無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

ボブ・マーリーの音楽が世界を繋ぐONE LOVE旋風!『ボブ・マーリー:ONE LOVE』日本到来の日が待ちきれない!特別映像解禁!!

インタビュー 洋楽 音楽

「ロックの殿堂」入りも果たした伝説のミュージシャン、ボブ・マーリー。彼は全世界アルバム売上7500万枚以上を売り上げ、歴史的名盤と言われるアルバム『エクソダス』は米タイム誌により「20世紀最高の音楽アルバム (the best music album of the 20th century)」に選ばれている。その他にもグラミー賞の特別功労賞生涯業績賞受賞に殿堂賞の複数受賞、”Hollywood Walk of Fame”への殿堂入り、国連平和勲章受賞など数々の偉業を残し、ジャマイカ初の世界的トップスターが生み出した、愛と希望に満ちた音楽は今もなお世界中の人々に影響を与え続けている。
だが、白人と黒人のハーフとして生まれた出自や、国内の政情不安と政治家の思惑にも翻弄されてしまう国民的英雄としての苦悩、さらに欧米がすべての中心だった当時の音楽業界において稀有な第三世界出身アーティストとして世界的な成功を収める奇跡のサクセスストーリー、そして妻リタとの絆など、彼の音楽とメッセージの背後にある物語はあまり知られていない。
そして2024年、マーリーが愛した妻のリタ、息子のジギー、娘のセデラがプロデューサーとして参画した、まさに【正真正銘のボブ・マーリー映画】が誕生。愛され続ける、心震わすボブ・マーリーの音楽とメッセージ、知られざる波乱万丈な生涯を描く映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』が5月17日(金)に日本公開される。
監督は第94回アカデミー賞で作品賞をはじめとする6部門でノミネートされ、主演のウィル・スミスが主演男優賞を受賞した名作、『ドリームプラン』(21)を手掛けたレイナルド・マーカス・グリーン。脚本にはレイナルドに加え、テレンス・ウィンター(『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』)、ザック・ベイリン(『グランツーリスモ』)らが参加。主人公ボブ・マーリー役には、『あの夜、マイアミで』(20)にてマルコムXを演じ、高い評価を得たキングズリー・ベン=アディル。ボブ・マーリーの妻、リタ・マーリー役には『キャプテン・マーベル』(19)や『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(21)などハリウッド大作映画への出演が続く注目の俳優ラシャーナ・リンチ。実力派キャストが渾身の熱演を披露していることはもちろん、妻のリタ、ボブとリタの実子であるセデラ・マーリーとジギー・マーリーなど、ボブ本人を誰よりも愛し、近くで見守ってきた家族たちが監修に参画しているのも物語に深みを加えている。
愛の日=バレンタインデーである2月14日に全世界公開を迎え、全米では平日のバレンタインデー史上最高興収を記録して見事に首位デビューを果たし(Box Office Mojo調べ)、さらにイギリス、フランスでは公開初日興収が『ボヘミアン・ラプソディ』を超え、音楽伝記映画史上最高の初日興収を記録!ボブ・マーリーお膝元のジャマイカでは、公開初日史上最高興収で週末の興行収入の90%以上を本作が占めるという記録づくめの華々しいスタートを切っていた本作。2週目も勢いそのままに、全米興収は累計7100万ドル(=約107億円 ※Box Office Mojo調べ)を突破して2週連続の首位を獲得!!全世界興収も1億2千万ドル(=約180億円)を突破し、”ONE LOVE”旋風は世界中を駆け抜けている。
その大きな感動の拡がりを物語るように、この映画とともにボブ・マーリーの遺した音楽が国境や文化の違いを超えて、世界中の人々が笑顔と幸せオーラに包まれる様子をたっぷり収めた特別映像が到着!!本作のプロデューサーであり、ボブ・マーリーの実の息子ジギー・マーリーが「これがボブからのメッセージだ」と力を込める姿にはじまり、プレミアイベントのLIVEシーンやSNSの投稿、ラスタカラーとレコードディスク風の装飾となったパリ・エッフェル塔前の観覧車、ドゥオーモ(ミラノ大聖堂)の前を走り抜ける巨大ギター型のトラック、NYの地下鉄やサッカースタジアムでの大合唱に大横断幕、様々な形のアーティスティックな作品まで、各国の熱狂ぶりが止めどなく映し出されていく。『ワイルド・スピード』シリーズへの出演などでも知られる、グラミー賞常連のヒップホップアーティストであるウィズ・カリファが「偉大な音楽はずっと受け継がれる。ボブ・マーリーはいつの時代も最高だ」と静かに語る姿も印象的で、表題曲♪「ONE LOVE」や♪「Three Little Birds」など日本でも耳馴染みの珠玉の楽曲に彩られながら、どんな場所でも、どんな表現方法でも、共通して響き渡るのは “きっと大丈夫”“すべてはきっとうまくいく”という、まっすぐで前向きなメッセージ。日本にこの映画が届けられる5月が待ち遠しくなるばかりの仕上がりだ。
没後42年経っても世界中の人々をインスパイアしてやまないボブ・マーリーの伝説の生涯と、愛にあふれきっとどこかで耳にしたことのある音楽を、劇場の好環境のなか全身で堪能してほしい。

