無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

話題のスーパー・バンド「R+R=NOW」のデビュー盤がついにリリース。CDの裏のメッセージの日本語訳を公開

イベント 洋楽 音楽

第17回東京JAZZでの来日公演も決定しているロバート・グラスパーやテラス・マーティンらによる6人組バンド、「R+R=NOW」(アール・プラス・アール・イコールズ・ナウ)のデビュー・アルバム『コラージカリー・スピーキング』が名門ブルーノートより6月15日発売となった。

CDの裏面にはバンドからのメッセージが記されている。日本語訳はこちら
俺たちは、何かしら意味があって、何かを動かすアートを作りたいんだ。そして、俺たち自身と俺たちの世界を反映しているサウンドを作りたい。
俺たちが見てきたもの、そして見ていきたいもの全てに応えるサウンドを。俺たちの存在意義はそんなアートを作り、変化をもたらせること。俺たちの先祖と未来のためのトーチを持つために結成されたのだ。俺たちが真実を伝えるときがきた。
REFLECT(じっくり考える)+RESPONSE(応える)=NOW(いま)

また、billboard-japan.comに掲載されている最新インタビューでロバート・グラスパーは以下のように語っている。
「このバンドの命題は、ありのままの自分を率直に表現するということなんだ。それをやることによって自分たちの祖先に敬意を示し、感謝の念を表すことになる。というのも、俺たちがいまこうしてありのままの自分でいられるのは彼らの存在があったからだしね。つまり、ありのままの自分でいるということは自分たちよりも前に生きた人々に対して自動的に『ありがとう』と言ってるのに等しいんだ。彼らの存在なくして、ありのままの俺たちは存在できないんだよ」。

そしてR+R=NOWを取り巻くメンバーや関係者を網羅したR+R=NOW相関図【監修:柳樂光隆(Jazz The New Chapter) / イラスト:yuki ohama】を音で聴くことのできるプレイリストも公開となったhttps://lnk.to/_RRNOW

R+R=NOWのメンバーは、『ブラック・レディオ』でジャズに革命をもたらせたロバート・グラスパー、ケンドリック・ラマーのグラミー受賞作『To Pimp A Butterfly』などを手掛けジャズとヒップホップを繋ぐ現代最重要プロデューサー/サックス・プレイヤーのテラス・マーティン、ロバート・グラスパー・エクスペリメントやブルーノート・オールスターズのメンバーでもあるデリック・ホッジ、エスペランサのバンドで活躍しロバート・グラスパー・エクスペリメントにも起用されたジャスティン・タイソン、カリスマ・トランペッターの/チャン・スコット・アトゥンデ・アジュアー、そして「Don’t Worry, Be Happy」で有名なボビー・マクファーリンを父に持ち、DJ、ビートボクサーからプロデューサー、シンガーと多彩な顔を持つテイラー・マクファーリンという、いまのニュー・ジャズ・サウンドのムーヴメントのリーダーでグラスパー曰く、「selfish」(自分勝手)じゃなくて「selfless」(無私)な6人。

■リリース情報
R+R=NOW『コラージカリー・スピーキング』
発売日:6月15日発売
品番:UCCQ-1085
価格:¥2,700(税込)
CD・配信・ストリーミングはこちら https://lnk.to/R_R_NOW

〈収録曲〉
01. チェンジ・オブ・トーン Change Of Tone
02. アウェイク・トゥ・ユー  Awake To You
03. バイ・デザイン By Design
04. レスティング・ウォリアー Resting Warrior
05. ニーデッド・ユー・スティル feat. オマリ・ハードウィック Needed You Still feat. Omari Hardwick
06. カラーズ・イン・ザ・ダーク  Colors In The Dark
07. ザ・ナイト・イン・クエスチョン feat. テリー・クルーズ The Night In Question feat. Terry Crews
08. リフレクト・リプライズ feat. スターリー Reflect Reprise feat. Stalley
09  彼女=現在 feat. アマンダ・シールズ HER=NOW feat. Amanda Seales
10. レスポンド Respond
11. ビーン・オン・マイ・マインド feat. アンバー・ナヴラン  Been On My Mind feat. Amber Navran
12. リフレクト・リプライズ – MC Rob G ヴァージョン / Reflect Reprise – MC Rob G Version *
*日本盤のみボーナス・トラック

(パーソネル)
ロバート・グラスパー(keys, rhodes)
テラス・マーティン(sax, vocoder, keys)
クリスチャン・スコット(tp)
デリック・ホッジ(b)
テイラー・マクファーリン(synth)
ジャスティン・タイソン(ds)ほか

■R+R=NOW来日公演
・ビルボードライブ東京
2018年8月28日(火)
1st ステージ 開場17:30 開演18:30
2nd ステージ 開場20:30 開演21:30

billboard live公式HP
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11067&shop=1

・ビルボードライブ大阪
2018年8月29日(水)、30日(木)
1stステージ開場17:30 開演18:30
2ndステージ開場20:30 開演21:30

billboard live公式HP
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11006&shop=2

・第17回東京JAZZ
R+R=NOW 出演日:2018年9月1日(土)
場所:NHKホール
※詳細は下記にてご確認ください
東京JAZZ公式HP
http://www.tokyo-jazz.com/

■リンク
ユニバーサル ミュージック公式ページ
http://www.universal-music.co.jp/rrnow/
ユニバーサル ミュージック ストア
http://store.universal-music.co.jp/product/uccq1085
R+R=NOW facebook
https://www.facebook.com/ReflectRespondNOW/
R+R=NOW instagram
https://www.instagram.com/reflectrespondnow/
R+R=NOW twitter
https://twitter.com/rflectrspondnow

