無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

次世代を担うガールズバンド

インタビュー

 title=

愛知県名古屋市在住の幼なじみEve(イヴ / Vocal & Guitar)、Mayu(マユ / Bass & Chorus)、Sach(サチ / Drums & Chorus)の3人で結成したガールズバンド、dolls(ドールズ)。2011年12月に開催された「SCANDALコピーバンド/ヴォーカリストコンテスト vol.2」において、応募総数500組の中から見事グランプリを獲得した実績を持つ3人が、満を持してメジャーデビューミニアルバム『Rock’n’doll』をリリースした。
今作は、あの“Mr.Big”のエリック・マーティンが新たに書き下ろした「THE BEST YEARS OF OUR LIVES」をはじめ、MR.BIGの代表曲「To Be With You」のカバーを含む全6曲を収録。dollsと同世代の10代のロックファンはもちろん、往年のロックバンド好きも要チェックの1枚に仕上がっている。
そんなdollsから今回のデビューアルバムに寄せて書面でのインタビューが到着。地元・名古屋から東京に出向いてのレコーディングやエリック・マーティンに楽曲提供してもらったキッカケなどのエピソード、そしてデビューアルバムに込めた想いを語ってくれました。メンバー3人の動画コメントと合わせてお楽しみください。

──最初に、バンド結成のキッカケ、経緯をお聞かせいただけますか?

Eve(Vo & Gt):もともと地元の名古屋の幼馴染で組んだ5人組の前身バンドがありましたがギターとドラムの子が脱退し、残った3人でdollsを結成しました。

私はVocalからGt&Voになり、SachはKeyboardからDrumになりました。

──メジャーデビューが決まって心境の変化はありましたか?

Sach(Dr & Cho):Eveと私はちょうど高校を卒業して進路を決める時期だったのでデビューが決まりホッとしました。

メジャーデビューの実感は、PV撮影やレコーディングをしている時に少しずつ感じました。

──いよいよ6月17日(水)にリリースされるメジャーデビューミニアルバム『Rock’n’doll』は、どのような作品に仕上がりましたか?

Mayu(Ba & Cho):タイトルどおりRockな作品です! ライブで一緒に歌える曲やカバー曲などいろいろなタイプのRockが詰まった作品になりました!

──アルバムタイトルは、どのように決められたのですか?

Eve:タイトルにはバンド名を絶対入れたいとメンバーで話していて、dollsにしか表現出来ないRockなアルバムにしたかったこともあり『Rock’n’doll』に決めました。

──制作にあたって特に意識されたことは? また、レコーディングは、いかがでしたか?

Sach:一曲一曲、サウンドや歌詞の世界感が出せるように その曲のイメージをふくらませてスタジオに入りました。

今も名古屋に住んでいてレコーディングは東京のスタジオだったので、2日で3曲のボーカルレコーディングをして、そのまま深夜バスで名古屋に戻るという結構ハードなスケジュールもありましたが、毎回レコーディングするのが楽しかったです!

──メジャーデビューミニアルバム『Rock’n’doll』を通して、リスナーにどのような想いを伝えたいですか? もしくは、どのようなところに注目して聴いてもらいたいですか?

Mayu:dollsのライブを体感出来るようなM1「THE BEST YEARS OF OUR LIVES」からM6「Kurt」まで駆け抜けていくようなアルバムなのでライブ感覚で是非とも聴いてほしいです!!

──それでは収録曲についてお聞きします。1曲目の「THE BEST YEARS OF OUR LIVES」は、Mr.Bigのエリック・マーティンさんの書き下ろし楽曲だそうですが、楽曲提供いただいて、いかがですか?

Eve:メンバーとスタッフでMr.Bigの「To Be With You」をカバーする話があって、申請には音源が必要で私たちのカバー音源を送ったら、しばらくしてデータ便が急に届いて、この「THE BEST YEARS OF OUR LIVES」の原曲がエリック本人の歌で届いたんですよ! もうビックリでした! あのMr.Bigのエリックマーティンという雲の上のような存在の方に曲を提供してもらえて信じられないほど嬉しかったです!

──「THE BEST YEARS OF OUR LIVES」は、どのような楽曲に仕上がりましたか?

Sach:これぞハードロック!という重厚なサウンドアレンジでタイトなノリの曲です! 聴けば聴くほどボディーブローみたいに効いてきますよ! Aメロの声はギターエフェクターのRATという機材で歪ませているのも拘りです!

──「THE BEST YEARS OF OUR LIVES」の歌詞で、お気に入りのところは?

Eve:サビの“夢を信じていれば必ず叶う”という部分です。タイトルの「THE BEST YEARS OF OUR LIVES」は訳すと、“人生で最も素敵な年を!”という意味なんです! dollsにとって、そして聴いてくれたみんなが最高な1年になるよう気持ちを込めて歌っています!

──「THE BEST YEARS OF OUR LIVES」のミュージックビデオは、どのような作品に仕上がりましたか?

Mayu:激しくダークなイメージで撮影したので最高のPVになったと思います!

