無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

マイケル・フォーチュナティ ザ・プレミアム・モルツ presents BON DISCO 2019 直前インタビュー

イベント 洋楽 音楽

令和に誕生し、6月から8月にかけて3か月連続開催された進化系夏フェス「ザ・プレミアム・モルツpresents BON DISCO 2019」も、8月30日(金)のグランドハイアット東京公演を残すのみとなった。各メディアで取り上げられる等、話題を集めているBON DISCOのフィナーレに位置付けられた同公演のスペシャルゲストとして来日を果たした“ユーロビートの帝王”マイケル・フォーチュナティに、まさに今の心境を聞いてきた。

 

 

― 昨年開催の「Summer 80s LIVE & DISCO」に続き、日本のディスコイベントに二年連続の出演ですが、心境はいかがでしょうか?

 

昨年の映画「サタデー・ナイト・フィーバー」公開40周年やABBAの再結成など、ディスコが世界的に盛り上がっているなか、二年連続で日本のディスコイベントに呼んでいただきとても嬉しく思っています。また80年代に活動をはじめたときには、これほど長く自分の音楽を続けられるとは思っていなかったため、改めて至上の喜びを感じています。

 

― 今回のザ・プレミアム・モルツ presents BON DISCO 2019では、どのようなステージを予定されていますでしょうか?

 

昨年以上にとにかく楽しんで頂きたいと思っています。もちろん皆さんの知っている曲もたくさん歌う予定ですので、知っている曲があれば一緒に歌っていただきたいです。

 

― 今年からスタートした「BON DISCO」は、日本の伝統的な夏祭り「盆踊り」とディスコの融合がコンセプトとなっており、日本全国で多様なスタイルのディスコイベントが誕生しています。今まで様々なディスコイベントに出演してきたなかで、特に印象に残っていることがあれば教えて頂けますでしょうか?

 

ディスコイベントに限定できないのですが、1988年に開催された「東京音楽祭」と、対バンのような形でリック・アストレイと日本全国を歌ってまわったツアーはとても印象に残っています。ディスコで言えば、六本木にあったヴェルファーレは、何度も出演させて頂きましたが、来ていたお客さんも含めて時代を象徴する存在だったように感じます。

 

― 時代や国を超えて愛されるディスコミュージックですが、他のジャンルと比べた際のディスコソングの魅力を教えて下さい。

 

ディスコミュージックというのは80年代を代表するジャンルでしたが、ディスコソングを面白いと思ってくれる今の若い世代のひとたちもいて、やはりメロディとリズムが極めてキャッチ―な点が一番の魅力だと思います。ヒップホップがまだ下火だった当時、皆がノリやすい音楽であったことが人気を獲得した大きな理由だったのではないでしょうか。懐メロの要素もあるかもしれないですが、ディスコに限らず80年代の音楽が世界的にまた人気を集めている現象は私も実感しています。80年代にメキシコのイベントで1万人の前で歌ったことがあったのですが、時を経て、同じくメキシコで再び1万人の前で歌う機会が先日あったほどです。

 

 

― ご自身にも「ギヴ・ミー・アップ」 や「イントゥ・ザ・ナイト」といったディスコを代表するヒットソングがありますが、時代を超えて愛され続けるこれらの楽曲はあなたにとってどういう存在ですか?

 

私と、音楽活動を共にしてきた私の弟の人生を導いてくれた存在です。この二曲が、世界への道を拓いてくれたおかげで、私たちは今でも音楽を続けていられるのではないかと思います。

 

― 上記の二曲以外で、ディスコブームが再燃している今、改めて聴いて欲しいと思う曲がありましたら教えてください。

 

二曲の他にも「レット・ミー・ダウン」、「ハレルヤ」、「ドント・レット・ミー・ゴー」、「ABC」などのシングル曲は聴いて欲しいですし、今までアルバムに収録した曲が合計140近くあるので、是非サブスクリプション等で一度聴いてみて欲しいと思います。

 

― 昨年、ニューアルバムを制作しているという話を聞きましたが、最近はどのような活動をされていますでしょうか?

