無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

斉藤由貴 デビュー記念日の2/21(水)に配信したアコースティックライブ “斉藤由貴 Streaming Live with 武部聡志 水響曲『春』” ライブレポート。

イベント インタビュー 音楽

1985年2月21日にシングル「卒業」で鮮烈なデビューを果たし、その後数々の名曲を世に送り出してきた唯一無二のシンガー “斉藤由貴”が、デビュー記念日である2月21日(水)の20時より、“斉藤由貴 Streaming Live with 武部聡志 水響曲『春』”の配信を行った。そして3月6日(水)23時59分まで、見逃し配信も実施中。

【見逃し配信はこちら】 https://t.unext.jp/r/yukisaito
【特設ページ(ビクターエンタテインメント)】 https://www.jvcmusic.co.jp/saitoyuki/streaming_live/

デビュー曲「卒業」から11作連続でシングルの編曲を手掛け、ライブタイトルにも冠されている2021年にリリースした歌手デビュー35周年記念セルフカバーアルバム「水響曲」もプロデュースした武部聡志を迎え、斉藤由貴と2人でのシンプルなアコースティック編成でお届けした今回の配信ライブでは、8枚目のシングル曲「May」(1986年)からはじまり、ライブで歌唱する機会がほとんどなかったというデビューシングル「卒業」のカップリング曲でファンからの人気も高い「青春」(1985年)、「卒業」「青春」同様、松本隆作詞、筒美京平作曲による太田裕美の「木綿のハンカチーフ」のカバー、自身最大のセールスを記録した12枚目のシングル曲「夢の中へ」(1989年)、ラストの松任谷由実の「春よ、来い」のカバーまで、春をテーマにした計5曲を披露。曲間に繰り広げられたトークコーナーでは、1985年のデビュー当時の思い出話から2021年に武部聡志プロデュースでリリースしたデビュー35周年記念セルフカバーアルバム『水響曲』制作エピソードなどで盛り上がった。
以下は、そのライブレポート。

