無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

さくらしめじ 念願の中野サンプラザで新たな魅力を発揮! サプライズで日比谷野音を発表!

イベント 音楽

12月15日に中野サンプラザで『さくらしめじのHappy X’mash LIVE 2018』が行われた。

 

11月にリリースされた初EP盤『うたはつづくよどこまでも』のリリース記念ツアー真っ最中でもある彼らが、ひと足早いクリスマスパーティーを行うということで、全国から“きのこりあん”(ファンの総称)が集まり約2000人の会場がソールドアウトとなった。

 

鈴の音と共に幕があがると、スクリーンの中で「サンタと魔法のものがたり」という本が開かれる。

インターネットで購入したプレゼントがサンタさんの元へ届けられるというライブへのイントロダクションなのだが、その箱の文字が「Shimezon」になっている細かい技に会場からは笑いが起こる。そのストーリーに組み込まれた「123」の文字に合わせてスクリーン中央が開き、さくらしめじの田中雅功と高田彪我が登場!

 

掛け声が楽しい新曲「123」でライブはスタート。向かい合ったふたりがギターをかき鳴らすと「スタートダッシュ」から「菌カツ!」へとアッパーなナンバーで一気に盛り上がる。「スタートダッシュ」「菌カツ!」では、なんとステージにダンサーが登場するというこれまでにない新しいスタイルだ。

 

会場をぐるりと見回し「来たね~」と彪我。それを受けて「来たよ!」と雅功が喜びを全身で表す。「元気ですかー?」と問いかけた会場から大きなリアクションが返ってくると「やっぱりサンプラザの“イエーイ”は違う!」と憧れの会場のステージに立っている喜びをかみ締めた。自己紹介からクリスマス仕様のキラキラとしたセットやニコニコ生放送で配信されていることにも触れ、「盛り上がる準備はできてますか!」「イエーイ」というコール&レスポンスで会場とひとつになった。

 

「ひだりむね」からライブではすっかりおなじみになったカバー曲「恋音と雨空」で大人っぽい雰囲気を感じさせ、「せきがえのかみさま」へ。曲中に“席”にちなんで、「会場の中の1席だけ黒い封筒が貼ってあります!

僕らからのクリスマスカード&プレゼントの引換券です」というサプライズが行われた。これは、ふたりが“やりたい”と発案して実現した企画だったのだそうだ。

 

クリスマスカードを手にした手元がスクリーンに映し出されると会場から大きな拍手が沸き起こる。温かい空気になったところで、「今回のライブは“HappyX’mash LIVE”ということで、きのことmash(マッシュ)をかけてるんですね」と雅功が説明。「クリスマッシュもそうだけど、おねがいしマッシュとか使いやすいよ」とマッシュ使いを提案。去年のクリスマスはレコーディングをしていたという思い出話で会場を楽しい空気に包み込む。

 

ライブも中盤にさしかかり、彪我のギターに合わせて雅功の歌声が響く「きのうのゆめ」から「まよなかぴくにっく」へ。きのこのオブジェがライトとなり、スクリーンにはふたりのシルエットだけが映し出される。グッと曲に入り込ませる演出から、ふたりが向かい合って歌うスタイルで「MySunshine」を披露。何かに向かって新たな一歩を踏み出す行進曲のような楽曲であることは音源でも感じていたのだが、強さと男らしさを感じさせる楽曲でもあることは、ライブでしか感じえることができない一面だった。

 

後半にさしかかるMCでは一転「冬の好きなところ」を“じめじめランキング”として、スケッチブックにそれぞれが描いたイラストと共に発表することに。

 

雅功のランキングは3位「ふとん乾燥機が本領を発揮すること」2位「夜道に聴く音楽がジャンル関係なく心にグッとくる」1位は「暑くない!」があげられた。ちなみに、雅功のイラストは全体的に微妙なのが特徴。対して彪我のまぁまぁ安定した画力で発表されたのが3位「自販機に“あったかい”が並ぶ」2位「冬の夜道の孤独感」1位「自宅の安心感(外は寒いけど、家の中はあったかいから安心)」。

 

ふたりの仲良しトークで会場は盛り上がり、アットホームな空気の中、雅功がギターを抱え、彪我がハンドマイクを握ると「てぃーけーじー」へ。ダンサーがステージにインすると、なんと彪我がステージの中央でスポットライトを浴びながら踊りだすという、これまたサプライズ!

