無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

aiko、地元大阪での全国ホールツアー「Love Like Pop vol.17」千秋楽公演はトリプルアンコール!「これからもずっと歌っていきたい」

音楽

今年6月から全国ホールツアー「Love Like Pop vol.17」を開催してきたaiko。約4ヶ月間、30公演におよぶこのツアーが、昨日10月14日(火)に行われた大阪フェスティバルホール公演にて 千秋楽を迎えた。

自身11枚目のオリジナルアルバム「泡のような愛だった」がリリースされてから約1ヶ月後にスタートした今回のツアー。その最終日となった昨日の公演は、aikoの地元大阪での開催ということもあり、ライブ前の会場内は開演を待つ観客の熱気に包まれた。場内が暗転しステージの幕に映像が映し出された後、ニューアルバムのオープニング曲「明日の歌」のイントロの印象的なピアノの音色が会場内にやさ しく響き渡る。幕が落ちてaikoがステージに姿を現すと、観客は大歓声と盛大な拍手で彼女を迎えた。aikoは続いてアッパーな楽曲「二人」で観客のボルテー ジを一気に上昇させると、「Love Like Pop vol.17!みなさんこんばんは!aikoです!みんな元気か!ほんまに元気か!そして今日は最終日です!最後までたっぷりたっぷり、よろしくお願いし まーす!」と元気いっぱいに挨拶。ここから「beat」「愛の病」で会場の熱をさらに高めていった後は、「瞳」をしっとりと歌い上げて観客をaikoの歌の世界に引き込み魅了して いった。そしてaikoは「ただいまー!ただいま帰りました!」「最終日を大阪で迎えることができて、本当にうれしいです!」と地元に帰って来た喜びを ファンに伝えた。

 title=

その後、「サイダー」「卒業式」とニューアルバムの楽曲を立て続けに披露したaiko。続くMCで彼女は11月12日にリリースされる新曲「あたしの向こう」が主題歌とている関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「素敵な選TAXI」 について「『素敵な選TAXI』も本日第1回目が放送されます!」と報告すると観客からも新曲についての期待感がこもった歓声が沸き起こる。続いてライブは、aikoのホールツアーでは恒例となっている即興弾き語りのコーナーへ。このコーナーは観客からその場で集めた6個のキーワード を歌詞に入れ込み、aikoが即興で作詞作曲してピアノ弾き語りを行うというもの。彼女は「台風」「キックベース」「ズル休み」など多岐に渡る6個のキーワードをまとめあげ、「俺のデリケートゾーン」という観客の笑いを誘う見事 な楽曲に仕上げると客席から盛大な拍手が贈られた。

ライブ後半戦に入ると、「染まる夢」「舌打ち」「遊園地」といったロックテイスト満載の楽曲に突入。ステージ後方のビジョンには歌詞をモチーフに した映像とともに激しく歌うaikoが映し出され、圧倒的な迫力で会場の熱は一気に最高潮に。aikoはそのままの勢いで「男子!女子!そうでない人!」とコール&レスポンスをたっぷりと行って観客との距離を縮めた後、勢いのある楽曲「相 合傘」でさらに畳み掛けるように観客を煽る。続く「ジェット」ではステージの両端に移動し観客の手をしっかりと握り、1人ひとりの目を見つめながら熱唱した。「これからもいろんな曲を届けて いけるように一生懸命頑張ります!」「みんなのそばでずっとずっと歌えますように」と観客に語りかけたaikoは、「1人ひとりの隣で歌いたい」 というファンへの想いを込めた楽曲「君の隣」を心を込めて歌い、観客を熱狂と多幸感に包みこんだままライブ本編を締めくくった。

アンコールでは「透明ドロップ」「距離」とニューアルバムからの曲を惜しみなく披露。aikoは「これからも本当にずっと歌っていきたいって何度 も何度もみんなの顔を観て思うツアーでした」とこのツアーを振り返ると観客もあたたかい拍手と声援で応えた。そして観客との別れを惜しむように「赤いランプ」をステージの端から端まで走りながら熱唱した彼女は「本当にみなさん、今日はどうもありがとうご ざいました!(ツアーが)なんか終わってしまうなんてあんまり実感が本当にないんですけれども、こんなふうに毎日過ごすことができて本当に良かっ たです!そして、最後にみんながこうやってライブを作ってくれて本当にうれしかったです!みなさん!本当にどうもありがとうございました!また遊 んでやってください!」とマイクを通さずに全力で叫んだ。

