無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

12年前にリリースされたラムジ「PLANET」が中国大手配信サイトでエド・シーラン超えの大ヒット!

音楽

中国の大手音楽配信サービス、NetEase Cloud Music(網易雲音楽)の総合ウィークリーランキング(3/9-3/14)が発表され、日本人アーティスト、ラムジの「PLANET」が5位であることがわかった。これは、14位のザ・チェインスモーカーズ、26位のエド・シーランなど世界的人気アーティストをも上回る快挙である。また、3/14更新の人気J-POPアーティストランキングでは見事1位を獲得している。

「PLANET/ラムジ」は2006年6月にリリースされた楽曲であり、12年前のJ-POP楽曲がなぜ今中国でこんなに聴かれているのか。

一つの要因が”口コミ”だ。中国版Twitter Weibo(微博)でラムジに関する投稿を追っていくと 分単位でラムジに関する投稿を目にする。

特に多いのが「楽曲がいい、メロディが美しい」、「中毒性のあるメロディ」などといった楽曲への好意、そして歌詞についても多くの中国語訳がユーザーによって制作され、歌詞画像を投稿するユーザーも多く見られる。口コミが口コミを呼んで更に楽曲認知度が広がっている。

もう一つの要因は動画アプリでSNS映えする動画のBGMに使われているようだ。「SNS映えするBGM」としての中国の若年層を中心に好まれているようでPLANETをBGMにした動画が数多く投稿されている。美しいメロディーと切ない歌詞は自分の思い出動画からエモーショナルなSNS動画までに幅広くマッチングしているのかもしれない。

SNS時代に12年前の楽曲が現在の中国でヒットするという現象はサブスクリプションとSNSの発展だからこそ起こり得たものであろう。

今後も国境や時代を超えてSNSを通してヒットが生まれるか注目していきたい。

 

ラムジ「3ラムジ – EP」を聴く

https://avex.lnk.to/dlCwyWE

 

ラムジ:ボーカルの山下祐樹と井上慎二郎の2人からなる。2005年デビュー。2013年3月31日で解散。これまでに、シングル5枚、ミニアルバム2枚、アルバム2枚をリリース。

また、アーティスト楽曲提供もしており、代表曲として東方神起の「どうして君を好きになってしまったんだろう」などがある。

-音楽
-, ,

関連記事

松本伊代は今日、16だから〜デビュー30周年記念コンサートで30曲を熱唱!!結婚後初、約20年ぶりのワンマンライブを11/4(日)(=イイヨの日)に開催!

1981年(昭和56年)10月21日「センチメンタル・ジャーニー」で歌手デビュー。花の82年組アイドルのトップバッターとして現在まで活躍を続ける松本伊代が、デビュー30周年の記念コンサートを、11月4 …

TK from 凛として時雨、TVアニメ「東京喰種 トーキョーグール√A」最終話挿入歌に「unravel」スペシャルアコースティックバージョンを提供決定

初のベストアルバム「Best of Tornado」と、ニューシングル「Who What Who What」を1月14日にリリースし、オリコンウィークリーチャートで共に6位にランクイン。現在約2年ぶり …

植田真梨恵、活動10年記念ライブ発表!

3月25日、東京グローブ座でLazward Pianoツアーファイナルを迎えた植田真梨恵。そのアンコールのMCにて、活動10年を記念したアニバーサリーライブ、indies 10th ANNIVERSA …

日本のファンの為に!ジャスティン・ビーバー初のベスト盤リリース決定!

ジャスティン・ビーバーにとって2019年は、全米デビュー・シングル「ワン・タイム」が2009年にリリースしてから丁度10年のアニバーサリーイヤーとなる。このデビュー10周年を記念して、この度ジャスティ …

松井常松(ex.BOOWY)ソロ活動25周年!5年振りのソロアルバム「Reverie」が、12月24日リリース決定!本日よりアルバムダイジェスト”Reverie-digest”が超先行視聴スタート!!

今年ソロデビュー25周年を迎えた元BOOWYのベーシスト松井常松が、5年振りのソロアルバムをBOOWY解散記念日の12月24日に、BOOWYの1stアルバム『MORAL』以来の古巣であるビクターよりリ …

Honey L Days、新曲の特典生写真のビジュアルを初公開!メンバーのKYOHEI、ニューシングルへの想いを語る。

12月11日にリリースされるHoney L Days(ハニー・エル・デイズ)のニューシングル「涙のように好きと言えたら」の新ビジュアル3種類がオフィシャル・サイトで初公開された。 「涙のように好きと言 …