無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

小田和正の書下ろし新曲「坂道を上って」が映画「坂道のアポロン」主題歌に大決定!!

TV・エンタメ 音楽

2018310日(土)全国公開の映画「坂道のアポロン」の主題歌を小田和正が担当することが明らかになった。

「坂道のアポロン」は第 57 回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!オンナ編」第 1位に輝いた、名作コミック「坂道のアポロン」が、単独初主演となる知念侑李、共演に中川大志、小松菜奈を迎え、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督(『ホットロード』 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)がメガホンを取る。

原作は、人気漫画家・小玉ユキにより「月刊 flowers」(小学館)にて連載された伝説的コミック。

アニメ化でもその音楽シーンの完成度の高さなどで話題を呼んだ、人気漫画の待望の映画化だ。

 共演には、ディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀、山下容莉枝、ジャニーズ Jr.SixTONESの松村北斗、野間口徹ら、実力派キャストが集結。

友情に、恋に、かけがえのない青春の日々に、胸躍るセッションが交錯する 10 年間を描いた、2018年春必見の感動作が誕生した。

この話題必至の映画「坂道のアポロン」の主題歌が小田和正の新曲「坂道を上って」だ。

古希を迎えてもなお、唯一無二の存在感で全世代に愛され続ける小田和正が同作のためだけに書き下ろした新曲。

作品に寄り添いながら、懐かしく、そして切なさが込み上げてくる、感涙必須な楽曲となっている。

ぜひ、映画館に足を運んで、小田の新曲もチェックしてほしい。

 

<プロデューサー(Cエンタテインメント 八尾香澄)コメント>

小田和正さんの紡ぐ、優しさや温かさ、心に深く刺さるストレートなメッセージがこの映画に必要だと感じ、オファーしました。

企画段階で、原作者の小玉ユキさんから連載中に聴いていたのが小田さんやオフコースの曲であった、というお話も聞いており、オファーするのはまさに運命だと感じておりました。

この映画に込めた”青春の喜び”と、10年、20年、50 年と残る一本にしたいという想いを伝え、快諾いただきました。

曲が完成し、初めて聴いたとき、メロディの美しさと歌詞の世界がまさに「坂道のアポロン」そのもので、驚き、感動し、思わず涙してしまいました。

是非映画館でエンドロールの最後まで楽しんでいただきたいです。

 

<小田和正コメント>

ボクの高校も海を見下ろす高台にあったので、やはり坂道を上って通っていました。

中学高校と6年間。で、この曲を書きながらその頃のあれこれを思い出すことになりました

参考までにと見せてもらった「坂道のアポロン」は素晴らしく、特に演奏の場面はスタッフの音楽に拘る気持ちが伝わって驚くほどの仕上がりでした。

自分の書く曲が映画制作に携わった人たち、見る人たちの想いに少しでもそうことが出来れば嬉しいです。 

 

<「坂道のアポロン」情報>

2018年3月10日(土)全国ロードショー

出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈 

真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹 中村梅雀 ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩

脚本:髙橋泉

原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊) 製作幹事:アスミック・エース、東宝

配給:東宝=アスミック・エース

制作プロダクション:アスミック・エース、CIエンタテインメント (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

公式サイト: http://www.apollon-movie.com/

公式twitter : @apollonmovie

公式FB : https://www.facebook.com/apollonmovie

 

<主題歌楽曲情報>

「坂道を上って」 作詞・作曲・編曲:小田和正 (アリオラジャパン)

 

<小田和正 メディア出演情報>

「クリスマスの約束2017

放送日時:TBS系列 12月25日(月)深夜23:40~25:25放送

出演:小田和正

ゲスト:(50音順)

熊木杏里、JUJU、スキマスイッチ(大橋卓弥、常田真太郎)、根本 要(STARDUST REVUE

松 たか子、水野良樹(いきものがかり)、和田 唱(TRICERATOPS

バンドメンバー:木村万作(ドラム&パーカッション)、栗尾直樹(キーボード)、稲葉政裕(ギター)、有賀啓雄(ベース)

ストリングス:金原千恵子(ファーストバイオリン)、吉田翔平(セカンドバイオリン)、徳高真奈美(ヴィオラ)、堀沢真己(チェロ)

スタッフ:

製作著作:TBS

制作協力:TBSビジョン

プロデューサー:阿部龍二郎 服部英司

演出:柴田猛司

 

