無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

TK from 凛として時雨、めぐろパーシモンホール 大ホールで行われた「Acoustic fake show vol.1」オフィシャルレポート!

イベント 音楽

 <凛として時雨>の全ての音源を手がける中枢人物であり、先日映画『スパイダーマン:スパイダーバース』日本語吹替版主題歌に新曲「P.S. RED I」を書き下ろすことが決まったソロプロジェクトである<TK from 凛として時雨>など精力的に活動する、TKが12/14にめぐろパーシモンホール大ホールにて、アコースティックが主軸となる編成でのライブ「Acoustic fake show vol.1」を開催し、そのオフィシャルレポートが届いた!

<TK from 凛として時雨>は、来年2月から全国ツアー” TK from 凛として時雨 katharsis Tour 2019”を開催する。そちらもチェックを。

 

2018.12.14 TK from 凛として時雨

「Acoustic fake show vol.1」@めぐろパーシモンホール 大ホール

12月14日、TK from 凛として時雨がめぐろパーシモンホール 大ホールにて「Acoustic fake show vol.1」を開催した。この日は通常のバンド編成ではなく、タイトル通りのアコースティック編成。ピアノにちゃんMARI(ゲスの極み乙女。)、ヴァイオリンに雨宮麻未子、チェロに村中俊之が迎えられ、ソロと凛として時雨の楽曲が一夜限りの特別なアレンジで披露された。

薄暗いステージに一筋の光が射し込む中、3人のメンバーに続いてTKが最後に姿を現すと、一曲目は“contrast”でスタート。TKのアコギと歌にピアノと弦が寄り添い、クラシカルであり、叙情的な雰囲気が生まれていく。ヴァイオリンとチェロによるノイズから始まった“seacret cm”では、アコギにディレイをかけて、空間的な音響を作り上げた。

一転、“showcase reflection”ではバンド編成のときと同様に、TKがテクニカルなフレーズを激しく弾き、“re:automation”でも暴力的なコードストロークを奏でると、それに合わせるかのように、ちゃんMARIの演奏もテンションが上がり、TKはシャウトを響かせる。また、“Signal”や“an artist”ではTKの歌をメインに、ドラマチックなアンサンブルが展開された。

簡単な挨拶を挟み、“fourth”のメランコリックかつ温かみのあるメロディーに会場が包まれると、「懐かしい曲をやります」と言って始まった“make up syndrome”ではTKもピアノを弾き、ちゃんMARIと連弾のような形に。ここで一度ちゃんMARIと雨宮がステージから捌けて、TKと村中の2人になると、“感覚UFO”ではアコギとチェロによるスリリングなセッションを披露。さらには、TKが一人ステージに残ると、弾き語りで新曲が届けられた。TKの歌の表情を改めて浮き彫りにするのは、やはりアコースティック編成ならではだ。

「弾き語りは僕にとって一番過酷です。そのヒリヒリ感も楽しんでください」と話すと、再び3人のメンバーが戻ってきて、“dead end complex”ではバンドのようにタイトなキメが挿入される。ピアノと歌を主体にしっとりと届けられた“unravel”に続いて、最後に披露されたのはTK from 凛として時雨の最新シングル『katharsis』に収録の“memento”。序盤はピアノと弦のみで静謐に始まったが、途中からはこの日唯一となる歪んだテレキャスターを弾き倒し、轟音の中で本編が終了した。

アンコールでは、TKがちゃんMARIのピアノの前に座り、再び「弾き語りは過酷ですね。笑」と話してから、“tokio”へ。繊細なTKの歌に、途中から弦とピアノも加わって、美しいアンサンブルを奏でていく。ラストに届けられたのは、“Missing ling”。TKの弾き語りに始まり、徐々にカオティックな展開に突入すると、アコギ、ピアノ、ヴァイオリン、チェロが混然一体となり、その中でTKが振り絞るようなシャウトを聴かせる。最後は再び弾き語りに戻ると、厳かな雰囲気の中、貴重な一夜が幕を閉じた。

text by 金子厚武

photo by 河本悠貴

■TK from 凛として時雨 katharsis Tour 2019

  • 2019年2月9日(土)福岡DRUM LOGOS

OPEN 17:15/START 18:00

TICKET:全立見 ¥5,000(税込/D代別)

