CMソング)、配信第二弾ソング『初恋』(TBSドラマ「花のち晴れ …

【D-LITE (from BIGBANG)】日本の忘年会シーズンを盛り上げる!!宴会企画ミニアルバム『でぃらいと』発売!!|うたまっぷレビュー掲載!

2014年秋、D-LITEが世に放つのは“宴会企画”ミニアルバム『でぃらいと』。D-LITEの原点である韓国のトロット(大衆演歌・歌謡曲)から新境地といえる日本の元祖歌姫の楽曲のカバーまで、『でぃらい …

片平里菜、年明けにTOKYO FMスタジオ生LIVE決定!新曲は明日からレコチョク配信スタート!

新曲「女の子は泣かない」のリリースを1月15日に控え、2014年は飛躍の年になりそうな福島出身福島在住のシンガーソングライター片平里 菜。ライブで披露される度に反響を呼び、11月度の有線J-POP問い …

フジテレビ「あいのり」の主題歌でデビューしたアコースティックユニット「遊吟」が3月9日に2ndミニアルバム「ハリねずみ」をリリース。

『ハリねずみのジレンマ』の物語をテーマにした作品で遊吟にとって上京5年の節目となる作品となった。上京5年で感じた人間関係のちょうど良い距離感。恋人・友人・家族など様々な人との距離間がさまざまなカタチ・ …