無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

フジファブリック、映画「ここは退屈迎えに来て」主題歌を担当。さらに、自身初の劇伴担当で音楽完全監修!!

TV・エンタメ 動画 音楽

「R‐18文学賞」読者賞受賞し2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインし、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説「ここは退屈迎えに来て」がついに映画化!

10月19日(金)より全国公開する。

この度本作の本予告映像、ポスタービジュアルが解禁となり、合わせて主題歌および劇伴をフジファブリックが担当することが決定した!

フジファブリックにとって劇伴を担当するのは、今回が初となる。

本作は、2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった<椎名くん>を柱にキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇。何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく戻ってきた主人公<私>を演じるのは、『告白』(10)で脚光を浴び、『桐島、部活やめるってよ』(12)など、その透明感のある演技で日本映画界において高く評価される女優・橋本愛。

元彼<椎名くん>を忘れられない<あたし>には、『愛の渦』(14)やで体当たりの演技で注目を浴びた若手実力派女優・門脇麦。

そして青春時代にみんなが恋焦がれた、自らの退屈を埋めてくれるであろう「椎名くん」を、独特の色気と存在感を放つ人気急上昇俳優・成田凌が演じているほか、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳ら、出演作が後を絶たない実力派俳優陣が脇を固めている。

監督はこれまで本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、数々の作品で登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出してきた名匠・廣木隆一監督が、メガホンをとった。

今回解禁された予告編では、夢をあきらめて地元に帰った橋本愛演じる<私>や、元カレをあきらめられない門脇演じる<あたし>の、大人になった誰もが感じるであろう、かつてキラキラしていた青春の終わりへの捨てきれない憧れや切なさが描かれ、見る人の記憶を蘇らせて心を震わす仕上がりになっている。

またこの予告にさらに余韻を与えているのが、フジファブリックの書き下ろし主題歌「Water Lily Flower」。

その切ないメロディとともに、胸に響く歌詞が、淡い色合いの映像にマッチし、青春という誰にとってもかけがいのない時間を、よりしみじみと思い出させてくれる。

さらに本作でフジファブリックは、主題歌に加え、劇伴も担当することも決定!

映画音楽への完全監修は、デビュー14年目にして今回が初めてとなる。

今回制作に当たり、一足先に作品を鑑賞したボーカル・山内は「国道、ファミレス、ゲーセン。舞台は僕が生まれ過ごした場所ではないのに、スクリーンには知っているような故郷の風景が広がっていました。一人一人の心の揺れや移り変わりと音楽をマッチングさせたいと思いましたし、フジファブリックとして様々な場面でこの作品に加われたことを誇りに思います。」とコメント。

音楽制作のため、実際の撮影現場にも立ち会い、監督とも打ち合わせをして臨んだ。

主題歌の歌詞にある<輝きを待っていたんだよ ただそれに見とれたかった 何ならフェイクでも手にした 何かを置き去りにした>という言葉も、まさにもどかしい想いを感じながらも、それでも羽ばたくことを夢見てやまない青春をリアルに描いた本作にピッタリで、この曲があってこその傑作誕生と言えるだろう。

併せて解禁となったポスターも、それぞれが複雑な感情を抱えているような表情から、ドラマが想像できるビジュアルとなっている。

共感必至の本作に是非ご注目ください。

———————————-

【映画「ここは退屈迎えに来て」】

10/19(金) 全国公開

◆出演:橋本愛 門脇麦 成田凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳

◆原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫 ◆監督:廣木隆一  ◆脚本:櫻井 智也 ◆制作プロダクション:ダブ

◆コピーライト:(C)2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会 ◆配給:KADOKAWA

http://taikutsu.jp/

  • 予告編映像

[フジファブリック・山内総一郎コメント]

国道、ファミレス、ゲーセン。舞台は僕が生まれ過ごした場所ではないのに、スクリーンには知っているような故郷の風景が広がっていました。

一人一人の心の揺れや移り変わりと音楽をマッチングさせたいと思いましたし、フジファブリックとして様々な場面でこの作品に加われたことを誇りに思います。

劇場で観れる日が待ち遠しいです!

 

原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」 幻冬舎文庫

そばにいても離れていても、私の心はいつも君を呼んでいる–。

都会からUターンした30歳、結婚相談所に駆け込む親友同士、売れ残りの男子としぶしぶ寝る23歳、処女喪失に奔走する女子高生……

ありふれた地方都市で、どこまでも続く日常を生きる8人の女の子。居場所を求める繊細な心模様を、クールな筆致で鮮やかに描いた連作小説。

「R-18文学賞」読者賞受賞作「十六歳はセックスの齢」を含む、フレッシュな感性が冴えわたる今作は反響を呼び、デビュー作ながら、紀伊国屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30「キノベス!」にもランクインした。

  • あらすじ

マスコミ業界を志望して上京したものの、10年後地元に戻ってきた27歳の「私」(橋本愛)。

実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌で記事を書いている冴えない日々。

高校時代に仲の良かった友達サツキ(柳ゆり菜)と久々に会った勢いで、男女を問わず皆の中心にいた憧れの椎名くん(成田凌)に連絡し、会いに行くことに。

道中、「私」の中に椎名くんとの高校時代の忘れられない思い出が蘇るー。

元カレ「椎名」を忘れられないまま地元でフリーターとして暮らす「あたし」(門脇麦)。

元カレの友達と腐れ縁のような関係を続けているけれど、心は彼といたときの青春の輝かしい記憶に今もとらわれているー。

———————————-

【フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール2019「IN MY TOWN」】

2019.10.20(日)開催決定!

