無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

ジョシュ・グローバンがニューアルバム「ステージズ」について語る、ロングインタビューを公開中!

音楽

ジョシュ・グローバンが2年ぶりの新作『ステージズ』を4月29日にリリースした。既にイギリスでは初登場1位を獲得し、絶好調発売中!

『ステージズ』は、古今の傑作ミュージカルソングをジョシュ・グローバンがカヴァーしたベスト・オブ・ミュージカル・アルバム。『オズの魔法使』、『オペラ座の怪人』、『レ・ミゼラブル』など名作ミュージカルの名曲の数々に、ジョシュのプレミアム・ボイスが新しい命を吹き込んだ作品となっている。デビュー前はミュージカル俳優を目指していたというジョシュ・グローバンだが、『ステージズ』は彼がカーネギーメロン大学でミュージカルを学んでいたころに、現在所属しているリプリーズ/ワーナーブラザーズ・レコードと契約して以来、ずっと作りたかったアルバムだという。「いつかきっと、アルバムという形で大好きな曲たちと再び出会えると心の底で思っていた。僕はここ数年ニューヨークに住んでいて、できる限り多くの演劇を観るようにしている。演劇人の良き友人も多く、そうした刺激を受けてついにこの挑戦を決意したんだ。その時が来た、という感じだね」と自身は語っている。

レコーディングには、プロデューサーにウンベルト・ガティカとバーニー・ハームズを迎え、ロサンゼルスおよびロンドンのアビーロード・スタジオで(75人編成のオーケストラとともに)行われた。特別ゲストにケリー・クラークソン、オードラ・マクドナルド、クリス・ボッティが名を連ねる。

日本盤発売日の本日、3月13日にニューヨークと日本で行った電話インタビュー、4月16日にロンドンで行った、日本のファンに向けてのインタビュー映像の模様を公開!

映像はこちら! https://www.youtube.com/watch?v=JaBzMU44nqo

ジョシュ・グローバン『STAGES』インタビュー:3/13@ニューヨーク
――ハロー?
「ハロー。コニチワ!」
――こんにちは(笑)
「あははは。ハジメマシテ」
――あれ、日本語がわかるんですか?
「ちょっとね。ハイスクールで日本語を取ってたから。だから、ちょっとわかるけど、もうずっと前…ずっとずっと前のことなんで、単語をいくつか覚えているくらいだよ」

――さて、新しいアルバムが出ますが、あなたのミュージカルへの情熱を知っている人なら大喜びの作品だと思いますが、あなた自身、念願かなって、という感じでしょうか。「その通り。僕はもうずっと…子供の頃からこういう曲が大好きだったし、劇場でのミュージカルに刺激を受けてきたからね。僕の両親は、僕が子供の頃からよく劇場へ連れて行ってくれた。それから大きくなって自分が歌える声をしているということに気がついて…、この声で歌ってストーリーを伝えることができると、こういう曲を歌うのに向いている声だとわかったのは本当に嬉しかった。

だから芝居やミュージカルを学ぶ学校へ進んで、大学でもミュージカルシアターを専攻した。当時の夢はブロードウェイに出ること。でも、その前にレコード契約が取れて、自分で音楽を作ることを始めてしまったから…、もちろん素晴らしい経験だったし、大いに楽しんでやってきたしここまで続けてこられたのが嘘のような(笑)、そんな気持ちすらする充実した日々だったんだけど、ここらへんで最初のインスピレーションに立ち返ってみる良い時期かな、という気がしてね。

まあ、こういう曲は時代を問わないものばかりだから、タイミングなんて関係無いんだけど、最近は自分のショウの中でブロードウェイの曲を歌う機会も増えていて、我ながら自分の声はこういう曲に合っているな、と実感していたんだよ。だから、その意味では今、レコードに記録しておくのはいいことだと思って」――なるほど。タイトルの 『STAGES』が示す通り、劇場版のミュージカル、なんですよね。

「そう。今も言ったように僕の最初の夢はニューヨークに出ていってブロードウェイの舞台に立つことだったけど、今回のレコードでは舞台、ということであってブロードウェイに限定してはいない。ありとあらゆるショウ…アメリカのもあれば、ロンドンのウエストエンドの演目もある。フランスのも1つあるし…」

――しかし、何百とある曲の中から選び出す基準は何だったんですか。
「あぁ、もういくらでもあるからね。歌うことそのものと同じくらい、選ぶのが大変だったよ。
まずは、関係者全員がリストを作った。それぞれが自分の好きな曲を、そうだなぁ…20から30選んでリストアップしたんだ。それを突き合わせながら、『僕らがこのレコードで伝えたいのは何だろう』と考えながら選曲基準を練り上げていった。僕自身としては、まずは自分が共感できる歌詞であること、それと、ヴォーカル的にその曲で前例が無かったような何か新しい試みを自分で付け加えられる可能性が感じられること、あと、今この僕らが生きている世の中においても有効な曲…ステージを離れても単独で存在し得る曲であること。ショウに対するトリビュートには違いないんだけど、曲そのものに魅力があることを重視した。ショウの一部として、のみならず曲そのものに世界がある。そういう曲を選んだつもりだよ」