アンコールが終了し、エンディング映像が終わっても観客の熱気と興奮はなかなか冷めず会場内からはさらにアンコールを求める拍手が沸き起こる。するとステージにaikoとバンドメンバーが再び登場。aikoは「最終日にサラっと帰るわけないやろー!」と叫ぶと観客も大喜びでダブルアン コールを歓迎した。彼女は「今日この日に集まってくださった1人ひとりのみんなに、あともう少し楽しんでいただきたいなと思います!よろしくお願 いします!」と話すと、「キラキラ」と「be master of life」を熱唱して観客の一体感も最高潮に。そしてaikoは「本当に今日はみなさん、最後までどうもありがとうございました。無事『Love Like Pop vol.17』最終日を迎えることができました。みんなのおかげです!本当にどうもありがとうございました!」「また会おうね!」と叫び、ステージをあと にした。

これでついにライブが終わるかと思いきや、観客の拍手はまだ鳴り止まず、千秋楽公演はまさかのトリプルアンコールという展開に入っていく。もう1度ステージに登場したaikoは「たくさんの声をありがとうございます!」と観客に感謝の気持ちを伝えた後、「男子!女子!そうでない 人!」とさらに観客を盛り上げ、「Power of Love」で会場全体を熱気に満ちあふれたお祭り騒ぎムードに持っていった。全力で歌い終えたaikoが「ありがとうございました!じゃあね!バイバイ!」と観客に精一杯手を振り深々とおじぎをして、熱気と興奮が冷めやら ぬ中、3時間以上におよぶツアーの千秋楽公演は大団円を迎えた。

このツアーの追加公演として、アリーナツアー「aiko live tour『Love Like Pop vol.17.5』」が10月31日の横浜アリーナ公演を皮切りに計6公演決定しているaiko。

11月12日には32枚目となるニューシングル「あたしの向こう」がリリースされる。昨日からスタートした関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「素敵 な選TAXI」の主題歌としても話題のこの新曲。リリースに向けて今後、続々と詳細情報が届く予定なのでお楽しみに!

※写真は2014年8月27日(水)NHKホール公演(東京)公演のものです

■aiko live tour 「Love Like Pop vol.17」
2014年10月14日 大阪府・大阪フェスティバルホール セットリスト

M1. 明日の歌
M2. 二人
M3. beat
M4. 愛の病
M5. 瞳
M6. 横顔
M7. サイダー
M8. 卒業式
M9. テレビゲーム
M10. あなたを連れて
M11. Smooch!
M12. 染まる夢
M13. 舌打ち
M14. 遊園地
M15. 相合傘
M16. ジェット
M17. 君の隣

<アンコール>

EN1. 透明ドロップ
EN2. 距離
EN3. 赤いランプ

<ダブルアンコール>

EN4.キラキラ
EN5. be master of life

<トリプルアンコール>

EN6. Power of Love

■aiko/32nd Single「あたしの向こう」
■発売日: 2014年11月12日(水)
■品番: PCCA.15017
■定価: 1,200(本体)+税

<収録楽曲>
「あたしの向こう」他

<仕様>
初回限定仕様盤あり

関西テレビ・フジテレビ系
「素敵な選TAXI」
2014年10月14日(火)放送開始(初回15分拡大)
毎週火曜22:00 〜 22:54

<出演者>

竹野内豊 / 毎話ゲスト / バカリズム 南沢奈央 清野菜名 升毅 ほか

脚本:バカリズム

http://www.ktv.jp/sentaxi/

■aikoオフィシャル・ホームページ
http://aiko.com

■aiko Official YouTube
http://www.youtube.com/user/aikoOfficial

■aiko live tour「Love Like Pop vol.17.5」

10月31日(金) 18:00/19:00 横浜アリーナ
11月1日(土) 17:30/18:30 横浜アリーナ
11月6日(木) 17:30/18:30 日本ガイシホール(名古屋)
11月7日(金) 17:30/18:30 日本ガイシホール(名古屋)
11月12日(水) 18:00/19:00 大阪城ホール
11月13日(木) 18:00/19:00 大阪城ホール
チケット料金¥6,800(税込)

※公演日によって開場/開演時間が異なりますのでご注意ください。
※開場/開演時間は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
※小学生以上はチケットが必要です。未就学児はご入場できません。

