無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

やはりハイライトはあの曲。ミネアポリスで行われたプリンスの追悼コンサート・レポート。

イベント 動画 洋楽 音楽

4月20日、プリンスの命日の前夜、プリンスの追悼コンサート、“プリンス:ライヴ・オン・ザ・ビッグ・スクリーン」がプリンスの故郷、ミネアポリスのターゲット・センターで行われた。このコンサートはプリンスのリマスターされた未発表の音源や映像を体験できるのが最大の売り物である。様々な人種、年齢層の約7,000人のファンが会場に集まった。会場の一角となるフェンスにはファンから、プリンスへのメッセージ時の数々が掲載されていた。

コンサートは現地時間の8時20分にスタート。紫のコスチュームを身にまとったホーン・セクション5人を含む、バンド・メンバーが登場。メンバー紹介こそなかったものの、ザ・ニュー・パワー・ジェネレーションに在席していたメンバーが中心となっていたようだ。コンサートのタイトルのように、ステージ中央の大スクリーンにプリンスが映し出され、コンサートはスタート。サブ・スクリーンがステージの右と左にも設置されていた。「レッツ・ゴー・クレイジー」、「デリリアス」、「1999」と大ヒット曲を惜しげもなく、ステージ上の生演奏に合わせて、プリンスは熱唱してゆく。スクリーンのプリンスが「Clap Your Hands(手を叩いて)」といえば、オーディエンスは手を叩き、プリンスが手を左右に振れば、オーディエンスも手を左右に振る。

コンサートの中盤では、マイケル・ジャクソンの「今夜はドント・ストップ」を歌うプリンスが見られた。プライベートではマイケルとプリンスは親しかったということだが、驚きの選曲。この日のハイライトは、ザ・ニュー・パワージェネレーションに在籍していたシェルビー・Jがオーディエンスに「“私たちはプリンス愛してる”って聞かせて、プリンスのレガシー、人生を祝いましょう」と語りかけ、始まった「ナッシング・コンペアーズ・トゥ・ユー(愛の哀しみ)」。サプライズ・シングルとして配信になったばかりのこの曲はシェルビーが生前のプリンスとステージでデュエットしていたため、その映像がスクリーンに流れ、また実際のステージ上でも、生バンドに合わせてデュエットが行われ、とても感動的だった。

Credit: Paisley Park Studios/Steve Parke

 

iTunes Storeでは23日よりデジタル版シングルの配信をスタート。

iTunes Storeはこちら

https://itunes.apple.com/jp/album/1372837552?app=itunes&at=10l6Y8

※ iTunes Store は米国及びその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

 

デジタル配信はこちら

https://princejapan.lnk.to/nc2uPu

さらにピアノの弾き語りライヴをするプリンスの珍しい映像も流され、「ビューティフル・ワン」、「ダイアモンド・アンド・パールズ」という至極のバラードも披露された。コンサートの終盤は「KISS」で大いに盛り上がり、そして誰もが待ち望んでいた最後の曲に向けて、紫のスモークがステージを包み込む。生前のプリンスが使っていたと思われるラヴ・シンボルのマークを施したマイク・スタンドがこの曲のためにステージ中央に置かれる。バンドの奏でるイントロに続き、スクリーンのプリンスが「パープル・レイン」を熱唱し、紫の紙吹雪がオーディエンスの上から舞い、2時間10分のコンサートが終わりを告げた。

今回のライヴだが、全編にわたってスクリーンのプリンスが歌うというのは、正直想定していなかった。おそらく数曲はそういった趣向があるものの、プリンスゆかりのミュージシャンや豪華ゲスト・ミュージシャンがプリンスの楽曲を演奏すると思っていたからだ。結果的には、プリンス・ファンが大変満足できるライヴになったと思う。まさにこのコンサートを見る限り、プリンスの魂は今もミネアポリスにあると感じさせられた。(文責、写真、ワーナーミュージック・ジャパン)

 

【関連リンク】

プリンス・エステートのオフィシャル・サイト

https://www.princeestate.com

Prince HitNRun

www.PrinceHitNRun.com

Prince2Me

www.Prince2Me.com

プリンス オフィシャルページ

https://wmg.jp/artist/prince/

未発表映像となるプリンス&ザ・レヴォリューションのリハーサル映像

-イベント, 動画, 洋楽, 音楽
-

関連記事

チャットモンチー、映像ベスト『BEST MONCHY 2 -Viewing-』に収録された2005年から2018年のレアなライブ収録内容の全容を発表!

今年7月に完結し、10月にラストワンマン武道館公演の映像作品『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~』をリリース、その翌週には音源ベストアルバム …

会員数60万人超えのアイドル育成アプリゲーム「Tokyo 7th シスターズ」より、「777☆SISTERS」の1stシングル「僕らは青空になる」の予告動画が公開!

iOS/Android向けアイドル育成リズム&アドベンチャーゲーム・Tokyo 7th シスターズのユニット・777☆SISTERSの1st Single「僕らは青空になる / FUNBARE☆RUN …

いま最もホットな女性DJデュオNERVO、今夏リリースのファーストアルバムから新曲4曲のMVが一気に公開!

いま、名実ともにトップに君臨するオーストラリア出身の女性DJデュオ、NERVO(ナーヴォ)。 ダンスミュージックの聖地 IBIZAを毎年熱狂させ、世界の名だたるビッグフェスのメインステージ等をロック。 …

FTISLAND AUTUMN TOUR 2014 To The Light” スタート!“季節のように変化し、さまざまなジャンルに挑戦していくグループになりたい””

韓国出身のバンドグループFTISLANDが10月16日のTokyo Dome City Hallを皮切りに、10月15日リリースの14thシングル「To The Light」を引っ提げ、「FTISLA …

坂本冬美のニューアルバム12月5日に発売決定!!タイトル:猪俣公章生誕80周年記念「ENKAⅢ 〜偲歌〜」

坂本冬美が演歌の名曲をカバーするENKAシリーズ第三弾は、今年が生誕80周年となる恩師・猪俣公章の作品から10曲をセレクトして、現代版にリニューアルしたカバーアルバムとなった。 坂本冬美が、これまで影 …

アシガルユース 10/26にカー用品店「ジェームス」CMソングに起用された新曲「ビューティースノー」配信決定!

大阪を拠点に活動する、ルックスと音楽性のギャップが武器のロックバンド“アシガルユース”。その外見からは想像もつかない繊細な歌詞とキャッチーなメロディで着実に支持を集め、バラエティに富んだ楽曲や声質の異 …