無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

「タジタジ」「でもバチバチ」AKLO とZORN がジョイントツアーファイナルで着火

イベント 音楽

AKLO とZORN によるジョイントツアー「A to Z Tour 2018」の東京公演が8 月24 日(金)に東京・LIQUIDROOM にて開催された。水戸、大阪、名古屋、仙台、新潟を回った両者の最終公演はもちろん完売御礼。場内は超満員となり、熱気に包まれた。

先攻はZORN。1 曲目の「いい感じ」から観客から大合唱が巻き起こる。この熱気にZORN は「見た感じ、今日も男臭い感じですね」と笑う。そして「女子だけ声聞かせてください」とコールアンドレスポンスを煽るがやや控えめな反応。続いて男性の声を求めると、女子の100 倍くらい大きな声援が戻ってくる。これにZORN は「男子校だ。じゃあ校歌、いきます」と「My Life」を歌った。さらに般若「最ッ低のMC」、NORIKIYO「Do My Thing」のリミックスを披露した。

中盤にdubby bunny がギターソロを披露すると、1 人目のゲストWEEDY が登場。「葛飾ラップソディー」「夕方ノスタルジー」をメロウに歌い上げた。そしてやや落ち着きを取り戻した会場を「まだまだお腹空いてるでしょ? ここからだぜ」と再びけしかけて「HUNGRY」を投下する。観客は左手にスマホを握り、右手でハンズアップ。全力でZORN にエネルギーを伝えた。さらにO.N.O(THA BLUE HERB)がプロデュースした「かんおけ」、初期のクラシック「奮エテ眠レ」「Dark Side」というファン垂涎のナンバーを披露した。

ZORN は今回のツアーについて「最初は(AKLO と)よそよそしい感じだったんですよね。でも6 公演してめっちゃ仲良くなりました」と語った。そして、ラストの「Letter」を歌い終えると「いまからめっちゃ顔濃い人が出てくるけど、ここが男子校だってこと教えてあげてください」とAKLO へ繋げた。

舞台転換などの時間はなく、すぐにAKLOが登場。ZORNとはまったく異なるスタイルのヒップホップだが、「DIRTY WORK」のイントロがかかると場内からは絶叫が上がった。驚異的なラップスキルでキラーチューンを乗りこなし、「今日はヤバいことになるな」と笑顔で客席を見渡す。「Getter」「The One」「MF Problem」とトラップのボムを立て続けにかましていくと、野太い男の声の合間に黄色い声援も混じりだす。だがAKLO は「まだバウンスが足りないですね。遠慮する必要ないです。みんなの周りに枠が見えます。そんなの関係ないんで(枠から)脱出しましょう」と話して「Outside the Frame」を歌った。さらに「HEAT OVER HERE」「Turn Up」「NEW DAYS MOVE」を連打。観客とAKLO は異様なテンションに投入していった。

 

AKLO は「ZORN のことはずっと好きでした。(ZORN は)今年活動しないと言ってたので無理かなと思ってたので、この『A to Z Tour』を実現できて本当に嬉しいです」と話す。さらに「俺はずっと(日本のヒップホップ)シーンを遠目に観てて、どうやったら気づいてもらえるのか混乱したりして、同じ空でも違うものを見てる感じでした。でもこうやってヘッズのみんなに喜んでもらえるようなことができるようになって本当に嬉しいです」と自身のストーリーを語り、JAY’ED を招いてクラシックの「サッカー」を歌った。AKLO とは盟友と言っても過言ではないJAY’ED。この「A to Z Tour」の最初の水戸公演には、観客としてAKLO を驚かせたという。

またAKLO は今回のツアーについて「勉強になった」と語る。「俺は過去を振り返るのはあまり好きじゃないけど、ZORN に『自分がどこから来たのか忘れちゃダメですよ』と何度も言われて。それで昔の曲を探してみたらこんな曲があったんです」と「RED PILL」を堂々とキックした。最初の「Let’s Get ItIn」から観客は大合唱。リリックにある通り、AKLO が「待ち望んでた展開」が繰り広げられた。さらに彼の原点とも言える「YOUR LANE」をパフォーマンスしてをステージをあとにした。

少しの間を置いてAKLO「McLaren」のイントロが。ついにAKLO とZORNが同じステージに立つ。1 コーラス目をAKLO、2 コーラス目をZORN が歌う。さらに2 曲目は究極のフロアバンガー「100」。もちろんJAZEE MINORも完全に仕上がった状態でステージに登場する。沸騰中の観客に水を撒き、サビでは全員にハンドクラップを促した。