見所は監視カメラを鷲掴みにする所のEveの表情です!

撮影中では高いヒールを履いてアクションをしたので演奏シーンが大変でした。

撮影用で借りたドラムセットが足りなくて、ちょっと斬新なドラムセットになっているのも密かな見どころです!

──続いて、5曲目でMr.Bigの代表曲「To Be With You」をカバーされたのは、どのような想いから? また、カバーにあたって、特に意識されたことは、どんなところですか?

Sach:以前からdollsにはバラードがなくて何かカバーしようとメンバーで話していて ちょうどその時、気になっていたMr.Bigの「To Be With You」をやることに決めました。でもアレンジしていくうちに結局ロックな曲になってしまいました!(笑)

ライブでみんなで大合唱したい1曲です!

──デビューミニアルバム『Rock’n’doll』から、メジャーという新たなステージでスタートを切るdollsさんですが、今後の目標、抱負をお聞かせいただけますか?

Eve:このアルバムを引っさげて日本全国まだ行ったことのない場所でLIVEがしたいです!

日本だけでなく世界にも“dolls”という名前を広げたいです!

そして地元が名古屋なので“名古屋といえばdolls!”といわれるように頑張ります!

みなさんぜひdollsのLIVEに遊びに来てくださいね!

 title=

ジャケット写真は、ミニアルバム『Rock’n’doll』[CD]です。

「HOT!」

1. THE BEST YEARS OF OUR LIVES

2. 嘘つきSOMEDAY

3. Just My Life!

4. 晴れ空ハレルヤ恋ゴコロ

5. To Be With You

6. Kurt


『Rock’n’doll』
ミニアルバム
発売:2015.06.17
POCS-1322
ROCKET BEATS
¥2,000(税抜)



CD購入はコチラ!

オフィシャルサイトはコチラ!


dollsの歌詞をもっと見る


PC版 dolls インタビュー



style=”display:inline-block”
data-ad-client=”ca-pub-3715966179854991″
data-ad-slot=”3807410519″>

Live情報

■dolls LIVE TOUR 2015 ※対バンLIVE
・2015年7月14日(火) @神戸VARIT(兵庫)
・2015年7月24日(金) @南堀江knave(大阪)
・2015年8月07日(金) @渋谷LUSH(東京)
・2015年8月13日(木) @京都MUSE(京都)

■dolls LIVE TOUR 2015 FINAL
NAGOYA FUSHIMI HEART LAND ONE MAN LIVE
2015年8月29日(土) 名古屋伏見HeartLand【愛知県】
Open:18:00 / Start:18:30
前売り:3,000円(ドリンク別)

-インタビュー

関連記事

PUSHIMボイス・メッセージ!オリジナル・アルバム『F』1月20日リリース!!

★Music Video★ 1999年のメジャーデビュー以来、“クイーン・オブ・レゲエ”として今やジャパニーズ・レゲエ・シーンNo.1シンガーの座を確固たるものにしたPUSHIMが、2年10ヶ月振り通 …

誰もが耳にしたことのあるヒット曲を網羅!デビュー5周年を飾るベストアルバム『5th Anniversary Best』絶賛発売中!!

★Music Video★ 17歳の時にシングル「サブリナ」で鮮烈なデビューを飾り、その後もドラマ主題歌やCMソングを手掛けて着実にステップを重ね、今や確固たる人気を誇る家入レオ。今年5周年を迎える彼 …

Janne Da Arcのka-yuのソロプロジェクト活動休止を宣言したDAMIJAWの集大成ライブDVD & Blu-ray『DAMIJAW 47 都道府県tour “Be wi

カリスマ的な人気を誇るロックバンドJanne Da Arc。そのベーシストのka-yu(カーユ)が行っているソロプロジェクト、それがDAMIJAWだ。因みにDAMIJAWとは、1970年代に世界的に大 …

Dr.kyOnと佐橋佳幸によるユニット“Darjeeling”プロデュース作品!川村結花、温かな音と言葉が心の琴線に触れる快作!『ハレルヤ』11月8日リリース!!

★Music Video★ 日本のトッププレイヤー&プロデューサーである、キーボーディストのDr.kyOnとギタリストの佐橋佳幸によるるユニット「Darjeeling(ダージリン)」が、音の愉しみを知 …

世界が恋するシンガー・ソングライター テイラー・スウィフト初公式ポップアルバム『1989』

今年6月にさいたまスーパーアリーナで来日公演を行ったテイラー・スウィフト。会場には彼女のファッションを真似した“テイラー女子”と呼ばれる女性ファンが多く集まった。そのテイラーが8月18日にNYから全世 …

ラブソングマスターソナポケ待望の4thアルバム 『ソナポケイズム④ 〜君という花〜』リリース

昨年1月にリリースされた3rdアルバム『ソナポケイズム③ 〜君との365日〜』はオリコンウィークリーチャート初登場2位をマーク。その後もロングセールを続け、出荷枚数は25万枚を突破。2012年8月に行 …