無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ、日本ツアー・ファイナル公演ライヴ・レポート

イベント 動画 音楽

世界を舞台に活躍するピアニストの上原ひろみと、南米コロンビア出身のハープ奏者エドマール・カスタネーダによるデュオ・プロジェクト、上原ひろみ×エドマール・カスタネーダが新作『ライヴ・イン・モントリオール』を携えて開催した「上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ LIVE IN JAPAN TOUR 2017」のツアー・ファイナル公演が、12月8日(金)にすみだトリフォニーホールにて開催した。

今回の日本ツアーはジャズクラブとコンサートホールの両方で開催(14日間・全23ステージ)され、コンサートホール公演では『ライヴ・イン・モントリオール』を録音した2017年6月30日のカナダ、モントリオール・ジャズ・フェスティヴァルと同じセットリストが披露された。

この日1,800枚のチケットは即日完売。会場にはエドマールを応援するためにコロンビアの手旗国旗を持参した観客の姿も見受けられた。ステージはエドマールのオリジナル「ア・ハープ・イン・ニューヨーク」からスタートしたが、アルバムを超える上原とエドマールのエネルギー量の高さに観客は冒頭から釘付けとなった。

最初のMCで上原は、「今年も世界津々浦々ツアーをしてきましたが、一緒に旅をしてくれた愉快な相棒を紹介します」とエドマールを紹介。エドマールもそれを受けて「また東京に戻ってこれて嬉しいです」と日本語でMC。続いて披露された「フォー・ジャコ」は、伝説のベーシスト、ジャコ・パストリアスのグルーヴを表現したいと書かれたエドマールのオリジナルで、エドマールはベースラインやハーモニーなどジャコを思わせるサウンドとグルーヴをハープから繰り出す。ハープの概念を覆す驚異的なプレイだった。一方の上原も、ピアノの弦の上にシェイカーを乗せ、ハープシコードのようなサウンドで熱いソロを取る。1台のピアノとハープからとは思えない、色彩豊かな音を生み出す二人のパフォーマンスに、会場のヴォルテージは早くも最高潮になった。

続いて披露された上原作曲のバラード「月と太陽」では、一転して場内は静寂に包まれ、上原とエドマールもひとつひとつのメロディーを慈しむように奏でていたのが印象的だった。映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』からの「カンティーナ・バンド」のカヴァーを挟んでソロ・コーナーへ。まずエドマールが「ジーザス・オブ・ナザレス」を、続いて上原が「ヘイズ」を披露した。

そしてステージはいよいよクライマックスへ。上原が「私がエドマールと出会ったのは、昨年の私がエドマールと出会ったのは、昨年のモントリオール・ジャズ・フェスティヴァルでした。そこで観たエドマールの演奏に衝撃を受け、その1ヶ月後にはブルーノート・ニューヨークで共演し、そこで今年一緒にツアーをまわることを決めました。ツアーをまわるにあたって、私が書いた曲を最後に演奏します。その曲は4曲からなる組曲で、それぞれのテーマが風・大地・水、そして…」と話すと、客席からは「炎!」と大きなコールが起こった。それを受けて披露された組曲『ジ・エレメンツ』では、そよぐ風や大地の鼓動、水の清らかさを思わせる豊かなサウンドスケープの中で繰り広げられる二人のインタープレイが圧巻だった。そして最後の「ファイアー」では、メーターが振り切れるくらい燃え上がる二人の圧倒的なパフォーマンスと、ステージから発せられる熱量に会場のヴォルテージもマックスとなった。

演奏が終了しステージを去った後もスタンディングオベーションをやめない観客に応えて、二人は再びステージへ。ラストはタンゴの巨匠アストル・ピアソラの名曲「リベルタンゴ」。終了後には再び客席全体でスタンディングオベーションが起こり、観客は2時間以上にわたり熱演に次ぐ熱演を繰り広げた上原とエドマールに惜しみない拍手を送った。

尚、上原ひろみはタップダンサーの熊谷和徳とのツアー「上原ひろみ×熊谷和徳 TOUR 2017 音よ舞え、魂よ踊れ」を、12月16日(土)より全国5か所(全6公演)で開催する。

写真クレジット: (c)Makoto Hirose

 

■ツアー情報

上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ LIVE IN JAPAN TOUR 2017

2017年12月8日(金) 東京・すみだトリフォニーホール

演奏曲目

  1. ア・ハープ・イン・ニューヨーク
  2. フォー・ジャコ
  3. 月と太陽
  4. カンティーナ・バンド
  5. ジーザス・オブ・ナザレス (エドマールSolo)
  6. ヘイズ (上原Solo)

