無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

シンガーソングライター ティーナ・カリーナ武部聡志氏プロデュース、松井五郎氏との詞共作によるタイトルチューン『100年先もそばにいる』を引っ提げ、1年3カ月振りとなる2ndアルバム3月25日発売決定!

音楽

大阪府出身で、デビュー前6年半にわたり、元・デパ地下優秀販売員であったという異色の経歴を持つティーナ・カリーナ(29)。所属事務所のある仙台に移住し活動を続ける中、2012年、関西弁で綴った恋唄「あんた」で第54回日本レコード大賞・新人賞を受賞、累計30万ダウンロードを記録した。

2014年9月より仙台で毎月開催しているカバー選曲を中心とした企画コンサート『ひとり昭和歌謡祭』が、これまで全公演チケットSOLD OUTさせるなど、持ち前の歌唱力で幅広い世代から人気を集める。

そして2015年1月20日(火)に仙台darwinにて開催された『ひとり昭和歌謡祭』では、1年3カ月振りとなるセカンドアルバムの発売決定の報告を集まったファンに向けて発表された。3月25日発売となる新作アルバムのタイトルは『100年先もそばにいる』。

アルバムに収録されるタイトル同名のタイトルチューン「100年先もそばにいる」は、作詞を松井五郎氏と共作し、武部聡志氏をプロデューサーに迎えた作品で、遠くに住み活動をする娘を応援している両親へ贈る極上のバラードナンバーに仕上がった。この日のLIVE終盤「初めて両親に向けて曲を作りました。 仙台に来て3年。 遠く離れてるからこそ分かる感謝の気持ち、伝えたくてもすぐには会って言えない言葉を詰め込みました。」というコメントした後、アコースティック編成で披露。会場は溢れんばかりの拍手につつまれた。

今後、ティーナ・カリーナは4月に東京・大阪・仙台において『ティーナ・カリーナひとり昭和歌謡祭〜春の特別公演〜』を開催。仙台では初のホール開催となる。チケットは2月中旬より一般発売開始される。

【ティーナ・カリーナ オフィシャルホームページ】 
http://www.tiinakariina.net/

【1月20日(火)『ティーナ・カリーナLIVE 2015「ひとり昭和歌謡祭」』in 仙台darwin】

■セットリスト

1. 天城越え(石川さゆり)

2. 北国行きで(朱里エイコ)

3. よこはま・たそがれ(五木ひろし)

4. 恋の季節(ピンキーとキラーズ)

5. 地上の星(中島みゆき)

6. あかん(ティーナ・カリーナ)

7. 君といつまでも(加山雄三)

8. あの鐘を鳴らすのはあなた(和田アキ子)

9. Woman“Wの悲劇”より(薬師丸ひろ子)

10. シルエット・ロマンス(大橋純子)

11. やっぱ好きやねん(やしきたかじん)

12. あんた(ティーナ・カリーナ)

13. 青葉城恋唄(さとう宗幸)

14. ラブ・イズ・オーバー(欧陽菲菲)

15. 100年先もそばにいる(ティーナ・カリーナ)

アンコール

16. 好きになった人(都はるみ)

■セカンドアルバム「100年先もそばにいる」

発売日:2015年3月25日(水)発売/¥3,000(税抜)

「100年先もそばにいる」(作詞:ティーナ・カリーナ、松井五郎 作曲:ティーナ・カリーナ、nakaokaan 編曲:武部聡志)ほか、14曲+ボーナストラック1曲 全15曲収録

全国SHOP他にて予約受付中!

■LIVE

(*チケット詳細はティーナ・カリーナオフィシャルホームページまで)

・ティーナ・カリーナ LIVE 2015「ひとり昭和歌謡祭」

2月20日(金)仙台 darwin(開場18:30/開演19:00)

3月20日(金)仙台 darwin(開場18:30/開演19:00)

・ティーナ・カリーナひとり昭和歌謡祭 春の特別公演

4月17日(金)大阪 なんばユニバース(開場18:15/開演19:00)

4月19日(日)東京 東京キネマ倶楽部(開場15:15/開演16:00)

4月29日(水・祝)仙台 日立システムズホール仙台・シアターホール(仙台市青年文化センター)(開場15:30/開演16:00)

【ティーナ・カリーナPROFILE】

1986年1月16日生まれ。大阪府池田市出身。 元阪急百貨店サービス優秀販売員(金バッチ受賞)という異色の経歴を持つ、29才シンガーソングライター。2011年3月初旬、25才となった彼女はラストチャンスという強い想いを込めて、DEMO音源を50社のオーディションへ応募した。

