無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

新作カヴァー作がヒット中のMay J.が、高校生卒業イベントでゴスペラーズとサプライズ共演!

音楽

今週リリースした第2弾カヴァー・アルバムが3月26日付のオリコン・アルバム デイリーランキングで7位にランクインし、ディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌を担当していることでも話題沸騰中の歌姫May J.が、3月27日にSHIBUYA-AXで行われた「関東合同卒業Party2014」に出演した。

本イベントは2005年3月に始まり、今年で10回目。高校生の有志団体が“自分達の卒業式を自分達の手で”をテーマに企画・運営した学園祭の様な卒業イベントで、アーティストLIVE以外に、モデルによるファッションショーやダンスパフォーマンスなどが行われた。

イベント後半にMay J.が登場すると会場に集まった約1500名の観客はこの日一番の大歓声。映画『アナと雪の女王』の主題歌になっている「Let It Go〜ありのままで〜」のカヴァー・アルバム収録の新ver.や、「これから色んな事に挑戦し自分の夢にまっすぐ突き進んで欲しい」とのメッセージと共に、自身が学生時代から歌っていたことからカヴァー作にも収録したという合唱曲「Believe」を熱唱し、会場中が大合唱の渦に包まれた。

そんな盛り上がりを更に押し上げたのは、2曲を歌い終えた後のサプライズ演出。

「今日は皆さんにサプライズプレゼントがあります!」というMay J.の呼びかけで登場したのはゴスペラーズ。予想外のスペシャルゲストに観客の盛り上がりは最高潮に。二組は、ゴスペラーズ 2000年リリースのヒット曲で、新作カヴァー作では“ひとりゴスペラーズ”と称し、May J.がひとり13声の多重録音に挑戦したという「永遠に」をコラボ歌唱し、鉄板のハーモニーを会場に響かせ感動を誘った。

May J.は今週26日にリリースした第2弾カヴァー・アルバム『Heartful Song Covers』がオリコン・アルバム デイリーランキングで7位を獲得し、3作連続トップ10入りを果たす人気ぶり。そんな彼女が「明日も笑顔でいられるように」というテーマで「歌詞」を重視し制作したという本カヴァー作には、今回のライブでも披露した「Let It Go〜ありのままで〜【Heartful ver.】」「Believe」「永遠に」も収録されている。

昨年夏にリリースした第1弾カヴァー・アルバムが30万枚を超える大ヒットを記録しているだけに、今作も注目を集めること間違いなしである。

【特設サイト】
Heartful Connection 〜みんなの想いが繋がる場所〜
http://may-j.com/heartful

【YouTube】

May J. / 【5分で聴ける】May J. / カヴァーAL『Heartful Song Covers』(2014年3月26日発売)

http://www.youtube.com/watch?v=hrqnhCUOjPw

May J./【話題の合唱曲カヴァー】『Believe』Music Video(カヴァーAL『Heartful Song Covers』[3.26 Release] より)

http://www.youtube.com/watch?v=gonsnjG4uvc

May J. / Let It Go 〜ありのままで〜 [Heartful ver.](カヴァーAL『Heartful Song Covers』より)

https://www.youtube.com/watch?v=ZQUz_i0fmKg

May J. / 永遠に(カヴァーAL『Heartful Song Covers』より)

https://www.youtube.com/watch?v=eTh2inbd4hE

■ パッケージ詳細

■ 作品概要

累計出荷30万枚を突破した「Summer Ballad Covers」に続くMay J. カヴァー作 第2弾のリリースが決定。

前作ではリスナーからのリクエストに応えるかたちでカヴァー・アルバムをリリースしたMay J.が、第2弾となる本作では、自身が歌を唄う上でずっと大事にしている「私の歌を通して明日一歩踏み出す力になって欲しい」という想いを元に、今彼女が伝えたいメッセージが込められた楽曲を「歌詞」の内容を重視して選曲したメッセージ・カヴァー作品となっている。

■ パッケージ詳細

・発売日:2014年3月26日

・録音形態:CD / DVD

・販売予定価格(税抜):CD + DVD 3,500円 / CD 2,800円

■ 収録内容

【Disc-1 : CD】

1. 手紙 〜拝啓 十五の君へ〜

(作詞 / 作曲:アンジェラ・アキ)

2. Believe

(作詞 / 作曲:杉本竜一)

3. キラキラ

(作詞 / 作曲:小田和正)

4. 元気を出して

(作詞 / 作曲:竹内まりや)

5. Story

(作詞:AI / 作曲:2 SOUL for 2 SOUL MUSIC, INC.)