グランド・ピアノとマイクスタンド、そして椅子が置かれた都内のスタジオ。そこにジャケット姿の武部聡志と、ベージュ地に黒いレースの刺繍で花が彩られたワンピース姿の斉藤由貴が現れる。ほどなく武部のピアノがメロディを奏でる。斉藤はその姿を見つめるとやがて天井を見上げ身体の前で両手を組む。一つ一つの仕草から彼女の緊張が伝わってくる。やがて聴こえてきたのは「MAY」。1986年にリリースされた斉藤の8枚目のシングル曲を、彼女は当時と変わらないようで、しかし、やはりあの頃とは確かに違う歌声で歌い上げていく。
2024年2月21日20時、U-NEXTにて「“斉藤由貴 Streaming Live with 武部聡志 水響曲『春』”」が配信された。このストリーミングライブは1985年の2月21日にシングル「卒業」で歌手デビューを飾った斉藤の39周年目のデビュー日を記念して企画されたものだ。言うまでもなく武部は斉藤のデビュー当時から楽曲のアレンジを手掛けてきた、彼女にとってかけがえのない存在だ。近年でも2021年2月にリリースされた斉藤のアルバム『水響曲』ではデビュー初期のナンバーのセルフカバーにおけるアレンジ/プロデュース/ピアノを手掛け、同年春には大阪、横浜、東京で行われたBillboardツアーのステージを共にしている。
かつてよりも力強く想いを訴えるボーカルで「MAY」を歌い上げると、少し気が楽になったのか、斉藤がほどけたような笑顔を見せた。そして武部と互いに「始まりましたね」と語り合いながら今回のライブのタイトルをコールし、穏やかな語らいの時間へ。どうやら1曲毎に二人のフリートークが挟んでいくという構成のようだ。
「『水響曲』はもはや僕らのユニット名のよう。いまにして思うと素晴らしいタイトル」(武部)。「アルバムタイトルを考えたとき、互いの好きな言葉を入れようと話し合い、武部さんは“響”、私は“水”を選んだ。たくさんの音楽家と響き合う武部さんの根源が感じられました」(斉藤)。そこから話題は斉藤のデビュー当時の武部の様子に。「当時の武部さんは人との間に鉄壁を築いているような印象だった」(斉藤)。「それだけ若かったし尖ってもいた。頭の中で思う音をまだ上手く形に出来ないジレンマもあった」(武部)。「それでスタジオで鉛筆をカジカジ齧っていたんですね」(斉藤)。そんな思い出話に花が咲く。
ファンの間で人気が高い「MAY」は、当時ディレクターだった長岡和弘氏と武部が膨大な量のデモテープを聴くために行った山ごもり合宿を経てシングルに選ばれたというエピソードが語られる。「(作詞の)谷山浩子さんの童話のような奥にある生でダークな世界観が好きでした。中学生の頃、三島由紀夫やジャン・コクトー、萩原朔太郎が好きだったので、詩的でありながらも、美しいだけではない闇のようなものを抱えている世界観にものすごく惹かれました」。「内気な少女の表に出せない渦巻き震えるような気持ちを当時の私はそういう風に歌わなかった。でも歌い続けることによって年齢とともに変化し醸成されていった」と斉藤が語れば、「この曲は由貴ちゃんによって育てられたけれど由貴ちゃんも曲に育てられた」という見解で武部が応え、斉藤が深く頷く。さらに武部から、最近「MAY」をこよなく愛聴してきた槇原敬之と二人でこの曲を披露する機会があったという余談に斉藤が恐縮しながらも嬉しさで目を輝かせる一幕もあった。
「あれから39年前。僕はこの2月21日を一生忘れないな」(武部)。「武部さんが「「卒業」からアレンジャーとしての成功が始まった」と語ってくださるのがとても嬉しい。私にとってもものすごいご褒美です」(斉藤)。
そして「(歌うのが難しくて選曲したことを)後悔しました」(斉藤)という前振りから続いて披露されたのは「卒業」のB面曲「青春」だ。「卒業」、「初戀」、「情熱」と並ぶ、作詞:松本隆/作曲:筒美京平の黄金コンビが手掛けた“デビュー初期漢字二文字タイトルシリーズ”の一曲だがライブで歌われるのは極めてめずらしい。
歌唱後のトークでは、武部がこの曲の筒美のメロディの良さについてピアノを弾きながら解説していく。そこから斉藤があるエピソードを思い出す。「当時、長岡さんは曲の発注のとき、私の音域の上のギリギリ苦しい、切ないところを狙ってくださいと頼んでいたという話を聞いたことがあった」(斉藤)。
そして話題は太田裕美1975年のヒット曲「木綿のハンカチーフ」へ。この曲も松本筒美コンビが手掛けた一曲だ。かつて松本隆は「卒業」を作詞した当時、「木綿のハンカチーフ」の前日譚、つまりはエピソード・ゼロをイメージしていたらしいと武部が語る。ちなみにこの「木綿のハンカチーフ」、ライブでは初披露だが、実は斉藤は2006年に出演した映画『青いうた〜のど自慢 青春編〜』の劇中で歌っている。その撮影時のエピソードを語ってから歌われた「木綿のハンカチーフ」は、斉藤の解釈による男性目線と女性目線の歌詞が心地よく響く出色のカバーとなった。
「うまくいった」(武部)。「ちょっと声がヒヤヒヤとした」(斉藤)。「由貴ちゃんの“究極の不安定”は一つの魅力」(武部)。「正直言っていいですか。よくこれで歌手やってるなぁといつも思っています」(斉藤)。なごやかなキャッチボールから話題は自然と歌手・斉藤由貴の特性の考察へと進んでいく。
「完璧な歌を届けるのではなく、私の武器はたぶん“魂を込める”ことでした。そこに正直に、誠実にエネルギーを費やすというアプローチがいつの間にかスタートしていた」(斉藤)。「長岡さんは最初から「そこは古い校舎の下駄箱のすのこの上を歩いている感じで」とか、「ちょっと雨が降ってる感じ」と歌をディレクションなさっていた」(斉藤)。「どの作品もアーティスティックなアルバム。誇りに思っています」(武部)。「誤解を恐れずに言えば、素晴らしい才能を持った皆さんが周りに集まってくれたことが私の才能」(斉藤)。二人の口から改めて語られる話題は全てがセルフライナーノーツのようで興味深い。
続いては1989年リリースの12thシングル「夢の中へ」。この井上陽水の名曲のカバーで当時アレンジを担当していたのは崎谷健次郎だった。つまり、時を経て、武部のピアノアレンジによる「夢の中へ」を届けようという試みだ。
「崎谷君の感覚は僕には無いものだった」(武部)。「たぶん、当時長岡さんは変化を求めたのでしょうね。でもそれは、全てのことに通じるというか、私の好きな言葉で、この世の中で唯一絶対があるとすればそれは変化すること、という深い言葉があって。元々、ある漫画の台詞(※出典はおそらくフランソワ・ド・ラ・ロシュフコーもしくはヘラクレイトスの言葉と思われる)なんですけど、とある時期から、それが人生を理解する上でとても大切なんと気付いた。執着を手放し、新しい風を感じ、新しい何かを楽しむようになれるようにシフトしていった」と、斉藤は自身の分岐点を回想していた。その言葉通り、細かな身振り手振りを交えて歌われ、エンディングも新たな形が採られた「夢の中へ」もまた、2024年の武部と斉藤“だからこそ”と言えるバージョンとして奏で歌い上げられていた。
「こういうアレンジもいいですね。何か思いつきでいろいろやっちゃったけどごめんね」(武部)。「どきどきしました」(斉藤)。このやり取りから、武部が演奏のなかでインプロビゼーションを加えていたことが分かる。「由貴ちゃんとやっていると僕も自由でいられる。自由度がすごく高い。やっぱり“水響曲”はユニットなんですよ」(武部)。「それってスペシャルってことですよね。嬉しいです。人はみんなどこに行き着くのか分からないような不安をいつも抱えながら、時に流され、嵐の方に向かってしまい、震えながら生きている。特に音楽のことに関して言うなら、武部さんは私にとってものすごく堅牢な船であり、音叉のような存在です」(斉藤)。
そんな二人がこの日のラストに披露したのは松任谷由実1994年のヒットシングル「春よ、来い」。斉藤は、長年、松任谷のライブやレコーディングでも欠かせない存在である武部とのライブだからこそ(リスペクトを込めて)この曲を選んだという。「彼女はポップスの女王。この曲にはどこにたどり着くのか分からない不思議な迷宮感がありますね」(斉藤)。「この曲には願いや祈りといろんな意味合いが含まれているけど、由貴ちゃんが歌う「春よ、来い」は、儚くて、せつなくて、“斉藤由貴の表現”が詰め込まれたテイクになったと思う」(武部)。実際、斉藤の「春よ、来い」はまさにそんなパフォーマンスとなった。
全5曲。素晴らしい歌とピアノで一足早く“春”が届いたような時間だった。正直、斉藤はインタビューにおいても音楽の話題になると「私なんかが」と恐縮しきりな場面が多いのだが、今回のトークでは有観客のライブともテレビの音楽番組とも異なるリラックスしたムードのなか、とてものびのびと歌唱表現への思いを語る姿が印象的だった。ファン目線で言えば全ての発言を文字起こししてログに残しておきたいくらい貴重なエピソードが多々語られていた。その様子から、彼女がいま歌手として改めて充実の季節を迎えているのはないかと感じられた。
「タイトルが水響曲『春』ですから、今回が好評だったらまたの機会もあるかもしれない」(武部)。「私も本当に心待ちにしています」(斉藤)。二人が最後に語った言葉通り、2025年のデビュー40周年イヤーを目指して『夏』、『秋』、『冬』とシリーズ化を期待したい。なお、U-NEXTでは準備完了次第 3月6日23時59分まで今回のライブの見逃し配信を予定している。是非とも繰り返し楽しんでほしい。

