無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

佐藤竹善、フレディー・マーキュリーの命日11/24に豪華ビッグバンドをバックに「Don’t Stop Me Now」を熱唱!

イベント 音楽

11月24日(日)、佐藤竹善(SING LIKE TALKING)のビッグバンドを率いたソロライブ『Rockin’ It Jazz Orchestra ~Live in Tokyo & Osaka~』の東京公演が中野サンプラザホールで開催された。

合計18名のメンバーによるフルビッグバンドが乗ったステージに、真っ赤なシャツにジャケットを着こなした竹善が登場すると客席からは大きな歓声が沸き起こり、ビリー・ジョエルの9thアルバム「An Innocent Man」に収録され、全米No.1を獲得した「Tell Her About It」でこの日のライブは開幕した。

「今日は僕にとって最高に贅沢なライブ」と、ビッグバンドとのライブを行うことへの喜びを語った後、10月にリリースされた最新作『Don’t Stop Me Now 〜Cornerstones EP〜』収録のオリジナル曲「Vision」が披露された。グランドピアノからキーボード、ウッドベースからエレキベースへと持ち替えられた同曲では、グルーヴィーなAORサウンドが披露された。続いて演奏されたシカゴの「If You Leave Me Now」では、トロンボーンセクションのロングトーンを中心としたバッキングの上でファルセットを使いながら歌い上げる竹善の姿が印象的だった。

「大学の頃にビッグバンドを聴くようになって、いつかこういうライブをしたいと思っていた。ジャズの良さを知っている今回のRockin’ It Jazz Orchestraのメンバーと一緒にポップス、ロックの曲をやることでジャンルの架け橋になれればと思う」と自身のビッグバンドへの思いを語った後、「この曲をビッグバンドでやってみたかった」と言って披露されたのはSING LIKE TALKINGの人気曲「Together」。ビッグバンドならではの重厚な管楽器のサウンド、そして2コーラス目のBメロで4ビートになるバンドマスターであるエリック・ミヤシロによるこの日のためのビッグバンドアレンジに観客席からは歓声と拍手が沸き起こった。

そして「今日のために素晴らしいゲストが来てくれました」という竹善のMCで日本を代表するジャズボーカリスト/フリューゲルホルン奏者TOKUが登場。ビーン・クロスビー、フランク・シナトラ、ナット・キング・コール、トニー・ベネット&レディー・ガガといった数多くのアーティストによる名演が残されているスタンダードソング「It Don’t Mean A Thing」と、最新作『Don’t Stop Me Now 〜Cornerstones EP〜』にも収録されているニール・セダカのカバー「Laughter In The Rain」が披露されると、柔らかな音色でメロディを紡いでいくTOKU節溢れる両曲でのソロプレイに会場はクールな空気感に包まれた。

その後、「強く影響を受けたAORの名曲を3曲連続でお届けします」という竹善の言葉の後に演奏されたのは、竹善が大学時代に出会ったというマンハッタン・トランスファー「Twilight Tone」、スティーリー・ダン「FM」、ケニー・ロギンス「Heart To Heart」の3曲。これぞ佐藤竹善と言わんばかりのグルーヴ感に満ちた歌唱、圧巻のビッグバンドアンサンブル、さらにこの日リードアルトサックスを務めた本田雅人のキレのあるソロが披露されると、会場からは一層大きな歓声と拍手が沸き起こった。

一度ビッグバンドメンバーが舞台袖に下がると、ギター梶原 順、ピアノ青柳 誠、そしてSING LIKE TALKINGのツアーにも参加し「サポートヴォーカルとして欠かせない存在」と竹善に紹介された露崎春女と竹善の4人でアーロン・ネヴィル とリンダ・ロンシュタットのデュエットソング「Don’t Know Much」が演奏された。ビッグバンドの豪華さと対比を成した小編成ならではの美しいサウンドによってゆったりとした雰囲気に会場が包まれた。

