無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

ニューオリンズ出身のソウル・バンド、タンク・アンド・ザ・バンガスが新曲「アンツ」のMVを公開

動画 洋楽 音楽

2017年、NPRのTiny Desk Contestで6,000人の参加者の中から満場一致の称賛を受け優勝したニューオリンズ出身のソウル・バンド、タンク・アンド・ザ・バンガスが、5月8日にメジャー・デビュー・アルバム『グリーン・バルーン』をVerve Forecastからリリースすることを発表、先行シングル「アンツ」のMVを公開した。

「アンツ」MV

本作『グリーン・バルーン』は2013年にリリースした彼らの1stアルバム『Think Tank』以来6年ぶりとなる通算2枚目のアルバムでVerve Forecastからのリリースとなるメジャー移籍第一弾作品、プリオーダーも開始となった。

さらに、アルバムからの先行シングル「アンツ」のMVも公開、タンクのあふれんばかりの意識の流れを手描きのアニメーションで表現、彼女のトレードマークともいえるソウルをそのまま見ているかのようなビデオとなっている。

『グリーン・バルーン』は、タンク・アンド・ザ・バンガスの音楽的進化を示した作品で、ジャック・スプラッシュ、マーク・バトソン、ゼイトーヴェン、ルイ・ラスティック、ロバート・グラスパーら錚々たるプロデューサー陣の手助けも借りて彼ら独自のヴィジョンを表現。

リード・シンガーのタリオナ“タンク”ボールはこう話す。「『グリーン・バルーン』は1stアルバム『Think Tank』のお姉さん的作品。『Think Tank』は12歳で『グリーン・バルーン』は16歳でセックスもするようになったの。すぐそこにいる女の子。」

一方バンド、バンガスは「色みたいなものです。」と言う。「僕たちが影響を受けているものすべてをレコードに記録するということは僕らにとって何の問題もない、だって僕らは一つに列に留まっているいるわけではないから。」

ボールはさらにつけ加える。「私たちがレコードを作っているときは、ただただ作っているの。そして私たちは絶対次のように言うことはないわ。『今のはブルージーすぎるね。ちょっとカントリーすぎたね。ヒップホップすぎたね。』と。その曲はそういう感じだからそういう方向性になったのだから、その曲の持つフィーリングをそのまま押して完成させよう、それが気持ちいいの。」

最終的に、バンドはもはや彼ら自身のGreen light(青信号)が光るのを待っている場合ではなく、もうすでに目の前には青信号が光っていてバンドの飛行準備は整った。

タンク・アンド・ザ・バンガスは、現在アメリカ・ツアー中。アメリカでは『グリーン・バルーン』をリリースした直後、5月4日には、今年50周年を迎える地元ニューオリンズの一大フェスティヴァル、ニューオリンズ・ジャズ・アンド・ヘリテッジ・フェスティヴァルに出演することが決定、記念すべき凱旋公演になること間違いない。

「アメリカでもっとも素晴らしいライヴ・バンド」―npr music
「あなたが知っておくべき10バンドのひとつ。自由奔放でインプロヴィゼーションの切れ、ポジティヴなヴァイブスに満ちた世俗的な教会体験」―Rolling Stone
「タンク・アンド・ザ・バンガスはファンク、ヒップホップ、ロック、ゴスペルのグルーヴをつなぎ合わせたサウンドを展開。真剣なストーリーテリング、自己啓発の励まし、ダンスの指導などはバンドのあふれんばかりのあらゆる意識や考えを共有し、私達を楽しませてくれる」―The New York Times

<プロフィール>
2017年NPRのTiny Desk Concert Contestで6000人の参加者の中から満場一致の称賛を受け優勝した今全米が最も注目するニューオリンズ出身のソウル・バンド。
燃えるようなソウル、巧妙なヒップホップ、深みのあるR&Bから軽妙なジャズまでを彼らのフィルターを通して独自のスタイルでひとつにまとめあげる。
詩人/シンガーのタリオナ”タンク“ボールを中心にキーボードのメレル・バーレット、ドラムスのジョシュア・ジョンソン、ベース/シンセ・キーボードのノーマン・スペンス、アルト・サックス/フルートのアルバート・アレンバックから成る5人組。
2011年のオープン・マイク・ナイトでゆるいコラボとして始まったバンドだが、キャリアの初期にニューオリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティヴァルに出演し注目を集め、ツアーに出て地元外の評判も積み上げていき、ライヴ・ショウのスタイルも確立した上で2013年にアルバム『Think Tank』をリリース。一度ライヴを観た観客は熱心なファンへと変わり、New Orleans AdvocateからThe New York Timesまで批評家からも絶賛されるようになる。ジャズ・フェスでのパフォーマンスに関し「あれ以降私達は一生懸命働くようになり、働いた分だけ評価されたいと思うにようになったの。」とボールは話す。
その後“Quick”という喧々ごうごうたる2017年にリリースしたシングル(その後すぐに洒落臭く、ちょっと危ないMVも配信された)でTiny Desk コンテストで優勝し、その後コーチェラ、ボナルー、ニューポート・フォーク・フェスなどにも出演、2018年には「Smoke.Netflix.Chill.」、「Spaceships」などのシングルをデジタル・オンリーでリリース。そして2019年ついにVerve Forecastからメジャー・デビューを果たす。