6. 花 〜すべての人の心に花を〜

(作詞 / 作曲:喜納昌吉)

7. 生きてこそ

(作詞:玉城千春 / 作曲: Kiroro)

8. やさしさに包まれたなら

(作詞 / 作曲:荒井由実)

9. Let It Go 〜ありのままで〜 [Heartful ver.]

(作詞 / 作曲:Kristen Anderson-Lopez and Robert Lopez 日本語訳詞:高橋知伽江)

10. 永遠に

(作詞:安岡優 / 作曲:妹尾武)

11. I Believe [Japanese Version] feat. V.I (from BIGBANG)

(作詞:Yang Jae Sun, 小林夏海 / 作曲:Kim Hyoung Seok)

12. 遠く遠く

(作詞 / 作曲:槇原敬之)

13. Amazing Grace

(作詞:John Newton)

【Disc-2 : DVD】

■ Music Video

Believe

元気を出して

生きてこそ

I Believe [Japanese Version] feat. V.I (from BIGBANG)

LIFE

■ May J. Autumn Tour 2013 〜Best & Covers〜 2013.11.08 Zepp Tokyo

夏祭り

secret base 〜君がくれたもの〜

I DREAMED A DREAM

■ 特典映像

1st Cover Album『Summer Ballad Covers』発売記念インタビュー

May J.が ?初めて語る「過去」「今」「未来」??????

【ホームページ】
http://may-j.com(PC・モバイル共通)

【May J. オフィシャルTwitter】
https://twitter.com/mayjamileh

【May J. オフィシャル Facebook】
http://www.facebook.com/mayjofficial

【各ECサイト May J.ページURL】

<関連リンク>
May J. オフィシャルサイト

-音楽

関連記事

ハルカトミユキ 渾身のミニアルバム『世界』後、初の新曲は超美曲!!2015年毎月配信第5弾=2015.Song#5のタイトルは「春の雨」に決定!5/20配信開始 & リリックビデオ公開!

リリースパーティ名古屋公演が追加発表、ゲストは同世代の盟友・きのこ帝国に決定!! ◆2015 Song #5/12 [春の雨] は超美曲だった!5/20配信&Lyric Video公開スタート!1st …

Linked Horizonが手掛ける、話題の「進撃の巨人」オープニングテーマ『紅蓮の弓矢』、カラオケ大人気曲「女々しくて」から首位奪還!!

原作が累計発行部数2,000万部を突破したTVアニメ「進撃の巨人」の前期オープニングテーマ「紅蓮の弓矢」が、TVサイズ、歌詞表示なし と言う異例の形態にも関わらず、JOYSOUNDの6月度カラオケ月間 …

m-flo 「HUMAN LOST feat. J. Balvin」MV10/11公開! 同日に楽曲配信スタートが決定!

m-floが世界No.1の偉業をもつ、グラミーアーティストJ. Balvinと奇跡のコラボレーションを果たした「HUMAN LOST feat. J. Balvin」のミュージックビデオが10月11日 …

笹木勇一郎 ロックの聖人の名前を名乗る シンガーソングライター 笹木ヘンドリクス夢でのお告げにより!? 自主企画ライブイベントで“笹木勇一郎”に改名!

札幌出身のシンガーソングライター笹木ヘンドリクス。ビクターカラフルレコードより6月11日にメジャーデビューシングル「星のかけら」をリリース、リリース後にはRISING SUN ROCK FES.201 …

新世代のアーティストJASMINE、日本最大級音楽フェス“SUMMER SONIC 2010”に出演大決定!!!

1st single 『SAD TO SAY』で衝撃的なデビューを飾り、シングルリリース毎にその斬新なサウンドメイク、10代の気持ちをリアル且つ独創的に表現した歌詞、強烈なインパクトを残すジャケット& …

辻井伸行、加古?、久石譲が一枚に集結!あの感動のシーンが今よみがえる!!

あなたは最近いつ泣きましたか?ポジティブマインドが流行って、無理に笑顔で前向きにするのもいいけれど、たまには涙を流すことも大切。感動する音楽で心がじーんとなって泣くのは、泣きの中でも“最高級”。そんな …