その後、サックス五重奏とカホンと歌という実験的な編成でのポリス「Roxanne」、トランペッター二井田ひとみをフィーチャーしたジャズ・スタンダード「It’s Only A Paper Moon」、そして竹善が「トロンボーンの全ての演奏技術を盛り込んだアレンジ」と評するトロンボーン四重奏をフィーチャーし、リードトロンボーン中川英二郎のソロが圧巻であった「Lover, Come Back To Me」が披露された。

再びビッグバンドのメンバー全員がステージに戻ると、最新作『Don’t Stop Me Now 〜Cornerstones EP〜』ではサルサバージョンであったスティーヴィー・ワンダー「Do I Do」がビッグバンドバージョンで演奏された。AORサウンドをベースにしながら、サルサの雰囲気を醸し出した青柳のキーボードソロが披露された同曲のアレンジに会場は大いに盛り上がった。

続けて、最新作のタイトル曲で今回のビッグバンドバージョンのミュージックビデオも公開されたクイーンの名曲「Don’t Stop Me Now」がライブ感たっぷりのパワフルな演奏で披露されると、会場は今日一番の盛り上がりを見せた。尚、この日はフレディー・マーキューリーの命日であった。

メンバー紹介の後、「いつかビッグバンドで歌えたらと思って温めていた」という「Can You Stop The Rain」が本編最後の曲として演奏された。アンコールでは、TOKUが再びステージに戻り、フレディー・マーキュリーがツアー中僅か15分で作曲したという「Crazy Little Thing Called Love」が披露され、この日のパフォーマンスは無事終了した。

公演当日には会場で12/4に発売となる佐藤竹善「Don’t Stop Me Now ~Cornerstones EP~」12″アナログレコードの先行販売が行われ、多くのファンが商品を手に取っていた。また、本家SING LIKE TALKINGのライブでもおなじみの名曲「RISE」と、今回のライブでもビッグバンド・バージョンで披露された「Together」が両A面で収録された7″アナログレコードが、2020年1月22日にリリースされることが決まったという。

大好評のうちに終了した『Rockin’ It Jazz Orchestra ~Live in Tokyo & Osaka~』東京公演であるが、12/28(土)には大阪公演がオリックス劇場で開催される。

《東京公演 バンドメンバー》
Pf 青柳 誠
B 川村 竜
Dr 北井誉人
G 梶原 順
Tp 入江圭亮
Tp 小澤篤士
Tp 二井田ひとみ
Tp 田沼慶紀
Tb 中川英二郎
Tb 半田信英
Tb 鳥塚心輔
Tb 野々下興一
Sax&W.W 本田雅人
Sax&W.W 真野崚磨
Sax&W.W 鈴木 圭
Sax&W.W 鍬田修一
Sax&W.W 竹村直哉
Cho 露崎春女

【佐藤竹善ライブ情報】
佐藤竹善ソロLIVE《大阪公演》
『Rockin’ It Jazz Orchestra ~Live in Tokyo & Osaka~』

12/28(土)
大阪・オリックス劇場
開場17:00・開演18:00
問)SOGO OSAKA 06-6344-3326(平日11:00~19:00 ※土日・祝日を除く)

■チケット発売中
チケット料金:S席 ¥12,000/A席 ¥9,500
全席指定・年齢制限・小学生以上有料・未就学児童入場不可

《バンドメンバー》
Pf 青柳 誠
B 川村 竜
Dr 北井誉人
G 梶原 順
Tp エリック・ミヤシロ
Tp 小澤篤士
Tp 二井田ひとみ
Tp 田沼慶紀
Tb 中川英二郎
Tb 半田信英
Tb 鳥塚心輔
Tb 野々下興一
Sax&W.W 庵原良司
Sax&W.W 真野崚磨
Sax&W.W 鈴木 圭
Sax&W.W 鍬田修一
Sax&W.W 竹村直哉
Cho 浦嶋りんこ

