無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

新世代メタルの旗手として現シーンに君臨する若きメタル勇者、トリヴィアム。通算7作目となる待望の最新作『サイレンス・イン・ザ・スノー』が10月2日に全世界同時発売決定!

音楽

今作からのリード曲「サイレンス・イン・ザ・スノー」のビデオも公開に!iTunes Storeではアルバムの予約注文もスタート!

新世代メタルの旗手として現シーンに君臨する若きメタル勇者、トリヴィアム。彼らの存在が、オールド・メタル・ファンと若いメタル・ファンの垣根をなくした、とも言われるほど、その圧倒的な存在感でシーンをリードする最重要アクトである。2003年にデビューを果たし、Roadrunnerに移籍後のアルバム『アセンダンシー』でワールド・ワイド・デビュー、その後躍進を続ける彼らが産み出す、その類まれなるセンスとプレイヤビリティから放たれる強靭なメタル・サウンドに究極のメロディを織り交ぜた音像は、世界中のメタル・ファンを狂喜乱舞させている。そんな彼らが、前作『ヴェンジャンス・フォールズ』より約2年ぶりとなる最新作『サイレンス・イン・ザ・スノー』を完成させた。待望のこの最新作は、10月2日、ロードランナー・レコーズ/ワーナーミュージック・ジャパンより発売となる。

スラッシュやアルター・ブリッジといったアーティストを手掛けるマイケル・“エルヴィス”・バスケットをプロデューサーに、そしてGOJIRAやラム・オブ・ゴッドを手掛けるジョシュ・ウィルバーをミキサーに起用したこの最新作『サイレンス・イン・ザ・スノー』。最新作の情報解禁と同タイミングで、今作からのシングル曲「サイレンス・イン・ザ・スノー」のビデオ・クリップも彼らのオフィシャルにて公開されており、また、iTunesでのアルバムの予約注文(プレオーダー)もスタートしている。iTunes Storeで今作のスペシャル・エディションを予約注文した人は、その場で彼らの最新楽曲「サイレンス・イン・ザ・スノー」をダウンロードできるようになるという。

「サイレンス・イン・ザ・スノー」ビデオ・クリップ: https://www.youtube.com/watch?v=PcIlZ3luYHc
iTunes Store予約注文: https://itunes.apple.com/jp/album/silence-in-snow-special-edition/id1022897923

モダン・メタル・シーンにおいて最も説得力と存在感を持つライヴ・アクトとして知られるトリヴィアムの通算7作目となるこの最新作『サイレンス・イン・ザ・スノー』は、世界から賞賛を受ける彼らが長きに亘って温めてきた創造性のマイルストーンとしてとらえられるべき作品だ。ここに収録されている楽曲は、2007年、あの伝説的バンド、ヘヴン・アンド・ヘルとのツアー時に受けた影響が色濃く反映された作品でもある、と言えるだろう。究極的に言うと、当時に受けた影響を現代の作品としてサウンドに封じ込める、というその挑戦に取り組む準備に、彼らは8年もの月日をかけて取り組んできた、とも言えるのだ。ブラック・サバスやレインボウ、アイアン・メイデンやジューダス・プリースト、パンテラやスレイヤー、メガデス、そしてメタリカといった真なるクラシック・メタルからインスピレーションを糧に、トリヴィアムは自分達を同様のレベルまで到達させるべく、ヴォーカル・レッスンやギター・レッスンを再び受け、創造的進化を遂げるために自らに挑戦し続けてきた。その結果は、予想を遥かに超えるほどの成果をバンドにもたらしている。ハード・ロックとメタルの歴史をつなぎ、同時にこれから刻み込まれる歴史を強力に印象付ける作品を、彼らは生み出したのだ。その成果は、アルバムに収録される壮大な「ブラインド・リーディング・ザ・ブラインド」や、今後発表される今作からのファースト・シングル「アンティル・ザ・ワールド・ゴーズ・コールド」を聴けば誰もが納得することだろう。

Premier Guitar誌から「現在における音楽的に最も満足感を得られる」作品と称される前作『ヴェンジャンス・フォールズ』は、全米アルバム・チャート15位を記録、ハード・ロック・アルバム・チャートでは2位を記録した他、ここ日本でも洋楽アルバム・チャートで2位を、オーストラリアやドイツ、オーストリアではTop 10を記録するなど、世界中のメタル・シーンで大きな話題を呼んだ作品だ。

