無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

「My JJ Cale」シリーズに、エリック・クラプトンが登場!

動画 洋楽 音楽

20世紀に最も多くカバーされたアーティストと言っても過言では無い、アメリカはオクラホマ州出身のシンガー・ソングライターのJJ ケイル。知名度はさほど無いのかもしれないが、エリック・クラプトンは「After Midnight」と「Cocaine」を、ベックは「Magnolia」をカバーしている。その他ジョン・メイヤーは「最もクールな音楽」と称え、ニール・ヤングは「これまで聴いたエレキギター・プレイヤーの中で、最高なプレイヤーはヘンドリックスとJJ ケイルだ」と称賛している。

 

JJ ケイルが2013年に心臓発作で惜しくもこの世を去った後、「My JJ Cale」というタイトルで、エディ・ミッチェル、ジョン・アンガス・マクドナルド等、多くの著名人がJJ ケイルを語るエピソードが次々と世の中に発信される中、この度、エリック・クラプトンもエピソード15として登場。

 

エリック・クラプトンは下記のように語る:

「彼の生き方には噂が沢山あった。例えばフォルクスワーゲンのキャンパーの中に住んでるって一時噂されていたよ。70年代にタルサで、カール・レイドル、ジェイミー・オールデイカーや、ディック・シムスと仕事をしていた時、やつらは彼についてものすごい敬意をもって話していたよ。俺たちは次を待って、カールも俺に話を聞かせてくれて、噂が頭の中でどんどん大きくなっていった。でもそのおかげで彼の偉大さを知った。怖いとは思わなかったけど、この人は近寄れない存在だと思った。そして心から、彼を怒らせたくなかったから距離を保っていたんだ。アルバートの家で実際に彼に会うまではね。そこで気づいたんだ。彼は素晴らしい人で、多分シャイなだけなんだなって。でもそれと同時に人生を最大限に楽しむ方法を理解していた。時間をあまり無駄にすることなく、自分が成し遂げたいことを成し遂げる。

 

友人のフリートウッド・マックのレコーディングセッションに招待されたんだ。みんなスタジオにいるから来なよってね。俺とジョンは行って、みんなでコントロールルームからレコーディングを見てて、3テイクぐらいしてからプレイヤーたちが挨拶をしに来てくれた。ジョンは俺の隣に立ってたんだけど、彼を通り過ぎてみんなに挨拶をし始めたんだよ。彼に気づいてもいなかったんだ。彼は透明になる方法を知っていた。俺が、「因みにこの人は僕の友人のJ J ケイルです」って紹介しないと気づいていなかった。そもそも彼のことを知らなかったんだと思う。

彼は深遠な音楽を作り上げる。繊細で力強いんだけれど、彼は業界のデタラメとは無関係でいることができた。彼が有名になるなんてことはなかったんだよ。彼はそれに対応して、成功を成し遂げたと思う。彼は彼のペースでやっていたんだ。そして彼は自分が希望するだけの知名度を得ていたと思う。何も偶然で起きたとは思わない。これはすべて彼が決めた選んだ道で。俺はそれをすごく尊敬している。

 

彼とパフォーマンスすることが大好きだった。彼の声と、彼のプレイ・・・本当にインスピレーションを貰うよ。」

 

 

<My JJ Cale – Episode 15 – Eric Clapton>

<J J ケイル:最新作リリース情報>

『Stay Around』発売中

https://caroline.lnk.to/JJCaleWE

 

<J J ケイル「Chasing You」ミュージック・ビデオ>

https://www.youtube.com/watch?v=6Hh7vdCsvJg

 

<バイオグラフィー>

アメリカはオクラホマ州出身のシンガー・ソングライター。1950年代には、レオン・ラッセルなどと一緒に地元のバーでギターを演奏していた。ブルース、ロカビリー、カントリーを融合した“タルサ・サウンド”の創始者としても知られている。20世紀に最も多くカバーされたアーティストでもあり、エリック・クラプトンは「After Midnight」と「Cocaine」、ベックは「Magnolia」をカバーしている。その他ジョン・メイヤーは「最もクールな音楽」と称え、ニール・ヤングは「これまで聴いたエレキギター・プレイヤーの中で、最高なプレイヤーはヘンドリックスとJJ ケイルだ」と称賛している。2006年にグラミー賞(最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム部門)を受賞。才能が称賛される中、地位と名誉を得ることを目的としなかったJJ ケイル。惜しくも2013年に心臓発作でこの世を去った。

 

-動画, 洋楽, 音楽
-,

関連記事

BACK-ON、憧れの Zebrahead との対談が実現!

3/30(土)にオンエアとなる AbemaTV「bpm」で BACK-ON がバンドを始めるきっかけにもなった Zebrahead と対談した。 今回は BACK-ON が同じレーベルメイトとなった …

倖田來未、最新シングルが各配信サイトのチャートを独占!

9月21日に51枚目のシングル『愛を止めないで』を発売した倖田來未。本作は現在公開中の映画『セカンドバージン』主題歌に起用されており、発売前から『愛のうた』、『好きで、好きで、好きで。』を超える不朽の …

メトロノーム 最新ビジュアルとニューアルバム詳細を公開!

今年結成20周年を迎え、7月25日にニューアルバム『廿奇譚AHEAD』(読み:ニジュウキタンアヘッド)をリリースするエレクトロ・ポップ・ヴィジュアル系ロックバンド、メトロノームが、自身のオフィシャルサ …

本日緊急生配信決定! TEMPURA KIDZ vs Charisma.com「ミイラキラー」リリース記念公開インタビューでは皆様からの質問をツイッターで大募集!

今日8月6日(水)に配信限定でリリースされた、TEMPURA KIDZとCharisma.comのコラボ曲「ミイラキラー」。この曲のリリースを記念して、「ミイラキラー」にまつわる公開インタビューのUs …

話題沸騰の南波志帆が「jubeat plus(ユビート プラス)」とのコラボレーションパックを配信!

初のフルアルバム「水色ジェネレーション」が、タワーレコード全店総合アルバムチャート(7月18日〜24日集計)でTOP10入りし、渋谷 店総合アルバムチャート(7/18〜24集計)では2位というスマッシ …

『機動戦士ガンダムNT』主題歌担当のSawanoHiroyuki[nZk]による、約1年ぶりとなるワンマンライブ“R∃/MEMBER”の開催が決定!

『機動戦士ガンダムUC』『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』『進撃の巨人』などなど、数々の大ヒットアニメ作品の劇伴音楽を手掛ける人気劇伴作家であり、今年12月6日(木)には初の海外単独公演を上海の東 …