無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

世界が恋するシンガー・ソングライター テイラー・スウィフト 待望の4th Album。

インタビュー

テイラー・スウィフト

史上最年少で、グラミー賞の最高権威「最優秀アルバム賞」を受賞、女性アーティストによる週間デジタル・シングル・セールスの世界最多売り上げ記録達成など、数々の記録を持つシンガー・ソングライター。
16歳の時にデビュー・アルバム『テイラー・スウィフト』をリリース以降、2ndアルバム『フィアレス』(09年全米で最も売れたアルバム)、3rdアルバム『スピーク・ナウ』など、それぞれのアルバムが全世界で500万枚以上のヒットとなっている。
なぜテイラー・スウィフトがそんなにも世界から愛されるのか?
類まれなる彼女の容姿、ポップなメロディのほかに、多くの人の共感を呼ぶ彼女の体験を反映した歌詞の世界がその大きな理由となっている。
──今回のアルバムの制作のインスピレーションとなったものは?

テイラー:私はやっぱり、どうしても恋愛に関係することを書いちゃう傾向があるんだけど……恋愛関係やその気持ち、シチュエーションみたいなことね。だから自然とそういうことは書かれてる。最終的にはものすごくクレイジーな、ゼロからいきなり100に振り切れて、壁にぶつかって、爆発するような恋愛にインスパイアされることになったと思う。それって書くのがすごく楽しくて! ほんと、全体的にはひどい恋愛、うまくいかない恋愛なのよ。でもそれについて書くと、いろんなインスピレーションが生まれてくるの。だから、私が経験したそういうことだったり……あと、私の周りで起きたこと、私が見たことも書かれてる。友だちの恋愛だったり、誰かが経験してたことにインスパイアされたり。アルバムを作ってる時って、私の人生自体が大きなストーリーボード(絵コンテ)になる感じで、そこにいる人全員がキャラクターになるの。ていうか、キャラクターになる可能性があるっていうのかな? 友だちや家族、私の周りにいる人たちはみんなそれを知ってる。この2年間は私にとってものすごく刺激的だったし、私はずっとコンスタントに曲を書いてたのよ。

──今回のアルバムには前作と違って、新たな共作者を迎えていますよね?

テイラー:この前のアルバム『スピーク・ナウ』では、曲を全部自分一人で書いたの、共作者なしで。それは素晴らしいやり方だったし、自分でもとても誇りに思ってるんだけど、今回のアルバムのアプローチとしては、もう一度白紙に戻して、違うやり方でアプローチしたいと思ったの。それで、『これまでやってきたソングライターやプロデューサー全員、いろんな人たちに電話してみて、一緒にやりたいかどうか訊こう』と思ったのね。とにかく電話してみよう、って。その結果、音楽業界で働いてる中で、私がものすごく好きな人たちと一緒にやれたのよ! だからこのアルバムには共作した曲がいっぱい入ってる。いろんなプロデューサーがいろんな曲を手掛けてるし、コラボレーションもたくさんあるわ。そういう新しい方向性をみんなに聴いてもらうのがほんとに楽しみだし、新しいことにものすごくエキサイトしてるの。一緒にやった人たちがとにかく素晴らしくて、私の期待にまさに応えてくれたわ。それがほんとに嬉しかった。

──アルバムタイトルの由来は?

テイラー:このアルバムには同じタイトルの曲が書かれているの。それが私にとって何を意味するかっていうと……このアルバムのすべてのエモーション、感情なの。どれもまるで嵐のような、クレイジーで強烈で、時には毒になるような……この2年間の恋愛についてなんだけど(笑)。そういう強烈な恋愛や強烈なフラストレーションから生まれてきた感情、嫉妬や混乱、その全部が、私の頭の中では“レッド”、赤いのよ。中間色、ベージュみたいなもの、そういうフィーリングにはまったくなくて、すごく両極端なの。だからこのアルバムを『レッド』って呼ぶことにしたの。

誰もが体験する恋に落ちた時の魔法、失恋した心の痛み、それが言葉の壁を超え、テイラーと私たちを結びつけているのだ。
2年間の体験が詰め込まれたというテイラー・スウィフトの最新作『レッド』、またも自分の気持ちを代弁してくれている楽曲にたくさん出会えるに違いない。

テイラー・スウィフト

ジャケット写真は、通常盤です。

レッド

01. ステイト・オブ・グレイス
02. レッド
03. トレチャラス
04. トラブル
05. オール・トゥー・ウェル
06. 22
07. アイ・オールモスト・ドゥ
08. 私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない
09. ステイ・ステイ・ステイ
10. ザ・ラスト・タイム featuring ギャリー・ライトボディ(スノウ・パトロール)
11. ホーリー・グラウンド
12. サッド・ビューティフル・トラジック
13. ザ・ラッキー・ワン
14. エヴリシング・ハズ・チェンジド featuring エド・シーラン
15. スターライト


アルバム
発売日:2012.10.24
ユニバーサル インターナショナル

通常盤(CDのみ)
POCS-24004
¥2,300(税込)

デラックス盤(2CD)
POCS-24002
¥2,800(税込)


CD購入はコチラ!
デラックス盤 style=通常盤 style=


オフィシャルサイトはコチラ!


■テイラー・スウィフトの歌詞をもっと見る

-インタビュー

関連記事

インタビュー第2弾|来春卒業で、新しい世界に足を踏み入れた 現役女子高生シンガーソングライター新山詩織

11月13日に新山詩織の3rdシングル「ひとりごと」がリリースされた。これまで現役女子高生シンガーソングライターとして、若者が抱える学校でのある種の生き難さをテーマに創作してきた彼女が、卒業を控え、い …

MOSHIMO 新世代ギターロックバンドが放つ1stフルアルバム!二度と来ない多感な少女期を詰め込んだ『圧倒的少女漫画ストーリー』3月21日リリース!!

MOSHIMO「圧倒的少女漫画ストーリー」 MV MOSHIMO「吾輩は虎である」MV インタビュー 岩淵紗貴(Vo&Gt)、一瀬貴之(Vo&Gt)、宮原颯(Ba)、本多響平(Dr …

優里、12月23日(金)より公開の劇場版アニメ『かがみの孤城』に主題歌「メリーゴーランド」を書き下ろし。キャスト&最新予告映像公開!

今回解禁された主題歌「メリーゴーランド」は、優里による書き下ろし楽曲で初の映画主題歌となる。優里は代表曲『ドライフラワー』がソロアーティスト初のストリーミング累計7億再生を突破し、2021年年間の総合 …

言葉を縦横無尽に操る新進気鋭のアーティストが現代にノアの方舟を再現しようと試みた意欲作『Noah’s Ark』1月25日リリース!!

★Music Video★ 高校3年生だった2015年12月に1stアルバム『hollow world』でメジャーデビューを果たし、言葉を縦横無尽に操る文学性の高いリリックが話題を集めている“ぼくのり …

在宅系音楽ユニットzonji、自分の中に存在する“醜さ”と“美しさ”の二面性を描いた新曲「playful painful world」のミュージックビデオを公開。

ネクストサブスクヒットアーティストとして注目が集まる在宅系音楽ユニットzonji(読み:ゾンジ)。3月2日に新曲「playful painful world」が配信リリースとなり、ミュージックビデオが …

なかねかな、初のライブイベントを開催!誕生日の12月6日には新曲「ハッピーバースデー己」をリリース!

今年の5月末に「TikTokでよくみるイケメンが?」の歌い出しでめちゃくちゃバズってる「モテすぎて草、誘ってて森」をTikTokで公開し勢いそのままにメジャーデビューを果たしたなかねかな。そんな彼女達 …