無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

ジュンスカ、デビュー30周年記念究極のベストアルバム! “まさか”のジャケット写真が解禁‼

イベント 音楽

ジュンスカデビュー日の5月21日にリリースされるジュンスカ初のオールタイムベストアルバムのジャケット写真がついに公開された。

デビューアルバム「全部このままで」のジャケットを30年の時を超えて、同じスタジオ同じシチュエーション、同じカメラマンで完全再現し、ファン感涙のジャケット写真となる。

カメラマンは、巨匠・写真家大川直人。数十年ぶりの再会にスタジオは、高揚感に包まれ撮影は、スタートした。ボーカル宮田和弥は、「まさか、30年後、こんなことが実現するなんて、当時は想像もついていない。」と今回の撮影に際し、回想すれば、ベースの寺岡呼人も、「メジャーデビュー前の初めての撮影でカメラのレンズに向かって集中していた当時の自分がフラッシュバックしてきました。」と振り返った。

今回のベスト盤は、レーベルの垣根を越えてオリジナル音源が収録されるファン待望のアルバムで、さらに30年前に発表したインディーズ時代の名曲「言葉につまる」やバラードの名曲「休みの日」もリアレンジによるレコーディングが行われ、共に同じ時代を歩んできたファンを主人公とした新曲「One-Way」も収録される。ジャケット写真と合わせて、ジュンスカ30年の集大成なマスターピースアルバムが完成した。

また、ジャケット写真が公開された4月14日は、ジュンスカデビュー30周年を記念した初の中野サンプラザ公演(5月19日)のチケット一般発売もスタートした。

ベストオブベストなセットリストになるこの“ジュンスカ祭り”なスペシャルライブも注目される。

<ライブ情報>
MX ROCK 祭り JUN SKY WALKER(S)『ALL TIME BEST ~全部このままで~1988-2018』
公演日:2018年5月19日(土曜日)
会場:中野サンプラザ(東京)
開場/開演:16:45 / 17:30
券種/料金(税込) 前売:全席指定 ¥7,800
券種/料金(税込) 当日:全席指定 ¥8,300
*親子ペアチケット割引あり*当日会場にて「1組/4,000円」キャッシュバック*大人1名様につき、お子様1名様まで*お子様が高校生以下対象*要身分証明書提示
*未就学児入場不可*1公演につき4枚まで購入可

◇一般販売
4月14日より発売
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード74750)
http://l-tike.com/search/?lcd=74750
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:115-213)http://w.pia.jp/t/junskywalkers-t/
イープラス http://eplus.jp/jsws/
主催:TOKYO MX
企画:J(S)W XXX PROJECT
制作:Z+ MUSIC
制作協力:interblend

<リリース情報>
JUN SKY WALKER(S) デビュー30周年記念究極のベストアルバム!
『ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018』
2018年5月21日発売
初回生産限定盤(3CD+DVD):MUCD-8121~24 ¥4,500+税
通常盤 (3CD):MUCD-1408~10 ¥3,500+税
レーベルの垣根を越え、オリジナル音源をリマスタリングして収録する、ジュンスカ史上初のオールタイムベストアルバム!!ファン感涙のデビュー記念日にリリース!

