無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

アルバム「坩堝の電圧(るつぼのぼるつ)」がヒット中のくるり、6年目を迎えた主催の音楽フェス「京都音楽博覧会」無事終了!!

音楽

京都出身のロックバンド・くるりが、地元京都で5周年を迎える主催フェス「京都音楽博覧会2012 in梅小路公園」を開催しました。もはや日本全土で音楽文化として根強く定着し始めている野外フェスですが、主要ターミナル駅(京都駅)から徒歩圏内という場所での開催は全国でも類を見ません。2007年、地元京都で新しい音楽の楽しみ方を提案したいと考えていたくるりが発起人となり京都都市内での大型野外フェスティバルとしてはじまったこのイベント、今年も大盛況のうち、終了しました。

6年目となる今年は「ヒトリ・ジャンボリー」と称した普段バンドで演奏している方に公園にふらっと遊びに来てもらい、ふらっと演奏してもらうというイメージの新しい試みもスタート。大きな盛り上がりを見せました。

京都市内という音楽イベントを行うには特殊な環境である為、実施面でも音出しは19時をめどに終了、演奏はもちろん、快適な空間を作り上げるべく努力しています。

 title=

データ
日時: 2010年9月22日(日) 開場10:30  開演12:00
会場: 京都梅小路公園・芝生広場
動員: 13,000人(SOLD OUT)
主催: 京都音楽博覧会実行委員会
京都音博サイト: http://www.kyotoonpaku.net/

出演順
木村カエラ
吉田省念(くるり)
雅-MIYAVI-
小山田壮平(andymori)
岸田繁(くるり)
山口洋(ヒートウェイヴ)
ホリエアツシ(STRAIGHTENER/ent)
後藤正文(AGIAN KUNG-FU GENERATION)
JAMES IHA
細野晴臣
くるり

京都音楽博覧会2012ライブポイント

○毎年恒例のくるりによる開催宣言終了後、トップを飾るのは、木村カエラ。
バックバンドをつとめるのはなんとくるり!パーカッションにbobo、キーボードに堀江博久をサポートにむかえスペシャルセッションで、大ヒット曲「リルラリルハ」を披露。2曲目は「くるり鶏びゅーと」でもカヴァーしたくるりの名曲「言葉はさんかく こころは四角」、続くMCでは「世界で一番好きな曲です」と紹介し、くるりの「奇跡」をカヴァー。観客の大歓声を受ける。ラストの「Butterfly」で会場をピースフルな空気に包んだ。

○2番手で登場したのはくるりより吉田省念!
新企画「ヒトリジャンボリー」のスタート。くるり加入前から「吉田省念と三日月スープ」でも京都の音楽シーンを盛り上げてきただけに、淡々としたなかに、温かみのある、独自の世界観で会場をつつむ。くるりのニューアルバムでもリードヴォーカルをとる「dog」、自身のオリジナル「青い空」を披露し、ヒトリジャンボリートップをかざった。

○続く出演は雅-MIYAVI-。
1曲目に選んだのは代表曲の一つ、「WHAT’S MY NAME」。2曲目「DAY 1」の途中くるりでもおなじみのドラマー・boboを呼び込み、アルバム「SAMURAI SESSIONS」にも収録された「GANRYU」を披露。ラストの「STRONG」では観客とのコール&レスポンスで会場は一気に盛り上がる。弾き語りスタイルながら、その圧倒的なパフォーマンスはまさに「サムライ・ギタリスト」。世界基準のパフォーマンスを見せた。

○大きな歓声の中、登場したのはandymoriから小山田壮平。
2年前の京都音博にもandymoriとして出演したが、弾き語りとしてはもちろん始めての出演。andymori でもサポートとして、ライブに参加することもあるくるりのファンファンを呼び込み、くるりの「ハイウェイ」をカヴァーし、大きな盛り上がりを見せる。ラストは名曲「1984」を歌い上げ、大歓声を浴びた。

○インターバルをはさんで登場した岸田繁(くるり)。
バンドとは一味違うアレンジでの「ばらの花」でゆったりとした演奏を始める。「熱いんで熱中症に注意してくださいね。」などMCをはさみながら全体的にゆるいイメージで淡々とパフォーマンス。ニューアルバム収録の「沈丁花」、ラストは「デルタ」を披露。

