無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

グラハム・ナッシュの最新作『オーヴァー・ザ・イヤーズ』から、「ティーチ・ユア・チルドレン」のビデオが公開。

動画 洋楽 音楽

“「ティーチ・ユア・チルドレン」を書いたのは、子供たちに教えることがたくさんあったからだ。逆に我々は親として、子供たちから学ぶこともたくさんあると信じる。ジェフ・シャーは私の歌詞を動画にするのに素晴らしい仕事をしてくれた。そして曲を今の環境の中で表現してくれた”とグラハム・ナッシュは語る。

なんと、初リリースから48年の時を経て、グラハム・ナッシュが描き下ろし、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの楽曲としてリリースした名曲「ティーチ・ユア・チルドレン」のミュージック・ビデオが制作され、公開された。

ビデオはこの楽曲を書いたグラハム・ナッシュの考え方が投影されたものだと言う。1960年代のアメリカにおける社会問題が、現代に投影される内容となっている。ビデオを制作したジェフ・シャーは高く評価されているアーティストで、描いた絵画を見事に動画化している。「ティーチ・ユア・チルドレン」は、1970年にアメリカでリリースされたクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのアルバム『デジャ・ヴ』に収録された1曲。グレイトフル・デッドのジェリー・ガルシアが弾く、ペダル・スティール・ギターのイントロが印象的で、上記のようにグラハム・ナッシュのメッセージが込められた曲である。シングルとしても、ビルボードのシングル・チャートで16位を記録している。グラハム・ナッシュの最新作『オーヴァー・ザ・イヤーズ』には、1969年2月に収録されたデモ・ヴァージョンも収録されており、聴き比べてみるのも興味深い。

 

「ティーチ・ユア・チルドレン」のビデオはこちら

 

【リリース】

アーティスト:グラハム・ナッシュ

タイトル:オーヴァー・ザ・イヤーズ

WPCR-18053/54

定価\2,600+税

 

<< 収録曲 >>

(Disc 1)

1            マラケッシュ行急行                         クロスビー、スティルス&ナッシュ

2            狂気の軍隊

3            イミグレーション・マン                  クロスビー&ナッシュ

4            ジャスト・ア・ソング(ビフォー・アイ・ゴー)                     クロスビー、スティルス&ナッシュ

5            ユースト・ビー・ア・キング

6            ベター・デイズ

7            シンプル・マン

8            ティーチ・ユア・チルドレン                         クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング

9            島の女                  クロスビー、スティルス&ナッシュ

10           ウインド・オン・ザ・ウォーター                  クロスビー&ナッシュ

11           僕達の家                            クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング

12           大聖堂                  クロスビー、スティルス&ナッシュ

13           時は流れても                     クロスビー、スティルス&ナッシュ

14           シカゴ/世界を変えよう

15           マイセルフ・アット・ラスト

 

(Disc 2)

1            マラケッシュ行急行- London, 1968

2            ホーシズ・スルー・ア・レインストーム- London, 1968

3            ティーチ・ユア・チルドレン- Hollywood, 1969

4            プリ・ロード・ダウン- Hollywood, 1969

5            僕達の家- San Francisco, 1969

6            ライト・ビトウィーン・ザ・アイズ- San Francisco, 1969 *

7            スリープ・ソング- San Francisco, 1969 *

8            シカゴ- Hollywood, 1970 *

9            マン・イン・ザ・ミラー- Hollywood, 1970

10           シンプル・マン- Hollywood, 1970

11           アイ・ミス・ユー- San Francisco, 1972

12           ユール・ネヴァー・ビー・ザ・セイム- San Francisco, 1972

13           ウインド・オン・ザ・ウォーター- San Francisco, 1975

14           ジャスト・ア・ソング(ビフォー・アイ・ゴー)- San Francisco, 1976

15           時は流れても- Oahu, 1980

*印以外は未発表デモ・ヴァージョン

 

アルバムの購入リンクはこちら

https://WarnerMusicJapan.lnk.to/grahamnashovertheyearsPu

 

【オフィシャル・サイト】

https://wmg.jp/graham-nash/

-動画, 洋楽, 音楽
-

関連記事

Plastic Tree東京キネマ倶楽部一週間公演も大盛況!追懐ライブDVD、いよいよ3/20発売!!

ロックを基軸にしながらも、雑多な音楽や時代をのみこみ進化し続けるバンド“Plastic Tree”。昨年末にリリースしたニューアルバム「インク」を引っ提げて全国ツアー中も終了し、3月11日から3月17 …

サカナクション サカナクションを解析した、異⾊の最新アーティスト写真公開!

初のベストアルバム「魚図鑑」をリリースするサカナクション。 「魚図鑑」という作品コンセプトに連動し、サカナクションのメンバー自身を解析するという独特なコンセプトのもと撮影された最新アーティスト写真が公 …

YeYe、コロナ禍の今の景色を切り取ったような新曲「祈り」のリリースが急遽決定。

江﨑文武(WONK)、川辺素(ミツメ)とのコラボレーション曲を経て、4 月にリリースした新曲「おとな」ではサウンド・プロデュースに TENDRE を迎え、BASI をフィーチャーし、ミュージックビデオ …

KREVAベストアルバム「K?」(ケイテン) 予約限定生産盤収録のレア音源とグッズが明らかに!

今年6月18日にソロデビュー10周年を迎え、同日にベストアルバム「K?」(ケイテン)を発売するKREVAが予約限定生産盤の全貌を明ら かにした。同日からZepp Namba Osakaを皮切りに、「1 …

吉本坂46 デビューシングル『泣かせてくれよ』 12月26日(水)CD発売決定!!!

このたび、秋元康氏プロデュースにより、乃木坂46・欅坂46に続く坂道シリーズ第3弾として結成された「吉本坂46」のメジャーデビューシングル『泣かせてくれよ』の発売が、2018年12月26日(水)に決定 …

PassCode 2月28日発売新作アルバムジャケット、収録内容詳細、告知トレーラーを公開

2017年発売したメジャーファーストアルバム『ZENITH』全国ツアー12会場16公演を全てSOLD OUTを果たし、益々期待が寄せられる2018年。その第一弾作品タイトルは『Locus』となったこと …