無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

歌ネタ芸人、どぶろっくが米オーディション番組優勝者、フィリップ・フィリップスの大ヒット曲を日本語カヴァー!いよいよ本格的に歌手専念か!?

音楽

アメリカの超人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」のシーズン11で優勝の栄冠を手にし、8月19日にとうとう日本デビューを果たす24歳のシンガー・ソングライター、フィリップ・フィリップス。

250万枚売り上げた彼の大ヒット曲「ゴーン・ゴーン・ゴーン?ずっと君のために」を”もしかしてだけど〜”のフレーズでお馴染みの歌ネタ芸人、どぶろっくが日本語カヴァーしたことが明らかとなった。

今回の日本語カヴァーは、レコード会社が彼の楽曲の持つ温もりをもっと日本のリスナーに伝えるべく、おなじみのネタでも歌とギターを熱く奏でて、最近ではギター芸人の一組としても大注目のどぶろっくに白羽の矢を立てたことから実現。既にCDを何枚かリリースしている彼らが洋楽のカバーをする仕事は初だということもあり気合の入った現場となった。

どぶろっくの2人も今回のカヴァーには「歌い手としてのオファーは驚いた、芸人としてではなく。ドッキリかと思った。今までやったことない仕事で、僕らを通して紹介するということを聞きプレッシャーはあったけど、もともと聞いた曲ではあったし耳に非常に残っていた。この仕事を受けて奥さんの前で歌っていたら家庭愛が深まったのは良いことだと思った。撮影もとても楽しめた。動画を見た方は是非とも真似して歌ってみて欲しい。来日の際は、共演も狙いたい。日本での広報大使だから兄弟みたいなもんでしょ」とコメント。

一方、どぶろっくの日本語カヴァーに対して、フィリップ・フィリップスは以下のようにコメント「言葉の壁を取り去って、この歌の持っている“広い意味での愛”を伝えてくれてありがとう。今後、日本に行った時には是非とも生で聴かせてほしいね。」なお、「ゴーン、ゴーン、ゴーン〜ずっと君のために」は、毎週土曜の朝を賑やかに彩る人ABC・テレビ朝日系全国ネット『朝だ!生です旅サラダ』の7〜9月のエンディングテーマに決定している。

【動画】

フィリップ・フィリップス「ゴーン・ゴーン・ゴーン?ずっと君のために」日本語カヴァー by どぶろっく
https://youtu.be/jv_MQaNkwto

 title=

●商品情報

・フィリップ・フィリップス『フィリップ・フィリップス/The World from the Side of the Moon』

2015年8月19日 日本デビュー(UICS-1298 ¥2,200+税)

01 マン・オン・ザ・ムーン/ Man On The Moon

02 ホーム/ Home ・・・1st シングル

03 ゴーン、ゴーン、ゴーン〜ずっと君のために/ Gone, Gone, Gone ・・・2nd シングル

04 ホールド・オン/ Hold On

05 テル・ミー・ア・ストーリー/ Tell Me A Story

06 ゲット・アップ・ゲット・ダウン/ Get Up Get Down

07 ホエア・ウィ・ケイム・フロム/ Where We Came From

08 ドライヴ・ミー/ Drive Me

09 ウォンテッド・イズ・ラヴ/ Wanted Is Love

10 キャント・ゴー・ロング/ Can’t Go Wrong

11 ア・フールズ・ダンス/ A Fool’s Dance

12 ヘイゼル/ Hazel

13 ウィッキド・ゲーム/ Wicked Game

14 レイジング・ファイア/ Raging Fire

15 シッケスト/ Thicket

16 アンパック・ユア・ハート/ Unpack Your Heart

17 サーチ・ライト/ Searchlight

18 ホーム (ライヴ)/ Home (Live)

19 ゴーン、ゴーン、ゴーン〜(ライヴ)/ Gone, Gone, Gone Live From Saratoga Springs, NY

・デジタル好評配信中 https://itunes.apple.com/jp/album/world-from-side-moon/id575739051

※シングル「ゴーン、ゴーン、ゴーン〜ずっと君のために」が今だけプライスダウン中!