総合問い合わせ
Baby Peenats
営業時間平日12:00〜15:00/17:00〜19:00

■aiko live tour「Love Like Pop vol.17」

6月24日(火) よこすか芸術劇場
6月28日(土) 東京NHKホール
6月29日(日) 東京NHKホール 
7月4日(金) 大阪フェスティバルホール
7月5日(土) 大阪フェスティバルホール
7月9日(水) リンクステーションホール青森
7月10日(木) 仙台サンプラザホール
7月20日(日) 名古屋日本特殊陶業市民会館フォレストホール
7月21日(祝・月) 名古屋日本特殊陶業市民会館フォレストホール
7月26日(土) 三重県文化会館大ホール
7月30日(水) 札幌ニトリ文化ホール
7月31日(木) 札幌ニトリ文化ホール
8月9日(土) 福岡サンパレスホテル&ホール
8月10日(日) 福岡サンパレスホテル&ホール
8月15日(金) 大阪フェスティバルホール
8月16日(土) 大阪フェスティバルホール
8月27日(水) 東京NHKホール
9月5日(金) 中野サンプラザホール
9月6日(土) 中野サンプラザホール
9月12日(金) 新潟県民会館
9月15日(祝・月)広島上野学園ホール
9月16日(火) 倉敷市民会館
9月21日(日) 松山市民会館
9月23日(祝・火) 高松アルファあなぶきホール
9月26日(金) 宮崎市民文化ホール
9月27日(土) 鹿児島市民文化ホール第一
10月1日(水) 沖縄コンベンション劇場
10月10日(金) 金沢本多の森ホール
10月11日(土) 福井フェニックス・プラザ
10月14日(火) 大阪フェスティバルホール

全会場 開場18:00 開演 19:00(土日・祝)開場17:00 開演 18:00

※一般発売チケットは、全公演即日完売いたしました。

■aiko/ 11th ALBUM「泡のような愛だった」

■発売日: 2014年5月28日(水)

■品番: PCCA.15011

■定価: 2,913(本体)+税

<収録楽曲>

M1.明日の歌
M2.染まる夢
M3.Loveletter
M4. あなたを連れて
M5.距離
M6.サイダー
M7.4月の雨
M8.遊園地
M9.透明ドロップ
M10.君の隣
M11.大切な人
M12.キスの息
M13.卒業式

written&words by AIKO
arranged by Masanori Shimada
<関連リンク>
aiko オフィシャルホームページ

-音楽

関連記事

11人となった新生LinQ 全国47公演ツアー千秋楽公演を無事終了

新生LinQの第一弾ツアー「ロード・オブ・ザ・リンク~LinQ第2章 虹の架け橋~」の千秋楽公演が17日、福岡の天神ベストホールで行われた。「LinQ解体再開発プロジェクト」を成功させ、8月に発足した …

the chef cooks me、地元蒲田にて参加者と共に楽曲を作りあげるワークショップ&リリースイベントが開催決定!

the chef cooks meのニューアルバム「Feeling」のリリース記念イベント「Touch the Feeling」が、10月13日(日)に東京・蒲田のカフェにて開催される。 イベントはt …

FAKY初主催イベント「FAKY@ 〜Halloween Special〜」、大盛況のうちに終了!!

エイベックスが運営する名門レーベル“rhythm zone (読み : リズムゾーン)”からデビューが発表され、日本のみならず全世界約100か国からアクセスが殺到し話題となっている今注目のニュー・ガー …

小松未可子の2016年以降既発作品サブスク解禁& ニューアルバム「Personal Terminal」クロスフェード映像も

小松未可子が2016年以降にリリースした作品が音楽サブスクリプションサービスにて本日より配信スタートした。 このたび配信されたのはシングル「Imagine day, Imagine life!」「Ma …

ユニコーン 奥田民生50祭もみじまんごじゅう”出演者発表&ライブ・ビューイング決定!”

2015年5月11日(月)・12日(火)広島文化学園HBGホールにて行われる、ユニコーン 奥田民生50祭”もみじまんごじゅう”の出演者が決定! 5月11日(月)は、&#8221 …

K-POPアーティスト・HOYA 日本活動初となるリリースイベントの詳細が発表!

人気K-POPボーイズグループINFINITEの元メンバー・HOYA(ホヤ)。彼が2019年1月23日に日本デビュー1stミニアルバム「Shower –Japanese Edition-」をリリースす …