無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

後藤まりこワンマンライブ 『m@u』@LIQUIDROOM(2014/01/05)ライヴレポート

音楽

昨年12月4日にリリースした2ndフルアルバム『m@u(まゆ)』を引っさげての後藤まりこワンマンライヴが、1月5日(日)、東京はLIQUIDROOMで行われた。

会場が暗転し、SEはニューアルバムのラストを飾るメトロノームとアコースティックギターのみのシンプルな楽曲「世田谷区桜新町2丁目」。曲が終わり、期待に胸高まらせるオーディエンスの拍手に迎えられ、後藤まりこがソロでステージに登場。Kovacsとの共作「大人の夏休み」で公演の幕を開けた。しめやかに、だが沸々とたぎる熱情を感じさせるオープニング!早くも<後藤まりこ>に吸い込まれていく。ここでバンドメンバー、AxSxE (Gt.)、仲俣“りぼんちゃん”和宏 (Ba.)、マシータ (Dr.)、坂井キヨヲシ (Key)、中村圭作 (Key)がステージに現れる。「わたしとあなた、わたしとあなた、わたしとあなた・・・あなたとわたし、あなたとわたし、あなたとわたし・・・が一緒になって“m@u(まゆ)”になる」という印象的なmcから「4がつ6日」に。後藤のRAPと、間奏の鍵盤の調べが印象的なポップチューンだ。続く「すばらしい世界。」ではプレグレッシヴで攻撃的なギターリフが襲いかかる!襲いかかる!明滅するライティングがヤバすぎる。さらに新作から「Hey musicさん!」「浮かれちゃって、困っちゃって、やんややんややん」をライヴ初披露☆「浮かれちゃって〜」の終盤、後藤が突如ステージから姿を消すと、この日の一人目のゲストミュージシャン、スガダイローを引き連れ登場。アルバムでの共演が話題をよんだ「だいろーちゃんとまりこちゃん」を、この日限りとなる即興ヴァージョンで披露。後藤の速射砲のようなRAP(?)にスガダイローの変幻自在なピアノが絡むパフォーマンスに、ただ見入るしかなかった観客から必然的に拍手がまきおこる。そんななか、前作『299792458』のキーボードをつとめたこの日二人目のゲスト、渡辺シュンスケも緊急参戦!いきなり十八番とも言える名人芸(?)で鍵盤の上の歩き回り観客を盛り立てる。カオティックでアヴァンギャルドな「ドローン」はこの日の山場となったのではないだろうか。そしてこの鍵盤4人という、あまり類をみないステージセットから生み出される極上のバンドアンサンブルは、本編最後のアルバムタイトルトラック「m@u」で最高潮に達したと言えるだろう。冒頭のmcが如く、観客ひとりひとりと紡いだ“m@u”に包まれた後藤の感極まった姿に心震わされる、まさに「圧巻」の一言に尽きるステージだった。

なお、後藤まりこのワンマンライヴ『m@u』は、このあと1月11日(土)梅田Shangri-Laで行われるので、その目で是非確かめてみては。

【ライヴ】

<ワンマンライヴ>

2014年1月11日(土)大阪:梅田Shangri-La

<その他イベント>

2014/01/19(日)@岡山CRAZYMAMA KINGDOM

2014/02/23(日)@福岡BEAT STATION

2014/03/02(日)@心斎橋Music Club JANUS

※上記日程は、バンドセットでの出演ではありません。

And more…

【プロフィール】

大阪府出身。2003年に結成したロック・バンド<ミドリ>でヴォーカル・ギターを担当し、その過激なパフォーマンスでカリスマ的な人気を集める。2010年にバンドを突然解散し、その後はソロとして活動。2012年7月にソロデビューアルバム『299792458』をデフスターレコーズよりリリースする。そして大人気映画『モテキ』コンビが手がけた話題のロック・ミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』(主演:森山未來、演出:大根仁)で初の舞台に挑み、堂々たる存在感を見せた。2013年4月20日公開の『ペタル ダンス』(監督:石川寛)では映画初出演、7月からはテレビ東京ドラマ「たべるダケ」(原作・高田サンコ)でドラマ初出演にして主演に抜擢された。7月24日に同ドラマのEDテーマとなった自身初のシングル「sound of me」をリリース。

 title=

【リリース情報】

2ndアルバム

『m@u』(読み:まゆ)

2013年12月4日発売

DFCL-2036 2,800円(税込)

【ディスコグラフィー】

Debut Album

『299792458』

DFCL-1915 2,300円(税込)

1st Single

「sound of me」

DFCL-2030 1,000円(税込)
<関連リンク>
後藤まりこ オフィシャルサイト

-音楽

関連記事

でんぱ組.inc 、雑誌「MARQUEE(マーキー)」最新号で裏表紙&18ページ大特集決定!

12月10日発売の音楽専門誌「マーキー」の最新号の裏表紙が、でんぱ組.incに決定した。 新たに秋葉原での撮りおろし写真をはじめ、でんぱ組.incインタビュー、夢眠ねむソロインタビュー、MEME TO …

東京女子流「ハードボイルド」をテーマに映像とパフォーマンスが交錯する赤坂BLITZ公演が好評!テーマソングのアナログも即完!

7/13(日)にスタートした東京女子流の5ヶ月連続、月1の赤坂BLITZ公演。昼と夜との2公演であるが、その内容はまるまる違うという意欲的なLIVEを展開!昼公演は現在4枚リリースされているオリジナル …

西野カナNew Album「LOVE it」がiTunesアルバム総合チャート1位獲得!ドームツアーの衣装展に“いいね!”が殺到!

西野カナのニューアルバム「LOVE it」(11月15日発売)が、iTunesのアルバム総合チャートで1位を獲得した。西野カナ本人はこのアルバムについて自身の想いをブログで綴っている。「タイトルの『L …

静岡109×倖田來未、スペシャルコラボレーションが開催決定!

2月27日に話題沸騰のカバーアルバム「Color The Cover」を発売する倖田來未。現在、名古屋 近鉄パッセ、大阪 NAMBA FASHION FESTA、そして、福岡 天神コアにてコラボレーシ …

GLAY メンバー4人による初の海外キャンペーン!25時間の弾丸来台!

GLAYが、メンバー全員での初の海外キャンペーンを行いました。6月12日に台湾・桃園空港に降り立ったGLAYは大勢のファンやマスコミに囲まれるという熱烈な歓迎を受けました。7月6日に南港展覧館で行われ …

倖田來未、アルバム全17曲のミュージックビデオが遂に全曲解禁!

1月25日に10枚目のアルバム「JAPONESQUE」(ジャポネスク)をリリースする倖田來未。今作は全19曲(うち14曲が新録!)の収録楽曲のうち17曲のミュージックビデオが収録されるという超豪華なア …