無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

プリンスが歌う「ナッシング・コンペアーズ・トゥ・ユー(愛の哀しみ)」、4月20日より配信開始!

洋楽 音楽

プリンスの命日の前日となる4月20日より、彼が遺した楽曲の中でも非常に象徴的な名曲の一つでもある「ナッシング・コンペアーズ・トゥ・ユー(愛の哀しみ)(原題: Nothing Compares 2 U)」のオリジナル・ヴァージョンの配信が開始となった。

今回初めてリリースされることとなったこの未発表オリジナル・ヴァージョンは、今やクラシックとも言える90年発表のシニード・オコナーによるヴァージョンや、プリンス本人がライヴでこの曲をプレイするよりも前となる1984年にレコーディングが行われていた音源だ。

エデン・プレイリーにあるフライング・クラウド・ドライヴ・ウェアハウスにて、プリンスの作品を長く手掛けてきたエンジニア、スーザン・ロジャーズによってレコーディングが行われたこの楽曲は、プリンス本人によって書き上げられ、アレンジされ、そしてほぼ全ての楽器も本人が演奏したものとなっており、バッキング・ヴォーカルとしてスザンナ・メルヴォワンとポール・ピーターソンが参加している。また、エリック・リーズもこのオリジナル・トラックでサックスをプレイしている。

この未発表オリジナル・スタジオ・レコーディング・ヴァージョンは、4月20日よりストリーミング/デジタル配信がスタート、また7インチのアナログ盤も5月25日に発売が予定されている。

音楽業界のおけるA&Rエグゼクティヴにしてプリンスの専門家、そしてプリンス・エステートの正式な記録保管人でもあるマイケル・ハウは、このヴァージョンに関してこのようにコメントしている。

「1984年時代の一覧を作成している時に、この2インチのマルチトラック・リールを発見したんだ。床まで落ちてしまった顎をまず元に戻してから、そのリールを運びだし、状態を分析して、Studerの24トラックに取り込み、そこに入っていた音源を24bit/192kHzでデジタル化した。私達が行った非常にラフなミックスですら、ここに収録されている音源は本当の意味で素晴らしく特別なものである、というのを感じさせるものだったよ」

「プリンスが書き、他のアーティストがパフォーマンスした楽曲の中でも、1990年のシニード・オコナーによる“ナッシング・コンペアーズ・トゥ・ユー」ほど世界中のチャートを席巻し、文化的にも非常に大きなインパクトを持つ曲は他にはないだろうね。だからこの楽曲の作者でもあるプリンス本人がレコーディングしたこのオリジナル・ヴァージョンは、その文脈から見ても、とてつもない価値があるものだ」

なお、この楽曲のビデオ・クリップでは、こちらも未発表映像となるプリンス&ザ・レヴォリューションのリハーサル映像がフィーチャーされている。この楽曲がレコーディングされた1984年の夏、同じくエデン・プレイリーのウェアハウスで行われていた彼らのコレオグラフィの練習を行なっている模様をフィーチャーしたこちらのビデオ・クリップは、アンドレア・ジェラルディンとルース・ホグベンが監督を務めている。この映像を見れば、プリンスがいかなる時もアーティストとしての自身と真摯に向き合っていたという事実を感じ取ることができるだろう。

© The Prince Estate.  Photographer: Nancy Bundt

 

iTunes Storeでは本日よりデジタル版シングルの配信をスタート。

iTunes Storeはこちら

https://itunes.apple.com/jp/album/1372837552?app=itunes&at=10l6Y8

※ iTunes Store は米国及びその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

デジタル配信はこちら

https://princejapan.lnk.to/nc2uPu

またこの貴重な音源のリリース・タイミングに合わせ、プリンスのオフィシャル・オンライン・ストア、Prince HitNRun(www.PrinceHitNRun.com)も再び立ち上がり、この「ナッシング・コンペアーズ・トゥ・ユー(愛の哀しみ)」のピクチャー・7”アナログ・シングルを限定で販売することが決定している。このオンライン・ストアでは、限定盤ピクチャー・ディスク・シングルに加え、数々のプリンス・オフィシャル・グッズが入手可能となっている。なお、通常の7”アナログ盤シングルは5月25日に一般店でも発売になるという。