 

音源制作は常に行っていますが、80年代の曲のカバーもあれば新曲も入るようなニューアルバムを2020年にリリースしたいと思っております。昨年若手のトラックメイカーたちと作りあげた日本独自企画盤『The Best Of Disco Covers』の出来にとても満足しているため、その際にはまた同じような体制で制作したいと考えています。

 

― ところで来年は東京でオリンピックが開催されますが、ご自身のなかで東京の印象的な場所はありますか?

 

東京のなかで六本木、新宿、表参道は好きな街ですが、特に六本木は思い出深いです。ヴェルファーレやマハラジャがあったことから、来日した際は六本木のホテルに滞在することが多く、そういう意味でも六本木は私のキャリアを総括するような場所でもあると思います。

 

― そんな思い出深い六本木でBON DISCO 2019も開催です。最後に日本のファンの方へ、メッセージを頂けますでしょうか?

 

皆さんとまた今年もお会い出来ることがとても楽しみですし、30年間ずっと応援してくれていることに対して感謝しかありません。みんなで楽しい夜にしたいと思うので、8月30日は六本木のグランドハイアット東京でお待ちしています。

 

■開催概要

ザ・プレミアム・モルツ presents BON DISCO 2019 @グランドハイアット東京

 

【日時】2019年8月30日(金) 19:00 OPEN/START

【出演】DJ : DJ KOO(TRF) / DJ KAORI / DJ OSSHY / DJ Celly / DISCOMAN

LIVE : MAX Special Guest:マイケル・フォーチュナティ

【会場】東京・グランドハイアット東京 グランド ボールルーム(3F)

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-3

https://tokyo.grand.hyatt.com/ja/hotel/home.html

 

【チケット代】

  • 前売・一般: 15,000円(税込)
  • 前売・VIPグループセット(4枚): 100,000円(税込)
  • 前売・VIPカップルセット(2枚): 55,000円(税込)

※両チケットともにフリーフード、フリードリンク

※未成年入場不可

※VIPチケット詳細

①会場内にテーブル席確保

②VIPスペシャルフードメニュー

③シャンパン付 グループセット2本、カップルセット1本

 

  • 前売・アフター9チケット: 8,000円(税込) ←NEW

※8月9日(金) 21:00~販売開始

※フリードリンク

※フードのご用意はありません

※未成年入場不可

 

<主催/企画制作>

ユニバーサル ミュージック合同会社

 

<お問い合わせ>

キョードー東京   0570-550-799 ※オペレータ受付時間

平日11時〜18時 土日祝10時〜18時

http://www.kyodotokyo.com/

 

BON DISCO 公式ホームページ:http://bondisco.jp/

BON DISCO 公式ツイッター:https://twitter.com/bondiscofes

BON DISCO 公式インスタグラム:https://www.instagram.com/bondiscofes

BON DISCO公式フェイスブック:https://www.facebook.com/bondiscofes

 

 

■作品情報

マイケル・フォーチュナティ『The Best Of Disco Covers』(日本独自企画盤)

https://www.universal-music.co.jp/michael-fortunati/products/uicy-15749/

 

【収録曲】

  1. アンド・カウント・2・テン

TURN AROUND AND COUNT 2 TEN

(Peter Burns / Stephen Coy / Timothy Lever / Michael Percy)

Published by Mat Music. / Dead Or Alive Music Ltd. / All rights reserved.

※DEAD OR ALIVEのカバー

 

  1. 素敵なハイエナジー・ボーイ

EAT YOU UP

(Angelina Fiorina Kyte / Anthony Richard Baker)

Published by Skratch Music Publishing.

※ANGIE GOLDのカバー

 

  1. ユー・スピン・ミー・ラウンド

YOU SPIN ME ROUND (LIKE A RECORD)

(Michael David Percy / Timothy John Lever / Peter Jozzepi Burns / Stephen Coyer)

Published by Mat Music. / Burning Music Ltd. / All rights reserved.

※DEAD OR ALIVEのカバー

 

  1. ギヴ・ユー・アップ

NEVER GONNA GIVE YOU UP

(Matt Aitken / Mike Stock / Peter Waterman)

Published by Mike Stock Publishing Limited / Sids Songs Ltd. / All Boys Music Ltd. / All Rights Reserved.

