無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

パスピエ キャリアを総括する初の日比谷野音ワンマンライブ “印象H” 大成功!

イベント 音楽

パスピエ 野音ワンマンライブ “印象H”
10月6日(土) 東京 日比谷野外大音楽堂 ライブレポート

パスピエが10月6日(土)、東京・日比谷野外音楽堂で初の野外ワンマンライブ『パスピエ 野音ワンマンライブ “印象H”』を開催した。成田ハネダ(Key)の「初の野音という節目に、我々が大切にしてきた印象、という言葉をつけました。これまで積み重ねてきた音楽を存分に味わってもらえる舞台にして待っています」というコメント通り、結成10年目を目前にしたパスピエの軌跡をダイレクトに体感できるステージが繰り広げられた。

白のバックライトに照らされながらメンバーが登場、オープニングSEを演奏し、大きな歓声が巻き起こる。さらに黒を基調にしたワンピースに身を包んだ大胡田なつき(V)が姿を見せ、両腕を左右に広げて一礼。3rdアルバム「娑婆ラバ」に収録されたミディアムチューン「素顔」からライブをスタートさせた。成田ハネダのクラシカルな旋律と大胡田の叙情的なボーカルが絡み合い、早くも大きな感動が生まれた。さらに「ヨアケマエ」では大胡田がエンディングでシンセを演奏。また「贅沢ないいわけ」では三澤勝洸 が華やかなギターソロを放ち、「永すぎた春」では露崎義邦(Ba)がしなやかなベースプレイで楽曲に深みを与えなるなど、メンバーのセンスと技術が活かされた演奏によって、パスピエ独自の世界観を描き出してく。5曲目は「チャイナタウン」。バンドを代表するアンセムがライブ前半から披露され、会場は圧倒的な興奮に包まれた。
「今日の天気も(前日まで)“曇りかな、もしかしたら雨かな”ってなってたけど、本当に最高だし、皆さんも最高です。今日は来てくれてありがとうございます! 虫の声も聞こえて、いい感じ。たまにはこういう外で解放的なのも良くない?! パスピエの初・野外ワンマンライブ。最後まで楽しんでいきましょう!」(大胡田)という挨拶の後も、パスピエの独創的な音楽性、優れたポップネス、質の高い演奏を堪能できるシーンが続いた。1stフルアルバム「演出家出演」に収録されたダンスチューン「シネマ」では観客が左右に手を振り一体感を演出。「ネオンと虎」では80年代ニューウェイブ・サウンドの進化型と称すべき音像を響かせ、成田の美しいピアノに導かれた「花」では、エモーショナルなバンドサウンドとともに大胡田が叙情的なメロディを歌い上げた。
そしてライブ中盤のハイライトは「脳内戦争」だった。メジャー1作目のミニアルバム「ONOMIMONO」に収録されたこの曲が演奏されたのは、2015年12月の日本武道館公演以来。ショルダーキーボードを持ち、ステージの真ん中でド派手なソロを弾きまくる成田をはじめ、メンバーが積極的に観客とコミュニケーションを取る姿も印象的だった。さらに「このままいくよ!」という大胡田の煽りとともに、和のテイストを取り入れた「とおりゃんせ」、パスピエの楽曲のなかでももっともアッパーなナンバー「フィーバー」などを披露。個性豊かな楽曲によって野音全体のテンションも一気に上がった。

「パスピエはもうすぐ結成10年。9年の間にライブハウスもやったし、フェスにも出させてもらったし、武道館みたいな大きい場所でもやって。そこに日比谷野外音楽堂が加わって本当に嬉しいです。初めの日がみなさんと一緒でよかったなって」(大胡田)
「自分たちとって“印象”は始まりの言葉。パスピエという名前自体が印象派の作品だし、以前やっていた対バンシリーズの名前も“印象A”から始まって。また今回、新しく始めるという意味を込めて“印象H”というライブをこんな素敵な場所でやれて嬉しいです」(成田)
という心のこもったMCを挟み、ライブは後半へ。「ON THE AIR」「裏の裏」「MATATABISTEP」と人気曲を次々と放ち、心地よい高揚感を生み出していく。さらに「毎日、音楽をやりながら私たちは生きていくので。またお会いしましょう」という言葉に導かれた「最終電車」、そして、観客の大合唱が響き渡った「S.S」も。大きな拍手と歓声に包まれ、本編が終了した。
アンコールでは、メンバーが改めて挨拶。「今日は大成功だと思います! しどろもどろになりそうなくらい、気持ちが高鳴ってます」(露崎)、「今日言いたいことは一個だけ。晴れてよかった! こんな最高なライブができてうれしいです」(三澤)、「外だと気持ちがオープンで優しくなれるよね。また一緒にライブしようね」(大胡田)という言葉からも、“初めての野音”に対する強い思いが伝わってきた。
「楽しくてテンション上がってるなか、調子に乗って新曲やってもいいですか?」(成田)と出来たばかりの新曲を披露。続いて新体制となって初めての作品「OTONARIさん」の収録曲「正しいままではいられない」によって、さらなる高揚感へとつなげた。最後はダブルアンコールの「ハイパーリアリスト」。パスピエの9年間のキャリアのなかで生み出された楽曲を解放的な空間のなかで堪能できた、大充実のライブだったと思う。

