無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

ノラ・ジョーンズ 、コンセプト・アルバム『BEGIN AGAIN』 発売! リリック・ビデオも公開!

動画 洋楽 音楽

現時点で9度グラミー賞を受賞しているシンガー・ソングライター、ノラ・ジョーンズが待望のコンセプト・アルバム『ビギン・アゲイン』をリリースした。今作にはウィルコのフロントマン、ジェフ・トゥイーディーやダヴマンことトーマス・バートレットとのコラボレーションにより、昨年レコーディングを行なった色とりどりの曲が収録されている。同作は、SHM-CD、デジタル配信以外に、アナログも発売。また、アルバム発売に伴いタイトル・トラック「ビギン・アゲイン」のリリック・ビデオが公開された。

◯「BEGIN AGAIN」リリック・ビデオ

2016年にアルバム『デイ・ブレイクス』のリリース後、長期に渡るプロモーション、そしてアルバムを引っさげてワールド・ツアーを行なったノラだったが、昨年、ひっそりとスタジオに入り、“#songofthemoment”(ソング・オブ・ザ・モーメント) というコンセプトの基、何のプレッシャーもジャンルの境界線も持たずに、ただクリエイティヴな道に没頭して音楽を作れるという純粋な喜びを楽しみながら、友人達とほぼ全て即興というセッションを行った。

「新しいことにチャレンジして、新しい音楽をレコーディングしたい、というインスピレーションを感じたの。」とノラは言う。「短期間で、楽しく、プレッシャーもなく作れる作品というのが、もともとのアイディアとしてあったの。こういうやり方は、コラボレーションには最適よね。1日、長くても3日くらいスタジオに入るだけ!」
「ボイス・メモに幾つかアイディアを録音して、スタジオに入ったの。スタートする時にベースとなるものがあったほうが始めやすいでしょ。もちろん、参加してくれたミュージシャンを念頭におきながらアイディアを録音したんだけど、その場で何か新しい音が生まれたらいいと思っていたし、実際にそれぞれのセッションで、元のアイディアにはなかった全く新しい曲が生まれたわ。私はどういう方向に進みたいなんて、全く決めずにオープンな気持ちで臨んでいたんだけど、それぞれのセッションが私の想像を遥かに越えるものだった。とても楽しかったから今はインスピレーションに溢れているの、この作品が色々な方向に広がっていっていることを、嬉しく思っているわ。」とコメントした。

昨年夏からノラが”ソング・オブ・ザ・モーメント”シリーズでデジタル・リリースしてきたシングル楽曲達は、魅惑的なエレクトロニック・サウンド、厳格なアコースティック・フォーク・バラード、オルガンとホーン満載のソウル・ソングまで、様々なジャンルを網羅してきた。更に3曲の未発表曲を追加した今回のコンセプト・アルバム『ビギン・アゲイン』は、多才で、常に好奇心をそそられる世界的に活躍するアーティストであるノラのクリエイティヴィティを撮影した7枚のスナップ写真のような作品となっている。

国内盤SHM-CDブックレットに掲載される歌詞和訳は前作『デイ・ブレイクス』同様、小説『乳と卵』で芥川賞を受賞したほか、数多くの受賞歴を誇る作家の川上未映子が執筆。

<商品情報>
『ビギン・アゲイン』
UCCQ-1097 ¥2,100(税抜価格+税) SHM-CD
<収録曲>
1. マイ・ハート・イズ・フル
My Heart is Full (Written by Norah Jones and Thomas Bartlett)
2. ビギン・アゲイン
Begin Again (Written by Norah Jones and Emily Fiskio)
3. イット・ワズ・ユー
It Was You (Written by Norah Jones)
4. ア・ソング・ウィズ・ノー・ネーム
A Song with No Name (Written by Norah Jones and Jeff Tweedy)
5. アッ・オゥ
Uh Oh (Written by Norah Jones and Thomas Bartlett)
6. ウインタータイム
Wintertime (Written by Norah Jones and Jeff Tweedy)
7. ジャスト・ア・リトル・ビット
Just a Little Bit      (Written by Norah Jones, Sarah Oda, Brian Blade, and Christopher Thomas)