INFO:キョードー西日本 0570-09-2424

  • 2019年2月16日(土)宮城 仙台Rensa

OPEN 17:15/START 18:00

TICKET:全立見 ¥5,000(税込/D代別)

INFO:ノースロードミュージック 022-256-1000

  • 2019年2月23日(土)愛知DIAMOND HALL

OPEN 17:00/START 18:00

TICKET:全立見 ¥5,000(税込/D代別)

INFO:JAIL HOUSE 052-936-6041

  • 2019年3月3日(日)大阪 なんばHatch

OPEN 17:00/START 18:00

TICKET:1F立見 ¥5,000(税込/D代別) /2F着席指定席 ¥5,800(税込/D代別)

INFO:清水音泉 06-6357-3666

  • 2019年3月9日(土)東京TOKYO DOME CITY HALL

OPEN 17:00/START 18:00

TICKET:アリーナ立見 ¥5,000(税込/ D代別) /バルコニー指定席 ¥5,000(税込/ D代別) /バルコニー着席指定席 ¥5,800(税込/ D代別)

INFO:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

チケット一般発売日:2018年12月8日(土)

※高校生以下の方は会場にて¥500キャッシュバックあり。

<オフィシャルサイト>

◆TK from 凛として時雨 http://tkofficial.jp/

【凛として時雨 オフィシャルサイト】

http://www.sigure.jp/

【凛として時雨 YouTube Official Channel】

http://www.youtube.com/sigureSMEJ

【サブスクリプション】

凛として時雨 https://smar.lnk.to/po6LXWN

TK from 凛として時雨 https://smar.lnk.to/QccKsWN

ピエール中野 https://smar.lnk.to/O7fgPWN

-イベント, 音楽
-

関連記事

BABYMETAL、初見参のロックインジャパンフェスで「We are BABYMETAL!!」

「アイドルとメタルの融合」をテーマに結成されたメタルダンスユニット・BABYMETALが4日(日)国営ひたち海浜公園で行われた『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013』に出演した。 今 …

韓国の6人組新人ボーイズグループ「HALO(ヘイロー)」日本デビューイベント決定!

今年3月、日本で初めてのステージとなるショーケースを大盛況のうちに終えた韓国の6人組ボーイズグループ“HALO(ヘイロー)”。昨年6 月に韓国でデビューしたばかりの彼らが、早くも2015年7月に日本デ …

大阪発の新星歌姫KIRA 新曲「Carrier Bag」配信と同時にMVをGYAO!で独占フル公開!

大阪中心に活動する次世代のフィメール・シンガーKIRA(キラ)の待望の2nd配信シングル「Carrier Bag」を、日本のHIPHOP/R&BをはじめJ-POPシーンからも絶大な支持を受け …

女王蜂 8月8日(金)@東京キネマ倶楽部単独公演「夏の自由研究〜蜂月蜂日〜」開催決定

2014年2月22日(土)、東京・SHIBUYA-AXにて単独公演「白熱戦」の開催と共に、約1年の活動休止期間を経て再始動。6月22日(日)より4都市のライブハウスを回る単独公演「灼熱戦〜追い討ち編〜 …

タイ、バンコク発の大人気ドリームポップバンド 「Safeplanet」 。 「朝霧JAM」 含む、ジャパンツアー内容決定!

良質なバンドが群雄割拠するタイのインディーズシーンの中でもひときわ注目を集め、タイの若い世代から絶大な支持を得ている三人組人気ドリームポップ・バンド「Safelanet」待望の来日ツアー詳細が決定! …

新たな“卒業ソング”誕生!E-girls、成長の軌跡が詰まったビデオ解禁

E-girlsが、初のベストアルバム『E.G. SMILE -E-girls BEST-』に収録されている新曲「出航さ! 〜Sail Out For Someone〜」のリリックビデオを公開した。 同 …