「中野サンプラザ! 踊りますよー!」とみんなを誘い、ダンサーと一緒にTKGの文字を体で表現したり、歌詞に合わせたダンスはとてもキュートで楽しい時間になった。

 

続く「ブン!ブン!BuuuN!」はタオルをぐるぐる回すライブにぴったりの楽曲。ダンサーと一緒に彪我&雅功もギターを置いて腕を振り上げてぐるぐるとまわしたかと思うと「でぃすとーしょん」ではステージ左右、中央のお立ち台をフルに活用しハードな空気で会場を包み込んだ。

 

2017年から1年かけて全国をまわった「菌育ツアー」でご当地のものを食べるなどファンの人たちと絆を作り上げた「てぃーけーじー」、5月に行われた「しめたん-さくらしめじが生まれた日- イヤイヤ期突入!?編」でサングラスをかけて披露された「でぃすとーしょん」。11月に行われた「振付稼業air:manオフィシャル振付講習会&ライブ!」でファンの人たちと一緒に盛り上がりたいと作られた「ブン!ブン!BuuuN!」。カバー曲やEP盤に収録された楽曲もライブ全体に散りばめられおり、まさに、彼らがこの1年で作り上げたさくらしめじの新たな魅力が詰め込まれたライブであることを実感させられた。

 

「楽しく盛り上がりましょう!」と声をかけて歌われた「あやまリズム」。そして、初披露の新曲「先に言うね」。「なかなか言えない本音ってあるよね。本当のこと、大切なことは伝えていきたいという想いを込めた」と言うリリックがスクリーンに映し出されると雪がこの曲をさらに美しく飾った。ラストナンバーになった「えそらごと」では、金テープが客席にキラキラとした彩りを加えてくれた。

 

ファンの歌声で呼び戻され、アンコールとしてステージに登場したふたり。

「最高の思い出が作れました。2018年は、みなさんといろんな思い出を作れた1年だったと思っています。今日も含めて、いろんな思い出がつまった曲です」と「おもいでくれよん」を披露。ラストに向けて盛り上がっていく……と思ったら、なんと彪我が歌詞を飛ばしてしまい、雅功から「一度止めよう!」とストップがかかる。あわあわした表情の彪我の緊張をほぐした後、2度目の「おもいでくれよん」へ。

 

しっかりと歌を届けると、頭の上でごめんなさいのポーズをした彪我が、「みなさんの温かさに毎度助けられています」と客席に感謝の言葉を送った。

 

そんなファンのみんなへのクリスマスプレゼントとして、この日発表された「初のラジオレギュラー番組決定!」と2019年2月から3ケ月連続で行われるツーマンライブの発表に加え、さくらしめじのふたりへのクリスマスプレゼントとして「2019年5月3日、日比谷野外大音楽堂」でのワンマンライブがサプライズ発表された。

 

台風の中でやりきった初の野音ライブ、「台風12号ね」「忘れもしない、ジョンダリ(台風の名前)な!」のリベンジともいえる2度目の野音の決定にふたりは大喜び。「うれしいぞコンニャロー!」と声をあげた。

そして「あー、言いたくない。この言葉言いたくないよ」と雅功。「でも、これで最後の曲です」と「みちくさこうしんきょく」をダンサーと客席の「ラララー」という歌声と一緒に歌い上げた。

 

「今日味わった嬉しさや楽しさを背中に乗っけて、これからのライブにいかしていきたい」と彪我。そして、うっすらと目に涙を浮かべながら雅功が「小学生の頃から、いつかやりたいと思っていた憧れのステージに立てたのは、みなさんのおかげです。僕らは次へ、またさらに次へと進んでいきます。みなさんとたくさんの“楽しい”を共有していきたいと思っています」と熱い想いを伝えた。

 

大きな声で「今日は本当にありがとうございました」と生声で伝え深く、深くおじぎをして、元気いっぱいに手を振りながらステージに幕をおろした。

 

12月29日には、さくらしめじの忘年会「平成最後のきのこりあんの集いvol.3」が光が丘IMAホールにて開催。また、リリース記念ツアー「うたはつづくよどこまでも」は、2019年にまたがり福岡、大阪、広島と続く。

 

そして、この日発表された彼にとって初の2マンライブは、渋谷wwwにて3ケ月連続で開催。

2月14日は、コレサワとの2マンであることが発表されているが、そのほかの情報、5月3日日比谷野外大音楽堂でのライブについては、さくらしめじオフィシャルサイトまで。

 

 

  • カメラマンクレジット

Photo by埼玉 泰史 / 大庭 元

 

  • ライタークレジット

Text by 大庭 利恵

 

★セットリスト★

M1 123 / 新曲

M2 スタートダッシュ

M3 菌カツ!

