無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

西城秀樹43年前の記録映画『ブロウアップ ヒデキ』 7/17のZepp大音量上映、東京会場完売につき追加上映決定!

TV・エンタメ 動画 音楽

このライヴハウス、Zeppでの上映が、発売と同時に即日完売し、追加(見切れ)席を販売した。東京(Zepp DiverCity)は、7月17日(火)15:00開映の回も完売し、急遽12:00の回もアンコール上映(追加上映)されることになった。名古屋・大阪の追加(見切れ)席も残り僅かとなりました。名古屋・大阪は、追加上映の予定はないので、お買い求めはお早めに。因みに、東京で追加となったアンコール上映告知で使われている新規ポスター・ビジュアルは、1975年10月10日 劇場初公開時の貴重なフライヤーを元に制作されたファン垂涎のお宝ビジュアルになっています。また、この日の上映を記念したペンライト等、秀樹グッズも販売予定。70年代後半、当時秀樹が流行らせたペンライトを持って、「情熱の嵐」で“ヒデキ”と叫ぼう!

世界のミュージシャンが認める日本屈指のライヴハウスZeppの『ダイナミックな音圧』『ライヴ級の大音量』『迫力の大画面』で、ヒデキ最初で最後の二十歳の瞬間を切り取ったポートレイト的作品『ブロウアップ ヒデキ』を究極の環境でご堪能いただけます。本作品を通して西城秀樹のドラマを知ることで、アノ時の”情熱”や”輝き”を感じてほしい。正しく1975年の真夏の興奮が、青い記憶が、鮮明に蘇えります!映画館ではない場所で特別に上映許諾されたライヴハウスZeppでの上映なので、次にいつZeppで上映できるかわからない作品となっている。これが、まさしく“見納め上映”となる。数々の伝説のライヴを行い、ライヴと共に生きてきた20歳の秀樹を描いたライヴ作品なだけに、45年前に発売されたシングル「情熱の嵐」で、心の底から「ヒデキ!」と叫ぶには、ライヴハウスZeppは、まさしくうってつけの場所ではないでしょうか?7月17日(火)の東京限定、アンコール上映のチケットは、 7月4日(水)14:00より、チケットぴあ・e+・ローソンチケット等プレイガイド、全国のコンビニエンスストア(一部除く)にて一般発売開始!この映画に触れたら、”昭和のギラギラ感”に完全悩殺ノックアウト!昭和の音楽シーンを席巻した西城秀樹の一挙手一投足を余すことなく捉えた音楽史に残る大ヒット・ドラマティック・ドキュメンタリー。アノ日アノ時アノ瞬間をヒデキと共有した方も、そして最近ヒデキを知ったティーンズも東京・名古屋・大阪のZeppではニ度と上映されることがない”最初で最後の上映“なだけに、これは絶対見逃せない!!

 

■キャスト|西城秀樹  ■スタッフ|構成・監督:田中康義  企画:青木伸樹  製作:瀬島光雄 撮影:坂本典隆/羽方義昌

=====================================================================================

正直あの頃の記憶がほとんどありません。

40年前、自分が一体何をやっていたのか。ただただがむしゃらに突っ走っていただけでした。とにかく人の喜ぶことがしたい。おもしろそうだと思うこと何でもやってみたい。それが全てだったと思います。(中略)改めて映像を観てみると、次は一体何をやらかすんだろうと、ワクワクしながら二十歳の西城秀樹を見ている僕がいました。また、あの頃は気づきませんでしたが、70年代のいとなみが映像として随所に描かれていて、僕が大好きだったウッドストックの映画に雰囲気が似ていたのも新たな発見でした。携帯電話も無かった時代、全てが手作りでみんなが一つの目標に向かってがむしゃらになっていたあの頃、しみじみ良い時代だったと思います。

_西城秀樹(2015年4月映画『ブロウアップ ヒデキ』DVD化時コメントより、抜粋。)

=====================================================================================

【映画『ブロウアップ ヒデキ』 トレイラー】


=================================================================================

タイトル|二十歳のヤングマン!西城秀樹43年前のドキュメンタリー・フィルム『ブロウアップ ヒデキ』この日限りのアンコール上映@Zepp

英題|BLOW UP HIDEKI

日程|2018年7月17日(火)

開場|11:30am 開映|12:00pm

会場|Zepp DiverCity(TOKYO)

券種|①プレミアム・エリア・シート(全席指定)|②一般自由席

【1975年/日本/87分/16×9 LBシネスコサイズ/カラー】

 

[チケット] 税込/ドリンク代別

本日7月4日(水)14:00より、チケットぴあ、e+、ローソンチケット等プレイガイド、全国のコンビニエンスストア(一部除く)にて一般発売開始!