<小田和正アルバム情報>

『あの日 あの時』 発売中

品番:FHCL-30053007

発売形態:3枚組 50曲収録

価格:\3,611(税抜) \3,900(税込)

 

<PROFILE>

1969年オフコース結成。

70年、プロとして音楽活動を開始、「愛を止めないで」「さよなら」「言葉にできない」などのヒット曲を発表。

82年には日本武道館連続10日間公演を実施。日本の音楽シーンに様々な記録を残しつつ、892月、東京ドーム公演を最後にオフコース解散。

その後、プロデュース活動を経てソロとしてアーティスト活動を再開。91年に発表したシングル「ラブ・ストーリーは突然に」は20万枚を超える大ヒット作となった。

映画やテレビ特番などの映像監督としても活躍し、これまでに「いつか どこかで」(92年)、「緑の街」(98年)の2本の映画監督作品を発表している。

2001年からは毎年12月に「クリスマスの約束」(TBSと題した音楽特番を放映し好評を博している。

2002年に発表したベストアルバム「自己ベスト」は、出荷数300万枚を越え、発売から足掛け11年で500週のランクイン(TOP300入り)を果たす史上初の快挙を成し遂げている。

2011420日、オリジナル・アルバム『どーも』発表。業界紙オリコンにてチャート1位を獲得。

5作連続、通算9作目のアルバム首位を獲得し、自身の持つアルバム最年長1位記録を更新。

同年実施した全国ツアー(5大ドーム8公演を含む)は、ソロアーティストとして最多の74万人を越える動員数を記録した

2016420日、オールタイムベスト「あの日 あの時」を発表。

アルバムを携え半年に渡り24ヶ所48公演で約34万人動員の全国ツアー『明治安田生命Presents KAZUMASA ODA TOUR2016「君住む街へ」 』を行った。

 

LINK

■小田和正スペシャルサイト:http://www.kazumasaoda.com

■オフィシャルサイト:http://www.fareastcafe.co.jp/

-TV・エンタメ, 音楽
-

関連記事

ハナレグミ・So many tears のどこまでいくの180分

茂木欣一(スカパラ・フィッシュマンズ)、加藤隆志(スカパラ・LOSALIOS)、そして柏原譲(フィッシュマンズ・Polaris)の3人による新バンドSo many tearsと、ハナレグミが共演するツ …

YouTube再生回数1億超え!“ブッコミ帝王”の異名を取るロシアの超絶ラッパー、ティマティによる世界デビュー・アルバムがついに上陸!!

世界に続き日本をも急速に進撃する“ブッコミ帝王”ことロシアの革命児、ティマティによる世界デビュー・アルバム『スワッグ〜ブッコミ帝王の逆襲〜』が、2月20日に発売となった。先行配信された世界進出第一弾シ …

Aimer、今年最初のインターネットライブは雪の降る街で開催!?

1度聞いたら忘れられない、深みのあるハスキーボイスが話題のアーティストAimer(エメ)。昨年9月のデビュー曲「六等星の夜」リリースから僅か半年足らずで、早くも3rd single「雪の降る街/冬のダ …

東京スカパラダイスオーケストが、銀杏BOYZのボーカル・峯田和伸を ゲストボーカルに迎えたコラボレーションNEW SINGLE、2018年2月に発売決定!

11月29日にシングル「白と黒のモントゥーノ feat.斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)」をリリースし、2017 ライブハウスツアー『涙後体前』とともに2017年を駆け抜けたスカパ …

ロイヤル・ウェディングに大抜擢された19歳のチェロ奏者シェク・カネー=メイソンの演奏に全世界が大熱狂。

5月19日の英国ロイヤル・ウェディングに大抜擢され見事な演奏を披露した19歳のチェリスト、シェク・カネー=メイソンが世界中で大反響を巻き起こしている。特にアメリカではiTunesの総合アルバム・チャー …

ギタリスト春畑道哉(TUBE)、明治安田生命の新作CM「みんなの健活体操 with Jリーグ」篇TVCMソングを担当

2019明治安田生命Jリーグ開幕にあわせ、2月22日から放送される明治安田生命の新CM「みんなの健活体操 with Jリーグ」篇のCMソングをTUBEのギタリスト春畑道哉が担当する。 CMソングには、 …