■初回生産限定盤(3CD+DVD)
MUCD-8121~24
4,500円+税
■通常盤 (3CD)
MUCD-1408~10
3,500円+税

◆CD収録曲◆
初回・通常共通となります。
DISC1/2にはベストソングに加え、「愛しい人よ」「休みの日」「言葉につまる」のリアレンジバージョン、+新曲1曲の計30曲を収録。サウンドプロデュースはONE OK ROCKなどを手掛けるakkin。
さらにDISC3には最新プレミアムライブ音源10曲を収録。(レア楽曲含む)30周年のマスターピースなアイテムが完成!
DISC1 
1. 全部このままで (1988.05.21 「全部このままで」より)
2. MY GENERATION (1988.05.21 「全部このままで」より)
3. いつもここにいるよ (1988.05.21 「全部このままで」より)
4. すてきな夜空 (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)
5. 声がなくなるまで (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)
6. 明日が来なくても (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)
7. 歩いていこう (1989.06.21 「歩いていこう」より)
8. 風見鶏 (1989.06.21 「歩いていこう」より)
9. 砂時計 (1989.06.21 「歩いていこう」より)
10. エルマーの夢 (1989.06.21 「歩いていこう」より)
11. 白いクリスマス (1989.11.21 「白いクリスマス」より)
12. Let’s Goヒバリヒルズ (1990.06.28 「Let’s Go Hibari-hills」より)
13. START (1991.02.21 「START」より)
14. メロディー (1991.02.21 「START」より)
15. 僕を灰に (1991.02.21 「START」より)
16. スケッチブック (1991.11.15 「TOO BAD」より)
17. ロマンチック (1992.11.11 「STAR BLUE」より)
18. 時の列車 (1994.05.21 「DAYS」より)

DISC2 
1. さらば愛しき危険たちよ (1995.05.21 「nine」より)
2. ユア・ソング (1996.07.01 「EXIT」より)
3. HEAVY DRINKER (2012.01.18 「B(S)T」より)
4. 青春 (2012.04.25 「LOST&FOUND」より)
5. NO FUTURE (2012.04.25 「LOST&FOUND」より)
6.  虹 (2013.02.13 「FLAGSHIP」より)
7.  アニバーサリー (2013.02.13 「FLAGSHIP」より)
8. 希望の詩 (2015.11.18 「BACK BAD BEAT(S)」より)
9.  愛しい人よ ~2018ver. ~
10. 休みの日 ~2018ver. ~
11.  言葉につまる ~2018ver. ~
12. One-Way  ☆新曲

DISC3
JUN SKY WALKER(S) COUNTDOWN LIVE 29/30 XXX
(2017/12/26.27 @渋谷Lamama)
01 カギは誰が (2017/12/27)
02 だから自由はここにある (2017/12/27)
03 カステラ (2017/12/26)
04 JACK&BETTY (2017/12/26)
05 誓いを立てて (2017/12/27)
06 EVE&LOVE  (2017/12/27)
07 遠くへ行かないで (2017/12/26)
08 BAD MORNING  (2017/12/27)
09 その日まで (2017/12/27)
10 ロックンロール☆ミュージック (2017/12/26)

 ◆DVD収録曲◆ 初回限定盤のみ。
Live TOMATO JUN SKY WALKER(S)  (C) tvk
#113 1988.12.31 OA
Live TOMATO SPECIAL’ 88-‘ 89 at 新宿コマ劇場
1. 全部このままで
2. いつもここにいるよ
3. だけど一人じゃいられない
4. ガラスの街
5. SUICIDE DAY
6. ひとつ抱きしめて
7. すてきな夜空
8. MY GENERATION
#133 1991.11.26 REC
Live TOMATO at 日清パワーステーション
1. START
2. つめこんだHAPPY
3. 風見鶏
4. だから自由はここにある
5. ひとつ抱きしめて
6. エンジェル

 ★通常盤特典★
発掘!本邦初公開!ジュンスカにとって最後の原宿ホコ天となる
超貴重映像特典付き!
※指定のAR読み取り専用アプリを使用した動画特典となります。
2018年1月24日発売
デビュー30周年記念移籍第一弾アルバム発売!
JUN SKY WALKER(S)「BADAS(S)」
MUCD-1404 ¥3000+税

 <収録内容>
1. ベイビー!逃げるんだ。
作詞・作曲:忌野清志郎・仲井戸麗市
2. リンダリンダ
作詞・作曲:甲本ヒロト
3. NO.NEW YORK
作詞:深沢和明 作曲:布袋寅泰
4. 魂こがして
作詞・作曲:石橋凌
5. Hello, my friend
作詞・作曲:松任谷由実
6. ゴキゲンRADIO
作詞・作曲:森山達也
7. 楓
作詞・作曲:草野正宗
8. FADE AWAY
作詞・作曲:大江慎也
9. あなたに
作詞:上江洌清作 作曲:MONGOL800
10. 星になれたら
作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿・寺岡呼人