【前売券】①プレミアム・エリア・シート(全席指定):4,000円(税込) /②一般自由席:3,000円(税込)

【当日券】①プレミアム・エリア・シート(全席指定):4,500円(税込) /②一般自由席:3,500円(税込)

※ご入場時に、別途ワンドリンク+500円をいただきます。

※プレミアム・エリア・シート|会場中・後方の座席で、より快適に作品をご鑑賞いただけるエリアになります。

企画・主催|(株)Zeppホールネットワーク、(株)ソニー・ミュージックダイレクト

提供|松竹株式会社-芸映プロダクション

協力|株式会社 アースコーポレーション

Ⓒ1975松竹株式会社

========================================================================================

タイトル|二十歳のヤングマン!西城秀樹43年前のドキュメンタリー・フィルム『ブロウアップ ヒデキ』この日限りのライヴハウス上映@Zepp東名阪

英題|BLOW UP HIDEKI

日程|2018年7月17日(火)  Tuesday.17th.July.2018

開場|2:30pm 開映|3:00pm

会場|Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Nagoya(AICHI)、Zepp Namba(OSAKA)

券種|①プレミアム・エリア・シート(全席指定)|②一般自由席|③エクストラ・シート(追加見切席)|④一般指定席(追加見切席)

※プレミアム・エリア・シート及び一般自由席は、完売。追加見切席を販売中。Zepp DiverCityは、追加見切席も完売。

※追加の見切れ席は、視覚上、画面の左右が切れてしまいます。

※エクストラ・シート(追加見切席)|会場1Fの中・後方の指定席です。

【1975年/日本/87分/16×9 LBシネスコサイズ/カラー】

 

二十歳のヤングマン!西城秀樹43年前のドキュメンタリー・フィルム『ブロウアップ ヒデキ』この日限りのアンコール上映@Zepp

[チケット] 税込/ドリンク代別

本日7月4日(火)14:00より、チケットぴあ、e+、ローソンチケット等プレイガイド、全国のコンビニエンスストア(一部除く)にて一般発売開始!

【前売券】①プレミアム・エリア・シート(全席指定):4,000円(税込) /②一般自由席:3,000円(税込)

【当日券】①プレミアム・エリア・シート(全席指定):4,500円(税込) /②一般自由席:3,500円(税込)

※ご入場時に、別途ワンドリンク+500円をいただきます。

※プレミアム・エリア・シート|会場中・後方の座席で、より快適に作品をご鑑賞いただけるエリアになります。

 

【一般販売(先着)】 2018年7月4日(火)14:00~2018年7月16日(月・祝)23:59

※各社プレイガイドによって終了時間が異なります

※いずれも一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。

 

◎チケットぴあ:

・席種|①プレミアム・エリア・シート(指定席)|②一般自由席

・URL|http://w.pia.jp/t/hideki-to/

・電話受付(自動音声)| Pコード

 

WEBからお申込みの上、セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗でチケットをお受取ください。

または全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗にて、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

 

◎イープラス:

・席種|②一般自由席

・URL|http://eplus.jp/zepphideki/(PC、モバイル共通)

WEBからお申込みの上、ファミリーマートもしくはセブン-イレブンでチケットをお受取ください。

または、全国のファミリーマート店内のFamiポートから、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

 

◎ローソンチケット:

・席種|②一般自由席

・URL|http://l-tike.com/zepphideki/(PC、モバイル共通)(Lコード:70784)

WEBからお申込みの上、ローソン、ミニストップでチケットをお受取ください。

または全国のローソン、ミニストップの店内端末「Loppi」から、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

————————————————————————————————————————————————————————————————————

【当日券(先着)】2018年7月17日(火)~時間未定

※一般発売終了後残席のある場合のみの販売となります。

 

◎各会場(Zepp DiverCity[東京都])のチケットカウンターでも販売いたします。

※各会場での販売は、一般発売終了後残席のある場合のみの販売となります。

※発売開始日時は、各会場へ直接お問い合わせください。

 

◎チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットでも販売いたします。

※販売方法は、一般発売と同様です。

———————————————————————————————————————————————————————————————————–

≪チケットに関するお問合せ≫

※購入方法の詳細、会員登録の方法、当選メール紛失、発券方法などチケットに関するお問い合わせは、お手数をおかけいたしますが、ご利用になられたプレイガイドの下記お問い合わせ先へご連絡ください。