<写真クレジット>Yosuke Torii

パスピエ 野音ワンマンライブ “印象H”
2018.10.06.SAT 東京・日比谷野外大音楽堂

01 素顔
02 ヨアケマエ
03 贅沢ないいわけ
04 永すぎた春
05 チャイナタウン
M C
06 シネマ
07 ネオンと虎
08 トロイメライ
09 花
10 (dis)communication
11 脳内戦争
12 とおりゃんせ
13 蜘蛛の糸
14 フィーバー
15 マッカメッカ
M C
16 ON THE AIR
17 裏の裏
18 MATATABISTEP
19 最終電車
20 S.S

ENC.01
21 (新曲)
22 正しいままではいられない
ENC.02
23 ハイパーリアリスト

■リリース情報
パスピエ ミニアルバム「ネオンと虎」
2018年04月04日発売
ATLANTIC JAPAN / WARNER MUSIC JAPAN
【初回限定盤】  CD+グッズ  ¥2,500(本体)+税
<CD収録曲> ※全形態共通
1.ネオンと虎
2.マッカメッカ
3.Matinée
4.かくれんぼ
5.トビウオ
6.オレンジ
7.恐るべき真実
WPCL-12860  POS:4943674279326
グッズ:オリジナル・マルシェバッグ
※特殊パッケージ仕様

【通常盤】  CD  ¥1,800(本体)+税
WPCL-12859  POS:4943674279319

【P.S.P.E限定盤】  CD+グッズ  ¥3,500(本体)+税
WPCL-12861  POS:4943674279333
グッズ:オリジナル・T-シャツ
※特殊パッケージ仕様
※P.S.P.E限定盤は、パスピエ・オフィシャルファンクラブ「P.S.P.E」会員の方のみ購入いただける商品となります。

ダウンロード&ストリーミング配信
https://passepied.lnk.to/RjK7A

【関連リンク】
■パスピエ オフィシャルホームページ
http://passepied.info/

-イベント, 音楽
-

関連記事

TEMPURA KIDZ 100万再生突破し世界中で話題となったMV「CIDER CIDER」の続編「マスクマスク」をついに解禁!

全世界各地からオファーが殺到しているTEMPURA KIDZの新ミュージックビデオ「マスクマスク」が遂に公開。今ミュージックビデオは12月26日からスタートするLUMINEの年末年始キャンペーンタイア …

1月23日、YMO40周年リイシュー企画の第二弾『パブリック・プレッシャー』『増殖』アナログコレクターズ版の仕様詳細公開!

イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の結成40周年記念再発プロジェクト「YMO40(ワイエムオーフォーティー)」のオフィシャル・サイト上で、2月27日発売予定の第2回発売分2タイトル『パブリック …

緑黄色社会、映画「初恋ロスタイム」主題歌「想い人」 本日配信限定リリース&時が止まる、緊張感漂うMVを公開!

男女混成バンド “リョクシャカ”こと緑黄色社会が、9月20日に全国公開される映画「初恋ロスタイム」のために書き下ろした楽曲「想い人」が、本日遂に配信限定でリリースとなった。 小林壱誓(Gt)が作曲した …

THE RAMPAGE 初の全国アリーナツアー完走! 前回のツアーから2倍の24万人を動員!

16人組ダンス&ボーカルグループ THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが今年2月から開催している自身初のアリーナツアー「THE RAMPAGE LIVE TOUR 2019 &#8 …

スカパラ×尾崎世界観(クリープハイプ)シングル発売記念 尾崎世界観とスカパラオフショット公開!

ゲストボーカリストに尾崎世界観(クリープハイプ)を迎えた東京スカパラダイスオーケストラの両A面シングル「爆音ラヴソング / めくったオレンジ」(2015年7月29日発売)。コラボ作品制作中にスカパラメ …

藍井エイル、ELISA、春奈るな、3歌姫が集結する絢爛なライブ開催決定!!

今をときめくアニソン界の3人の歌姫、<藍井エイル><ELISA><春奈るな>が集結する“リスアニ!CIRCUIT Vol.04”が、9/23(月祝)、新宿BLAZEにて開催されることが決定! 藍井エイ …