 プロフィール≫
JUN SKY WALKER(S)
宮田和弥(Vo.&Harp)
森純太(Gt.)
寺岡呼人(Ba.)
小林雅之(Dr.)
(L→R 森、寺岡、宮田、小林)

1980年、自由学園の学生だった宮田和弥(Vo)、森純太(G)、伊藤毅(B)、小林雅之(Dr)によって結成。
1980年代後半、原宿ホコ天で爆発的人気を得る。1988年、2月に伊藤が脱退し、1988年、弟がメンバー達の後輩だったことでJ(S)Wを知り、スタッフとして協力していた寺岡呼人が新しくベーシストとして加入。同年5月21日トイズファクトリーよりミニアルバム『全部このままで』でメジャーデビュー。1989年、日比谷野外音楽堂(4/23)での初ワンマンライブ。同年6月21日発売のアルバム『歩いていこう』がオリコンチャート3位を獲得する。この年、日本武道館でライブを行う。デビューから武道館までの史上最短記録となる。
1989年日本武道館(2/26,27,28)1990年、6月28日に発売されたミニアルバム『Let’s Go ヒバリヒルズ』がオリコンチャート2位、11月21日に発売されたシングル「白いクリスマス」がシングルオリコンチャート1位を獲得する。
1990年、グリーンスタジアム神戸(7/28)、西武球場(7/31)、名古屋深井広場(8/3、4、5)でアリーナクラスのコンサートを次々と行う。
1991年2月21日に発売したアルバム『START』が初のアルバムオリコンチャート1位を獲得する。
1997年6月14日に一度解散したが、2007年に期間限定で再結成し、2012年に完全復活を遂げる。略称はジュンスカ、J(S)W。
2018年デビュー30周年を迎え、レーベルをドリーミュージックに移籍。

■JUN SKY WALKER(S)30周年スペシャルサイトhttp://jswxxxproject.com/

-イベント, 音楽
-

関連記事

AAA、15周年イヤー突入! “Black or White”の世界観を表現した新曲「BAD LOVE」MV公開!

AbemaTVオリジナルドラマ『奪い愛、夏』の主題歌で話題のAAA(トリプル・エー)の新曲『BAD LOVE』のミュージックビデオが公開された。 主演の水野美紀や小池徹平、松本まりからが描く危険な“狂 …

EMI MARIA、人気モデル・田中里奈と若手人気俳優・細貝圭が出演した新曲ビデオクリップがYouTubeにて1日で1万再生と話題!

3月9日発売、ニュー・アルバム『BLUE BIRD』のリード曲「A.S.A.P.〜今すぐに駆けつけて」のビデオクリップ・ショートバージョンのYouTube視聴がスタートし、再生回数も早々に1万回を超え …

爆弾ジョニー、「日々ロック」で初の映画主題歌&12月Zeppワンマン決定!!

6/28にバンドの地元、札幌cube gardenを皮切りに、初のワンマンツアーをスタートさせている爆弾ジョニー。7/6(日)に渋谷CLUB QUATTROにて東京公演が行われ、詰めかけたファンを前に …

コレサワ「たばこ」のアンサーソング「恋人失格」配信決定!1stグラスも!?

覆面シンガーソングライター コレサワが、YouToubeの再生回数2,200万回を越えた人気曲「たばこ」のアンサーソング「恋人失格」を6月26日に配信リリースすることを発表した。  この曲は、コミュ障 …

Red Velvet、3月23日発売の「Ray」に初登場!カバービジュアル解禁!

BoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、EXOなどを輩出したSMエンターテイメント所属の5人組ガールズグループRed Velvet(読み:レッドベルベット)。   今年1月には …

May J.、鳥取のライブステージに登場。鳥取訪問により47都道府県を全てカバー!

7月25日に、累計100万枚を突破したMay J.のカバーシリーズで、2年4か月ぶり第4弾となるカバーアルバム『Cinema Song Covers』をリリースするMay J.。 7月15日、鳥取県イ …