●フィリップ・フィリップス リンク

フィリップ・フィリップス 日本公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/phillip-phillips

●フィリップ・フィリップス バイオグラフィ

アメリカ、ジョージア出身の24才。

全米デビュー作の『ザ・ワールド・フロム・ザ・サイド・オブ・ザ・ムーン』は、2012年にビルボードのアルバム・チャートでデビュー当時から4位にランクイン、100万枚以上を売り上げたプラチナム・アルバムとして記録された。シングル曲でもある「ホーム」は500万枚以上を売り上げるスマッシュ・ヒットとなった。その後のツアーでは、マッチボックス・トゥエンティやジョン・メイヤーのツアーに参加したり、ブルース・スプリングスティーンと2013年のロック・イン・リオ・フェスティバルでステージを共有など、ライヴでの多くの経験をすることによって腕に磨きがかかっている。

彼が、初めてのバンドを組んだのは、10代の頃にジョージアのリーズバーグに済んでいた頃。2011年の夏、彼の家族と友達からのたくさんの励ましと共に、当時20歳だったフィリップスは仕事を休んで第11シーズンのアメリカン・アイドルのオーディションへ向かった。アメリカン・アイドルのステージで、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルやウィルソン・ピケットのようなアーティストの曲を全力の大声で歌い切り、ステージを駆け抜けたフィリップスはそのシーズンの優勝者となった。勝利を得たのと同じ日に、シングル「ホーム」はそれまでのアメリカン・アイドルの優勝者の中で最も成功した戴冠ソングとなった。それだけでなく、ビルボード・デジタル・ソングチャートにおいて278,000ダウンロードという、今までで最も高数字でデビューを飾ったのだ。また、セカンド・シングル「ゴーン、ゴーン、ゴーン」は、映画『アメイジング・スパイダーマン2』の劇中歌としても、印象的な場面で使用され、大きな反響を得ている。
<関連リンク>
フィリップ・フィリップス 日本公式サイト

-音楽

関連記事

ViViD、初の武道館公演大成功!次の野望、東京ドーム公演を誓う

2009年4月の結成以来、近年稀に見る驚異的な早さでライブ動員数を増やし、インディーズチャートで三作連続オリコンウィークリーチャート初登場1位を記録。メジャーデビュー以降もリリースしたシングル3作品と …

倉橋ヨエコ 2年の時を経て届けられる音楽のチカラ。遺作2曲が遂に配信開始!

かつて、倉橋ヨエコと言う名の歌手がいた。 六畳一間の自宅にグランドピアノを据え、日々“恨み帳”なる日記を綴り、世間に向けては「夜は自己嫌悪で忙しい」、「みんなの幸せは、私がいないこと」等、数々の名言( …

山田優がイブの夜にシンデレラに!?

PENGIN×山田優一夜限りのサプライズイベント!!!PENGINの5thシングル「世界に一人のシンデレラ feat.U」に参加した山田優がクリスマスイブに再びステージから歌のクリスマスプレゼント! …

Bentham、初の九州5県をまわるミニ・ツアー決定!!大分ではレーベルメイトのKEYTALKと共演!!

4ピース・ハイブリット・ロックバンド、Bentham(ベンサム)が、ツアーとしては初となる九州5県をまわるミニ・ツアーを行う事が決定した。シルバー・ウィークの前日である、9月18日(金)の大分T.O. …

2NE1、夏にぴったりなレゲエナンバー「FALLING IN LOVE」を日本でも配信!

今夏韓国にて約1年ぶりのカムバックを果たし、今月7日には最新曲となる「DO YOU LOVE ME」を発表し全世界で話題となっている「2NE1 (読み:トゥエニィワン)」が、7月に韓国で発表した新曲「 …

BiSフェス!!大成功!年末はリキッドワンマン!

8月3日に1stシングル「My Ixxx」をリリースし、オリコンデイリーチャート26位を記録した、アイドルグループBiS-新生アイドル研究会-が8月7日(日)渋谷wwwにてBiS主催のお祭り「BiSフ …