M4 ひだりむね

M5 恋音と雨空

M6 せきがえのかみさま

M7 きのうのゆめ

M8 まよなかぴくにっく

M9 My Sunshine

M10 届けそこねたラブソング

M11 はじまるきせつ

M12 てぃーけーじー

M13 ブン!ブン!BuuuN! / 新曲

M14 でぃすとーしょん

M15 あやまリズム

M16 先に言うね / 新曲

M17 えそらごと

 

アンコール

MC

EN1 おもいでくれよん

EN2 みちくさこうしんきょく

 

 

<リリース情報>

さくらしめじ1stEP「うたはつづくよどこまでも」

発売日:11月28日(水)発売

 

【収録楽曲】

01.My Sunshine

02.恋音と雨空

03.スプーンの初恋 〜あゝ、好きだよベイベー〜

04.届けそこねたラブソング

 

さくらしめじ「My Sunshine」ミュージックビデオ

https://youtu.be/lPqbedKX_LU

 

 

<リリース記念ライブツアー「うたはつづくよどこまでも」>

2018年12月23日(日)【福岡】DRUM LOGOS  会場16;15/開演17:00

2019年1月6日(日)【大阪】バナナホール  会場16;15/ 開演17:00

2019年1月20日(日)【広島】広島クラブクアトロ  会場16;15/ 開演17:00

http://sakurashimeji.com/utahatsudukuyotour2018/

 

 

■2019年2月から3カ月連続で2マンライブの開催が決定!

会場:渋谷WWW

2月15日(金)コレサワ

3月8日(金)coming soon!

4月6日(土)coming soon!

※詳細は後日発表となります。

 

2019年5月3日(金・祝) 日比谷野外大音楽堂 ワンマンライブ決定!

16:30 開場 / 17:30 開演

  • さくらしめじオフィシャルサイト

http://sakurashimeji.com

-イベント, 音楽
-

関連記事

EMPiRE、オフィシャル LINEアカウントが開設!!6/10に「ツアー反省会&赤ブリ頑張ろう会」をLINE LIVEで生配信!

BiSH所属のプロダクションWACKとavexが共同で手掛け2018年4月にデビュー。 これまでにリリースされた2作のアルバムは2作連続となるiTunes総合アルバムチャート1位、カセットテープのみな …

4月29日発売aiko 33rdシ ングル「夢見る隙間」Love Like Rock vol.7会場限定盤「噛めないけどね!CD」発売決定!

4月18日に、aikoの今年初のライブハウスツアー「Love Like Rock vol.7」が、Zepp Tokyoにてついに幕を開ける。そのツアー会場にて、4月29日に発売されるニューシングル「夢 …

FUNKIST、3月5日のニューアルバム『Gypsy』のアルバムジャケット公開

約2年ぶりとなるフル・アルバム『Gypsy』を3月5日にリリースするFUNKIST。ジャケット撮影は東京 渋谷のスクランブル交差点で早朝から様々な人々が行き交う中で行なわれた。すでにLIVEでキラーチ …

ボン・イヴェールも絶賛するノルウェー出身の男女混合5人組新人バンド、ハイアズアカイトの世界デビュー・アルバムがリリース決定!

数々のアーティストを排出してきた音楽都市ノルウェーから新たに登場した、男女混合の5人組新人バンド、ハイアズアカイトが世界デビューします! 2012年、本国ノルウェーと隣国のデンマークで1stアルバムを …

DJやついいちろう(エレキコミック) 主催の大型エンタメフェス“やついフェス”早割チケット発売開始!

お笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうが主催する渋谷エリア12会場を連動した音楽とお笑いのエンタテインメントフェス「YATSUI FESTIVAL! 2018」が6月16日(土)・6月17日( …

SHU-I コスプレ姿でデビューシングルヒット祈願!?

日本発!! 会えるチワワ系韓国アイドル!!でおなじみのSHU-I(シューアイ)が、4/30(土)1st シングル「Smile For Me」発売記念イベントを開催した。SHU-Iは2009年に韓国でデ …