無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

キスマイ最新シングル「君、僕。」10月3日発売決定!

音楽

8月10日にデビュー7周年を迎えたKis-My-Ft2が、通算22枚目となるシングル「君、僕。」を、10月3日に発売することがオフシャルサイトにて発表された。

 

初の5大ドームツアーを終えたKis-My-Ft2が、次なるステージへと動き出す。

今作シングルは、王道のPOPチューンとなるラブソング。

「君がいるから、僕がいるんだー」

楽曲には、デビュー7周年を迎え、7人グループとして今伝えたい想いも込められているという。

 

今回のツアーでドーム会場を白一色のペンライトに染めた彼らだが、今度はその白いキャンバスから、メンバーそれぞれのカラーが溢れ出していく。

きっと7人の個性(色)が集まってこそ、美しくそして大きな虹は生まれるはずだからー

そんなメッセージも込められたシングルとなっている。

 

 

<初回盤A>のDVDには、

「君、僕。」MUSIC VIDEOとメイキングドキュメントを収録。

 

<初回盤B>のDVDには、

デビュー記念日の8月10日に、メンバー7人だけで集まって行われた「KIS-MY-PARTY」の模様を特別収録。

 

<通常盤>には、

タイアップ曲(後日発表)含む新曲3曲を収録。

さらに、[bonus track]としてメンバーボイスメッセージも収録。

 

 

また、予約特典として、

初回盤A・初回盤B・通常盤の全3形態を予約の方に先着で、

「LIVE TOUR 2018 Yummy!!~you&me~ 先得スペシャルMOVIE」

が視聴できるシリアルナンバーと

ジャケットカード(メンバービジュアル)をプレゼントする。

 

詳しくは、各店舗・ECサイトまで

 

オフシャルサイト:https://avex.jp/kismyft2/

 

 

 

<シングル商品概要>
●発売日:2018/10/3
●タイトル:22nd SINGLE『君、僕。』

 

[CD+DVD] 君、僕。 <初回盤A>

¥1,600+税 AVCD-94185/B

【CD収録内容】

・君、僕。

・新曲A(タイトル未定)

【DVD収録内容】

・「君、僕。」MUSIC VIDEO

・「君、僕。」MUSIC VIDEOメイキングドキュメント

 

 

[CD+DVD] 君、僕。 <初回盤B>

¥1,600+税 AVCD-94186/B

【CD収録内容】

・君、僕。

・新曲B(タイトル未定)

【DVD収録内容】

・「KIS-MY-PARTY」

 

 

[CDシングル] 君、僕。 <通常盤>

¥1,000+税 AVCD-94187

・君、僕。

・新曲C(タイトル未定)

・新曲D(タイトル未定)

[bonus track] KIS-MY-VOICE

-音楽
-

関連記事

住岡梨奈の新曲が日台合作映画の初主題歌に決定!

2/26にリリースしたニューシングル「言葉にしたいんだ」がロングセールス中の住岡梨奈。彼女の新曲が日本と台湾合作映画「一分間だけ」の日本版主題歌に起用されることが決定した。 映画は、仕事が生きがいの女 …

Kalafina 今週5月9日(土)にフジテレビ「MUSIC FAIR」に出演決定!

2015年2月28日(土)、3月1日(日)に初となる日本武道館単独公演2daysに両日あわせて20,000人のファンを集結させた3人組女性ヴォーカルユニットKalafinaから5月13日(水)にニュー …

AZUと蒼井そらが仮想ライブ空間【SHOWROOM】にて初生配信決定!

AZUニューアルバム『Co.Lab』全曲試聴&全曲解説に特別企画も!! 1月14日に自身初のコラボレーションアルバムとなる全曲新曲のニューアルバム『Co.Lab』(コー・ラボ) をリリースするシンガー …

宮川愛李 ラジオ関西『第20回高校生マイクバトル』 企画で高校訪問

来年2020年2月9日に開催されるラジオ関西主催『第20回高校生マイクバトル』の一環として特別審査員の宮川愛李が11月11日(月)お昼休みと放課後に大阪と兵庫の高校を学校訪問し、校内放送とミニライブを …

Kalafina、新曲「君の銀の庭」リリースイベントに6,000人ものファンが集結!3曲を生披露!

ヴォーカルユニット『Kalafina』が11月10日(日)、新曲「君の銀の庭」リリースを記念したトーク&ライブイベントをラゾーナ川崎プラザ・ルーファ広場にて開催した! この日『Kalafina』は、大 …

日本語×ポップパンク、唯一無二の存在 UNMASK aLIVE が新作で達した新境地!

“ポップパンク”という言葉がライブハウスシーンに生まれたのはつい最近のことだ。一昔前は”西海岸系”という言葉がそれに近かったが、要は海外のメロディックパ …

Ads