無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

R.E.M.『オートマティック・フォ-・ザ・ピープル』の全24分のメイキング・ドキュメンタリーを公開

動画 洋楽 音楽

R.E.M.の名盤『オートマティック・フォーザ・ザ・ピープル』が今年リリース25周年を迎え、新しくリマスターされたアルバムがさまざまなフォーマットで11月に発売され、この発売を記念して、新しい全24分のドキュメンタリー映像が公開された。

映像の中ではメンバーのマイケル・スタイプ、マイク・ミルズ、ピーター・バックやスコット・リット、そしてストリングス・アレンジャーを務めたレッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズなどの最新インタビューが収録され、名盤の製作の裏話が語られている。

=下記は公開されたドキュメンタリーからの本人達のコメント抜粋訳=
「文化的には、1992年のアメリカは居心地のいい場所ではなかった。僕らはロナルド・レーガン、ジョージ・ブッシュ、エイズなどでアメリカが政治的に最も暗い時代の12年間を経験していた。本作はそういったことに対する反応だったと思う。僕は喪失、変遷、死ー誰もが知っている一番大きな変遷 に関するアルバムを作りたかったんだ」
マイケル・スタイプ

「前作のアルバム『アウト・オブ・タイム』とシングル「ルージング・マイ・レリジョン」の成功によって、本作も世界が耳を傾けてくれると感じていた。そして、僕はとても自信を持ちパワフルにも感じたが、同時に非常に脆弱だった。ポップ・ミュージック界にいる一人として、自分自身を脆弱なものとして提示することはそれまでは実際に行われたことがまだ一度もなかった。バンドが美しい歌とそんなムードをもたらせてくれて僕は喪失と闇について書くことができたんだ。そして、それが功を奏したのさ」
マイケル・スタイプ

「曲は全てまとまり、マイケルの詞もうまくハマり、プロダクション、サウンド、さらにオーバーダブなど全てがこのアルバムにピッタリとハマったように思えたんだ」
マイク・ミルズ

「このアルバムと同じようなサウンドのレコードはあの年に他にはなかったんだ。そういったこともよかったと思うよ」
ピーター・バック

■R.E.M.『オートマティック・フォ-・ザ・ピープル』メイキング・ドキュメンタリー

■他YouTubeリンク
【閲覧注意】「ナイトスウィミング」 Rヴァージョン・ミュージック・ビデオ

『オートマティック・フォー・ザ・ピープル』25周年記念エディション・トレーラー

■リリース情報
R.E.M. 『オートマティック・フォー・ザ・ピープル 25周年記念エディション』デラックス・エディション3CD+BD(輸入盤)※限定盤
発売日:2017年11月10日 世界同時発売
価格:オープン・プライス
品番:720-2984

購入はこちら
http://store.universal-music.co.jp/product/7202984/

(収録曲)
CD 1 – Automatic For The People
1. Drive
2. Try Not to Breathe
3. The Sidewinder Sleeps Tonite
4. Everybody Hurts
5. New Orleans Instrumental No. 1
6. Sweetness Follows
7. Monty Got A Raw Deal
8. Ignoreland
9. Star Me Kitten
10. Man on the Moon
11. Nightswimming
12. Find the River

CD 2 – Live At The 40 Watt Club
1. Drive
2. Monty Got A Raw Deal
3. Everybody Hurts
4. Man On The Moon
5. Losing My Religion
6. Country Feedback
7. Begin The Begin
8. Fall On Me
9. Me In Honey
10. Finest Worksong
11. Love Is All Around
12. Funtime
13. Radio Free Europe

CD 3 – Automatic For The People Demos
1. Drive (demo)
2. Wake Her Up (demo)
3. Mike’s Pop Song (demo)
4. C to D Slide 13 (demo)
5. Cello Scud (demo)
6. 10K Minimal (demo)
7. Peter’s New Song (demo)
8. Eastern 983111 (demo)
9. Bill’s Acoustic (demo)
10. Arabic Feedback (demo)
11. Howler Monkey (demo)
12. Pakiderm (demo)
13. Afterthought (demo)
14. Bazouki Song (demo)
15. Photograph (demo)
16. Michael’s Organ (demo)
17. Pete’s Acoustic Idea (demo)
18. 6-8 Passion & Voc (demo)
19. Hey Love [Mike Voc] (demo)
20. Devil Rides Backwards (demo)