【チケットぴあ】TEL:0570-02-9111 または http://t.pia.jp/ まで

【イープラス】 http://eplus.jp/qa/

【ローソンチケット】 TEL:0570-000-777 または yoyaku-no-info@lhe.lawson.co.jpまで

 

◎チケットぴあインフォメーション:

音声認識による受付は24時間対応。オペレーター対応は10:00~18:00。※毎週(火)・(水)2:30~5:30はシステムメンテナンスのため受付休止。

 

◎イープラス:

※システムメンテナンスのため、毎月第1・第3木曜日午前1:25~午前8:00はお申込み・お支払い・お受取り手続きができません。

これ以外に臨時メンテナンスが行われる場合もございます。詳細はイープラスのサイトでご覧ください。

 

◎ローソンチケット:

自動音声による受付は、24時間対応。オペレーター対応は10:00~20:00になります。

メールでのお問い合わせは、「l-tike.com」、「lawsonticket.jp」、「ent.lawson.co.jp」を受信できるよう設定してください。

 

【プレイガイドチケットお申込み時ご注意】

※上記チケット代以外に手数料がかかります。

※インターネットでのチケットお申込みには、事前にイープラス、チケットぴあ、ローソンチケットの会員登録(無料)が必要となります。

 

■注意事項■

※チケットご購入後お客様のご都合による変更及び払い戻しは、いかなる場合におきましても行っておりません。予めご了承の上お申込みください。

※通常の公演と同様に、お客様に楽しんでいただく上映です。場合によっては、拍手や歓声などが起こる場合もございますので、ご理解の上、ご購入ください。(ただし危険行為は禁止しております。)

※劇場内は、カメラや携帯などのいかなる機材においても録音/録画/撮影を禁止しております。このような行為が行われた場合は、記録された内容を削除の上ご退場いただきますので、予めご了承ください。

※ご入場時に、別途ワンドリンク+500円をいただきます。

※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。

※18歳以下の未成年の方は、必ず保護者の同意を得た上でチケットをご購入・ご来場ください。 また13歳未満(12歳以下)の方は保護者の方と同伴の上、ご入場下さい。

※お一人様4枚までチケット購入可能。

※お身体の不自由な方、車椅子をご使用の方はご入場の際、係員へバリアフリー・エリアでの鑑賞希望の旨をお伝えください。

※プレミアム・エリア・シート|会場1Fの中・後方の指定席で、より快適に作品をご鑑賞いただけるエリアになります。

※2Fも一般自由席として販売いたします。1F、2Fは選択いたしかねます。

※2F一般自由席は、ステージがみえる席になります。ご了承ください。

※自由席は、整理番号順でのご入場となります。

※上映会場に、取材目的の撮影が入る場合がございます。予めご了承の上、ご購入ください。

 

◆110107eiga.(読み:イイオトナエイガ)公式ホームページ|http://www.110107.com/110107eiga

『あの音量と音圧を一度体験すると病みつきになる』『30年前に、観たかったライヴを(疑似)体験できた』『聴こえなかった音が、見えた』等々、Zepp DiverCity[東京都]、Zepp Nagoya[愛知県]、ZeppNamba[大阪府]の3会場で、ライヴを疑似体感できる上映イベント。

「110107 eiga」は迫力の大画面と高質な音響で名演をとことん楽しんでいただく上映スタイル。再発見、蔵出し、発掘した全素材をこだわりのレストア&リマスタリング。最新技術で再生された逸品をライヴハウス、シアターの共有空間にお届けします。感動のエンタメ追体験をあなたにーー。

『ダイナミックな音圧』、『ライヴ級の大音量』、『迫力の大画面』で、二十歳のヤングマンを捉えた西城秀樹の音楽映画を上映いたします。

『Zepp(ココ)での一夜は、一生の宝モノ』

 

映画『ブロウアップ ヒデキ』

スタッフ|

構成・監督:田中康義

企画:青木伸樹

製作:瀬島光雄

撮影:坂本典隆/羽方義昌

キャスト 西城秀樹

 

ストーリー

1975年7月20日。富士山麓緑の休暇村に特設された野外大ステージ。ここに日本歌謡史上、空前絶後の「西城秀樹・全国縦断サマー・フェスティバル」の幕は切って落とされた。続々と集まるヒデキファン。

ヒデキの登場を待つ顔、顔、顔。突然、巨大なスピーカーボックスからサウンドがほとばしり、場内は騒然となった。

ヒデキは唄う!エキサイティングなアクションで愛を叫ぶ!スタンドマイクが、鮮やかに宙を一転、額に流れる汗が乱れ飛ぶ!オープニング・フェスティバルは爆発した。

札幌→秋田→盛岡→仙台→広島…。

フェスティバルの踏破距離五千キロ。趣向をこらしたショーが全国のファンを陶酔させる。仕事を離れたヒデキにインタビュー。ためらいながら、しかし、やがて若者だけが語ることのできる「青春」を、「愛」を語る。

