無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

フランク永井 よみがえる、魅惑の低音! 究極のカバー曲集2種を10月22日に発売!「函館の女」「北国の春」「別れの朝」など11曲を初CD化!

音楽

「有楽町で逢いましょう」「君恋し」「おまえに」など大ヒット曲を多数持ち、1957年からNHK紅白に26回連続出場した、昭和の国民的歌手“フランク永井”。その歌手デビュー60周年を記念して、日本の大ヒット曲とジャズの名曲カバーを集めた各2枚組2種類のCDアルバム『フランク永井 ザ・カバーズ(ジャズ・スタンダード)』『フランク永井 ザ・カバーズ(歌謡曲・演歌)』が、2014年10月22日に発売される。

「歌謡曲・演歌編」の楽曲は相当に流行した歌ばかりなので、今でもTV番組で歌っているものが多い。それとフランクの歌唱を聴き比べてみるのも趣向である。「函館の女」「港町ブルース」「伊勢佐木町ブルース」「女のみち」「なみだの操」「別れの朝」「酒と泪と男と女」「氷雨」「いい日旅立ち」など、初CD化の楽曲11曲はどれも彼のイメージをやぶる、意外性にあふれたラインナップとなっている。

また、彼の出身地である東北が東日本大震災からの復興に向かっているなかで、「歌謡曲・演歌編」には「北国の春」「青葉城恋唄」など東北の歌が多く収録されており、根強い東北のファンにも、懐かしいフランクの歌声からエネルギーを感じてほしいという思いが込められている。

「ジャズ・スタンダード編」をはじめて聴くと、永井の英語の発音の流暢さ、歌のうまさに驚くことだろう。“スタンダード”というだけに、多くの歌手に繰り返し歌われてきた名曲たちだが、フランクの作品はまた格別である。戦後から昭和の復興期にジャズ歌手を目指した人物であるだけに、ジャズへの思いはひときわで、実際、その世界でも非常に高い評価を得ている。「ジャズ・スタンダード編」は2枚組で50曲も収録しており、“ジャズ歌手・フランク永井”を心ゆくまで楽しむことができる。“スタンダード”でも編曲者による味付けでムードが変わっており、現在も活躍する方も含めて、超一流のムード・メーカーによるアレンジが楽しめる。

2014年10月27日の命日に7回忌を迎えるフランク永井。色褪せぬ歌声をこの『フランク永井 ザ・カバーズ』でゆっくり堪能してほしい。

リリース情報(2枚組 2種類)

 title=

「フランク永井 ザ・カバーズ(歌謡曲・演歌)」
アルバムCD2枚組/ VICL-64232〜3  ¥3,500+税
<収録曲>
【※は初CD化、カッコ内はオリジナル歌手】
[DISC 1]
(01) カチューシャの唄 (松井須磨子ほか)
(02) 星影の小径 (小畑実)
(03) ウナ・セラ・ディ東京 (ザ・ピーナッツ)
(04) 上を向いて歩こう (坂本九)
(05) 雨がやんだら (朝丘雪路)
(06) アカシアの雨がやむとき (西田佐知子)
(07) 君こそわが命 (水原弘)
(08) 知床旅情 (加藤登紀子)
(09) 函館の女 (北島三郎)※
(10) 北国の春 (千昌夫)※
(11) 港町ブルース (森進一)※
(12) 潮来笠 (橋幸夫)
(13) ラブ・ユー東京 (黒沢明とロス・プリモス)
(14) 伊勢佐木町ブルース (青江三奈)※
(15) よこはま・たそがれ (五木ひろし)
(16) 京都慕情 (渚ゆう子)
(17) 長崎は今日も雨だった (内山田洋とクール・ファイブ)
(18) カスバの女 (エト邦枝)
(19) 女のみち (ぴんからトリオ)※
(20) なみだの操 (殿さまキングス)※
(21) 昭和ブルース (天地茂)
(22) 誰もいない海 (トワ・エ・モア)

