無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

吉川晃司と布袋寅泰による伝説のユニットCOMPLEX!再び「日本一心」の旗を掲げてステージに立つ。

音楽

吉川晃司と布袋寅泰による伝説的なユニット、COMPLEXのチャリティーライブが2024年5月15、16日の2日間、東京ドームで開催された。2日間の動員数はのべ10万人。この公演は2024年1月1日に起こった「令和6年能登半島地震」の復興支援を目的としたもので、「日本一心」の旗を掲げて行われた。公演の利益の全ては被災地の復旧、復興のために寄付される。
COMPLEXは2011年7月30、31日にも「日本一心」の旗を掲げて、東日本大震災の復興支援のための公演を開催している。今回のステージはその時以来で、吉川と布袋が同じステージに立つのは13年ぶりだ。COMPLEXの結成は約36年前の1988年。1990年11月8日の東京ドーム公演をもって活動休止している。その後、ライブが行われたのは2011年の2公演のみだ。今回、“生COMPLEX”を初めて観た人も多いだろう。ここでは初日公演の模様をレポートする。
スクリーンに浮かびあがった「20240515-16」という日付の数字が始まりの合図だった。過去のライブ映像が流れ、2011年の東京ドームでの吉川と布袋が握手する場面も映し出された。このシーンは日本のロック史上に残る屈指の名場面の一つだろう。今回の公演の幕開けの曲は13年前と同じ「BE MY BABY」だ。5万人によるハンドクラップの中、吉川が上手から、布袋が下手から登場し、歩み寄って握手した。13年前の歴史的な場面を再現するような始まり方だ。「両雄並び立たず」という故事成語があるが、両雄が並び立っているのがCOMPLEXである。同じ目的のもと、力を合わせているCOMPLEXの存在そのものが「日本一心」の趣旨を体現している。
鍛え抜かれた吉川の歌声と多彩な表現を究めている布袋のギターの組み合わせは絶妙だ。1曲目から会場内が熱気に包まれた。布袋はステップを踏みつつの演奏。エンディングでは吉川がシンバルキックを試みるも空振り。側転しながらのシンバルキックに変更して成功すると、どよめきと歓声が起こった。何から何まで破格な二人は、パフォーマンスも唯一無二だ。吉川は外傷性白内障と診断され、1月に手術をしている。衝撃に注意しなければならない中、渾身の力で向かっていく姿に胸が熱くなった。
「COMPLEX日本一心へようこそ。大自然の前ではオレたちなんてちっぽけな人間だが、こうして集って力を束ねれば、奇跡だって起こせると信じています。ともに能登へエールを。ぶちかまそう!」と吉川。客席からも多くのこぶしが上がった。「PRETTY DOLL」では躍動感あふれる歌と演奏によって客席が激しく揺れた。「CRASH COMPLEXION」では変幻自在の歌と演奏を展開。バンドの集中力あふれる演奏も見事だった。メンバーは湊 雅史(D)、スティーヴ エトウ(Per)、井上富雄(B)、奥野真哉(Key)、岸 利至(Programming)の5人。吉川と布袋の信頼するミュージシャン達が結集した。「路地裏のVENUS」では吉川がフライングV、布袋がゼマティスを手にし、ギターによる共演が実現した。吉川と布袋が背中合わせでギターを弾いたり、向き合ってギターの掛け合いを繰り広げたりすると、観客も一緒に熱狂していた。二人にしか生むことのできない火花は実にスリリングだ。吉川と布袋のコーラスも“これぞCOMPLEX”と言いたくなる独特の味わいがある。
「ハロー、東京ドーム! 今日は能登半島を始めとする被災地への復興支援に賛同してくれた約5万人の同志達が、全国から集まってくれました。日本一心。今日は心も体も一つになって、一心同体となって、被災地にエールを送りましょう」との布袋からのMCもあった。「LOVE CHARADE」では爽快感あふれる歌声とブライトな響きのあるギターによって、会場内に明るいエネルギーが満ちていった。途中で布袋が両手を頭の上に上げてハートマークを作ると、観客も一緒にハートマークを作っている。吉川もハートマークを作りながら、笑みを浮かべている。観客がともに歌い、ハートマークを作っている。夏の恋がモチーフとなった歌だが、会場内が大きな愛を共有していると感じた。この光景には“一心”という表現がふさわしいだろう。