詳しくは”フジファブリック15周年SPECIAL SITE”にて→http://www.fujifabric.com/special/15th/

———————————-

【「フジファブリック 2マンツアー”フジフレンドパーク 2018″」】

6/22(金)東京都・LIQUIDROOM(w/GLIM SPANKY)

6/29(金)大阪府・Zepp Osaka Bayside(w/スガ シカオ)

7/6(金)愛知県・Zepp Nagoya(w/東京スカパラダイスオーケストラ)

7/13(金)東京都・Zepp DiverCity TOKYO(w/竹原ピストル)

7/14(土)東京都・Zepp DiverCity TOKYO(w/ユニコーン)

◎チケット料金:¥5,400(税込)+1Drink代別途

◎一般発売中

———————————-

◎配信限定Single『手紙』

配信URL https://smar.lnk.to/ahrBMWN

『手紙』Teaser Movie

フジファブリック 『手紙』Teaser Movie

 

———————————-

■OFFICIAL HP⇒ http://www.fujifabric.com/

■YouTube⇒  http://www.youtube.com/user/fujifabricSMEJ

■Facebook⇒ https://www.facebook.com/fujifabric

■Twitter⇒ https://twitter.com/Fujifabric_info

■LINE⇒ https://line.me/R/ti/p/%40fujifabric

———————————-

【フジファブリック プロフィール】

2000年、志村正彦を中心に結成。2009年、志村が急逝し、2011年夏より山内総一郎(Vo/Gt.)、金澤ダイスケ(Key)、加藤慎一(Ba)の新体制で本格始動。

叙情性と普遍性と変態性が見事に一体化した、シーン屈指の個性派ロックバンド。

「銀河」、「茜色の夕日」、「若者のすべて」などの代表曲を送り出し、2010年にリリースしたアルバム『MUSIC』収録曲「夜明けのBEAT」が「モテキ」TVドラマ版(2010年)主題歌、映画版(2011年)オープニングテーマとして連続起用された。

更には「つり球」「宇宙兄弟」「銀の匙 Silver Spoon」「アオハライド」「マギ シンドバッドの冒険」と数多くのアニメ主題歌も担当。

シングル「カンヌの休日 Feat. 山田孝之」は俳優・山田孝之氏がボーカルで参加し、疾走感に溢れ力強い印象的なサウンドとインパクトのある歌詞が話題になった。

来年2019年に結成15周年を迎え、同年10月には”フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール2019「IN MY TOWN」”を開催する。

-TV・エンタメ, 動画, 音楽
-

関連記事

噂の『民族大移動系アイドル』、地下アイドルの星小桃音まい「コトネの日」記念日正式制定、メジャーデビュー決定イベント大成功!

アイドルに憧れ2009年に上京してきて以来年間300本のステージを行い、昨年末には赤坂BLITZでのワンマンライヴを成功させたインディーズ・ソロアイドル「小桃音(ことね)まい」が、5月10日、自身の’ …

ゲスの極み乙女。バンド史上最大規模ワンマンツアー「ゲスチック乙女〜アリーナ編〜」の開催が決定!

5月31日(日)に行われたゲスの極み乙女。ワンマンツアー「私以外ゲスじゃないの」の東京・日比谷野外音楽堂公演にて、秋のワンマンツアー「ゲスチック乙女 〜アリーナ編〜」の開催を発表をした。 このツアーは …

久保田利伸、ニューアルバム「Parallel World II KUBOSSA」発売を控え、初のブラジルレコーディングを敢行!

7月3日(水)にニューアルバム「Parallel World II KUBOSSA」の発売の発売を控える『久保田利伸』が、2013年4月23日から3日間、自身初となる、ブラジル・リオデジャネイロにてレ …

BUCK-TICK 25周年記念BOXをビクター&アリオラより3月同時発売!!

来年2012年、デビュー25周年を迎えるBUCK-TICK。これを記念して、ビクターエンタテインメントとアリオラジャパンの合同企画によるSPECIAL BOXの3月同時発売が決定した。 SPECIAL …

THE PREDATORSリリース詳細決定。早速ジャケ写も解禁!

今年の夏の再始動を宣言していた、the pillowsの山中さわお、GLAYのJIRO、Scars Borough/ELLEGARDENの高橋宏貴による3ピースバンドTHE PREDATORのリリース …

ammoflight(アンモフライト)アニメタイアップ新曲「スーパーステップ」TV Edit着うたフル(R)、PC配信スタート!!ワンマンライブ会場限定特典も決定!!

小田原出身のJ-ピュア・ロックバンドammoflightの新曲「スーパーステップ(TV Edit)」の着うたフル(R)配信およびPCでの配信が、本日5月9日よりスタートした。NHK・Eテレで毎週日曜1 …