大阪球場-エンディング・フェスティバル。

マンモス・スタンドを埋めつくした大観衆。暗黒の中に、さっと、カクテル光線が差す。舞台の中央に立つヒデキ!スタンドを埋めるファンの絶叫にこたえるヒデキ!エンディング・フェスティバルの幕はファン絶叫の中に開いていく。月光の中のヒデキ。照明灯の光を全身に浴びて、ヒデキは、今、自分の歌と肉体のすべてを大歓衆に向かって叩きつける。

たかまるロックのリズム。大阪の夜を支配する熱狂!興奮と涙--青春のビッグ・イベントは、今、そのクライマックスを迎えていた…。

1975年10月10日 劇場初公開 <松竹・芸映プロ提携作品>

 

<収録楽曲>

1.ブローアップ・マン

2.悲しみのアンジー(R・ストーンズのカバー)

3.恋の暴走

4.情熱の嵐

5グッド・バイ・ガールズ

6.愛の十字架

7.傷だらけのローラ

8.この愛のときめき

9.旅は気ままに

10.激しい恋

11.青春に賭けよう

12.至上の愛

====================================================

■西城秀樹HIDEKI SAIJO (サイジョウ・ヒデキ)

Birthday|S30.4.13

Hometown|広島県

Hobby|モダンアート

Favourite|ドラム、水泳

Blood type|AB型

Debut|1972.3.25「恋する季節」

 

1955年4月13日生まれ、広島県出身。72年、シングル「恋する季節」でデビュー。“ワイルドな17歳”のキャッチ・フレーズどおり、エモーショナルでハスキーな声を持ち味に、73年の「情熱の嵐」「ちぎれた愛」以降ヒット街道を驀進。郷ひろみ、野口五郎とともに“新御三家”として活躍した。特に79年の「ヤングマン」は“YMCA”の振り付けが流行するほどの大ヒット。80年代以降も実力派シンガーとして精力的に活動。5月16日深夜、惜しまれながらも63年の生涯に幕を閉じた。

 

公式サイト|http://www.earth-corp.co.jp/HIDEKI/

-TV・エンタメ, 動画, 音楽
-,

関連記事

12/13「MUSIC STATION」出演決定の家入レオ、第55回日本レコード大賞優秀作品賞受賞の「太陽の女神」がJVCヘッドホン「Draw Your Sounds!」に起用決定!!

現在放送中のフジテレビ系月9ドラマ「海の上の診療所」主題歌としてロングヒットを記録し、来る年末の祭典「第55回日本レコード大賞優秀作品賞」も受賞した、家入レオ5枚目のシングル曲『太陽の女神』が、JVC …

エド・シーランのアルバム『÷(ディバイド)』が、日本国内でのストリーミング再生数100,000,000回を突破!!

2017年3月にリリースしたニュー・アルバム『÷(ディバイド)』が世界的大ヒットを記録! 世界のみならず、ここ日本でも2017年を代表する作品として多くのチャートで1位を飾り、2018年1月1日の地上 …

ブレンドン・ユーリによるパニック!アット・ザ・ディスコが新作を携えて来日!圧巻のパフォーマンスで東京を熱狂の渦に! (ライブレポート)

6月にリリースした新作『PRAY FOR THE WICKED / プレイ・フォー・ザ・ウィケッド』が2作連続でBillboardトップ200チャートで1位を獲得した、ポップでダンサブルなヒットを生み …

BREAKERZ・AKIHIDE最新アルバムのリード曲のミュージッククリップを24時間限定で先行公開!!

BREAKERZのギタリストAKIHIDEの最新アルバム「RAIN STORY」のリード曲「RAIN MAN」のミュージッククリップフルサイズバージョンが、本日4月17日18時から24時間限定でYou …

EGO-WRAPPIN’、「くちばしにチェリー」のライブ映像を期間限定公開!

4 月20 日にオールタイムベスト&カヴァーアルバム「ROUTE 20 HIT THE ROAD」を発売するEGO-WRAPPIN’が4月16日、中野サンプラザでワンマンライブを行った。 このライブは …

注目のV系バンドZUCKのニューシングルを全曲初解禁&握手会開催決定!!

Kiyo(Janne Da Arc)との共同プロデュースによる2ndシングル「MONSTER」のリリースを発表し、ますます注目の存在となったZUCKが、ニューシングル発売に先駆けて、全曲初解禁となる先 …