Blu-Ray Disc – Automatic For The People Blu-Ray

1. Automatic For The People (+ bonus track: Photograph) – Mixed in Dolby Atmos
2. Automatic For The People (+ bonus track: Photograph)  – Hi-Resolution Audio
3. Drive  (music video)
4. The Sidewinder Sleeps Tonite  (music video)
5. Everybody Hurts  (music video)
6. Man On The Moon (music video)
7. Nightswimming (music video – British version)
8. Find The River
9. Nightswimming (music video – R version)
10. Automatic Press Kit

R.E.M. 『オートマティック・フォー・ザ・ピープル 25周年記念エディション』 2CD(輸入盤)※限定盤
発売日:2017年11月10日 世界同時発売
価格:オープン・プライス
品番:720-2976

購入はこちら
http://store.universal-music.co.jp/product/7202976/

R.E.M. 『オートマティック・フォー・ザ・ピープル 25周年記念エディション』 LP(輸入盤)※限定盤
発売日:2017年11月10日 世界同時発売
価格:オープン・プライス
品番:720-2983

購入はこちら
http://store.universal-music.co.jp/product/7202983/

iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1279558264?app=itunes&at=10I3LI

『オートマティック・フォー・ザ・ピープル』とは?
史上最高のロック・アルバムの1枚として広く認められている『オートマティック・フォー・ザ・ピープル』は R.E.M.の8枚目のスタジオ・アルバム。ニューオリンズからシアトル、ホームタウンのアセンズ、さらにはマイアミまでさまざまなロケーションでのセッションから生まれた1枚。ローリング・ストーン誌が選出したオールタイム・グレイテスト・アルバム500にもランク・イン。 レッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズが4曲でストリングス・アレンジメントで参加。1992年10月にリリースされ全英チャート1位、全米チャート2位を記録し、1800万枚の世界セールスを上げた。
マイケル・スタイプは本作から「死」をテーマにしたアルバムを多く発表するが、「死とは多くの作家が長く取り組んできたテーマ。死によって人生の美しさとはかなさを知り、今の瞬間を思い切り生きようと思う。死は突然やってきて、みんなそれを知っている。僕はこのアルバムが最も結束力のあるレコードだと思う。最初から最後まで力強い作品」とマイク・ミルズは語っている。

■リンク
ユニバーサルミュージック
http://www.universal-music.co.jp/rem/
R.E.M.オフィシャルHP
http://www.remhq.com/

-動画, 洋楽, 音楽
-

関連記事

関西出身15歳のビースティーJC3ユニット “REVERBEE” TV初出演で大暴れ!西川貴教先輩の胸を借りる!?

REVERBEE(リバービー)が、11月22日(木)放送のフジテレビNEXT『西川貴教の僕らの音楽』に初出演する。 ミユフィーヌ〈MiYU Fine〉、ヒヨリベリー〈HiYo Ribery〉からなる関 …

2018、最注目のK-POP9人組ダンスボーイズグループSF9がSBY渋谷109店にてカフェコラボ展開決定!! 10/22オープン! 期間限定オリジナルドリンクやグッズを販売!

2018年10 月31 日にJapan第4弾シングル「Now or Never」をリリースする今注目の9人組韓国ダンスボーイズグループSF9(エスエフナイン)が2018年10月22日(月)より、SBY …

BUCK-TICK 櫻井敦司(Vo)の誕生日である3月7日(木)の渋谷AX公演にて、「TOUR 2013 COSMIC DREAMER」ツアーを完結!

  昨年デビュー25周年を迎え、作品リリース、BUCK-TICK主催の大型フェス、ライブツアーと華々しい活動を見せたBUCK-TICK。昨年からの勢いそのままに26周年を迎えた今年も1月20日の沖縄公 …

DEZERT、新MV「Hello」突如解禁。

2017年のV系シーンを激しく疾走するDEZERT。 10月8日の中野サンプラザ公演の熱狂も醒めぬ中、10月25日にバンド初のシングル「撲殺ヒーロー」が発売されたが、そのシングル収録曲でもある「Hel …

JUJU JAZZアルバム「DELICIOUS~JUJU’s JAZZ 3rd Dish~」収録曲、「My Favorite Things」9/19OAスタート「クリアアサヒ プライムリッチ」新TVCMソングに決定!

8/25よりデビュー15周年YEARに突入したJUJUが12月に発表する、JAZZアルバム『DELICIOUS』シリーズ第三弾『DELICIOUS ~JUJU’s JAZZ 3rd Dish~』。 こ …

KANA-BOONの新曲「FLYERS」が起用された、スマートフォンゲーム『Kick-Flight』のアニメーションPV公開!

メジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたり、5リリース・5イベントを企画してきたKANA-BOON。その締めくくりとなるシーズン5の“リリース”~その2~として6月12日に発売が決定した、ニュー …