無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

伝説のギタリストJERRY MERA、1stアルバムが8月26日リリース!

音楽

■リリースの経緯

国内ロックミュージックの黎明期より長年音楽活動を続けていた国内ギタリストの第一人者であるにも拘らず、アーティスト本人のこだわりからこれま でに作品をほぼリリースを行なってくることは無かったが、この度アーティスト本人が新たな活動を進めていく上で、自身の音楽活動の軌跡となるもの をきちんとした形で世に送り出してから次なるステップに進んでゆきたいとの声を受け、同作の発売に至った。
※同作は未発表音源作品のリリース第一弾となる。

■サウンドの軌跡、FACE THE FACEというバンド

国内の音楽シーンでも知る人ぞ知る伝説的存在とも言うべきミュージシャン、米良治彦ことJERRY MERA。彼がかつて結成していたロックバンド「FACE THE FACE」の未発表音源を新たにリマスタリングを行い、JERRY MERA名義で8月26日にリリースされる。

ギタリストとして、テレビアニメ「マクロス7」劇中バンドのFIRE BOMBERへの参加をはじめ、日本や海外で著名なアーティスト達とのステージをこれまで数多く共にしてきているが、世間に対してのアプローチは驚くほど 少ないものであった。

これまで、殆ど自身の楽曲を世に送り出していなかった彼が、満を持して発表するリリース作品の第一弾。同作に収録メンバーとして参加しているミュージシャン達も錚々たる顔ぶれが名を連ねる。

DrumsにはGLAYや氷室京介をはじめとしたアーティストのドラマーを担当する永井利光、Keyboardは喜多郎に森口博子、あみんのバッ クミュージシャンとして参加してきた実力派キーボーディストの海老原真二、他にもコーラスにはつのだ☆ひろ、Fiddleの世界的奏者の岸本一 遙、Pedal Steelに尾崎孝、Banjoに渡辺三郎と、現在の音楽シーンにおける重鎮が揃い踏みしている。

収録されている楽曲はロックサウンドを絶対的な基軸としながら、様々な方向から個性的なアプローチをかけた作品揃いである。その上でなおかつ普遍性を兼ね備えているからこそ、歳月を経ても色褪せる事がないというのをこの作品からは教えられる。

今作のリリースに際して各方面からもコメントが寄せられている事から、彼の交流関係の広さや深さが伺える。以下、寄せられたコメントを紹介させていただく。

「1番ギターを愛してる男は誰だと聞かれたら、迷わずジェリーだと言うだろう。そして俺は日本人ギタリストの最高峰だと思う。ギターのボディーの 底から鳴らせるのはジェリーだけだ。今回アルバムをリリースするという事で彼の事を知ってもらえたら、ギタリストのギターに対する考え方が変わる かもね。少なくとも俺はジェリーに出逢って変わったよ。」
秋間経夫(ex.マルコシアス・バンプ Vocal)

「Congratulations to Jerry!!!長きにわたって刺激しあったライバルにして友の新たな門出を心より祝福します。”メラメラ”と滾るその情熱を今こそ響かせてくれ!!! 」
鮎貝健(JAPAN COUNT DOWNナビゲーター)

「私はジェリーにROCKの真実を教わった!コレを聴けば皆わかるハズ!!!」
伊藤誠(音楽制作プロデューサー 、TBSテレビ音響効果)

「30年かけてまろやかに円熟した古酒(クース)のようなジェリーさんの音楽は、彼のポジティブな人生そのものように輝きを失いません。それどこ ろか、時間を経てもそのメッセージがまったく古びないことに驚きます。
人間や地球への愛といった、テーマがずっと普遍的な価値を歌っているからでしょう。ジェリーさんの人柄そのもののように、時代や文化を超えて愛さ れる輝きを放っています。」
烏賀陽弘道(ジャーナリスト)

