無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

12月3日にメジャー・デビューを控え、徐々にその全貌が明るみになるDerailers!本日遂に初となるPVが公開された!

音楽

12月3日に1st フル・アルバム「A.R.T」でメジャー・デビューを飾るDerailers。突如として発表されたそのニュースは、バンド好きな音楽ファンだけでなく、ジャンルの垣根を越え、さらには音楽業界関係者をも含めて大きな話題と注目を集めることになった。発表後間もない9月26日(金)の深夜にはTOKYO FMを含むJFN系列全国38局ネットのラジオ番組「やまだひさしのラジアンリミテッドF」で、早くも新曲「Master Blaster」がOAされるほどであった。一体なぜなのか…。メジャー・デビュー&リリース発表で始めてDerailersというバンドを知った人も多かったはずである。その答えはバンドを構成するメンバーを知ることではっきりするのではないだろうか。

Derailersのギターを担当するのは元THE MAD CAPSULE MARKETSのギターリストであり、脱退後は布袋寅泰や大黒摩季、吉川晃司等を先鋭的なギタープレイで支え、楽曲提供やアレンジ活動などを精力的に行いギターリストとして業界内外から高い評価を受けているAi Ishigaki。ベースにはVAMPSをはじめ、布袋寅泰、土屋アンナ等のボトムを支え、その他にも様々なアーティストへの楽曲提供やレコーディング活動で、多くのアーティストから高い評価と大きな信頼を得ているJu-Kenが担当する。そして、ボーカルを務めるのが15歳にしてそのキャリアをスタートさせ、2007年に18歳の若さで「Road to 横浜レゲエ祭」にて最年少優勝を飾り、一躍その名を全国へと知らしめ、今も毎週のように現場でオリジナルを磨いては真夜中のクラブから数多くのビッグフェスまで幅広いリスナーにブレないメッセージを発信し続ける“ラガマフィンディージェイ”のRueedである。“新人にして新人ではあらず”とは正にこのバンドの事であろう。各人がソロ活動として確かな評価を受け、各々の現場で不動のポジションを既に築き上げている。そんな年齢もキャリアも、音楽的バックボーンも異なる3人が、お互いのスキルとアイデアを惜しみなく出し合いながら創り上げた音は、聴く者を魅了することに疑問の余地はなく、注目が集まるのも納得である。

そして、それは音だけに限った事ではなく、初のアーティスト写真と今作のジャケット写真はまるで絵画作品のようであり、アルバムタイトルが「A.R.T」と名付けられたことともリンクしている。そして本日、遂に映像作品として「Master Blaster」のPVが公開された。生身の映像作品はDerailersとしてこれが初となるのだが、さすがの表現力である。一足早く公開された「COOL」なアートワークとはまた違い、映像の中には「COOL」の中に彼らの遊び心が随所に垣間見える作品に仕上がっている。音と映像、そしてアートワークをここまで高いレベルで全てリンク付けし合い、融合を図れている作品はそうないのではないか。「Derail」=「脱線」である。まさに「脱線する者たち」というバンド名に相応しく、規定の型にはまらない彼らの作品と、強いてはDerailersというバンド自体の全貌が楽しみでならない。聴く側の我々も脱線する準備をして新作を待とう。

「Master Blaster」 PV:https://www.youtube.com/watch?v=yYqa26NPHzM

※Derailers オフィシャルHP:http://derailers.jp/
※Derailersオフィシャルtwitter:https://twitter.com/Derailers_
※Derailers オフィシャルfacebook:https://www.facebook.com/Derailers.Official
※徳間ジャパンコミュニケーションズDerailers Information:www.tkma.co.jp/jpop_top/derailers.html

 title=

NEWリリース情報!
■NEW ALBUM「A.R.T」
2014/12/3リリース
TKACA-74172 2,857+税
〜全12曲収録〜
M1.Master Blaster
M2.NEW WORD, NEW WORLD
M3.My Town
M4.Satisfaxion
M5.I’m Free
M6.UZU
M7.MARY JANE
M8.Coolin’
M9.夢みたいな
M10.Good Vibration
M11.重い空気に羽
M12.A WAY
<関連リンク>
Derailers オフィシャルHP

-音楽

関連記事

水曜日のカンパネラ、中国の初フェス出演で「一休さん」大合唱

水曜日のカンパネラが中国の上海、北京で行われた音楽フェスティバル「Strawberry Music Festival」に初出演した。 今年10年目の開催となる「Strawberry Music Fes …

レディー・ガガ アカデミー賞ノミネーションに、感激!幼少期の自分に伝えたいこととは…?

第91回アカデミー賞のノミネーションが日本時間1月22日(火)深夜に発表され、現在公開中の『アリー/ スター誕生』が全8部門にノミネートされた。 下記、『アリー/ スター誕生』の全てのノミネーション。 …

風味堂 初のベストアルバムリリース決定!

約2年のソロ活動を経て、10月に発売されたニューシングル『宝物』を引っ提げてのワンマンツアー「風味堂TOUR2011〜たったひとつの宝物」も大盛況のうち終了した風味堂が、自身初となるベストアルバムのリ …

ROTTENGRAFFTY(ロットングラフティ―)最新ミニアルバム収録楽曲「P.I.L」が、山田悠介原作の映画「復讐したい」の主題歌に決定!

ROTTENGRAFFTY(以下ロットン)がビクターエンタテインメントGetting Betterよりメジャー移籍第一弾として2015年10月7日(水)にリリースするミニアルバム「Life Is Be …

DOES【氏原ワタル】震災を受け新曲「勇気」公開 と「VAMOS! NIPPON!」チャリティグッズ販売

氏原ワタルが東日本大震災を受けて新曲「勇気」を急遽制作。この楽曲の動画を本日4月2日(土)よりオフィシャルホームページにて公開。 そして、本日初日を渋谷www、Shibuya Star loungeで …

うつみ宮土理、大切な人を亡くした子供たちへ励ましの歌作る

東日本大震災で親を亡くした子供たちを励まそうとタレントで歌手のうつみ宮土理(68)がシンガーソングライターの加藤登紀子さんと「青いこいのぼりと白いカーネーション」を制作した。うつみ宮土理は「私はロンパ …