※RICK ASTLEYのカバー

 

  1. トゥゲザー・フォーエヴァー

TOGETHER FOREVER

(Matt Aitken / Mike Stock / Peter Waterman)

Published by Mike Stock Publishing Limited / Sids Songs Ltd. / All Boys Music Ltd. / All Rights Reserved.

※RICK ASTLEYのカバー

 

  1. ニューヨーク・シティ・ナイト

NEW YORK CUTY NIGHTS

(Andrew Joseph Di Taranto / Guy Hemric)

Published by Saber Tooth Music.

※LEIF GARRETTのカバー

 

  1. Y.M.C.A.

Y.M.C.A.

(Jacques Morali / Henri Belolo / Victor Edward Willis)

Published by Scorpio Music.

※VILLAGE PEOPLEのカバー

 

  1. ゴー・ウエスト

GO WEST

(Jacques Morali / Henri Belolo / Victor Edward Willis)

Published by Scorpio Music.

※VILLAGE PEOPLEのカバー

 

  1. ブロークン・ハーツ

TOO MANY BROKEN HEARTS

(Matthew Aitken / Mike Stock / Peter Waterman)

Published by Mike Stock Publishing Limited / Sids Songs Ltd. / All Boys Music Ltd. / All Rights Reserved.

※JASON DONOVANのカバー

 

  1. 恋のブン・ブン・ダラー

BOOM BOOM DOLLAR

(Claudio Accatino / Giuliano Crivellente / Mauro Farina)

Published by Ala Bianca Group.

※KING KONG & D JUNGLE GIRLSのカバー

 

  1. ブーム・ブーム

BOOM BOOM (LET’S GO BACK TO MY ROOM)

(Riccardo Ballerini / Michele Chieregato / Stefano Montin / Thomas Hooker / Roberto Turatti)

Published by Abramo Allione Ed Mus S.R.L / Edizioni Curci S.R.L. / Universal Music Publishing Ricordi Srl. / All Rights Reserved.

※PAUL LEKAKISのカバー

 

  1. ギヴ・ミー・アップ

GIVE ME UP

(Mario Giuseppe Nigro / Pierre MichAntonioel Nigro / M. De-San-Antonio)

Published by Now Discs SPRL

※MICHAEL FORTUNATIによるセルフカバー

 

-イベント, 洋楽, 音楽
-

関連記事

カーリー・レイ・ジェプセン、アルバム発売イベントで新曲披露「日本は第二の故郷」

大ヒット曲「アイ・リアリー・ライク・ユー」収録のニュー・アルバム『エモーション』のプロモーションのため、今年2回目となる来日中のカーリー・レイ・ジェプセンが、6/28(日)にアルバム発売を記念した「ミ …

注目の南波志帆TOWER RECORDS大プッシュ!店頭誌“TOWER”の表紙も異例の大抜擢!

6月15日(水)リリースのTOWER RECORDS限定販売シングル「こどなの階段」(作曲:山口一郎/作詞:小出祐介)が話題の南波志帆ですが、TOWER RECORDSの店頭誌“TOWER”にて新人の …

BABYMETAL、日本人アーティスト初! 「Rock on the Range」2ndステージのヘッドライナーとして登場!

現地時間20日、BABYMETALがオハイオ州・コロンバスで開催された「Rock on the Range」に出演した。日本人アーティストとしては初めての2ndステージのトリを務めた。 3年ぶりとなる …

超特急“初”となる写真展開催決定!『超特急 EXHIBITION “GOLDEN EPOCH”』

6人組ダンス&バックボーカルグループ超特急が、GALLERY X BY PARCOにて、2018年11月1日(木)から11月19日(月)にかけてグループ“初”となる写真展『超特急 EXHIBITION …

コブクロ「ALL SINGLES BEST 2」、セブン-イレブン店頭で9/5より店頭販売!

コブクロが、復活後初のアイテム「ALL SINGLES BEST 2」を9月5日(水)にリリースする。「蕾(つぼみ)」「流星」「WINDING ROAD」(絢香×コブクロ)などの大ヒットソングのほか、 …

Applicat Spectra、「2.5D」との連携イベント第三弾1/28開催決定!「ボカロの貴公子」八王子Pと共演!

Applicat Spectraが、渋谷パルコpart1に拠点を移したSOCIAL TV STATION『2.5D』と連携して行なう初めての試み『Applicat Spectra LIVE STREA …