無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

TRT原宿ヤンキースRC竹の子族誕生35周年記念!『竹の子ディスコ NON STOP MIX』 登場!!

音楽

キラキラのサテン衣装を身にまとい、パラパラのようなダンスを輪になって集団で踊る。1980年頃、原宿のホコ天を中心に出没し社会現象にまでなった「竹の子族」の人気ヒット曲をノンストップ・ミックスしたCD『ヤンキーロックスpresents 竹の子ディスコNON-STOP MIX』が12月19日にリリースされる。ヤンキーの好きそうな音楽をカバーした人気のノン・ストップ・ミックスCD、「ヤンキーロックス・シリーズ」の最新作で、第3弾となる本作では竹の子族にスポットを当てた。

竹の子族音楽の特徴はノーランズ、ジンギスカン、アラベスク、ヴィレッジ・ピープルやボニーM等のキャンディ・ポップと呼ばれた洋楽ディスコ・ナンバーに、松田聖子や沢田研二、イモ欽トリオといった歌謡ヒット曲を混ぜ合わせて違和感なく流して踊っていた点。そんな当時の洋楽邦楽の混沌感や雰囲気を完璧にカバーし演奏しているのが、過去2作で熱いヤンキーロック・ナンバーを唄った謎の音楽集団、”TRT原宿ヤンキースRC(ザ・ローリング・サンダーはらじゅくヤンキース・ロケット・カウル)”。

竹の子ディスコで人気の高かったプロレスラー、ミル・マスカラスのテーマ曲である『スカイ・ハイ』をオープニングに、『ハロー・ミスター・モンキー』、『恋のダディオー』や『怪僧ラスプーチン』といった70年代後半から80年にかけての、めくるめく竹の子メガヒット25曲をノンストップ・ミックスした。

また、竹宏治名義でリリースした竹の子族出身の俳優・清水宏次朗の幻の曲や、ヴィレッジ・ピープルの『IN THE NAVY』をピンクレディーが日本語カバーした『ピンクタイフーン』、フィリピンのシンガー、パッショナータが変な日本語混じりで歌った『卑弥呼/HIMIKO』等、マニアックでレアなナンバーを選曲している点も、あの頃を知る人にとっては感涙モノ。

1978年3月、『ブティック竹の子』が原宿に開店したのを機に竹の子族は生まれた。くしくも2013年は竹の子族が誕生して35周年のアニバーサリー・イヤー。CDに収められた曲は今聴いても色褪せない人気曲ばかり。2013年には再び竹の子族ブームが訪れるか?

<商品概要>
「ヤンキーロックス Presents 竹の子ディスコ NON STOP MIX」
唄と演奏;TRT原宿ヤンキースRC (読み:ザ・ローリングサンダーはらじゅくヤンキース・ロケット・カウル)
2012年12月19日(水) 発売
CD:VICL-63952 / 定価2,500(税抜価格2,381)

収録曲 <  >内はオリジナル歌唱アーティスト/発表年
※本CDはTRT原宿ヤンキースRCのカバー演奏で、オリジナル・歌唱アーティストの楽曲は収録されておりません。

01.スカイ・ハイ〜ミル・マスカラスのテーマ〜(オープニング) <ジグソー/1975>
02.ジンギスカン <ジンギスカン/1979>
03.恋のダディオー  <ヴェロニカ/1981>
04.夢のシンガポール <2 PLUS 1/1980>
05.めざせモスクワ <ジンギスカン/1979>
06.ハロー・ミスター・モンキー <アラベスク/1978>
07.ポパイ・ザ・セーラーマン <スピニッヂ・パワー/1978>
08.ヤングマン(Y.M.C.A.) <西城秀樹/原曲:ヴィレッジ・ピープル/1978>
09.E気持 <沖田浩之/1981>
10.ジェニーはご機嫌ななめ <ジューシィ・フルーツ/1980>
11.ハイスクール ララバイ <イモ欽トリオ/1981>
12.恋のバッドチューニング <沢田研二/1980>
13.ハチのムサシは死んだのさ <TEN/1982(原曲:平田隆夫とセルスターズ/1972)>
14.舞・舞・舞 <竹宏治/1981>
15.哀愁でいと <田原俊彦/1980(原曲:NEW YORK CITY NIGHTS/ レイフ・ギャレット)>
16.ピンクタイフーン <ピンクレディー/1979(原曲:In The Navy/ヴィレッジ・ピープル)>
17.怪僧ラスプーチン <ボニーM/1978>
18.チャンタでいこう <マイケル・ゼーガー・バンド/1978>
19.ダンシング・シスター <ノーランズ/1980>
20.S.O.S <ディー・D・ジャクソン/1980>
21.ゴー・イン・バック・トゥ・チャイナ <鹿取洋子/1980(原曲:DIESEL/1979)>
22.卑弥呼/HIMIKO <パッショナータ/1979>
23.ペパーミント・ジャック <アラベスク/1978>
24.ROBOT <榊原郁恵/1980>
25.青い珊瑚礁 <松田聖子/1980>
26.スカイ・ハイ〜ミル・マスカラスのテーマ〜(エンディング)
<関連リンク>
<公式サイト> ※ダイジェスト試聴公開中!

-音楽

関連記事

若手R&Bディーヴァーとコラボ!チャーリー・プースとケラーニによる新曲「ダン・フォー・ミー」リリース!

グラミー賞に数多くノミネートされているシンガー・ソングライター兼プロデューサーのチャーリー・プースが今年5月11日に待望のリリースとなるセカンド・アルバム『ヴォイスノーツ』から先駆けて、新曲「ダン・フ …

中高生の支持率が急上昇中!!次世代系デュオ“吉田山田”が約13ヶ月振りのニューシングルをリリース!!

2009年10月にメジャーデビューしたGuitar/Vocalの吉田 結威(ヨシダ ユイ)とVocalの山田 義孝(ヤマダ ヨシタカ)からなる互いの苗字がそのままアーティスト名となっている男性デュオ“ …

ファンモンのモン吉、再始動!ソロメジャー第1弾は桜ソング

2013年6月1・2日に東京ドームにて開催された“おまえ達との道 FINAL in 東京ドーム”をもって、惜しまれつつ解散したFUNKY MONKEY BABYS。メジャーデビューを果たした2006年 …

ROTTENGRAFFTY “ロットンの日2019”KYOTO MUSEのライブを LINE LIVE&スペシャアプリで同時生配信決定!

2019年1月1日から活動20周年がスタートしたROTTENGRAFFTY。現在全国ツアー「20th Anniversary Beginning of the Story」を敢行中、恒例の6月10日” …

人気急上昇中ロックバンドSPYAIR本日、大本命の「Last Moment(BLEACH ver.)」配信start!!

年末恒例Yahoo NET番付の音楽部門「新人アーティスト賞」にノミネートされるなど人気急上昇!チケット即日完売!ニコ動にて急遽生放送されたライブに視聴者 空前の2万人越え!!来年、3月21日には完売 …

J SPORTSプロ野球中継テーマソング担当 フジファブリックが8/1(水)始球式に登板!

8/1(水)京セラドーム大阪で行われる東北楽天ゴールデンイーグルス戦にて、フジファブリックが始球式に登板いたします。 フジファブリックの書き下ろし「電光石火」は、J SPORTS STADIUM201 …