無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

THE BACK HORN 夏フェス会場限定で、超レアライブ音源・ビブスセットの発売が決定!

イベント 音楽

現在デビュー20周年アニバーサリーイヤー中のTHE BACK HORNが、今年の夏に出演するイベント会場限定で、ライブ音源付きビブスを販売することが発表となった。

THE BACK HORNの数ある楽曲の中から、フェスやイベントで人気の高い楽曲を聴くことによって、THE BACK HORNをまだ聴いた事がない人にも会場で一緒にで盛り上がってもらうためのアイテム!音源は昨年10月に日比谷野外大音楽堂にて開催された、『KYO-MEIワンマンライブ~第三回夕焼け目撃者~』のライブ音源の中から、「コバルトブルー」「声」「美しい名前」「刃」の4曲をプレイパス/PlayPASSによってダウンロードもしくはストリーミングで聴くことが出来る仕組みとなっている。

また付属のビブスは、蛍光グリーンのボディの前面に20周年ロゴ、バックにもTHE BACK HORNのシンボルマークである“KYO-MEI”のマークがプリントされていて、夏フェスやライブハウスでバンドTシャツやイベントTシャツの上に重ね着していたら目立つこと間違いなし!

商品は7月28日(土)に出演するWILD BUNCH FEST.2018より販売され、ビブス+ライブ音源特典、全4曲で¥1,000(税込)という手に取り易い価格。THE BACK HORNの出演する夏フェスをオフィシャルサイトでチェックして、是非会場で手にとってみよう!

【商品情報】
2018年 夏フェス限定!ライブ音源特典(PLAY PASS)・ビブスセット
■内容:ビブス(color:蛍光グリーン)/ PLAY PASSコード付きうちわ
■収録曲
コバルトブルー(Live at 日比谷野外大音楽堂)
声(Live at 日比谷野外大音楽堂)
美しい名前(Live at 日比谷野外大音楽堂)
刃(Live at 日比谷野外大音楽堂)
■値段:¥1,000(税込)
■発売日:2018年7月28日(土)~ ※夏フェス会場限定発売

[THE BACK HORN 20th Anniversary特設サイト]
http://www.thebackhorn.com/feature/20th_anniversary/

【夏フェス “ライブ音源特典付きビブス” 販売会場】
7月28日(土)WILD BUNCH FEST.2018
8月12日(日)rockin’on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018
8月19日(日)MONSTER baSH 2018
9月01日(土)RUSH BALL 2018 20th Anniversary
9月08日(土)風とロック芋煮会 2018 KAZETOROCK IMONY学園
9月09日(日)TREASURE05X 2018 “HEARTS OF THE TREASURE”
9月16日(日)MASTER COLISEUM ’18 ~お前の心に火ぃ着けたろか~
9月22日(土)山人音楽祭 2018

THE BACK HORN 20th Anniversary
「ALL TIME BESTワンマンツアー」~KYO-MEI祭り~
<2018年>
10月01日(月)新宿LOFT
10月05日(金)札幌ペニーレーン24
10月13日(土)盛岡Club Change WAVE
10月14日(日)KESEN ROCK FREAKS
10月19日(金)浜松窓枠
10月21日(日)米子AZTiC laughs
11月08日(木)京都磔磔
11月10日(土)金沢EIGHT HALL
11月11日(日)長野club JUNK BOX
11月17日(土)高松MONSTER
11月18日(日)高知X-pt.
11月30日(金)名古屋ダイアモンドホール
12月08日(土)福岡DRUM LOGOS
12月15日(土)なんばHatch
12月16日(日)広島クラブクアトロ
12月21日(金)水戸LIGHT HOUSE
12月23日(日)仙台Rensa

<2019年>
01月11日(金)桜坂セントラル
01月13日(日)鹿児島CAPARVO HALL

[ツアーファイナル]
2019年2月8日(金)東京 日本武道館

【THE BACK HORNプロフィール】 (L→R)
岡峰光舟  Kohshu Okamine : Bass
山田将司  Masashi Yamada : Vocal
菅波栄純  Eijun Suganami : Guitar
松田晋二  Shinji Matsuda : Drums