送付より1ヶ月以上が経っても、残念ながら1社として彼女の元に連絡を入れた会社は無かった。しかし、諦めかけていた2011年5月中旬、意外な場所から彼女の元に1本の電話が入る。その電話は仙台を拠点とする音楽事務所”エドワードエンターテインメントグループ?”からであり、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響を受けた同社宛の発送資料が、2ヶ月近くも遅れて届いていたためだった。復旧作業で慌ただしい日々を送っていた同社音楽プロデューサーは、震災で社が全壊し仮オフィスとなっていた最中、DEMO音源を聴いた。震災後間もない仙台という地で、奇しくも阪神大震災を経験していたティーナ・カリーナの歌声がプロデューサーの心に響いた。

目頭が熱くなるほど情熱的でまっすぐな歌声、強い想いの込められた力強いメッセージ、彼女の魅力を知るには音源だけで十分たるものだった。

「是非一緒にやりましょう。」

1000キロ以上も離れた大阪と仙台が、奇跡を起こして繋がった瞬間だった。こうして彼女は25年間住み慣れた大阪から、仙台という新しい地へ移住することとなり、音楽業界初となる”大阪出身・仙台発信アーティスト”、ティーナ・カリーナが誕生した。

そしてデビュー前である2012年4月には、POLA企業CMソングとして「輝いて」が大抜擢。地元大阪をこよなく愛し、等身大の関西弁で詰め込まれた珠玉のラブソング「あんた」を収録した、デビューミニアルバム「ティーナ・カリーナ」(全7曲収録)で、2012年9月12日メジャーデビュー。2012年末、「あんた」で第54回日本レコード大賞・新人賞を受賞。その後、関西弁恋唄シリーズとして「あかん」(2013年5月)、「しもた」(2013年11月)を発表。

持ち前の歌唱力と愛嬌あふれるキャラクターで人気を広げ、地上波のテレビ番組などへ多数出演するなどお茶の間へも進出、ブレイク期待のシンガーソングライターだ。

【『あんた』MUSIC VIDEO】 http://youtu.be/3kiNgp8tv28

【『あかん』MUSIC VIDEO】 http://youtu.be/z7oDNuQGxt0

【『しもた』MUSIC VIDEO(壇蜜出演)】http://youtu.be/KPvG-PX81S8
<関連リンク>
ティーナ・カリーナ オフィシャルホームページ

-音楽

関連記事

緊急決定! THE BACK HORN今夜特別番組生中継

ザ・バックホーンがニューアルバム『アサイラム』リリースを目前に控え、本日22:00より特別番組「ライブ トーク アサイラム」と題して、初のUSTREAM生中継を行うことが緊急決定した。今回の生中継を行 …

EGO-WRAPPIN’ 年末恒例「Midnight Dejavu」日程発表&オフィシャルサイト先行受付開始!

写真/撮影:仁礼博 毎年チケット争奪戦が行われるEGO-WRAPPIN’年末恒例ワンマンライブ「Midnight Dejavu」の日程が発表された。東京は今年も恒例の「キネマ倶楽部」、大阪は昨年会場の …

竹達彩奈、初オーストラリアで写真集&イメージ映像

2013年4月に1stアルバム「apple symphony」をリリースし音楽関係者から絶大な支持を受け、新たな音楽ジャンル「アキシブ系」を確立。そのシーンをけん引する声優・竹達彩奈。彼女のキュートな …

MAY’S、”普遍の愛”を歌った「たとえ世界が真っ白になっても」のMVが公開。全編アニメーションで作成。

MAY’Sが12月6日にリリースする8thアルバム「Nothing」。そのリードトラックとして収録される「たとえ世界が真っ白になっても」のミュージックビデオ(https://youtu.be/oL-z …

織田哲郎と久々のタッグ!相川七瀬20周年記念シングルが8月26日リリース決定!

今年デビュー20周年を迎える相川七瀬の20周年記念シングルのリリースが決定した。彼女の生みの親とも言える、プロデューサー織田哲郎と久々にタッグを組んで制作された今作「満月にSHOUT!」は、タイトルの …

浜崎あゆみ、YouTube公式チャンネルが合計1億再生に

浜崎あゆみのYouTube公式チャンネル「ayu」が視聴合計1億回を超えたことがわかった。 YouTube公式チャンネル「ayu」は、2009年の初投稿依頼、数々のヒット曲やライブ映像などが公開され、 …