Special Guest:
Flugelhorn TOKU
Arrange:
エリック・ミヤシロ

【佐藤竹善リリース情報】
◆CD/配信
佐藤竹善
「Don’t Stop Me Now ~Cornerstones EP~」
2019/10/23リリース
(POCE-12130・2,000円[税抜]+消費税)
<収録曲>
1. Don’t Stop Me Now (Big Band version)
Arranged by エリックミヤシロ
2. VISION (オリジナル新曲)
Arranged by エリックミヤシロ
3. Laughter In The Rain feat.TOKU
Arranged by TOKU, 宮本貴奈
4. Do I Do feat.SALSA SWINGOZA
Arranged by 中路英明, SALSA SWINGOZA
5. Heal Our Land / SALSA SWINGOZA feat.佐藤竹善
Arranged by SALSA SWINGOZA
※SALSA SWINGOZA「Cantando」(2016)収録楽曲

◆12″アナログレコード
佐藤竹善
「Don’t Stop Me Now ~Cornerstones EP~」
2019/12/4リリース
(HR12S023・2,800円[税抜]+消費税)
※アナログレコードにはCD M5「Heal Our Land」は収録されません
販売元:株式会社ローソンエンタテインメント
販売URL
https://www.hmv.co.jp/product/detail/10274446

【SING LIKE TALKINGリリース情報】
◆7″アナログレコード
SING LIKE TAIKING
「RISE / Together」(完全生産限定盤)
~Compiled & Edited by 吉沢 dynamite.jp(和モノAtoZ)~
2020/1/22リリース
(MHKL-25・1,800円[税抜]+消費税)
カッティング・エンジニア:バーニー・グランドマン
販売元:Sony Music Direct『GREAT TRACKS』
予約URL
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=MHKL000000025

 

-イベント, 音楽
-

関連記事

カメレオ全国ツアーファイナルで、12月カメレオ節炸裂のミニアルバムリリース発表!

ライタークレジット: 金子裕希 【カメレオ】ライヴレポート「大阪ファイナルが楽しすぎて大事な告知忘れちゃいました(笑)」 2012年1月の活動開始直後より、独特なヴィジュアルやキャッチーながらもやや毒 …

PUMA meets N’ShukugawaBoys 第2 弾コラボアイテム発売決定!

プーマとN’夙川BOYS の第2 弾コラボレーションアイテムが発売決定した。第1 弾コラボレーションは、昨年マーヤLOVE のトレードマークでもある青いジャンバーの「LOVE ジャン」をプーマの協力で …

空前の夏フェス「a-nation」、ついに開幕!!オープニング・セレモニーに大人気アーティスト・モデル・タレントが続々登場!!

今年で11年目を迎える日本最大級の夏フェスa-nationが、これまでにない新しいフェスとして生まれ変わった。8月18日からの週末に東京・味の素スタジアムと大阪・長居陸上競技場(長居スタジアム)で豪華 …

伊東歌詞太郎5月に東京・大阪・名古屋にて自身初のワンマンライブ開催決定

人気歌い手の伊東歌詞太郎の、自身初となるワンマンライブの開催が決定した。開催については、3月20日(木)21時より行われたニコニコ生放送の番組内で伊東歌詞太郎本人から発表された。 伊東歌詞太郎は、動画 …

巨匠ピアニスト、キース・ジャレットの伝説的ライヴを収録したアルバム『アフター・ザ・フォール』が3月2日に発売決定。本人コメントも到着

カリスマ的人気で現代ジャズ界を牽引するピアニスト、キース・ジャレットの伝説のライヴを収録した最新アルバム『アフター・ザ・フォール』が2018年3月2日(金)に発売されることが明らかとなった。 &nbs …

THE BAWDIES 2月27日(日)J-WAVEにてNEWシングルを初オンエア!

THE BAWDIESのNEWシングル「LOVE YOU NEED YOU feat. AI」(3月30日リリース)がいよいよ、公共の電波でお披露目される!1月29日にワンマンライブで披露され、大反響 …