このツアーですっかり関係を深めた二人。ZORNがAKLOの英語の発音を注意するおふざけを見せる。これにAKLOが「タジタジ」と笑うと、ZORNが「でもバチバチ」と踏んで返す。最高の雰囲気で次の曲「Backbone」へ。今度は1コーラス目をZORN、2 コーラス目がAKLO。さらにNORIKIYO も登場する。今回のツアーには仙台と新潟にもシークレットで参加しているNORIKIYO。実は今回のツアーが実現するきっかけになったのが、1 年前に開催された彼のワンマンで二人が出会ったことだった。そんな3 人は“ラップ・ゲーム・トライアウト”a.k.a「RGTO」で会場を揺らした。

最後は待望の「FUEGO」と「Walk This Way」をプレイして、最高のジョイントツアーの幕を下ろした。またテンションが上がったZORN は「今回のツアーで俺らめちゃめちゃ仲良くなっちゃったんですよ。あとで怒られるかもしれないけど言っちゃいます。追加公演します」と宣言。AKLO も次は今回のツアーで行けなかった土地でも開催することを匂わせた。追加公演の詳細は未定だが、この異様な熱気はまだまだ続くようだ。
(text:宮崎敬太)

カメラマンクレジット:Kenji.87

 

AKLO x ZORN「A to Z Tour 2018」

ZORN
01. いい感じ
02. Life Size
03. My Life
04. Life goes on
05. 最ッ低のMC REMIX
06. Do My Thing REMIX
07. 東京 Watch
08. Guitar Solo(Intro) / dubby bunny
09. 葛飾ラップソディー feat. WEEDY & dubby bunny
10. 夕方ノスタルジー feat. WEEDY & dubby bunny
11. HUNGRY
12. かんおけ
13. 奮エテ眠レ
14. Dark Side
15. Letter

AKLO
01. DIRTY WORK
02. Getter
03. The One
04. MF Problem
05. Outside the Frame
06. HEAT OVER HERE
07. Turn Up
08. NEW DAYS MOVE
09. Butterfly
10. サッカー feat. JAY’ED
11. Different Man / AKLO x JAY’ED
12. Under the Cliff feat. JAY’ED
13. RED PILL
14. YOUR LANE

AKLO x ZORN
01. McLaren
02. 100 feat. JAZEE MINOR
03. Backbone feat. NORIKIYO
04. RGTO feat. NORIKIYO
05. FUEGO
06. Walk This Way

-イベント, 音楽
-,

関連記事

エアボーン、通算3枚目となる最新作『ブラック・ドッグ・バーキング』2013年5月22日発売! 「さぁ、ボリュームを上げて、ビールの栓を開けて、お前の耳にロックンロールを注ぎ込んでくれ!」

オーストラリアのロックンロール野郎、エアボーンが、2013年5月22日に通算3作目となる最新作『ブラック・ドッグ・バーキング(原題: Black Dog Barking)』を発表する(US発売は5月2 …

flumpool、東京公演の振替日程を発表!

4月6日にライブDVD 『flumpool Live at YOKOHAMA ARENA!!「Snowy Nights Serenade〜心までも繋ぎたい〜」』をリリースしたflumpool。現在全国 …

ゴリラズ、7年ぶり5作目のアルバム『Humanz』を4月28日に全世界発売!

世界で最も成功を収めているヴァーチャル・バンド、ゴリラズ。ブラーのデーモン・アルバーンと世界的なコミック・アーティスト、ジェイミー・ヒューレットによる≪架空のメンバー・キャラクターを作り上げ、音楽面を …

踊れるJAZZバンドTRI4TH、LOSALIOSとの対バンイベントで渋谷クラブクアトロを大いに沸かせた!

SUMMER SONIC 2019、GREENROOM FESTIVAL’19、百万石音楽祭など全国各地大型フェスへの出演を次々に決め、大きな注目を集める踊れるジャズバンド、TRI4THが …

乗り込み!乗っ取り!!アイドル ベイビーレイズ、武道館前で布教活動!?

9月26日(水)にデビューシングル「ベイビーレイズ」をリリースする乗り込み!乗っ取り!!アイドル ベイビーレイズが、メジャーデビューに向けて乗り込み活動を加速中です。 普段、ポニーキャニオン1Fのイベ …

スカパラ、デビュー30周年決意のライブに後輩フジファブリックも登場!

東京スカパラダイスオーケストが6月12日に東京・台場のZepp DiverCityで『30th Anniversary Live「Are you ready for TOKYO SKA?」』を開催した …