無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

nujabesのDNAを受け継ぐ逸材として最もリリースが待たれた アーティスト/ビートメイカーの「FK」が長い沈黙を破りオリジナル楽曲をリリース。

音楽

膨大な音楽知識とアーカイヴを持ち合わせ、生前のnujabesが「僕が知り得る範囲でサンプリングを駆使する日本のアーティストでは彼以上のビートメイカーは見当たらない」と言っていた逸材にしてnujabesの描いた世界観の良き理解者でもあり、彼のDNAを受け継ぐ者の一人として最も作品のリリースが待たれたアーティスト、FK。

nujabesの主宰のレーベルhydeout productionsの旗艦店「tribe」のマネージャーとして抜擢され、nujabes「D.T.F.N」の12インチシングルのSide.Bに「Shades of Nostalgia」(同レーベルからはnujabes以外のアーティストによるオリジナル楽曲のリリースとしては初)が収録され、続いてtribeが立ち上げた同名のレーベルから7inchシングルをリリースその他リミックスワークやnujabesの急逝に伴うトリビュートアルバムにも参加。

そんなFKが長きにわたる沈黙を破り、nujabesが頑なに貫いてきた精神性や哲学を胸に新作をリリース。

自身のパーソナルな部分を色濃く映す作品の瑞々しさや鮮度を失わないためにも完成からリリースまでの時間と行程を極限にまでそぎ落とすべく、マスターから直接1枚づつアナログカッティングしていくという、超限定生産のヴァイナル・ダブプレート「Straight Out Cutting Series」をスタート、その第一作目のデジタル版のリリースとなるのが本作「Meaning of Blue」である。

絶妙かつ透明感のあるジャズ・サンプルを何層にも折り重ね、彼ならではのソリッドかつファットなビートをあしらったインストルメンタルチューンとなるこの「Meaning of Blue」は、nujabesの影響を色濃く感じさせながらも彼の持つ独自のセンス・スキルを存分に感じさせるポスト・ジャズヒップホップとも言うべきシネマティックなアレンジ〜空間処理が聴き手を瞬時に音の世界に誘う。

膨大なヴァイナルコレクション、そしてnujabesとの音を通じたコミュニケーションにより自身の世界観を深めて来た彼が見つめる「過去〜現在〜未来」を示唆するかのようなメタフォリカルミュージックが長い熟成期間を経てここに完成。

心より音楽を愛する人達に聴いて欲しい作品です。

FK「Meaning of Blue」
品番| SOCS1
リリース| 7inch (Limited dub cutting) / Digital
レーベル| rockwell product shop
発売日| 2018.04.11

FK
ビートメイカー・DJとして活動。
Hip Hopのビートメイキングを通じて、レアグルーヴを起点に様々な音楽と出会いスピリチュアルジャズをはじめとした人の心象世界を描く音楽に傾倒。
2003年よりnujabes主宰のhydeout productionsによるオフィシャル・ショップ「tribe」のスタッフとして務める傍らソロ楽曲リリース、リミックス、各種イベントでのDJ等で活躍。
nujabes急逝に伴いリリースされたトリビュート・アルバムにも参加。
以後、楽曲制作、リミックス・ワーク、DJプレイを通じて、ディープなグルーヴとイマジネイティブなサウンドを共存させた世界観を表現し続けている。
2005 – Shades Of Nostalgia (B/W nujabes/D.T.F.N) – 12inch Vinyl – hydeout productions
2007 – Context to the Water – 7inch – tribe
2008 – Thirdiq – Beyond The Fields FK’s Memory Lane Remix (Remix Work) – 7inch – tribe
2010 – ORB & YZE & Mozest Lateef – Smooth Transition (Remix Work) – CD – Shamrock / Vuestro Records
2010 – Another Reflection (Seaside Dusk In Kamakura Rework) – CD – hydeout productions
2013 – Don’t Hold Ya Breath FK Remix (Remix Work) – 12inch – tribe
2013 – haruka nakamura – Soar,The Sun,Fragrance Like Home(Beat Programming) – CD – hydeout productions
2013 – Lex (de Kalhex) – Full Cycle [Alt. Take by FK](Remix Work) – CD – Rockwell Product Shop

-音楽
-

関連記事

GRAPEVINE、ニューアルバム発売記念「厳選MV10本」LINE LIVE配信!

本日ニューアルバム『ROADSIDE PROPHET』がリリースとなったGRAPEVINE。そのリリースを記念し、9月8日21:00より「GRAPEVINE 10 music videos」がLINE …

AZUMA HITOMI×漫画家 西島大介とのコラボキャラを初グッズ化!ワンマンライブで販売決定

6月25日に1年2か月ぶりのニューアルバム『CHIRALITY』(キラリティ)をリリースするAZUMA HITOMIが、その2日後に開催するワンマンライブの会場で漫画家 西島大介とのコラボグッズを販売 …

中島美嘉「バイオハザード?:リトリビューション」日本版主題歌に決定!

大人気ホラーアクション3D映画「バイオハザード?:リトリビューション」(2012年9月14日日米同時公開)の日本版主題歌を中島美嘉が歌うことが決定しました!   映画「バイオハザード」と言えば、カプコ …

SHANK、9月30日にエイベックス内の新レーベルから新譜を発売!!!

長崎発のスリーピースBAND<SHANK>が9月30日にエイベックス内に立ち上げた彼らの新レーベル “BAiTFiSH RECORDS”(ベイトフィッシュ・レコーズ)からリリースする事を発表した。 タ …

TBS系オーディション番組「Sing!SingSing!」1stシーズングランプリの佐々木真央、人生初のワンマンライブ開催!!「感謝、ありがとう、より上の言葉が欲しいくらい、“ありがとう”!」

今年3月、ミニアルバム『佐々木真央』でデビューした、青森県田舎館村出身のシンガー・佐々木真央が、4月29日、人生初となるワンマンライブを東京・南青山MANDALAで開催し、アルバム収録曲をはじめ、カバ …

カーペンターズは英語教育に最適?人気英語講師のデイビッド・セインさんへのインタビューが公開

カーペンターズの17年ぶりの新作『カーペンターズ・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』が発売されたことを記念して、日本では英語の教材として学校や英会話教室でも取り上げられることが多いカーペンタ …