――あなたが最初に観たミュージカルシアターは何だったんですか。
「一番最初に劇場で観たのは Phantom of The Opera。10才か11才の時だ。あの怪しげで見事なスコア、仮面を被った男…あれをあの年齢で体感した衝撃は忘れられないよ。もうすっかり刺激を受けて、ファントムになりきって売店で仮面を買ってもらって、学校にまで持って行って先生に没収されたり…(笑)」
――(笑)
「ああいう、キャラクターになりきるのが僕は好きだったんだよ。そういう意味でも、あの作品のインパクトは大きかった」
――どこで?
「ロサンゼルスだよ。ブロードウェイのカンパニーがLAにツアーしてきた時だ」
――あの舞台装置といい、特に子供には印象に残るでしょうね。
「あのショウは様々なテーマが描かれているし、ものすごくエモーショナルだよね。登場人物が大勢いて、殺人あり…、僕が最も魅了されるのは…Phantom の最も素晴らしいところは、世の中はそんなにシンプルじゃない、と気づかせてくれることだと思う。悪いやつが何においても悪いやつだとは限らない。孤独や、並はずれた才能や、あの人物にまつわる要素だけでも盛沢山で、そういう付箋の豊富さがあの壮大な物語を更に豊かなものにしているんだよ。劇場では最初の方ですぐに結論を出して、あいつが悪いやつだ、と思いながら観ていくうちに、あの怪人ひとりの中に様々な角度から自分を投影するようになっていく。すごいよ。素晴らしいオペラだ」

――その後、数知れぬシアターを観てきたと思いますが、個人的に一番好きなもの、は何ですか?
「これは難しいな。とりあえず、僕はスティーヴン・ソンドハイムの大ファンなんで、子供の頃に観た「Sunday in The Park With George」。あれは大きかったと思う。誰もが知っている演目ではないかもしれないね。でも、僕には影響が大きかったし、中に出てくる 「Finishing The Hat」という曲、あれが大好きで、今度の僕のアルバムでも取り上げている」

――そういう大好きな曲を歌う上で心がけていたことはありますか。
「レコーディングするにあたって一番大事にするべきなのは、僕は歌詞だと思っている。曲をきちんと解釈して…、だから、2つの関門があるんだよね、まずは曲をミュージカルの中で歌う登場人物の立ち場から理解することがひとつ、もうひとつはそれを自分の立ち場で解釈し直すこと。自分なりに、演目の中の登場人物とその役割がどうして好きなのかを理解した上で、アーティストとしての自分らしい作品として提示するわけだから、歌詞はとても重要だ。ただ、場合によってはメロディがすべて伝えてくれることもあるんだよね。それくらい美しく、心奪われるメロディが多いから。ただ、舞台ではなくレコードとして残すとなると、やはり言葉をきちんと伝えるということを軽んじてはいけないと思う。ポップミュージックでは言葉なんてオマケのようにみなされて、ビートとかヴァイブとか、そういうものが先に来る場合がとても多い。でも、こういう楽曲だと言葉で伝えるものが本当に多いんだ。言葉をきちんと解釈して歌うということが、ものすごく大事なんだよ」

――では、最後に日本について。日本でもあなたの歌を生で聴きたいと心待ちにしているファンが大勢いますので。「僕だってずっと待っているんだよ。楽しかったからね。東京で1回だけコンサートをやったんだけど、素晴らしい時間だった。是非また日本で公演をしたい。僕の夢は、いつか武道館で演ることなんだ。大きな素晴らしい会場だよね。それが僕の、最大の夢のひとつ。日本で、あの会場で演ることが、ね。日本の素晴らしいファンの皆さんと、また会いたいなあ。Twitter ではしょっちゅう、交流してるんだけどね。オンラインでよくチャットもしているんだよ。みんな、ちゃんと僕の曲を聴いて応援してくれていて、本当に素晴らしい。近いうちに日本に行って恩返しをしないと」

――日本のシンガーとのコラボレーションなども、話があったら検討する気持ちはありますか。
「もちろん! 是非、是非! また日本語でも歌ってみたいし。日本には素晴らしい音楽がいっぱいあるよね。
クラシックのミュージシャンやシンガーも日本から大勢出ているし…」

――誰か、知っているアーティストはいますか。
「う〜ん、日本に行った時は自分のショウのことで精一杯で、他の音楽を聴く余裕が無かったんだけど、子供の頃、日本から交換留学生が来ていて、彼女の影響でミスター・チルドレンが好きだった時期があるんだ」