○音博初登場となる高橋優。
「高橋優です、宜しくお願いします!緊張してます!!」という初々しいMCから1曲目「現実という名の怪物と戦う者たち」でスタート。途中のMCでは「恐れ多くも岸田さんと同じ“めがね男子”ということで・・・。一生懸命歌わせていただきます!!」と観客をMCでも沸かせながら、圧倒的な歌唱力とその詩世界で観客を巻き込んでいった。

○続いては山口洋(ヒートウェイヴ)
いうまでもなく、日本のロック史上における重要アーティスト。圧倒的な存在感と、余裕のライブで盛り上げる。歌詞のところどころにアドリブをいれ、観客をまきこんでいった。ラストに演奏した「満月の夕」で大きな喝采を受けた。

○少し日が和らいできた午後15時すぎ、ホリエアツシは自身のソロユニット「ent」ではなく、ホリエ名義での弾き語りで登場。ストレイテナー/ent名義の楽曲を織り交ぜたセットリスト。ストレイテナーのツアータイトルにもなっている「BRAD NEW EVERYTHING」をこのイベントで初披露した。

○大きな歓声の中、登場した後藤正文(AGAIN KUNG-FU GENERATION)。
「ソラニン」「ループ&ループ」とヒット曲を立て続けに演奏し、大きな盛り上がりを見せる。「3.11以降初めて書いた曲」というMCを受けて「夜を越えて」を披露。続くMCでは「巷にはびこる不仲説を一蹴するためにやってきました(笑)」と岸田繁を呼び込んで、中盤のハイライトともいえるセッションがスタート!「Al right part2」そして、「(小山田&ファンファンと)かぶってるけど(笑)」といいながらラストにハイウェイをセッション。大きな盛り上がりを見せた。

○今回の音博で唯一の海外からの参加となったのはメンバーも待望したJAMES IHA。
いうまでもなく、SMASHING PUMPUKINSの元メンバーでもあり、岸田、佐藤からも圧倒的なリスペクトとラブコールを出しての参戦。JAMES IHAを敬愛する、くるり佐藤征史がアーティスト紹介し、「僕の青春時代の憧れでした!」と呼び込み。ソロアルバムからの楽曲を、サポートギターを加えたシンプルな編成でパフォーマンス。ラストは「ROCKN ROLL SUICIDE」を演奏し、ライブが終了。

○3度目の音博登場となる細野晴臣。
過去2回はアコースティックギターをメインにしたパフォーマンスだったが、今回はギターに高田漣、ドラムに伊藤大地、そしてベース&ヴォーカルを細野晴臣という音博が初披露という、スペシャルなバンドセットで登場。後半に「radio activity」、YMOの「granted grey」をパフォーマンスし、会場は大いに沸いた。

○日も傾きかけた梅小路公園に、ついにトリのくるりが登場!
サポートメンバーにはおなじみのboboに加え、キーボードに堀江博久、ユーフォニウムで権藤知彦が参加。6回目を迎えるこのイベントと、来てくれているお客さんにむけ、1曲目の「everbody feels the same」から熱いパフォーマンスを展開する。ニューアルバム「坩堝の電圧(るつぼのぼるつ)」の楽曲を中心に全11曲を演奏、新たにアコースティックアレンジをほどこした演奏で大きな盛り上がりに。岸田が「あと100年続けたいです!」とMCすると大きな拍手に包まれた。アンコールでは今日出演してくれた木村カエラ、雅-MIYAVI-、小山田壮平、山口洋、ホリエアツシ、後藤正文、細野晴臣を向かえ、「リバー」をセッション。鳴り止まない歓声と拍手の中、6年目の京都音楽博覧会は幕を閉じた。

京都音楽博覧会2012セットリスト
木村カエラ w/くるり、堀江博久、bobo
1.リルラリルハ
2.言葉はさんかく こころは四角
3.奇跡
4.Butterfly

吉田省念
1.dog
2.青い空

雅-MIYAVI-
1.WHAT’S MY NAME?
2.DAY 1
3.GANRYU w/ bobo
4.STRONG w/ bobo

小山田壮平(andymori)
1.teen’s
2.ハイウェイ w/fanfan
3.1984 w/fanfan

岸田繁
1.ばらの花
2.沈丁花
3.デルタ

高橋優
1.現実という名の怪物と戦う者たち
2.卒業
3.福笑い

山口洋(ヒートウェイヴ)
1.君を連れてゆく
2.トーキョーシティーヒエラルキー
3.満月の夕

ホリエアツシ(STRAIGHTENER/ent)
1.シンクロ
2.Water Screen
3.BRAND NEW EVERYTHING
4.ROCK STEADY
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
1.ソラニン
2.ループ&ループ
3.夜を越えて
4.All right part2 w/岸田繁
5.ハイウェイ w/岸田繁