さらに「2人のAnother Twilight」「MODERN VISION」「DRAGON CRIME」など、バラエティーに富んだナンバーが披露された。セットリストは前回、前々回の東京ドーム公演とほぼ共通している。オリジナルアルバムが2枚ということもあり、これがCOMPLEXにとっての最適解、最強のセットリストなのだろう。ただし、曲目は共通していても、過去の公演の再現ライブではない。過去を更新するステージだと感じたのは、今の彼らが最新の思いを込めて、演奏しているからだ。タフさと懐の深さが魅力的な「MODERN VISION」、深い陰影を備えた「BLUE」、布袋がWネックギターを披露した「CRY FOR LOVE」など、彼らの表現力の豊かさを堪能した。
今回のセットリストに新たに加わったインスト曲「HALF MOON」では、布袋が叙情あふれるギターを披露した。続いて、バンドによる「ROMANTICA」のインスト演奏が入る構成。後半は「PROPAGANDA」「IMAGINE HEROES」など、たたみかける展開となった。「GOOD SAVAGE」でも吉川と布袋の白熱のギターバトルが実現。「恋をとめないで」の印象的なギターリフが鳴り響いた瞬間に、会場内の温度が上がったかのようだった。5万人によるシンガロングは壮観だ。吉川が歌詞の一部を変えて、「東京ドームの夜だぜ」と歌うと、待っていましたといわんばかりの大歓声と拍手。本編の最後は「MAJESTIC BABY」だ。<お前と一緒なら>というフレーズでは、コール&レスポンスが起こり、「お前と一緒にエールを!」と吉川がシャウトすると、賛同の意を表明する雄叫びが起こった。エンディングでは、吉川がシンバルキックを披露。何度か失敗した後に、鮮やかに決めると、布袋が両手を挙げてガッツポーズ。
アンコール1曲目には「1990」が演奏された。LEDモニターに「1990」の数字が映し出されての始まり。COMPLEXが活動していた1989年から1990年にかけてはベルリンの壁崩壊、天安門事件、東西ドイツ統一など、世界的に激動の時代だった。彼らは当時の世界情勢を踏まえて楽曲を制作していた。平和への祈りは2024年の今も有効だろう。2024年の「1990」は“愛と勇気と希望の歌”と形容したくなった。ヒューマンな歌声とギターが真っ直ぐ届いてきたからだ。観客も「ラララ」で参加して、温かな空間が出現し、曲の終わりには「2024」の数字が映し出された。「RAMBLING MAN」でのファイティングスピリッツあふれる演奏からは、彼らが今も挑み続けていることが伝わってきた。アンコール時のMCでは、布袋のこんな発言もあった。「あの頃20代だった吉川は58歳、オレは62歳だぜ。でも年を重ねても、心はどこまでも走れるんだぜってことをみんなに伝えられたんじゃないかと思います」
Wアンコールではセットリストに新たに加わった「CLOCKWORK RUNNERS」が演奏された。時計の刻むリズムに導かれて、ダイナミックなバンドサウンドが展開されていく。タイトなカッティングからストレンジなテイストのリフまで、布袋のギタープレイは変幻自在だ。吉川の歌声は困難な時代を生きるすべての人へのエールのようにも響いてきた。最後の曲は「AFTER THE RAIN 」。ここで歌われている<雨上がりの街>とは希望の象徴でもあるだろう。観客がスマホのライトを灯して揺らす光景は、まるで夜空にまたたく星の輝きのようだった。
アンコールも含めて、24曲、2時間半。会場内には濃密な一体感が漂っていた。「日本一心」を掲げた公演でもあり、“一体感”ではなく“一心感”と表現したくなった。感情や意志までもが一つになっていると感じたからだ。この東京ドーム公演では、吉川と布袋だけが“融合”したのではないだろう。二人とバンドとスタッフと観客の思いを結集する2日間になったのではないだろうか。
2日目の終演後に吉川からこんな言葉もあった。
「みなさんに賛同していただいたものは、適切に使っていただけるところをしっかり確かめて、我々が届けにまいりますので、安心してください。ちょっと時間はかかりますが、しっかりやります」
「日本一心」の旗のもとに集結した人々のエールの思いは、さまざまな形となって被災地に届くことになるだろう。
文:長谷川誠
撮影:外山繁