■ライヴスケジュール
詳細はこちらからnorahjones.com/tour

■バイオグラフィー
ノラ・ジョーンズが初めて世界に名を知られることになったのは、2002 年にリリースされたデビュー・アルバム『ノラ・ジョーンズ』だった。
ノラ本人が“気まぐれ で可愛らしいレコード”だという同作で、彼女の声が世の中に届き、瞬く間に世界的社会現象となった。
そして、2003 年グラミー賞を総なめにし、当時 のメイン・ストリームだったポップ・ミュージックから、音楽シーンを大きく動かす作品となったのだ。それ以来、ノラは 5,000 万枚に迫るアルバム・セールスを 記録し、グラミー賞にも 9 度輝いた。『フィールズ・ライク・ホーム』(2004)、『ノット・トゥ・レイト』(2007)、『ザ・フォール』(2009)、『リトル・ブロークン・ハー ツ』(2012)、『デイ・ブレイクス』(2016)という、評価も高く、セールスとしても大成功を収めた数々のソロ・アルバムをリリース。そして彼女のバンドである ザ・リトル・ウィリーズやプスンブーツ名義でもアルバムを発表してきた。2010 年にリリースされた『ノラ・ジョーンズの自由時間』は、ウィリー・ネルソン、アウ トキャスト、ハービー・ハンコック、フー・ファイターズなど、幅広い一流ミュージシャンとのコラボレーション楽曲を集めたアルバムとなっており、彼女の多才さ が伝わる一枚となっている。デンジャー・マウスがプロデュースを手掛けた『リトル・ブロークン・ハーツ』は、世界を魅了し続けるノラにとって、アーティストと して大きく進化を遂げた作品だった。そして、『デイ・ブレイクス』では、ジャズというルーツに立ち返りつつも、アメリカ音楽の基盤となってきたカントリー、フ ォーク、ロック、ソウル、ジャズというスタイルで、豊かなタペストリーを織り上げ、ノラが、その独自のサウンドで、この時代に活躍するアメリカのアーティスト として欠かせない存在であるという事を世界に示した。
Photo_ClayPatrickMcBride

■リンク
・Universal Music: https://www.universal-music.co.jp/norah-jones/
・Official HP: http://www.norahjones.com/
・Twitter: https://twitter.com/NorahJones
・Instagram: https://www.instagram.com/norahjones/
・Facebook: https://www.facebook.com/norahjones

-動画, 洋楽, 音楽
-

関連記事

UKギター・ロックに新風を吹き込むブロッサムズ、全英1位のデビュー作に続く新作が27日リリース!東京で撮影したミュージック・ビデオが公開!

イギリスのマンチェスター南部のストックポート出身の5人組バンド、ブロッサムズ。マンチェスターの大先輩であるノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの4月ヨーロッパ・ツアーのサポート・アクトが終了 …

本日リリースのエンター・シカリのニュー・アルバム『ザ・マインドスウィープ』の全曲試聴を実施中!最新シングルのMVも公開!

本日ニュー・アルバム『ザ・マインドスウィープ』をリリースしたエンター・シカリ。アルバムのリリースを前に、先月行った来日公演の2日目、東京・代官山UNITには、以前からバンドぐるみで親交のあるCross …

CD『HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~ ORIGINAL SOUND TRACKS』発売のお知らせ

全国のゲームセンターにて好評稼働中のガンシューティングゲーム「HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~」(株式会社セガ・インタラクティブ)のサウンドトラック『HOUSE OF …

超大型K-POPガールズグループ GFRIEND 5月23日にデビューアルバムリリース!! イベントにも出演決定!!

韓国発の6人組ガールズグループ、GFRIEND(読み:ジーフレンド)が、5月23日(水)にアルバムで日本デビューする事が決定した。アルバムタイトルは「今日から私たちは ~GFRIEND 1st BES …

Drop’s バンド結成10th Anniversary year始動宣言! 2019年3月29日ミニアルバム『trumpet』の発売を発表!

約2年半ぶりのスタジオレコーディングミニアルバム『organ』の発売日を迎え、発売日満員御礼のワンマンライブ(Drop’s『organ』Release Party “冬の日のおるがん” @ 新代田FE …

2/1(土)TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオに、1st Albumも絶賛大ヒット中のFlowerが初登場!

オープンから20年に渡り、数々の大物ゲストが登場しているTOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオから生放送されている番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」(13:00〜13:55/TOKYO …