[DISC 2]
(01) 見上げてごらん夜の星を (坂本九)
(02) そっとおやすみ (布施明)
(03) 赤坂の夜は更けて (西田佐知子)
(04) 抱擁 (箱崎晋一郎)
(05) ブランデーグラス (石原裕次郎)
(06) 東京ブルース (西田佐知子)
(07) 赤いグラス (アイ・ジョージ)
(08) 昔の名前で出ています (小林旭)
(09) 酒場にて (江利チエミ)
(10) くちなしの花 (渡哲也)
(11) みちづれ (牧村三枝子)
(12) 銀座の恋の物語 (石原裕次郎/牧村旬子)
(13) 夜霧よ今夜も有難う (石原裕次郎)
(14) 今日でお別れ (菅原洋一)
(15) 別れの朝 (ペドロ&カプリシャス)※
(16) ヘッド・ライト (新沼謙治)
(17) すきま風 (杉良太郎)
(18) 酒と泪と男と女 (河島英五)
(19) 氷雨 (佳山明生、日野美歌)※
(20) もしもピアノが弾けたなら (西田敏行)
(21) 青葉城恋唄 (さとう宗幸)※
(22) いい日旅立ち (山口百恵)※

 title=

「フランク永井 ザ・カバーズ(ジャズ・スタンダード)」
アルバムCD2枚組/ VICL-64230〜1  ¥3,500+税
<収録曲>
[DISC 1]
(01) 夕日に赤い帆 RED SAILS IN THE SUNSET (編曲:前田憲男)
(02) 明るい表通りで ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET (編曲:前田憲男)
(03) 恋の気分で I’M IN THE MOOD FOR LOVE (編曲:前田憲男)
(04) ファイブ・ミニッツ・モア FIVE MUNITES MORE (編曲:前田憲男)
(05) オール・オブ・ミー ALL OF ME (編曲:前田憲男)
(06) ラブ・レター LOVE LETTER (編曲:前田憲男)
(07) ワンス・イン・ナ・ホワイル ONECE IN A WHILE (編曲:前田憲男)
(08) アイ・ドント・ノウ・ホワイ I DON’T KNOW WHY (編曲:前田憲男)
(09) 国境の南 SOUTH OF THE BORDER (編曲:前田憲男)
(10) 嘘は罪 IT’S A SIN TO TELL A LIE (編曲:近藤進)
(11) ラモーナ RAMONA (編曲:近藤進)
(12) 恋人と呼ばせて LET ME CALL YOU SWEETHEART (編曲:近藤進)
(13) フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン FLY ME TO THE MOON (編曲:近藤進)
(14) プリテンド PRITEND (編曲:寺岡真三)
(15) ハーバー・ライツ HARBOUR LIGHTS (編曲:近藤進)
(16) 慕情 LOVE IS MANY SPLENDORED THING (編曲:半間巌一)
(17) 酒とバラの日々 DAYS OF WNE AND ROSES (編曲:半間巌一)
(18) いそしぎ THE SHADOW OF YOUR SMILE (編曲:半間巌一)
(19) テネシー・ワルツ TENNESSEE WALTZ (編曲:寺岡真三)
(20) センチメンタル・ジャーニー SENTIMENTAL JOURNEY (編曲:寺岡真三)
(21) ムーン・リバー MOON RIVER (編曲:半間巌一)
(22) ドリーム DREAM (編曲:近藤進)
(23) ある愛の詩 WHERE DO I BEGIN LOVE STORY (編曲:半間巌一)
(24) テイク・マイハート TAKE MY HEART
(25) イッツ・ビーン・ア・ロング・ロング・タイム IT’S BEEN A LONG,LONG TIME (編曲:堤達雄)
[DISC 2]
(01) トゥー・ヤング TOO YOUNG (編曲:寺岡真三)
(02) セプテンバー・ソング SEPTEMBER SONG (編曲:寺岡真三)
(03) 恋人よ我に帰れ LOVER COME BACK TO ME (編曲:多忠修)
(04) ばらの刺青 THE ROSE TATTOO (編曲:多忠修)
(05) 16トン SIXTEEN TONS (編曲:寺岡真三)
(06) 夜のストレンジャー STRANGER IN THE NIGHT (編曲:近藤進)
(07) 二人でお茶を TEA FOR TWO (編曲:寺岡真三)
(08) ビコーズ・オブ・ユー BECAUSE OF YOU (編曲:寺岡真三)
(09) ユー・ビロング・トゥ・ミー YOU BELONG TO ME (編曲:近藤進)
(10) フォー・センチメンタル・リーズンズ FOR CENTIMENTAL RETURNS (編曲:寺岡真三)
(11) アンサー・ミー・マイ・ラブ ANSWER ME MY LOVE (編曲:近藤進)
(12) ヴァイヤ・コン・ディオス VAYA CON DIOS (編曲:横内章次)
(13) ムーラン・ルージュの歌 THE SONG FROM MULIN ROUGE (編曲:近藤進)
(14) アイ・ワンダー・フーズ・キッシング・ハー・ナウ I WONDRE WHO’S KISSING HER NOW (編曲:近藤進)
(15) テンダリー TENDERLY (編曲:近藤進)
(16) グッド・ナイト・スイートハート GOOD NIGHT SWEETHEART (編曲:寺岡真三)
(17) 枯葉 THE FALLING LEAVES (編曲:小沢直与志)
(18) ばら色の人生 LA VIE EN ROSE (編曲:小沢直与志)
(19) ラ・メール LA MER (編曲:寺岡真三)
(20) パリの空の下セーヌは流れる SOUS LES TOITS DE PARIS (編曲:寺岡真三)
(21) ラブ LOVE (編曲:寺岡真三)
(22) 恋心 L’AMOUR C’EST POUR RIEN (編曲:一ノ瀬義孝)
(23) サン・トワ・マミー SANS TOI MAMIE (編曲:一ノ瀬義孝)
(24) 小さな喫茶店 IN EINER KLEINEN KONDITOREI (編曲:前田憲男)
(25) プリテンド〜トゥー・ヤング〜エニータイム〜愛の讃歌〜慕情 (編曲:近藤進)

