無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

BACK-ON、ツアーファイナルでみせた“らしさ”と“進化”

イベント 音楽

BACK-ON が 4 月 7 日にワンマンツアー「CHOP KICK TURN TOUR」ファイナル公演を行った。
今回のツアーは 3 月 6 日に配信されたデジタル EP「CHOP KICK TURN」のリリースツアーで、東京をファイナルとして 4 都市で開催された。

会場には公演開始を待つファンで埋め尽くされ、ステージには背面を覆う BACK-ON ロゴの入った幕が。更には普段とは違う機材の配置に、開始前からファンの期待値は高まっていく。

開演時間を迎えて流れたのは SE ではなく、カンフー映画のワンシーンのようなセリフと不意を突かれたファンは一瞬戸惑いをみせる。
しかし、すぐに低音が響く SE に切り替わり、ファンが手拍子する中、メンバーが姿を現す。

ツアーファイナル 1 曲目はカバー曲「WILD THING」。3/6 配信となったデジタル EP でも1曲目に収録されており、こちらは映画メジャーリーグのテーマソングだ。

KENJI03(Vo/Gt)が煽りを入れつつ TEEDA(MC)がベースを弾き、観客の手拍子の中、会場全体が大合唱。曲途中からテンポチェンジから TEEDA のラップが入ると観客は飛び跳ね、ライブ 1 曲目から盛り上がりを見せる。

KENJI03 はギターを、TEEDA はベースを置き「Departure」では 2MC で会場を盛り上げる。今回のツアー全公演でサポートを務めた誇太朗のドラムから始まった「TELL ME」、そしてここ最近ではライブ定番となった新曲「Switch」を披露。

曲が終わったあとの MC では 3/6 配信となった EP に関しての 2 人の思いが語られ、そしてツアーファイナルということで TEEDA が客席に降りて、ゲームの曲をオマージュしたシーケンス、KENJI03 のカッティングが鳴り響くギター、そしてドラムがビートの中、TEEDA がラップを披露する。途中で曲を止めて観客へ「いける?」と煽りをを入れたあと、KENJI03 がギターをおいて、パッドを使ってリズムを響かせる。誇太朗と息を合わせた演奏の中、TEEDA のラップで観客との掛け合いで会場は一体感を見せる。続いてメドレーで「イマジニ」へと続き、KENJI03 と TEEDA のラップが掛け合い、ヒップホップをベースとするセクションでは BACK-ON のジャンルレスな幅広さを感じさせる。

KENJI03 が「いこうぜ渋谷!」と煽りを入れて続いたのは「Wannabe」だ。こちらも 3/6配信となった EP「CHOP KICK TURN」に収録された SPICE GIRLS のカバー曲である。

曲のもつポップさに、更にロック・ヒップホップを混ぜ込んだ BACK-ON らしいサウンドで客を圧倒する。

「Laugh now」「フタリダイアリー」「Misty rain」と間髪入れずに立て続けに披露し、続いて演奏したのは琴のイントロが印象的な「Clown」だ。EP「CHOP KICK TURN」にも収録されている中国語セルフカバーのバージョンもあり、前半は中国語で後半は日本語と世界で活躍している BACK-ON らしい演出だ。

KENJI03 の「もう 1 発いこうぜ」という煽りで始まった「Carry on」ではイントロから会場全体の合唱が起こる。更に「STRIKE BACK」とライブが終盤に向かって攻め続ける曲が続く。

続いて『ガンダムビルドファイターズ』のオープニングとして有名な「ニブンノイチ」を披露。この曲中では IKE(SPYAIR)がスペシャルゲストとして登場。会場はさらなる盛り上がりを見せる。告知がされていなかった嬉しいサプライズで会場の盛り上がりがピークの中、最後に「セルリアン」を演奏し、観客と大合唱の中、終了。

アンコールのコールのあと、再び登場し、「愛言葉」を演奏。本編の温度とは打って変わってロックバラードの演奏に、ファンはこの瞬間を焼き付けるように聴き入る。

演奏を終えた MC で TEEDA から 5 月から 7 カ月連続で新曲映像を配信することが発表され、さらには年内にはフルアルバムが発売されることへも言及。

KENJI03 は「これからも全力で」と意気込みを語り、今後の意気込みと感謝の気持ちを込めてアンコール最後に演奏されたのは「Flower」。「次のワンマンで会いましょう」と約束し、BACK-ON の“らしさ”と新しいことに挑み続ける“進化”を見せたライブは大成功で終了した。

Photo by Satria Khindi

■BACK-ON 「CHOP KICK TURN TOUR」渋谷 WWW 公演セットリスト
1. WILD THING
2. Departure
3. TELL ME
4. Switch
5. RAP~イマジニ
6. Wannabe
7. Lough now
8. フタリダイアリー
9. Misty rain
10. Clown
11. Carry on
12. STRIKE BACK
13. ニブンノイチ
14. セルリアン
【アンコール】
15. 愛言葉
16. Flower

■BACK-ON オフィシャル HP:https://www.back-on.com/

-イベント, 音楽
-

関連記事

ディープ・パープル8年ぶりの新作を5月に発表

ハード・ロックの歴史を語るうえで絶対に避けては通れない伝説的ロック・バンドのディープ・パープルが、2005年発表の「ラプチャー・オブ・ザ・ディープ」以来となる、約8年ぶりにして通算19作目のスタジオ・ …

BUMP OF CHICKEN「東日本大震災チャリティーバンド」収益寄付送金完了のご報告

「東日本大震災チャリティーバンド」 GOLD GLIDER TOUR販売分寄付完了の お知らせ アリーナツアー、GOLD GLIDER TOURにて販売致しました 「東日本大震災チャリティーバンド」の …

栗山千明アルバムに9mm Parabellum Bullet参加発表!今夜、「SCHOOL OF LOCK!」で宇宙初オンエア!椎名林檎プロデュース曲着うた先行配信も2/16スタート!

クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル Vol.1」出演でその名を世界に轟かせ、現在も数多くの映画・ドラマ・CMと大活躍、昨年2月には歌手としても世界デビューを果たし、昨年11月に布袋寅泰プロデ …

早稲田祭にヘルシンキ、プププランド、50回転ズが集結!

早稲田祭2016(2016 年 11 月 5 日)にて、早稲田大学公認サークルROCK STEADYWASEDA(通称ロクステ)主催のライブイベント「お昼休みのロックスター」が開催される。 昨年の早稲 …

THE BAWDIES×9mm Parabellum Bullet学園祭ツアーの前哨戦、合同Ustream生番組オンエア決定!!!

今シーズン予定されている中でも最も注目度、話題性ともに群を抜いている学園祭ライブといっても過言ではない、THE BAWDIES×9mm Parabellum Bulletの2組による学園祭ツアー。いよ …

ゴールデンボンバー!世界でも1位を獲得!オーストリアで、女々しくて旋風!iTunes で1位に!

お騒がせのエアーバンド、ゴールデンボンバーがまたまた炸裂している。6月に発売した「THE GOLDEN BEST」(アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、韓国、台湾で発売中/iTunesでは世界配信中 …