無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

巨匠ピアニスト、キース・ジャレットの幻のソロ・ピアノ作品が10月19日に世界同時リリース決定。ティーザー映像と1曲先行配信もスタート

音楽

ECMを代表するピアニスト、キース・ジャレットが2006年7月19日にイタリアで最も著名なコンサート・ホールの一つでもあるベネチアのフェニーチェ劇場で披露したピアノ・ソロ演奏が収録された最新アルバム『ラ・フェニーチェ』が、10月19日(金)に世界同時リリースされることが発表された。あわせてアルバムのティーザー映像の公開と、同アルバムに収録される「ザ・サン・フーズ・レイズ」の先行配信が開始された。

先行配信となった「ザ・サン・フーズ・レイズ」は、1985年初上演となったオペラ『ミカド』のためにウィリアム・S・ギルバートとアーサー・サリヴァンが書き下ろした1曲をキースがソロ・ピアノで熱演したもの。その他にも、キースの代名詞とも言える即興演奏曲やスタンダード曲「星影のステラ」等、計12曲が2枚組CDに収録される。

キース・ジャレットは今作リリース直後の9月29日(土)に、1985年から2年に1度開催されている国際展覧会「ベネチア・ビエンナーレ」の音楽部門でジャズ・ミュージシャンとして初めて金獅子賞を受賞することが明らかとなっている。同賞は、過去にピエール・ブーレーズやスティーヴ・ライヒといった現代音楽の作曲家たちが受賞している。

キース・ジャレット アーティスト写真 クレジット:© Roberto Masotti

 

■アルバム・ティーザー映像

■キース・ジャレット『ラ・フェニーチェ』iTunes予約
https://itunes.apple.com/jp/album/1435138629?app=itunes

■作品情報
キース・ジャレット『ラ・フェニーチェ』
Keith Jarrett “LA FENICE”

発売日:2018年10月19日
品番:UCCE-1172/3
価格:\3,500(税抜)、\3,780(税込)

<収録曲>
CD 1
1. パートⅠ
2. パートⅡ
3. パートⅢ
4. パートⅣ
5. パートⅤ

CD 2
6. パートⅥ
7. ザ・サン・フーズ・レイズ
8. パートⅦ
9. パートⅧ
10. マイ・ワイルド・アイリッシュ・ローズ
11. 星影のステラ
12. ブロッサム

キース・ジャレット (p)

★2006年7月19日、ベネチア、フェニーチェ劇場にてライヴ録音

■リンク
キース・ジャレット アーティスト・ページ
https://www.universal-music.co.jp/keith-jarrett/

-音楽
-

関連記事

EXILE ATSUSHIが3年間温め続けた、渾身のバラードとは?MV本日解禁!

EXILE ATSUSHIが12月3日に発売する3枚目のアルバム『Love Ballade』(読み:ラブ・バラード)に収録される新曲『あなたを守るために…』のミュージックビデオが本日公開された。 EX …

ももクロ、初のヤフオクドームはファンクラブライブ!

photo by HAJIME KAMIIISAKA ももいろクローバーZが4月4日(土)、福岡・ヤフオクドームでファンクラブ限定ライブイベント「ももクロどんたく 2015 春 〜劇空間プロライブ〜」 …

RIP SLYME、10thアルバム『10』初回プレス盤の購入者特典が、“RIP SLYME presents真夏のWOW Powered by G-SHOCK”のライブ映像ストリーミング視聴に決定!

RIP SLYMEが、約1年10ヶ月ぶり、記念すべき10枚目のオリジナル・アルバムとなる『10』を9月30日(水)に発売。そのアルバムの初回プレス盤の購入者特典が、7月20日(月・祝日)に開催された“ …

安田レイ、大好きな街・新宿の屋上で1stアルバム「Will」リリース記念ライブ!

10月8日にリリースしたばかりの1stアルバム「Will」がiTunesのJ-POPチャートで1位をキープし、10月7日付のオリコンデイリーチャートでも8位を記録するなどブレイクの兆しを見せている安田 …

緑黄色社会、本日4月26日より『幸せ』先行配信開始&ジャケ写、ティーザームービー公開!!

5月29日に新作「幸せ -EP-」のリリースが決定している緑黄色社会の、表題曲『幸せ』の先行配信が4月26日より開始されることが発表された。 長屋晴子(Vo&Gt)が作詞作曲を担当したこの楽曲 …

新山詩織 ニューシングル「ありがとう」楽曲解禁&試聴開始

先日、2015年第一弾シングル「ありがとう」を3月18日にリリースされることが発表された新山詩織。彼女自身が友人に向けて書いた歌詞が印象的な楽曲となっている。出会いと別れ、それらが交差する時期「春」に …