インタビュアー:染谷和美

<ジョシュ・グローバン関連リンク>
・Pure Imagination [OFFICIAL MUSIC VIDEO]
https://www.youtube.com/watch?v=SOfagBBxrfs

・What I Did For Love [OFFICIAL MUSIC VIDEO]
https://www.youtube.com/watch?v=kxyaIYWpS3g

・iTunes – Stages (デラックス・ヴァージョン) ※4/29〜
https://itunes.apple.com/jp/album/stages-deluxe-version/id972337386

 title=

<作品情報>
2015年4月29日発売
JOSH GROBAN ? Stages
ジョシュ・グローバン – ステージズ

古今の傑作ミュージカルソングをジョシュ・グローバンがカヴァー。プレミアム・ヴォイスが届けるベスト・オブ・ミュージカル・アルバム。

●仕様: 通常CD 
●WPCR-16446 
●価格:2,400
●インターナショナル発売日:2015.4.28 
●レーベル:リプリーズ・レコード(ワーナー・ブラザーズ・レコード)

【収録曲】
1.“Pure Imagination”/夢のチョコレート工場(『チャーリーとチョコレート工場』より)
2.“What I Did For Love” /愛した日々に悔いはない(『コーラスライン』より)
3.“Bring Him Home”/ 彼を帰して (『レ・ミゼラブル』より)
4.“Les Temps Des Cathedrales”/ カテドラルの時代(『ノートルダム・ド・パリ』より)
5.“All I Ask Of You”/ オール・アイ・アスク・オブ・ユー (『オペラ座の怪人』より) (duet with ケリー・クラークソン)
6.“Try To Remember”/ 思い出して (『ファンタスティックス』より)
7.“Over the Rainbow” /虹の彼方に(『オズの魔法使』より)
8.“Children Will Listen”/”Not While I’m Around“
チルドレン・ウィル・リッスン / ノット・ホワイル・アイム・アラウンド (『イントゥ・ザ・ウッズ』 『スウィーニー・トッド』より)
9.“You’ll Never Walk Alone”/ 君は独りぼっちじゃない (『回転木馬』より)
10.“Old Devil Moon”/ 月の誘惑(『フィニアンの虹』より) (feat. クリス・ボッティ)
11.“Finishing the Hat”/ 帽子を描き終えたら (『日曜日にジョージと公園で』より)
12.“If I Loved You” /もしもあなたを愛したら(『回転木馬』より) (duet with オードラ・マクドナルド)
13.“Anthem” / アンセム (『チェス』より)
14.“Gold Can Turn To Sand” / ゴールド・キャン・ターン・トゥ・サンド(『Kristina』より)
15.“Empty Chairs At Empty Tables“ / 人影のない部屋 (『レ・ミゼラブル』より)

-音楽

関連記事

愛媛発LONGMAN、2020年全国ツアー決定!

11月6日にメジャーデビューシングルをリリースする、男女ツインヴォーカルメロディックパンクバンドLONGMANの約1年ぶりとなる全国ツアーが決定した。 2020年2月からスタートし、地元・愛媛でファイ …

佐香智久、お台場合衆国ライブの実況ツイートがリアルタイムランキング2位を獲得!

“WEB界のプリンス”こと、『佐香 智久』が8月26日(月)、東京・お台場にて開催中のお台場合衆国のライブステージに登場!会場に駆け付けた500人のファンの前で新曲「バイバイ」、弾き語りで披露した「愛 …

「JYP NATION in JAPAN 2011」ライブ・ビューイング開催!さいたまスーパーアリーナのコンサートを全国の映画館で、限定8,000人へ同時生中継!

来る8月17日、18日に、さいたまスーパーアリーナで開催される「JYP NATION in JAPAN 2011」の2日目の模様が、全国の映画館に同時生中継されることが決まった。「JYP NATION …

レベッカ ライヴ・フィルム『1985.12.25 REBECCA WORLD CONCERT TOUR Maybe Tomorrow in渋谷公会堂』を3月13日(火)東京/大阪のZeppにて、一夜限定プレミア上映決定!

1985年12月25日に渋谷公会堂で行われた『REBECCA WORLD CONCERT TOUR ~Maybe Tomorrow』。この伝説とも幻ともいわれた渋公ライヴのコンプリート版を3月13日( …

Rihwa 新曲「シュークリーム」ミュージックビデオが完成&初のライブDVD化が決定!

Rihwaの新曲「シュークリーム」のミュージックビデオが完成し、Rihwa YUTUBE サイト(http://youtu.be/7sH04quGzvQ)にshort ver.がアップされ、フル配信が …

no image

新感覚!? 7月24日デビューのEDEN、“おやゆびハグ”を実施!その名も「テ〜バ会」!?

今、美しすぎる、と話題の超美男子バンドEDEN(エデン)のデビューシングル「Never Cry」(7月24日発売)のリース記念イベントの詳細が発表され、なんと、「テ〜バ会」とやらの実施が決定。そもそも …