記事:内田正樹

【見逃し配信はこちら】https://t.unext.jp/r/yukisaito
[タイトル] 斉藤由貴 Streaming Live with 武部聡志 水響曲『春』
[出演] 斉藤由貴、武部聡志
[配信期間] 見逃し配信中 ~ 3月6日(水)23時59分まで
[配信サイト] U-NEXT
[チケット料金] 3,500円(税込)
※ライブ配信特設ページは https://www.jvcmusic.co.jp/saitoyuki/streaming_live/ をご覧ください。
※視聴可能デバイスについては https://help.unext.jp/guide/detail/supported-devices-of-live-distribution
をご確認ください。

▼斉藤由貴のミュージックビデオや出演作品をチェック!
https://video.unext.jp/browse/feature/FET0004248

【Profile】
1984年、『少年マガジン』(講談社)第3回ミスマガジンでグランプリに選ばれる。同年、明星食品「青春という名のラーメン・胸騒ぎチャーシュー」のCMが話題を呼ぶ。1985年2月、『卒業』で歌手デビュー。4月『スケバン刑事』(フジテレビ)で連続ドラマ初主演。12月公開『雪の断章 -情熱-』で映画初主演。1986年連続テレビ小説『はね駒』(NHK)のヒロインに抜擢。以降女優、歌手として幅広く活躍。歌手としては、1986年8月に発売された7枚目のシングル『青空のかけら』が、オリコン週間チャートで1位を獲得。1989年4月に発売された12枚目のシングル『夢の中へ』は、主演ドラマ『湘南物語』の主題歌にも起用され自身最大のヒット曲となる。近年も精力的に歌手活動を続け、2010年デビュー25周年記念アルバム『何もかも変わるとしても』、2015年デビュー30周年記念アルバム『ETERNITY』を発売。2021年2月21日、武部聡志プロデュースによる、歌手デビュー35周年記念セルフカバーアルバム『水響曲』を発売。