■R+R=NOW:プロフィール
R+R=NOWのメンバーは、『ブラック・レディオ』でジャズに革命をもたらせたロバート・グラスパー、ケンドリック・ラマーのグラミー受賞作『To Pimp A Butterfly』などを手掛けジャズとヒップホップを繋ぐ現代最重要プロデューサー/サックス・プレイヤーのテラス・マーティン、ロバート・グラスパー・エクスペリメントやブルーノート・オールスターズのメンバーでもあるデリック・ホッジ、エスペランサのバンドで活躍しロバート・グラスパー・エクスペリメントにも起用されたジャスティン・タイソン、カリスマ・トランペッターの/チャン・スコット・アトゥンデ・アジュアー、そして「Don’t Worry, Be Happy」で有名なボビー・マクファーリンを父に持ち、DJ、ビートボクサーからプロデューサー、シンガーと多彩な顔を持つテイラー・マクファーリンという、豪華6人。

バンド名のR+R=NOWとは「Reflect+Respond=NOW」を意味しており、「時代を反映させることはアーティストの責務である」というニーナ・シモンの有名な言葉にインスパイアされて生まれた。この新グループについてグラスパーは、「全員それぞれのサウンドは全く異なるが、俺たちは皆、同じコンクリート・ガーデンからやってきた。とても誠実で、流動的なサウンドになる。ヒップホップ、EDM、ジャズ、時にはレゲエも聴こえるような。お互いをとてもリスペクトしているから、俺たちは常に相手にパスを出すことができるんだ」とコンセプトを説明している。

アルバムには俳優からラッパー、DJ、ヴォーカルなど多彩なゲストも参加している。

(ゲスト・メンバー)
オマリ・ハードウィック:Omari Hardwick(俳優:50 cent製作総指揮の米TVドラマ『POWER/パワー』主演など)
テリー・クルーズ:Terry Crews(元NFLアメリカン・フットボール選手、現俳優:米ドラマ『ブルックリン・ナイン-ナイン』、映画『エクスペンダブルズ』などに出演)
スターリー:Stalley(ラッパー:リック・ロスに見出されたラッパー35歳)
アマンダ・シールズ:Amanda Seales(コメディアン、女優、DJ)
アンバー・ナヴラン:Amber Navran(ムーンチャイルドの女性ヴォーカル)
ゴアペレ:Goapele(女性シンガーソングライター)
ヤシーン・ベイ:Yasiin Bey (fka Mos Def)(ヒップホップ・アーティスト、俳優、モス・デフ)

R+R=NOWは、アルバム発売して直後、アトランタ(ヴァラエティ・プレイハウス、6月15日)、ワシントンDC(DCジャズ・フェスト、6月16日)、ブルックリン(セレブレイト・ブルックリン、6月22日)でライヴを行い、その後、世界各地のフェスをはじめ、夏にはヨーロッパ・ツアーを開催。8月末には第17回東京JAZZへの出演をはじめとする日本でのツアーも決定しており、現在(いま)の音を奏でるスーパー・バンドのライヴは見逃せない。

-イベント, 洋楽, 音楽
-

関連記事

Hi-Fi CAMP、TOKYO FM「 KIRIN BEER GoodLuck” LIVE」初出演が決定!グループ解散前の最後のメディア生出演&生ライブを見逃すな!!”

6月4日仙台darwin公演を持ってグループの解散が決定しているHi-Fi CAMP。本日5月22日にラストオリジナルアルバム「LIFE GOES ON」をリリース、7月3日に初のベストアルバム「んで …

アン・マリーのデビュー・アルバムがUK初登場3位!エド・シーランと共作の「2002」ミュージック・ビデオ公開に!

幼少期に空手の世界大会で優勝経験もある、イギリスの空手歌姫ことアン・マリー! クリーン・バンディットの爆発的大ヒット・シングル「ロッカバイ」にてゲスト・シンガーに起用され世界中から注目されるシンガーと …

THE BAWDIES、通算10枚目のシングル「SUNSHINE」な風景ジャケ写完成!スペースシャワーTV「THE BAWDIES A GO-GO!!」も9月10日オンエア決定!

THE BAWDIESがNEWシングルをリリース!というニュースが先日発表され、最新作を待ち焦がれていたファンを中心に大きな話題となった。バンドとしても1年4か月ぶり、通算10枚目のシングル作品となる …

異色の4ボーカルバンドBuZZ、初LIQUIDROOM単独公演で新曲2曲をサプライズ発表!

4ボーカルバンドBuZZが29日、恵比寿LIQUIDROOMで単独公演を行い、新曲2曲をサプライズ発表した。  親指と小指を立てて振りながら踊る「シャバダンス」でBuZZの真骨頂とも言える軽快なファン …

FTISLANDがこの夏、約1年振りとなる全国アリーナ・ツアー開催を発表!

韓国出身5人組ロックバンド、FTISLANDが3月10日(日)、大阪・オリックス劇場においてファンクラブ会員限定イベント「FTISLAND Official Fanmeeting 2013」を行った。 …

川谷絵音率いるindigo la End が2018年11月より全国8箇所を巡るワンマンツアー「1988」の開催を発表!

indigo la Endが2018年11月より全国ワンマンツアーを開催することを発表した。 ツアータイトルは川谷絵音の生まれ年でもある「1988」。 indigo la Endはこのツアーで11月1 …