1998年結成。“KYO-MEI”という言葉をテーマに、聞く人の心をふるわせる音楽を届けていくというバンドの意思を掲げている。
2001年シングル『サニー』をメジャーリリース。FUJI ROCK FESTIVALやROCK IN JAPAN FESTIVAL等でのメインステージ出演をはじめ、近年のロックフェスティバルでは欠かせないライブバンドとしての地位を確立。そしてスペインや台湾ロックフェスティバルへの参加を皮切りに10数カ国で作品をリリースし海外にも進出。
黒沢清監督映画『アカルイミライ』(2003年)主題歌「未来」をはじめ、紀里谷和明監督映画『CASSHERN』(2004年)挿入歌「レクイエム」、乙一原作『ZOO』(2005年)主題歌「奇跡」、アニメ『機動戦士ガンダム00』(2007年)主題歌「罠」、水島精二監督映画『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the trailblazer-』(2010年)主題歌「閉ざされた世界」、熊切和嘉監督とタッグを組み制作した映画『光の音色 –THE BACK HORN Film-』など、そのオリジナリティ溢れる楽曲の世界観から映像作品やクリエイターとのコラボレーションも多数。
2012年に、激動の一年を経て制作されたアルバム『リヴスコール』を発表。その収録曲「世界中に花束を」は、収益金が震災復興の義援金として寄付されている。
2017年は第一弾シングルとして宇多田ヒカルとの共同プロデュース楽曲「あなたが待ってる」、第二弾シングルとして「孤独を繋いで」、さらに、ベストアルバム『BEST THE BACK HORN Ⅱ』をリリース。秋には6年振り3度目となる日比谷野外大音楽堂のワンマンライブと、恒例のスペシャルイベント『マニアックヘブン』を初めてツアーとして開催。
バンド結成20周年を迎える2018年は、インディーズ期以来となるミニアルバム『情景泥棒」をリリース。
2018年10月からは結成20周年を締めくくるアニバーサリーツアー THE BACK HORN 20th Anniversary 「ALL TIME BESTワンマンツアー」~KYO-MEI祭り~の開催が決定している。

■インフォメーション
THE BACK HORN オフィシャルサイト: http://www.thebackhorn.com/
THE BACK HORN オフィシャルTwitter: https://twitter.com/THEBACKHORNnews/
THE BACK HORN YouTube オフィシャルチャンネル:https://www.youtube.com/user/thebackhornch

-THE BACK HORN CLUB-銀河遊牧民:http://fc.thebackhorn.com

-イベント, 音楽
-

関連記事

石崎ひゅーい、スペシャ列伝100回記念ライブでクリープハイプとの対バンを発表!

先日、年末に対バンツアー‘石崎ひゅーいTOUR2014『石崎ウォーズ 〜シンガーソングライターの逆襲〜』’の開催を発表した、石崎ひゅーいが、昨日新宿LOFTにて行われたスペースシャワーTV主催イベント …

J(LUNA SEA)と難波章浩-AKIHIRO NAMBA-(Hi-STANDARD)、日本のロックシーンにおいて最重要ベーシストが対決!!

LUNA SEAのJ、そして、Hi-STANDARDの難波章浩という90年代のロックシーンに絶大な影響を与えた二大ベーシストが競演する奇跡のイベントが、2013年3月30日、新木場スタジオコーストにて …

DEPAPEPE、Autumn Live Tour 2019ファイナル東京品川インターシティホールにて無事終了!

10月12日(土)福岡スカラエスパシオから始まった、アコースティックギターデュオDEPAPEPE、”Autumn Live Tour 2019″。福岡、大阪、名古屋、北海道とま …

MAMAMOO、日本1stアルバム「4colors」を引っ提げた 来日ツアーが大盛況の内に終了!

今年の6月19日でデビュー5周年を迎えたMAMAMOO(ママム)。4月19日、20日、21日の3日間行われた韓国公演を皮切りに、4月27日のシンガポール、6月15日、16日の台湾を回り、最後はツアータ …

【スガ シカオ】うたまっぷレビュー掲載!:メジャー復帰への決意を込めた入魂の新曲ダブルA-SIDEシングル「アストライド/LIFE」

5月21日にスガシカオのダブルA-SIDEシングル「アストライド/LIFE」が発売になった。スガは2011年の独立以来、メジャー、インディーズの枠組みにとらわれずアグレッシブに活動をおこなってきたが、 …

宮脇詩音、流暢な中国語でKiroroの「未来へ」をカヴァー

アーティストの宮脇詩音が、インスタグラムにて公開した、Kiroroの『未来へ』の中国語カバー動画に注目が集まっている。 これは、先月8月26日に、中国・常州にて開催された『2017年アジアパワーブロガ …