【Discography】※ビクターエンタテインメントよりリリースされた作品のみを掲載
◆Album
斉藤由貴 デビュー35周年記念セルフカバーアルバム『水響曲』
[発売日] 2021年2月21日(日)
[商品概要] <通常盤> CD、税込3,300円(税抜3,000円)、VICL-65465
収録曲
01.卒業
02.白い炎 
03.AXIA〜かなしいことり〜
04.初戀
05.情熱 
06.悲しみよこんにちは 
07.青空のかけら 
08.MAY 
09.砂の城 、
10.「さよなら」 
<初回限定盤> 2CD、税込4,400円(税抜4,000円)、VIZL-1843
※セルフカバーと同一楽曲のオリジナルバージョンを収録した特典ディスク付き
収録曲
Disc1:水響曲(セルフカバー)
01.卒業
02.白い炎 
03.AXIA〜かなしいことり〜
04.初戀
05.情熱 
06.悲しみよこんにちは 
07.青空のかけら 
08.MAY
09.砂の城 、
10.「さよなら」 

Disc2:オリジナルバージョン
01.卒業
02.白い炎 
03.AXIA〜かなしいことり〜
04.初戀
05.情熱 
06.悲しみよこんにちは 
07.青空のかけら 
08.MAY
09.砂の城 、
10.「さよなら」 
[配信情報] デビュー35周年記念セルフカバーアルバム「水響曲」収録全曲、ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信中
※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、Spotify、YouTube Music、LINE MUSIC、Amazon Music、Deezer、AWA、Rakuten Music、KKBOX、TOWER RECORDS MUSIC

◆映像商品
[タイトル] 斉藤由貴「Billboard Live Tour “水響曲”」
[発売日] 2021年7月21日(水)
[商品仕様]
<プレミアムコレクターズエディション(完全生産限定盤)> VIZL-1919、税込9,900円(税抜9,000円)
《限定特典》
○LPサイズ リバーシブルジャケット仕様
○ボーナスディスク「水響曲」インストゥルメンタル集
○12Pフォトブック封入(「水響曲」ジャケット撮影時の未発表写真)
○ポスター封入
※Blu-ray仕様(Blu-ray通常盤と同一内容収録になります。DVDでのリリースはございません。)
<Blu-ray通常盤> VIXL-345、税込6,600円(税抜6,000円)
《限定特典映像》
○卒業(Studio Live at Victor Studio)
〇土曜日のタマネギ(Studio Live at Victor Studio)※未発表映像
〇斉藤由貴×武部聡志スペシャル対談(約90分)※未発表映像
<DVD通常盤> VIBL-1030、税込5,280円(税抜4,800円)
[収録曲] ※3形態共通、全15曲収録
AXIA〜かなしいことり〜  
初戀
情熱
土曜日のタマネギ
予感
morn~透明な壁~(instrumental)
白い炎
青空のかけら
悲しみよ こんにちは
卒業
MAY
「さよなら」
《bonus track》
うしろの正面だあれ
3年目
砂の城

-イベント, インタビュー, 音楽
-, , , ,

関連記事

凛として時雨、新曲「laser beamer」配信開始&MVも公開!

4月18日、新曲「laser beamer」を配信DLにてリリースした凛として時雨。本作は、シリーズを通して数々の楽曲を手がけてきた「PSYCHO-PASSサイコパス」の初の舞台化作品「舞台PSYCH …

シクラメン 4作連続 着うた1位獲得!!

東京都大田区は蒲田出身の3人組「シクラメン」。 11/20(水)発売メジャー3rdシングル「マナザシ / ブチコメ!!」が、先日着うた配信されたドラマ主題歌「マナザシ」に続き、アニメエンディングテーマ …

チームしゃちほこ、バカボン風キャラクター付のUSB形態:「しゃちヴォン盤」を生産限定発売決定!初のラジオドラマも収録!そして4/4に映画公開記念プレパーティ開催も決定!

5月9日、10日に幕張メッセにて過去初のアリーナ2 DAYS公演「幕張HOLLYWOOD」(読み:マクハリウッッド)を控える名古屋発スターダスト芸能3部所属の高校生アイドル6人組チームしゃちほこ。 5 …

松井珠理奈、須田亜香里、小畑優奈も!「LAGUNA MUSIC FES.2019」SKE48出演メンバーが決定!

3月23日(土)〜24日(日)に愛知・ラグーナテンボスで開催されるライブイベント「LAGUNA MUSIC FES.2019」において、24日に行われるSKE48の単独ライブ「Vol.3 ~SKE48 …

クアイフ、名古屋グランパス×クアイフ、豪華ゲストと共に8月5日(月)Zepp Nagoyaで「鯱の大祭典LIVE」に出演が決定!

愛知出身在住の森彩乃(Vo./Key.)、内田旭彦(Ba.)、三輪幸宏(Dr.)からなる”絶対的、鍵盤系ドラマチックポップバンド”クアイフが、8月5日(月)に『鯱の大祭典LIVE』と銘打つイベントに出 …

にしな、「ヘビースモーク」Music Videoを公開!

Spotifyがその年に注目する次世代アーティスト応援プログラム「RADAR : Early Noise 2021」にも選出され、今年のニューカマーとして注目を集める「にしな」の「ヘビースモーク」のM …

Ads