無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

臨場感ボイス シンガーソングライター

インタビュー

近藤晃央

シングル「フルール」でデビューしたシンガーソングライター“近藤晃央(あきひさ)”の2ndシングル「テテ」は、“左右”の手で別々のものを掴むのではなく、“両手”で1つのものをぎゅっと掴みたいという想いを込めた、“手”をテーマにした楽曲。「テテ」は大人気TVアニメ“宇宙兄弟”のエンディングテーマに決定。同じ夢を目指して登場キャラクター達が手と手を取り合い、歩んでいく姿と歌詞が見事にリンク。自分の両手を繋ぎ“願い”、指先で結ばれた“約束”、“手”が持つ様々な意思を、前作同様に昭和歌謡から影響を受けた和メロと、ラテンのスパイスを取り入れたピアノフレーズ、エッジの効いたギターサウンドに乗せた、重厚なアップチューンに仕上がっている。
また、映画館TOHOシネマズ初の試みとなる“TOHOシネマズメッセンジャー”に大抜擢され、音楽活動以外での活躍も期待されるなど、急激に注目を集めている。

──12月5日リリースの2ndシングル「テテ」は、読売テレビ・日本テレビ系全国ネットの大人気TVアニメ“宇宙兄弟”のエンディングテーマとして10月7日からオンエア中ですが、“宇宙兄弟”とのタイアップのお話を聞いたときは、いかがでしたか?

今までの“宇宙兄弟”のテーマソングは、メロディーやサウンド面でとても爽やかな印象があったので、今回この曲を使って頂けるというお話を伺ったときは、とても嬉しかったのと同時に、すごくビックリしましたね。この曲はすごくマイナーコードを多用していて、決して爽やかな曲ではなかったので(笑)。
ただ、この曲がオンエアされる期間のストーリーを全体で考えると、ある意味ハマっているのかなと思えて、放送される度にストーリーと深く繋がっていけたらな、と思っています。
歌詞は、主人公である“日々人”と“六太”の兄弟でいうと、“六太”目線だと思います。自分で盛り上がっては、自分で盛り下がってしまう六太の不器用さが重なりますね。

──「テテ」の制作にあたって、特に意識されたことは? また、レコーディングは、いかがでしたか?

今回はデビュー作のc/wに収録されている「無表情」に続いて、江口亮さんにプロデュースして頂いたんですが、当初はアレンジがもうちょっとストレートなサウンドだったんです。
ライブやスタジオリハーサルでこの曲を何度か演奏していく内に、僕が段々とラテン音楽の要素を足していって、色々と試行錯誤していく内に現在のイントロのフレーズだったり、リズムが出来てきて。
ある程度固まってきた段階で、それらを踏まえてもう1度江口さんにアレンジし直して頂きました。
この曲は安全圏にいくより、振り切った方が逆に“まとまる”と思っていたので、それが形になって今はほっとしています。

──「テテ」の歌詞のテーマ、ストーリーの発想は、どんなところから? また、作詞にあたって、特に意識した点は、どんなところ?

“to Iじゃないや”の部分は、まさにそのまんまなんですが、ここ何年か“自分自身への得や利益”を追求するよりも、“自分以外への得や利益”を追求したほうが、結果的に自分自身にも返ってくるものが多かったと思えた事が何度かあって。
“自分だけで終わらないもの”っていう明確なテーマがあった中で浮かんできたのが“手”だったんです。
僕自身そうなんですが、人ってやっぱりどこか欲張りで、色々やりたい事があっても、結局そんな行動力はなかったりする。
結局それをやる為に何かするかっていうと、いつも“願う”ことだけだったんですよね。
願うこともすごく大切な事だけど、それ以上にやっぱり何かを叶える為には行動しなきゃいけない。だから“自分自身”と結ばれているこの手をほどいて、いつかは何かを掴み、守る“手”にしたい。そこからは“手”にひたすらこだわって書きました。

──「テテ」というタイトルには、どのような想い・意図が?

サビの歌詞にもありますが、あくまで、2つではなく1つ。2つあるけど1つ。というところにこだわって、“手と手”のように“複数”じゃなくて、“単体”にしたかったんです。だから繋げて「テテ」。
これ、意外と説明しないと伝わらないんですけどね。

──「テテ」の楽曲制作やアレンジで、特に意識した点は、どんなところ?

