無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

やくしまるえつこ、世界最大の国際科学芸術賞で日本人初グランプリ受賞

音楽

音楽家・アーティスト・プロデューサーとして活躍する やくしまるえつこが、メディアアート界のオスカーとも言われる世界最大の国際科学芸術賞「アルス・エレクトロニカ賞」の『STARTS PRIZE』で、グランプリ(Grand Prize for Artistic Exploration)を受賞した。

「アルス・エレクトロニカ賞」の『STARTS PRIZE』は世界中で最も優れた、科学・芸術・テクノロジーがクロスオーバーした作品を決める賞で、アルス・エレクトロニカが欧州委員会(EC)からの命を受け実施している。この度、やくしまるえつこの作品『わたしは人類』(英語名:Etsuko Yakushimaru – “I’m Humanity”)が、日本人初となるグランプリを受賞した。

『わたしは人類』はやくしまるえつこがバイオテクノロジーを用いて制作した作品。”人類滅亡後の音楽”をコンセプトに、新しい音楽 ― 伝達と記録、変容と拡散― の形を探るプロジェクトで、人類の歴史上初めて「音楽配信」「CD」「遺伝子組換え微生物」で発表された音楽作品となる。

やくしまるえつこは、日本に古くから生息するシアノバクテリアの一種である微生物・シネココッカスの塩基配列を用いて楽曲『わたしは人類』を制作。さらに、やくしまるはその楽曲の情報をDNAコード化し、DNAを人工合成してこの微生物の染色体に組み込み、実際に『わたしは人類』の遺伝子組換え微生物を制作した。

そのようにして制作された『わたしは人類』は、人類の歴史上初めて「音楽配信」「CD」「遺伝子組換え微生物」という3つの形で発表された。

バイオテクノロジーを駆使して作られ、発表されたこの曲が世界配信され、ポップミュージックとして流通し、Apple Musicのトップページを飾った。そして、楽曲発表と同時に、遺伝子組換えでできた新たな微生物それ自体を、2016年9月から茨城県で開催された国際芸術祭「KENPOKU ART 2016」のテーマソングとして展示、その後、山口の美術館である山口情報芸術センター[YCAM]でも展覧会が行われた。これらの展示において、日本の経済産業大臣が初めて「遺伝子組換え微生物」の一般公開展示の大臣認可を行い、日本で初めて公共の場所で「遺伝子組換え微生物」が展示された。

-音楽

関連記事

奄美大島出身の歌姫・城 南海が「雪の景色を思い浮かべて歌う」冬の歌、初の国際フォーラムでのライブをレポート

テレビ東京「THEカラオケ★バトル」で番組最多となる10冠を達成し“絶対女王”と言われている奄美出身の歌姫・城 南海(きずきみなみ)。 11月22日(水)に発売した冬のカバーアルバム「ユキマチヅキ」を …

コミックマーケット80にて「Fate/Zero」新映像発表!そして、藍井エイル「MEMORIA」初披露!!

8月12日(金)から、いよいよ「コミックマーケット80」が東京ビッグサイトにて開催される。コミックマーケットは、毎年夏と冬に開催され、期間中に50万人強が来場する、正に“Cool Japan”を代表す …

中納良恵「窓景」リリース週に発売記念プレミアムライブ開催決定!

2015年1月14日に2ndソロアルバム「窓景」を発売する中納良恵(EGO-WRAPPIN’)が1月18日(日)にプレミアムライブを行うことを発表した。 リリースツアーとは違って、発売記念プレミアムラ …

LITTLE CREATURES カバー“お願いします”アルバムにくるり、toe、HIFANA & 鎮座DOPENESS、向井秀徳が追加!

LITTLE CREATURESのデビュー20周年を記念して来春にリリース予定のカバー“お願いします”アルバムに、くるり、toe、HIFANA & 鎮座DOPENESS、向井秀徳の参加が新た …

ゆず、東京ドーム公演に向けた最新アー写真公開!過去ライブ映像配信も

ゆずが9 月1 日、最新アーティスト写真を公開した。 提灯を片手に鎮座する北川悠仁と岩沢厚治。背景の絵に関する情報は現時点で発表されていないが、11月26 日・27 日に東京ドームにて開催される<ゆず …

倖田來未、待望のシングル「Go to the top」がいよいよ発売!

復帰後初のシングル「Go to the top」がいよいよ10月24日に発売となる。今作は倖田來未の“新たな決意”と“リアル”が詰まった待望の作品だ。 表題曲「Go to the top」はテレビアニ …