「この前、開店直前の渋谷タコベルのまえで、久しぶりにジェリーに出くわした。元気そうだった…。思い出してみると、ここ25年ほど、人生のいろ んな場面でバッタリと彼に出くわすことが多かった。
音楽も人間もバッタリと出くわしたときの衝撃に勝るものはない。ジェリーという音楽人間がようやく世に送り出してきたこのアルバム。どういうわけ だかあなたはバッタリと出くわしてしまったわけですよ、このアルバムに。だったら、一期一会で可愛がってやってください。噛めば噛むほど、味の濃 くなるヤツですからね。」
大野祥之(音楽評論家)

「もう、40年も前の話だ。MERAという奴に初めて会ったのは、渋谷の「明治通り」というROCKを聴かせる店だった。見慣れないそいつは、家 出少年みたいに目の玉だけがキョロキョロと動いていた。
「ボク、プロのギタリストになりたくて」。「じゃあ、なんか弾いて見せろよ」。
店のおんぼろギターを手にすると、奴はいきなりHIGHWAY STARのサビを完璧に弾きやがった。
その夜から、奴は俺のアパートの居候になった。15の頃から天才肌のROCK馬鹿。この期に及んでデビューというからお目出度い。」
梶浦道成(コピーライター)

「Jerry Mera’s album has a 70’s blues-based hard rock sound that is Likely to appeal to fans of Gary Moore and Michael Schenker.Some tracks are more pop or mellow,Sounds best when he cranks up the guitar.」
キース・カフーン(元タワーレコードジャパンCEO、元itunes取締役)

「ついに真打ち登場です。Jerry、待ってましたぁ!ようやくの1st、おせーよ。」
窪田晴男(パール兄弟 Guitar、音楽プロデューサー)

「やはり良いものは古いとか新しいではない。このアルバムには血の通ったROCKが脈々と息づいているのだ。現在(いま)こそ聴くべし!」
GEN(ex.Dur moll Violin、音楽プロデューサー)

「いろんなロック、音楽がチャートに入るべき。エモーショナルなロック、カントリーロック、メタルテイストなロック、そしてオールドスクールロッ ク、全部を幅広く聞いてほしい。似たような音楽ばかりがある時代で、幅を広げてくれる一枚。」
Shin(HeavensDust Vocal)

「親愛なるJerryさんへ、CD発売おめでとうございます。期待に胸を膨らませ聞かせていただきました。何というストレートに胸に入っている ROCKサウンド!血が煮えたぎるような思いで全身が熱くなりました。」
セコ・サンチェス(PEPOTE PERCUSION Japan公認ミュージシャン)

「CD発売、おめでとうございます。今では作りたくてもなかなか作れないようなサウンド感で、上質でとても懐かしい感じがしました。どの曲もやっ ぱりギターサウンドがかっこよかったです!」
都弥可(ex.O’s Vocal)

「35年くらい前、大型バスにメンバー、PA、照明スタッフが乗り全国ツアーしてました。熊本市のカントリーライブハウスで、彼その時はジェリー と呼ばれてました。いいギターを弾く奴だなと思ってたら、いつのまにかセッションしてましたね。米良君もお江戸に上京し、一度ライブハウスに行ったら、今度はヘヴィー/ハードロック、スティーブ・ヴァイみたいな事やってるので驚きました。何 でも出来るギタリストですが基本はカントリーな男です。アルバム出たら、国内海外ツアー組んでロックしてちょうだいね。」
中野督夫(センチメンタル・シティ・ロマンス Guitar)

「この音楽で、兄貴のガッツと愛情を世界中の人にパスト・オン!」
深野真(Freedom Custom Guitar Research社長)

「この作品が世に出る事を大変嬉しく思います。今ではないがしろにされがちな、音楽における表現・想い・感情といったものを、皆さんにも是非この 作品を通じて体験してもらいたいと願います。」
前田遊野(BABYMETAL 神バンド Drums、ex.Blue Man Group Drums)

「こんなROCKを待っていた!是非、ライブで共に踊ってみたい!!」
宮下恵一(タップダンサー、ミュージカル俳優)

「70〜80年代にアメリカを放浪し、本物と音楽し続けたナチュラルボーンギタリスト “ジェリー”。ホンモノは時代に関係なくイイ!」
山田慎也(キングレコード株式会社 制作ディレクター)