デビュー曲の「フルール」もそうですが、昭和歌謡にインスパイアされてずっと楽曲を作ってきたので、その流れの中で“アップテンポ”に初めて挑戦した曲でもあります。
コード進行も2コードを繰り返したり、サビが2段階あったり、Dメロの展開、僕の中でも珍しい…というかとても変な構成なので、僕じゃなきゃこんな変な構成にはならないだろうなぁと。
この構成に対しては、自分にしかできないだろうっていう根拠のない自信があります(笑)。

──「テテ」のミュージックビデオは、どんな仕上がりに? また、ズバリご自身オススメの見どころは?

本当に“手”が沢山の場面で出てくるし、“手”が鍵になってきます。
フィンガーダンサーとして活躍されている【K.E.N-DIGIT】さんの超絶パフォーマンスにもぜひ注目して下さい。この曲の意味とか歌詞をめちゃくちゃ把握してくれた上で動きも考えてくれているので、細かいところまで見て欲しいですね。

──初回生産限定盤には「テテ」のリミックス・バージョンが収録されていますが、どんな仕上がりになりましたか?

今回のリミックスはtofubeatsさんにお願いしたんですけど、まず自分の曲をリミックスして頂く事自体が初めてだったので、“どうなるんだろう”とワクワクしてましたね。
tofubeatsさんから届いた楽曲を聞いた時の率直な感想は、僕自身がソングライターとして自然に培ってしまった“固定観念”を持っている事を痛感しましたね。まず曲の“沸点”と、“ピーク”の解釈の仕方が凄いなと。それはテンションのウェーブ感もそうですし、“予想させない”展開を不自然じゃなく実行する事がこんなにカッコイイのかと。オリジナルのサウンドもしっかり活かされていますので、そこにも注目して欲しいですね。

──「テテ」を通して、リスナーにどのような想いを伝えたいですか?

人それぞれにキャパシティがあると思います。何個も何個も抱えようとすると、持ちきれなくなって、1番大事にしたかったはずのもが溢れていく。そういう事が僕の中で何度もあって。
結局自分が成長して大きくならないと、キャパシティも大きくはならない。そんな中で、本当に大事にしたいものをまず大事にする事が、自分を成長させ大きくする最大の方法なのかなと。
大事なものを大事にする、っていうすごくシンプルな事が難しくなってきてしまった時代ですけど、シンプルであるための、1つの切っ掛けになったら嬉しいです。

──続いて、c/w「かな」の歌詞のテーマ、ストーリーの発想は、どんなところから? また、作詞にあたって、特に意識した点は、どんなところですか?

【寂しさとは「哀しさ」じゃなく 幸せに寄り添う「願い」のよう。】っていう歌詞があるんですけど、誰かが居なくなった隙間って、誰かが居てくれた居場所でもあって、幸せと寂しさが共存する空間なんですよね。それをダイレクトに言葉にできたこの部分は、ある意味この曲の芯かもしれません。

──「かな」というタイトルには、どのような想い・意図が?

語尾ってなかなかピックアップされにくい言葉なのかもしれませんけど、言い切れない美しさとか、言い切れないから残されるものってあると思うんですよね。
それがこの言葉に凝縮されているのかなと。…って言ってる側から使ってますね(笑)。

──「かな」の楽曲制作やアレンジで、特に意識した点は、どんなところ?

プロデューサーの江口亮さんと相談して、この曲が出来る前から、ピアノ&アコギ&チェロっていうシンプルな構成でレコーディングしたい、という話をしていて。
歌の居場所を“近く”にするために、そういう手法をとったんですけど、メロディーラインはそこを意識して“息”が伝わる音域を中心に組み立てました。

──「かな」を通して、リスナーにどのような想いを伝えたいですか?

聴く人それぞれの“寂しい”という思いを浮かべながら聴いてみて欲しいですね。

──近藤さんは、デビューシングル「フルール」をリリースされた今年9月に“TOHOシネマズメッセンジャー”に抜擢され、現在、TOHOシネマズで映画の上映前に、ご自身主演のショートムービーが上映中ですが、CDデビューと同時に俳優としてもデビューされて、いかがですか?