『ボブ・マーリー:ONE LOVE』北米興行成績 ※Box Office mojo調べ
公開12日間累計(2/14~2/25):$71,188,696 (約107億円)

『ボブ・マーリー:ONE LOVE』特別映像ダウンロード
https://www.dropbox.com/scl/fo/3obvsnmhf0phz3rt8dvjp/h?rlkey=qlwom2kebiwegjy9wcju0nbtv&dl=0
 

 
■『ボブ・マーリー:ONE LOVE』あらすじ
1976年、カリブ海に浮かぶ小国ジャマイカは独立後の混乱から政情が安定せず、対立する二大政党により国民は分断されていた。僅か30歳にして国民的アーティストとなっていたボブ・マーリーは、彼の人気を利用しようとする国内の政治闘争に巻き込まれ、同年12月3日に暗殺未遂事件が起こる。僅か2日後、ボブは怪我をおして、その後伝説となった「スマイル・ジャマイカ・コンサート」のステージに立つが、身の危険からすぐにロンドンへ逃れる。ロンドンでは「20世紀最高の名盤(タイム誌)」と評されるアルバム『エクソダス』の制作に勤しみ、ヨーロッパ主要都市を周るライブツアーを敢行。かのザ・ローリング・ストーンズやザ・クラッシュと肩を並べ、世界的セレブリティの階段を駆け上がる。一方母国ジャマイカの政治情勢はさらに不安定化し、内戦の危機がすぐそこに迫っていた。深く傷ついたジャマイカを癒し内戦を止められるのはもはや政治家ではなく、アーティストであり国民的英雄であるこの男だけだった…

■監督:レイナルド・マーカス・グリーン(『ドリームプラン』)
■出演:キングズリー・ベン=アディル(『あの夜、マイアミで』)、ラシャーナ・リンチ(『キャプテン・マーベル』『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』)
■脚本:テレンス・ウィンター(『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』)、フランク・E・フラワーズ、ザック・ベイリン(『グランツーリスモ』)、レイナルド・マーカス・グリーン
■全米公開:2月14日
■日本公開:5月17日
■原題:Bob Marley: One Love
■配給:東和ピクチャーズ
■コピーライト:© 2024 PARAMOUNT PICTURES
■X(旧Twitter):https://twitter.com/BM_OneLove_JP 
■Instagram:instagram.com/paramount_japan/
■公式 YouTube:/ParamountJapan
■公式 TikTok:@paramountjapan #ボブマーリーワンラヴ #最高の愛がここにある

-インタビュー, 洋楽, 音楽
-, , ,

関連記事

COUNTRY YARD ”TOUR 2018 -10 YEARS MADE OUR NOW-” ツアーダイジェスト動画公開

現在Ba/VoのKeisaku “SIT” Matsuuraの喉の手術でライブ活動停止中のCOUNTRY YARDが昨年行った結成10周年記念ワンマンツアー “TOUR 2018 -10 …

岡崎体育、NHK Eテレで放送中のコメディショートアニメ「あはれ!名作くん」の新エンディング主題歌を書き下ろし!

岡崎体育が、NHK Eテレで放送中のコメディショートアニメ「あはれ!名作くん」の新エンディング主題歌を書き下ろした。   「あはれ!名作くん」は2016年4月にNHK Eテレ「ビットワールド …

3枚の新作を携えてBorisがワールド・ツアーを開始!日本凱旋ライブも決定!!

メジャーでの日本リリース『New Album』、全世界で2枚同時発売となる『Attention Please』『Heavy Rocks』、3枚の新作を携えてBorisがワールド・ツアーを開始する。日本 …

東京女子流 8月ライブサーキット!ひと月に20個のLIVEイベント・全25公演に出演!

注目のガールズ・ダンス&ボーカルグループ「東京女子流」が8月の夏休みを迎え超加速!8月だけで、ひと月の2/3にあたる20のLIVEイベント、全25公演に出演!(未発表も含む)この夏、最もライブをこなす …

LM.C/夏TOUR「STRONG SIDE vs POP SIDE のガチンコバトル」最攻と最幸だった前夜祭ライブ!またカップリングベストアルバム「B-Side BEST!!」発売を発表!

LM.Cにとって初のコンセプチュアルな試みである、“-STRONG SIDE vs POP SIDE- 〜前夜祭”と題した、3/16&17@渋谷O-Westでのステージ。これは7月から始まるツアーに先 …

「鈴懸の径」幻のオリジナル録音が70年ぶりに復刻!!灰田勝彦 生誕100年&没後30年記念CD発売

燦めく星座、森の小径、ジャワのマンゴ売り、新雪、鈴懸の径(以上、戦前に発売)、東京の屋根の下、アルプスの牧場、野球小僧、水色のスーツケース(以上、戦後に発売)など、数々のヒット曲・名曲を量産した昭和の …

モバイルバージョンを終了