トリヴィアムはこの最新作発表に伴い、HardDrive Live Tourと題されたツアーを開催する。9月9日のフロリダ州フォート・ローダーデイル公演を皮切りに、10月中旬まで全米を回り、その後サン・バーナディーノで開催される、トリヴィアムのレーベル・メイト、スリップノットが主催するKNOTFESTのメイン・ステージに出演することが決まっている。今年の夏も、ヨーロッパ各地で開催されるフェスティバルへの出演も決定しており、この彼らの魅力の大きな一つでもあるライヴ・パフォーマンスと、バンドを次なるレベルへと押し上げる内容の最新作の発表で、トリヴィアムはより大きな存在となってシーンに君臨することになるのだ。

 title=

■作品情報
トリヴィアム 『サイレンス・イン・ザ・スノー』
2015年10月2日 世界同時発売
WPCR-16887 / 2,457(本体)+税
トラックリスト:
01. Snofall / スノーフォール
02. Silence In The Snow / サイレンス・イン・ザ・スノー
03. Blind Leading The Blind / ブラインド・リーディング・ザ・ブラインド
04. Dead And Gone / デッド・アンド・ゴーン
05. The Ghost That’s Haunting You
/ ザ・ゴースト・ザッツ・ホーンティング・ユー
06. Pull Me From The Void / プル・ミー・フロム・ザ・ヴォイド
07. Until The World Goes Cold
/ アンティル・ザ・ワールド・ゴーズ・コールド
08. Rise Above The Tides / ライズ・アバヴ・ザ・タイズ
09. The Thing That’s Killing Me / ザ・シング・ザッツ・キリング・ミー
10. Beneath The Sun / ビニース・ザ・サン
11. Breathe In The Flames / ブリーズ・イン・ザ・フレイムス
12. Drones / ドローンズ

<ボーナス・トラック収録予定>

■リンク:
トリヴィアム オフィシャルHP: http://www.trivium.org
トリヴィアム オフィシャル Twitter: https://twitter.com/TriviumOfficial
トリヴィアム オフィシャルFB: https://www.facebook.com/Trivium
トリヴィアム オフィシャルInstagram: https://instagram.com/triviumband
トリヴィアム オフィシャルYouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/user/trivium
トリヴィアム Warner Music Japanサイト: http://wmg.jp/artist/trivium
<関連リンク>
トリヴィアム オフィシャルHP

-音楽

関連記事

ZARD 記念すべき25周年に向けてのプロローグ…フィルム・コンサート『ZARD Screen Harmony 2015』開催決定!

2014年、「負けないで」が高校英語の教科書の題材として掲載され、さらに小田急電鉄・渋沢駅の駅メロに「負けないで」「揺れる想い」が採用される等、国民的となったスタンダードナンバーを遺し、今なお多くのフ …

シングルヒットの記録を更新!! リアーナ、「7」づくしツアー敢行!

世界一facebookで「いいね!」(5,900万、Forbes.com 9/8付)と言われているスーパーディーヴァのリアーナが、キャリア7年目にして7作目のスタジオアルバム『アンアポロジェティック』 …

さかいゆう  あの名曲のカバーを含むライブ音源が日米配信決定!! 9月からは初のワンマンツアー スタート!!

さかいゆうのライブ音源が日米で配信されることが決定した!!“涙をいざなうシルキーヴォイス”と称される透明感のある唯一無二の歌声と、SOUL・R&B・JAZZ・ゴスペル・ROCKといった幅広い …

ハルカトミユキ、新曲「その日がきたら」MV解禁!本日5月14日よりiTunes Storeにてプレオーダー(先行予約)スタート!

次世代のオルタナ・フォーク・デュオ=ハルカトミユキの3rd EP「そんなことどうだっていい、この歌を君が好きだと言ってくれたら。」(5月28日発売)のリード曲「その日がきたら」のミュージックビデオが、 …

テイラー・スウィフト、新作『レピュテーション』が早速世界中で大ヒット!107の国と地域のiTunesにて1位獲得!

世界待望のテイラー・スウィフトの3年振りとなるニュー・アルバム『レピュテーション』が遂に先週の11月10日に発売を迎え、アメリカ、イギリス、日本などの主要国を含む107の国と地域のiTunesにて1位 …

unBORDEの配信限定スペシャルコンピ『Esto es unBORDE』(エストエスアンボルデ)が完成!“This is unBORDE!”なオススメ曲を収録!

2010年12月21日にワーナーミュージック・ジャパン内てに“時代感”と“エッジ”をテーマに発足したレーベル、「unBORDE(アンボルデ)」。(「androp」「きゃりーぱみゅぱみゅ」「Q;indi …