無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

「THEカラオケ★バトル コンサート IN 中野サンプラザ」に、カラオケ世界大会王者・海藏亮太が参戦決定!

音楽

■2018年4月14日(土)に中野サンプラザで開催される「THEカラオケ★バトル コンサート」の追加アーティストに、同コンサート初参戦となるカラオケ世界大会王者・海藏亮太(かいぞうりょうた)の出演が本日番組内で発表になった。去年の12月20日にリリースされた「THEカラオケ★バトル」のベストアルバム第3弾にも参戦している海藏亮太は、翠千賀、RiRiKA、宮本美季に並ぶ番組内TOP7の1人である。コンサートでもカラオケ世界大会王者の実力を発揮するだろう。

さらに、チケット申し込み番組2次先行も始まったのでこちらも要チェック!

■THEカラオケ★バトル コンサートとは?

2014年にスタートした元祖カラオケマシン採点番組「THE カラオケ★バトル」。堺正章がオーナーを務める日本一ゴージャスなカラオケボックスに、各界一流の歌のプロや全国の歌うまシンガーたちが集い、自慢の歌声を競い合う番組。2016年春に初めて番組を飛び出して相模大野グリーンホールでコンサートを開催。

2016年11月以降、福岡を皮切りに、岡山、東京・府中の3都市でコンサートツアーを実施し、2017年6月には東京ドームシティーホールにて開催。6会場目となる今回は2018年4月、中野サンプラザで開催決定。

今後も番組同様目が離せない。

■THEカラオケ★バトル コンサート IN 中野サンプラザ
日程:2018年4月14日(土)
出演者: 城南海、翠千賀、RiRiKA、宮本美季、海藏亮太、U-18選抜.
場所:中野サンプラザ 〒164-0001 東京都中野区中野4丁目1番1号
料金:全席指定 ¥6,000(税込)
【昼の部】開場12:00/開演13:00
【夜の部】開場16:00/開演 17:00
注意事項:※2歳以下のお子様は入場不可。大人・子ども同一料金 ※転売禁止
チケットのお問い合わせ:
ポニーキャニオン ライヴエンタテインメントDiv.

電話番号 03-5521-8077 平日/13:00~18:00
※イベント内容・抽選に関するお問い合わせは、受けかねます。

  • チケット申し込みについて

番組2次先行

受付期間:2018年1月17日(水)~1月23日(火)23:59

当落発表:1月25日(木) 18:00以降

詳しくはコンサート特設ホームページ http://a.ponycanyon.co.jp/karaoke-concert/nakano/

-音楽
-

関連記事

チケット6分で完売につき「ムックの日」プレミアライヴをUstreamで有料配信!

MAVERICK DC GROUP(マーヴェリック・ディー・シー・グループ、本社 東京都渋谷区、代表者 大石 征裕)およびUstream Asia株式会社(本社 東京都中央区、代表取締役社長 中川 具 …

ゲスの極み乙女。 大ヒット中の1stフル・アルバム『魅力がすごいよ』を引っさげての全国ツアー追加公演「ゲスでいこかvol.3」の開催が決定!

破竹の勢いで快進撃を続け、今勢いが止まらない4人組バンド、川谷絵音率いるゲスの極み乙女。 が大ヒット中の1stフル・アルバム『魅力がすごいよ』を引っさげてのバンド史上最大規模の全国ツアー14カ所19公 …

シングル「こどなの階段」で話題の南波志帆、初のフルアルバム「水色ジェネレーション」発売決定!!

作曲に山口一郎(サカナクション)、作詞に小出祐介(Base Ball Bear)を迎えた最新シングル「こどなの階段」(6月15日TOWER RECORDS限定販売)が話題となっている南波志帆ですが、初 …

中村一義、デビュー15周年プロジェクトに完全密着するドキュメント映像配信スタート!&アルバム発売日にはNOTTV生出演決定!

ソロ名義として約10年振りとなる待望のニューアルバム『対音楽』のリリースを7月11日に控えている中村一義。 また、今年9月からはじまるデビュー15周年記念ライブではBase Ball Bearやサニー …

羽生結弦とCHEMISTRYが氷上コラボレーション! 「ファンタジー・オン・アイス 2018」で夢の共演!!

2017年に待望の再始動を果たしたCHEMISTRY。 およそ15年ぶりに初代プロデューサー松尾潔氏をトータル・プロデューサーに迎え、11月15日に発売された再始動シングル「Windy/ユメノツヅキ」 …

和楽器バンド、3rd Single「細雪」のアートワークを公開!

和楽器バンドが11月14日に発売する3rd Single「細雪」のアートワークが公開された。 最新アルバム『オトノエ』のアートワークは、和楽器バンドの「陽」の部分を全面に表現したのに対し、今作では「和 …