企画としてすごく面白そうでしたし、この様なお話を頂いた事はすごく光栄でした。
ただ、自分は役者ではないし、どういう風に取り組んでいくのか、不透明な部分が大きかったんですが、監督から“演技をするとミュージシャンの空気感がなくなってしまうので演技をするな”っていう話をして頂いて。
何度かやったシーンも最終的に演技が自然だったものではなく、いかに“普通”に、近藤晃央であることが出来るか、という事を追求したテイクがOKになりました。だから個人的に演技をした部分はほとんどありませんでした。一般的なお芝居として考えたら、毎回それで良いとはもちろん思えないんですけどね。“表情”や“声のトーン”が、あまりにも素の自分だったので、映画館で見たときは、単純に“いつも通り”感情があまり表に出てきていない無頓着な自分が、自分ではない状況に在るような不思議な感覚でした。

──第一弾のショートムービーでは“音楽家を目指していた映画好きの主人公”を演じているそうですが、近藤さんご自身がお好きな映画は?

最近改めて“バグダッド・カフェ”を観たら、以前観たときよりも更に良かったですね。
人間関係の相違性を分かりやすく表現していて、展開やペースも質感もすごく好みです。
「Calling you」(挿入歌)のような映画に密着した名曲が存在するのも、映画と音楽の関係性が深いものだと改めて感じさせられましたね。

──最後に、来年2013年に向けての抱負をお聞かせいただけますか?

抱負としては“目的”を見失わないこと。
活動面では、アルバムを出して、ツアーをやる事です。
アルバムは既に制作に取りかかっているので、早くお知らせできる日が来ると良いなと思ってます。

近藤晃央


【LIVE情報】

●「テテ」発売記念ミニライブ&サイン会
①2012/12/5(水)
会場:名古屋ナディアパーク 2階 アトリウムイベントスペース
開演:18:30〜
観覧方法:フリー
②2012/12/7(金)
会場:愛知県アスナル金山
開演:18:30〜
観覧方法:フリー

●oricon Sound Blowin’ 10th Anniversary Supported by NTT西日本
公演日:2012/12/08(土)
会場:渋谷AX
開演:15:00
入場:招待制

●FM AICHI presents STAND UP
公演日:2012/12/23(日)
会場:ell.FITS ALL
開演:18:00



★Music Video★

近藤晃央

ジャケット写真は、通常盤です。

テテ

01. テテ
02. かな
03. テテ – tofubeats remix
※M-3は初回生産限定盤のみ収録


シングル
発売日:2012.12.05
DefSTAR RECORDS

初回生産限定盤(CDのみ)
DFCL-1958
¥1,200(税込)

通常盤(CDのみ)
DFCL-1959
¥1,000(税込)


CD購入はコチラ! style=
オフィシャルサイトはコチラ!


■近藤晃央(こんどう あきひさ)の歌詞をもっと見る

-インタビュー

関連記事

自分らしく前向きに生きて虹色の世界にしよう!全ての人たちに捧げるポジティブソング!「RAINBOW ~私は私やねんから~」5月10日リリース!

★Music Video★ 堀くるみ、彩木咲良、清井咲希、根岸可蓮、春名真依から成る関西出身の5人組アイドルグループ、たこやきレインボー。2012年9月の結成から着実に人気を伸ばし、2016年4月にシ …

これまでそしてこれからがギュっと詰まった一枚ファースト・アルバム『HAPPY』3月25日発売!!

2013年年末に公開された映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でヒロイン役を演じ、その演技と歌で鮮烈デビューを飾った大原櫻子。そんな彼女のファースト・アルバム『HAPPY』が3月25日に発売になった。今 …

爽やかなアップテンポなラブソング!c/wは映画『俺たちの明日』の主題歌

EXILE、THE SECOND from EXILE、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEに続く若き次世代のグループ、それがGENERATIONS from EX …

May J.が今、本当に伝えたい詩(うた)―。2nd Cover Album『Heartful Song Covers』

3月26日、累計出荷30万枚を突破した『Summer Ballad Covers』に続くMay J. カバー作 第2弾『Heartful Song Covers』がリリースされた。前作ではリスナーから …

世界が恋するシンガー・ソングライター テイラー・スウィフト 待望の4th Album。

史上最年少で、グラミー賞の最高権威「最優秀アルバム賞」を受賞、女性アーティストによる週間デジタル・シングル・セールスの世界最多売り上げ記録達成など、数々の記録を持つシンガー・ソングライター。16歳の時 …

記念すべき15周年イヤーに放つニューアルバム『WALK OF MY LIFE』3月18日発売!!

★Music Video★ 人がどう思うかではなく 自分がどう生きたかデビュー15周年目に向け、歩き歌い続けるアーティスト倖田來未、過去を凌駕する刺激と驚きに満ちた最先端アグレッシブサウンド!待望のニ …