JAMES IHA
1.MAKE BELIEVE
2.BE STRONG NOW
3.GEMINI
4.TO WHO KNOWS WHERE
5.SPEED OF LOVE
6.ROCKN ROLL SUICIDE

細野晴臣
1.my bank account is gone
2.lazy bone
3.house of blue light
4.dessert blues
5.radio activity
6.granted grey
7.pom pom joki

くるり
1.everybody feels the same
2.chili pepper japones
3.Race
4.虹
5.惑星づくり
6.soma
7.のぞみ1号
8.キャメル
9.crab, reactor, future
10.glory days
EN.リバー

過去のデータ
京都音楽博覧会2011
日時:2010年9月23日(日) 開場10:30  開演12:00
会場:京都梅小路公園・芝生広場
出演
くるり/石川さゆり/小田和正/斉藤和義/フジファブリック/細野晴臣/マイアヒラサワ/10-FEET
動員:13,000人(SOLD OUT)

京都音楽博覧会2010
日時:2010年9月19日(日) 開場10:30 開演12:00
開場:京都梅小路公園・芝生広場
出演:
くるり/The Ventures /andymori /京都魚山聲明研究会/Jim O’Rourke/二階堂和美/遠藤賢司 /
世武裕子 / くるり ザ・セッション
動員:13,000人

京都音楽博覧会2009
日時:2008年9月22日(火・祝) 開場10:30 開演12:00
開場:京都梅小路公園・芝生広場
出演:
くるり/石川さゆり /奥田民生 /ふちがみとふなと/BO GUMBO3 feat.ラキタ/矢野顕子/Ben Kweller
動員:13,000人

京都音楽博覧会2008
日時:2008年9月6日(土) 開場10:30 開演12:00
開場:京都梅小路公園・芝生広場
出演:
くるり/小田和正/大工哲弘&カーペンターズ/ハンバートハンバート/細野晴臣/rei harakami
アシャ(fromナイジェリア)/Lana & Flip(fromオーストリア)/The Real Group(from スウェーデン)
動員:13,000人

京都音楽博覧会2007
日時:2007年9月23日(日) 
会場:京都梅小路公園・芝生広場 
出演:   
くるり/小田和正/Cocco/大工哲弘/ふちがみとふなと
タラフ・ドゥ・ハイドゥークス(fromルーマニア)/リアダン(from アイルランド)
ジェイソン・フォークナー(from U.S.A)
入場者数: 15,000名

-音楽

関連記事

カヴァーコンピ「Happy Holidays!」シリーズ第2弾リリース決定!!

シティ・ポップスのカヴァーコンピ、「Happy Holidays!〜CITY POPS COVERS〜」が2011年12月14日にリリースされ、幅広いリスナーから好評を得ている極上休日音楽カヴァーコン …

KEN THE 390、ELTの「fragile」を大胆サンプリング!!

KEN THE 390、Every Little Thing「fragile」を大胆サンプリング2010年にリリースしたメジャー1stアルバム「NEW ORDER」から約10ヶ月、MCバトルで数々の輝 …

アイドルグループ“FES☆TIVE”、3名卒業で4月より新体制へ!

人気8人組アイドルグループFES☆TIVEが2月3日に渋谷SPACE ODDで開催された「俺たち、パフォ厨。Vol.1」のライブMCにて、3月25日のワンマンライブ(新宿BLAZE)をもってメンバーの …

超特急 ニッポン放送主催「PERFECT VALENTINE 2019」に出演!

6人組ダンス&ボーカルグループの超特急が、2月11日に横浜アリーナで行われたニッポン放送主催のライブイベント『PERFECT VALENTINE 2019』に、昨年に引き続き出演。バレンタインを意識し …

ORANGE RANGE“テブラ”ツアー開催を目前に新曲スタジオライブ映像を2曲連続公開!

10月4日より全国ホールツアーを開催するORANGE RANGEが、新曲スタジオライブ映像をYouTubeにて公開した。 ORANGE RANGEは今年、2月に自身初となるアジアツアー、4月と5月にF …

吉田山田、Seventeenモデル出演の桜も見頃な新曲MVついに公開!!

4月17日に7枚目のシングル「ごめん、やっぱ好きなんだ。」を発売する男性2人組ユニット吉田山田。ジャケットにSeventeenモデルの新川優愛を起用し話題となりましたが、同じく彼女が出演したミュージッ …