[COMPLEX]
Vo.吉川晃司 Gt.布袋寅泰  
[BACK BAND]
Per.スティーヴ エトウ Dr.湊 雅史 Ba.井上 富雄 Key.奥野 真哉 MP.岸 利至
【SET LIST】
01.BE MY BABY
02.PRETTY DOLL
03.CRASH COMPLEXION
04.NO MORE LIES
05.路地裏のVENUS
06.LOVE CHARADE
07.2人のAnother Twilight
08.MODERN VISION
09.そんな君はほしくない
10.BLUE
11.Can’t Stop The Silence 12 CRY FOR LOVE
13.DRAGON CRIME
14.HALF MOON
15.ROMANTICA
16.PROPAGANDA
17.IMAGINE HEROES
18.GOOD SAVAGE
19.恋をとめないで
20.MAJESTIC BABY
【ENCORE】
21.1990
22.RAMBLING MAN
【W-ENCORE】
23.CLOCK WORK RUNNERS
24.AFTER THE RAIN

【公演概要】
タイトル:COMPLEX「日本一心」
●公演日・開場/開演:
2024年5月15日(水) 開場16:30/開演18:30
2024年5月16日(木) 開場15:30/開演17:30
●会場:東京ドーム(東京都文京区後楽1-3-61)
企画:COMPLEX
主催/制作:アクセルミュージックエンターテイメント/ダダミュージック/ディスクガレージ/オン・ザ・ライン
協力:ユニバーサル ミュージック合同会社

【プロフィール】
COMPLEX
1988年12月10日、突如として結成が発表され、たった2年弱という短い活動期間ながら今なお語り継がれる、吉川晃司と布袋寅泰による伝説のユニット。絶大な人気を集めたが、90年暮れに東京ドームで行なわれたライブ“COMPLEX 19901108”を最後に無期限活動停止を宣言。その21年後の2011年、東日本大震災復興チャリティーライブ「日本一心」を開催した。
1988年12月10日 吉川晃司と布袋寅泰によるロックユニット結成。
1989年4月8日 シングル「BE MY BABY」で衝撃デビュー。
1989年4月26日 アルバム「COMPLEX」
1989年5月10日~ ツアー“COMPLEX Tour 1989” (全国44公演)
1990年3月14日 シングル「1990」
1990年4月18日 アルバム「ROMANTIC 1990」
1990年5月9日~ ツアー“COMPLEX ROMANTIC 1990”(全国33公演)
全ての作品でオリコンチャート1位を獲得。
1990年11月8日 東京ドーム公演を最後に活動を停止する。
2011年7月30日31日 東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティーライブを東京ドームで開催

吉川晃司オフィシャルサイト: http://www.kikkawa.com/
布袋寅泰オフィシャルサイト: http://www.hotei.com/

-音楽
-, , ,

関連記事

Lead、デビュー15周年ライブ完走!歴代シングル曲をノンストップ披露

デビュー15周年を迎えた3人組ダンスボーカルユニットLeadが、7月29日(土)・30日(日)に千葉県舞浜アンフィシアターにて「Lead 15th Anniversary Live 〜感今導祭〜」を開 …

奇跡の4分間!世界が注目する長久允監督による長谷川白紙と諭吉佳作/menのコラボ曲のMVが公開に!配信同時リリース。

長谷川白紙と諭吉佳作/menによる初めてのコラボソング「巣食いのて」のミュージックビデオが6/18(金)AM0時よりYouTubeで公開となる。ミュージックビデオであり、ショートフィルムのようでもある …

チームしゃちほこ 9月30日発売のEP盤「いいじゃないか」収録の新曲で箭内道彦氏との初コラボ実現!新曲のタイトルは「BASYAUMA ROCK」!全ての働く人々を讃え、背中を押す骨太ロックナンバー!

8月28日に愛知県ラグーナビーチで開催される野外単独公演「しゃちサマ2015」を控える名古屋発スターダスト芸能3部所属の高校生アイドル6人組チームしゃちほこが、9月30日に発売される「いいじゃないか」 …

今度は「寒い夜だから…」でエクササイズ!90万枚を突破した『TRF イージー・ドゥ・ダンササイズ』待望の続編「DISC4 体幹(コア)集中プログラム」発売!

エイベックスがショッピングブランド 「ショップジャパン」、「ヒルズコレクション」、「エクサボディ」を展開する株式会社オークローンマーケティングと共同開発したエクササイズDVD商品『TRF イージー・ド …

ポルノグラフィティ3年半ぶり10枚目のアルバム「RHINOCEROS」遂に完成!!!

ポルノグラフィティにとって、約3年半ぶり、そして記念すべき10枚目となるオリジナルアルバム『RHINOCEROS』のリリースが決定しました!! 9月から開催する「14thライヴサーキット “The d …

アイドルカレッジ、メジャー1stアルバム詳細発表!定期公演で、新曲「僕のシャッターチャンス」初披露!!

ドリーミュージック(代表取締役社長 五十嵐 弘之)所属で、2月に発売された「少女卒業/YOZORA」でメジャーデビューしたアイドルカレッジが、6月21日(金)渋谷マウントレーニアプレジャープレジャーに …

モバイルバージョンを終了