フランク永井プロフィール
1932年(昭和7年)3月18日、宮城県志田郡松山町生まれ。

本名・永井清人。古河中学卒業後、18歳で米軍キャンプのアルバイト生活を経て、クラブ歌手として活動を開始。1955年(昭和30年)に「恋人よわれに帰れ」でビクターからデビュー。初期はジャズを歌っていたが作曲家・吉田正氏の薦めで歌謡曲に転じた。昭和30年代東京での典型的なデートコースを歌った「有楽町で逢いましょう」が1957年(昭和32年)に爆発的ヒットしトップ・スターの座を獲得。”魅惑の低音”と呼ばれたバス・ヴォイスと、都会的でモダンなフィーリングで大衆を魅了した。1958年(昭和33年)に「羽田発7時50分」「西銀座駅前」「夜霧に消えたチャコ」。1959年(昭和34年)、自らがスカウトした松尾和子とのデュエット曲「東京ナイトクラブ」と連続してヒットを放ち、昭和歌謡史に大きな足跡を残した。1961年(昭和36年)「君恋し」で第3回日本レコード大賞受賞。1957年(昭和32年)からNHK紅白に26回連続出場。2008年(平成20年)10月27日永眠。

-音楽

関連記事

WEAVER Dr.河邉 徹が小説家デビュー!「cakes」にて「夢工場ラムレス」連載をスタート!

WEAVERのドラマーであり多数の楽曲の作詞を手がける、河邉 徹が電子メディア媒体「cakes」内にて、デビュー作「夢工場ラムレス」の連載をスタートすることを発表した。連載後は、角川より単行本化も予定 …

マーヴィン・ゲイ幻のアルバム、CD国内盤の発売が決定!

ソウル史上に燦然と輝く名盤『ホワッツ・ゴーイン・オン』(1971年)に続くアルバムとして1972年に発売が予定されていながら未発表となった『ユーアー・ザ・マン』が、マーヴィン・ゲイの生誕80年/モータ …

和楽器バンド、初のオーケストラとのコラボレーション! 「和楽器バンド×The WGB Symphonic Orchestra」のダイジェスト映像を公開!

和楽器バンドの初のオーケストラとのコラボレーション「和楽器バンド×The WGB Symphonic Orchestra」のダイジェスト映像がYouTubeにて公開された。 この「和楽器バンド×The …

AAAが中高生を応援!新曲「Yell」が“進研ゼミプラス”CMソングに

11月にグループ単独初となるドーム公演が決定した男女7人組パフォーマンスグループAAA(トリプル・エー)の新曲「Yell」が、『進研ゼミプラス CMソング』に起用され、夏の新CM「勝ちにいく夏篇」の放 …

サーターアンダギーが新曲の着うた(R)をチャリティ配信

結成2年目を迎えた人気ユニットのサーターアンダギーが、4月発売のアルバムに収録される新曲「会いに行くからね」の着うた(R)先行配信を3月23日(水)よりレコチョクでスタートさせました。同曲の着うた(R …

チャン・グンソク、5月の1stアルバムに続き、7月からのアジアツアー開催決定!

先日1stアルバム「Just Crazy」のリリースを発表し、今年芸能活動20周年を迎えるチャン・グンソクがまた新たな扉を開きます。2012年、7月のソウル公演を皮切りに日本・中国・台湾などの地域にわ …