加えて、世界中に存在するプリンスのファンが様々な体験を共有できるようになる新たなウェブサイト、Prince2Me (www.Prince2Me.com)もスタートする。このサイトでは、プリンスの言葉を使って自分自身のメッセージを作成できたり、写真や映像などが多く掲載されている。このサイト上で作成したメッセージは各自のSNSでも共有でき、Twitter上でハッシュタグ#Prince2Meもしくは#NothingCompares2Uと共にそのメッセージをシェアすると、プリンスのラヴ・シンボルの絵文字を使えるようになるという。

さらに、このPrice2Meサイトに加え、プリンス・エステートのオフィシャル・サイト(https://www.princeestate.com)上にプリンスが遺した幅広いカタログの数々をまとめたディスコグラフィを公開、音源の試聴や写真、ビデオ、コメントなどを掲載したこのディスコグラフィは、新旧のプリンス・ファンにとって非常に有効な情報源となるだろう。

Limited Edition 7” picture disk and black vinyl tracklisting and credits:

  1. NOTHING COMPARES 2 U (EDIT VERSION)                       [4:12]
  2. NOTHING COMPARES 2 U (FULL LENGTH VERSION)              [4:40]

Recorded in July 1984 at Flying Cloud Drive Warehouse, Eden Prairie, MN

Mixed by Tony Maserati at Mirrorball Studios, North Hollywood, CA

Assistant mix Engineer: Tyler Scott

Written, Arranged, Performed and Produced by Prince

Saxophone by Eric Leeds

Backing Vocals by Susannah Melvoin and Paul Peterson

Engineered by Susan Rogers

■楽曲・アーティストに関するお問い合わせ

ワーナーミュージック・ジャパン ストラテジック本部 JP_st.pro@warnermusic.com

【プリンス オフィシャルページ】

https://wmg.jp/artist/prince/

-洋楽, 音楽
-

関連記事

TUBEの春畑道哉、Jリーグ25周年記念盤の発売日までカウントダウンスタート!特設サイトにてサッカーを愛する著名人からのメッセージを毎日公開!

TUBEのギタリスト・春畑道哉(TUBE)が、Jリーグ25周年を記念して制作したオフィシャルテーマソングの新バージョンを収録した「J’S THEME」25周年記念アルバムを8月22日に発売 …

70年代末ポスト・パンク・シーン最重要バンド、ザ・ポップ・グループ復刻盤アルバムと未発表音源収録のコンピレーションを発売!さらに史上初の単独来日公演が決定!

英ポスト・パンク〜ニュー・ウェーヴ・シーンを代表するバンドであり、70年代末から80年代初頭にかけての短い活動期間にロック史に残る名盤を送りだした伝説的なバンド、ザ・ポップ・グループの初単独来日公演が …

「24時間戦えますか!?」BiS前代未聞24時間耐久インストアイベントに挑戦!!大阪ワンマンライヴも開催決定!!

“エモい”アイドルBiSが、7/18(水)発売のメジャーデビューシングル「PPCC」の発売を記念して、7/20(金) 正午12:00〜7/21(土)正午12:00にかけて、ドン・キホーテ新宿店にて前代 …

水曜日のカンパネラ、Apple Music期待のアーティストを特集するスペシャルプログラム「Up Next」に選出!!

水曜日のカンパネラが、定額制音楽配信サービスApple Music の、さらなるブレイクが期待されるアーティストを月に一組特集するスペシャルプログラムである「Up Next」に選出された。今までには、 …

10万人超動員の全国ツアー『D-LITE D’scover Tour 2013 in Japan 〜DLive〜』6/18(火)熱狂の横浜アリーナファイナル公演!

昨年は全世界12ヶ国21都市48公演という初のワールドツアーで80万人を動員し、ここ日本においても東京・大阪・福岡の3大ドームを含む全6都市19公演で45,5万人を動員するなど、日本および全世界を熱狂 …

THE CHERRY COKE$ が最新アルバム『THE ANSWER』収録曲から2本目のMV「Gypsy Moon」を公開!

6月13日に約3年半振りとなる通算8枚目のオリジナルアルバム『THE ANSWER』をリリースしたTHE CHERRY COKE$。リリースまでの3年半はメンバーチェンジを経験するなどバンドとして大き …