ジ・エレメンツ

  1. エアー
  2. アース
  3. ウォーター
  4. ファイアー

Encore

  1. リベルタンゴ

 

■リリース情報

上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ 『ライヴ・イン・モントリオール』

2017年9月20日発売 TELARC

 

初回限定盤SHM-CD+DVD UCCO-8018  ¥3,300(税抜)、¥3,564(税込)

購入はこちら(特典:告知ポスター付)

http://store.universal-music.co.jp/product/ucco8018/

 

通常盤SHM-CD UCCO-1188 ¥2,600(税抜)、¥2,808(税込)

購入はこちら(特典:告知ポスター付)

http://store.universal-music.co.jp/product/ucco1188/

 

CD収録曲

  1. ア・ハープ・イン・ニューヨーク
  2. フォー・ジャコ
  3. 月と太陽
  4. カンティーナ・バンド
  5. ジ・エレメンツ “エアー”
  6. ジ・エレメンツ “アース”
  7. ジ・エレメンツ “ウォーター”
  8. ジ・エレメンツ “ファイアー”
  9. リベルタンゴ

初回限定盤DVD

・ジ・エレメンツ “ファイアー” (ライヴ・クリップ)

・ヘイズ (ライヴ・クリップ)

・ツアー・ドキュメンタリー

 

<パーソネル>

上原ひろみ: piano

エドマール・カスタネーダ: harp

★2017年、カナダ、モントリオール・ジャズ・フェスティヴァルにてライヴ録音

 

■映像リンク

[The Elements – Fire] Hiromi & Edmar Castaneda

 

[Trailer] Hiromi Duet featuring Edmar Castaneda

 

■ツアー情報

上原ひろみ×熊谷和徳 TOUR 2017 音よ舞え、魂よ踊れ

12月16日(土) NHK大阪ホール

12月20日(水)、21日(木) 東京・Bunkamuraオーチャードホール

12月23日(土) 名古屋・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

12月26日(火) 仙台電力ホール

12月28日(木) 倉敷市芸文館

詳細はこちら

http://www.hiromiuehara.com/tour2017/kumagai.html

 

■Links

上原ひろみ公式サイト

http://www.hiromiuehara.com/

上原ひろみスタッフTwitterアカウント

https://twitter.com/hiromispark

ユニバーサルミュージック上原ひろみサイト

http://www.universal-music.co.jp/hiromi-uehara

UNIVERSAL MUSIC STORE

http://store.universal-music.co.jp/fs/artist/c/uehara_hiromi

 

-イベント, 動画, 音楽
-,

関連記事

44MAGNUM、鹿鳴館。過去と現在が交錯する幻想の舞台。

カメラマン:西槙太一  2011年6月25日、目黒鹿鳴館。44MAGNUMの「POINT IS AREA44」ツアーファイナルが行われた。2月の新宿からスタートしたこのツアー。3月の東日本大震災により …

安室、ニューアルバムで初音ミクとコラボ決定!

安室奈美恵が今月10日に発売するニューアルバム「_genic(ジェニック)」に、衝撃のコラボレーションがあることを発表した。 コラボレーション相手は、なんとあのバーチャル・シンガー“初音ミク”。 同ア …

flumpool 5月22日発売の楽曲タイトルは「HELP」 LINE LIVEとのコラボ企画も発表。

Vo.山村隆太の病気療養からの復帰後初のファンクラブツアーを3月30日のZepp名古屋公演で終えたばかりのflumpoolの新たな情報が解禁となった。 すでに、5月22日(水)に約1年半ぶりのシングル …

BiS 、マナコ・チー・マナコのグループ脱退を発表

8月4日のTOKYO IDOL FESTIVAL 2019にてサプライズ出演し、活動が本格化した第3期BiSがグループからマナコ・チー・マナコが脱退することを発表した。 脱退の理由として、BiSとの方 …

Cellchrome 3/14リリース‼ 3rd Single「Everything OK!!」が「名探偵コナン」新オープニングテーマに決定!

2015年11月に結成され、名古屋を拠点に活動するロックバンド・Cellchrome。 Mizkiミズキ(Vo)、陽介(Gt)、ニワケン(Ba)、tatsuma(Drs)メンバー4人の地元・名古屋でラ …

オーストラリアの国民的ロック・バンド、そして日本のファンにもお馴染みの3人組、ザ・リヴィング・エンドが帰ってきた!

初来日から20年という記念の2019年にむけて、フロントマンのクリス・チェイニーは「ライヴの準備は出来てる。そして居酒屋“天狗”で食べて、日本のビールを飲むのさ、カンパイ! 日本が心から好きなんだ。す …