「クリアで透明感のある声と音色に癒されました!!」
渡辺俊夫(グラフィックデザイナー / 「出れんの!?サマソニ!?」2013年度オフィシャルキャラクターデザイン担当、GARI、東京ヤンキース、mintmints等 CDジャケットデザイン担当)

音楽シーンの黎明期からギターを鳴らし続けてきたミュージシャンからの強烈な挨拶代わりの全12曲。伝説達による名演を是非とも体感してほしい。

「MERA ROCKは、錆びつかない」
Copywriting by Michinari Kajiura

 title=

【商品概要】
アーティスト名:JERRY MERA
作品名:FACE THE FACE

品番:GDBR-0001
定価:税込2,160円 (税別2,000円)

発売元:groundbreaker
販売元:ダイキサウンド

【収録楽曲】
1.URBAN NIGHT
2.Start all over
3.孤独なHide a Way
4.心の絆
5.Step by Step
6.Innocent eye’s -偽りの瞳-
7.I’ll be there
8.Little miss maybe
9.ヨウリョウヨク生キヨウ
10.無気力Generation

BONUS TRACK
11.Shame on You
12.孤独なHide a Way (DEMO)

※二つ折り・紙ジャケット仕様

初回購入特典:オリジナルポスター
予約購入特典:未発表音源CD-R
※店頭にて予約・購入の方が対象となります

【参加ミュージシャン】
Vocal&Guitar. JERRY MERA
Keyboard.海老原真二
Bass.MASATIKA NAGAI
Drums.永井利光
Chorus.つのだ☆ひろ
Chorus.MIZUHO AKIBA
Fiddle.岸本一遙
Banjo.渡辺三郎
Pedal Steel.尾崎孝

【JERRY MERA LIVE SCHEDULE】
7月23日 渋谷Ruby Room
10月3日 四谷OUTBREAK
10月10日 高円寺Club Mission’s

-音楽

関連記事

毎夏恒例ソウル・ミュージックの祭典「SOUL POWER」コンピレーション・アルバム第6弾のリリースが決定

鈴木雅之、ゴスペラーズ、Skoop On Somebodyの3組をホスト・アーティストとして2006年からスタートし、今年で13回目となる「SOUL POWER 2018」の開催を記念した公式コンピレ …

さよならポニーテール 新曲MVはアイドルが初監督&新メンバー2人加入!

本日、12月5日に発売された“さよポニ”ことさよならポニーテールのファーストミニアルバム「なんだかキミが恋しくて」の発売を記念したリリースイベントが東京・渋谷PARCO内にある2.5Dにて昨日4日、開 …

サラ・オレインが担当するNHK大河ドラマ「西郷どん」本編後の「大河紀行」のテーマが2月14日にデジタル配信決定

今年1月から放送が開始され大好評のNHK大河ドラマ「西郷どん」。 誰もが魅了されるドラマ本編の余韻に浸ることができる「大河紀行」の音楽を彩るのが、ドラマの音楽を手掛けた作曲家・富貴晴美によるピアノとサ …

大阪発のレゲエディージェイCHEHON、ワンマンツアー最終公演を地元大阪なんばHatchにて開催!!!

大阪出身のレゲエ・アーティストCHEHONが、7月31日に発売した5枚目のアルバム『A PASSING POINT』を引っさげて東京、名古屋、大阪と巡ったワンマン・ライヴ・ツアー『A PASSING …

May J. CDプレス工場を訪問。自身のCDにサプライズでサインも!

2017年10月25日に3年ぶりとなるオリジナルアルバム「Futuristic」(読み方:フューチャリスティック)をリリースするMay J.。 昨年2016年にデビュー10周年を迎え、11年目の道を歩 …

倉木麻衣、日本初のVRシングル「YESTERDAY LOVE」リリース

倉木麻衣が、日本初となるVRシングル「YESTERDAY LOVE」を2017年1月11日(水)にリリースすることが決定した。 今作は、倉木麻衣の真骨頂とも言えるグルービーなアップチューン。疾走感溢れ …