〈Tiny Desk Contestとは??〉
アメリカの公共ラジオ放送ネットワークNPR(ナショナル・パブリック・レディオ)のオフィスでNPRのディレクター、ボブ・ボイレンがホストを務め、さまざまなアーティストのライヴ・パフォーマンスを録画、インターネットを通じて配信されているビデオ・シリーズ「Tiny Desk Concert」が2015年から始めたコンテストで参加者はビデオ1曲で応募、NPRのスタッフとさまざまなミュージシャンが審査委員を務め優勝者を決め、優勝するとTiny Desk Concertに出演できる。

タンク・アンド・ザ・バンガスが2017年のコンテストに応募したビデオ


タンク・アンド・ザ・バンガスの2017年優勝後の2017年3月のTiny Desk Concert

〈最新トラック〉
apple music:「アンツ」
https://itunes.apple.com/jp/album/ants-single/1453749162

spotify:「アンツ」
https://open.spotify.com/album/1H7OBMkveoXhlYKtfreXlP?si=xWnYTTQ4QtGBSblYKH7gLw

■作品情報
タンク・アンド・ザ・バンガス『グリーン・バルーン』
Tank and The Bangas / Green Balloon
2019年5月8日(水)日本盤発売
品番:UCCB-1045
価格:¥2,500(税抜)、¥2,700(税込)
CDのご予約はこちら
https://store.universal-music.co.jp/product/uccb1045/
iTunesの予約はこちら
https://itunes.apple.com/jp/album/green-balloon/1454294605

【収録曲】
01. カラーズ Colors – Introduction
02. スペースシップス Spaceships
03. ドープ・ガール・マジック  Dope Girl Magic
04. アンツ  Ants
05. ホット・エアー・バルーンズ feat. アレックス・アイズレー Hot Air Balloons
06. フォーゲットフルネス Forgetfulness
07. ゲット・アップ feat. ロバート・グラスパー Get Up – Interlude
08. トゥー・ハイ Too High – Prelude
09. アイ・ドント・ゲット・ハイ I Don’t Get High
10. ハッピー・タウン Happy Town
11. ナイス・シングス Nice Things
12. スモーク.ネットフレックス.チル. Smoke.Netflix.Chill.
13. フローティング Floating – Interlude
14. ミスター・ライオン Mr. Lion
15. イン・ロンドン feat. ロバート・グラスパー In London – Interlude
16. レイジー・デイズ feat. ロバート・グラスパー Lazy Daze
17. カラーズ・チェンジ Colors Change 

【パーソネル】
タリオナ”タンク”ボール (vo)
メレル・バーレット (key, background vo)
ジョシュア・ジョンソン (key, ds, background vo)
ノーマン・スペンス (key, b, synth, background vo)
アルバート・アレンバック (horn, sax, fl)
ジョー・ジョンソン (key, rhodes, ambient sounds, background vo)
アンジェリカ・ジョセフ (background vo)
アイヴィー・ボール (background vo) ほか

■タンク・アンド・ザ・バンガス・リンク
ユニバーサル ミュージック
https://www.universal-music.co.jp/tank-and-the-bangas/
本国公式サイト
http://www.tankandthebangas.com/
Twitter
https://twitter.com/tankanddabangas
Facebook
https://ja-jp.facebook.com/TankAndTheBangas/
Instagram
https://www.instagram.com/tankandthebangas/?hl=ja
YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/TankandtheBangas/

-動画, 洋楽, 音楽
-

関連記事

X JAPAN尽くし!7日連続「ニコ生」特番

日本最大級の動画サービス・niconicoの「ニコニコ生放送」にて、11月22日(日)から11月28日(土)まで、『X JAPAN SPECIAL WEEK』と題した特別番組を連日放送することが決定し …

sideranch5256ENTH7月1日にリリースニューアルバム”Entheogen”より新作「NO FATE」のMV公開!

ENTHは愛知県名古屋市にて結成されたメロディックパンクバンド。近年はNorthern19、HOTSQUALL、WANIMA、BACK LIFTなどと共演し名古屋のメロディックシーンを飛び出し全国的に …

345(凛として時雨、geek sleep sheep)の新ユニットti-ti.uuのライブ映像公開

3月に代官山にて行われた、ti-ti.uu(ティーティウー)【345(凛として時雨、geek sleep sheep)xなるけしんご(もらん)】初ライブの貴重な映像がオフィシャルサイトにて公開された。 …

SHANK、15周年ワンマンツアー東京・岡山・高松公演を追加発表!

長崎発(在住)のスリーピースBAND<SHANK>が結成15周年の節目に行うワンマンツアーだが、新たに東京・岡山・高松の3公演が発表となった。 「15th Anniversary One-Man To …

森友嵐士、「どうなってんだい JESUS」7月1日先行配信スタート&ミュージックビデオフルバージョン公開

今年2月に鬼龍院翔とのユニット“morioni”で話題を呼んだ森友嵐士が、T-BOLAN時代のアルバム『LOOZ』から実に22年振りに放つ、全曲書き下ろしオリジナル・フルアルバム『PEACE ROCK …

ecosystem、1stアルバムリリース記念ニコ生に2万人を越える来場者が集結!

本日8月7日(水)に待望の1stアルバム「うしろの正面、ジレンマ」をリリースした大阪発男女混合バンド『ecosystem』。 そんな彼らがアルバム発売の前日、8月6日(火)に“ecosystem 1s …