無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

サマーソニックでの来日が記憶に新しい伝説のUSロック・バンド、ピクシーズがファン監督による「Ring The Bell」のミュージック・ビデオを公開!

音楽

カート・コバーンなどその後の数々のアーティストに影響を与えてきた伝説のUSロック・バンド、ピクシーズ。今年4月には、23年振りとなるニュー・アルバム『インディ・シンディ』をリリースし、去る8月にはサマーソニックで久々の来日公演でファンを沸かせてくれた彼らが、新作から「Ring The Bell」のミュージック・ビデオを公開しました!

先週ティーザーと称して公開されたビデオは、ピクシーズのファンであるイスラエル出身の少女2人、Lital MizelとAdi Frimmermanが2005年に自主制作したピクシーズの楽曲「Hey」にあわせて口パクをするというビデオ。あっという間にそのビデオは話題となり、今では3,400万の再生回数を記録するほどの人気に。そんな中今年6月、2人はイスラエル公演を行なったピクシーズに舞台裏に招待され、念願の対面を果たしたそう。そこで冗談半分にバンドに新たなビデオ作成を提案したところ、今回の「Ring The Bell」で実現することとなったのでした!

ショッピングカートを手に、所々に破棄されたものを拾い集めながら旅をする2人はやがて友人らが集う神聖な場所へとたどり着く・・・そこで、今となっては懐かしのアイテムとなってしまったVHSやカセットテープ、ローラースケート、レコードプレーヤーなどが多数登場する、という今回のビデオ。Mizelいわく「この曲は何かが終わる瞬間、儚い時間の中で過去を振り返って何かを恋しく思う気持ちを歌っている気がする」ということが、シナリオの背景にあるよう。「80年代に生まれた私たちがノスタルジックをテーマにした作品を、今では形を変えてしまったものなどと共に、子供の頃の思い出をベースに作りたかったの」と彼女は語っています。

ピクシーズ「Ring The Bell」はこちらから:
https://www.youtube.com/watch?v=fCRZrfonyZU

また、今回のビデオ制作のきっかけともなった、9年前に2人が作成した「Hey」の口パク・ビデオも是非チェックして、2人の成長ぶりを見てみてください!

Lital MizelとAdi Frimmermanによる「Hey」の口パク・ビデオはこちらから:
https://www.youtube.com/watch?v=-_CSo1gOd48

 title=

■アルバム情報

アーティスト名:Pixies(ピクシーズ)
タイトル:Indie Cindy(インディ・シンディ)
発売日:好評発売中!
流通品番:HSE-30333 (オリジナル品番:PM006CDXJ)
レーベル:PIAS Recordings / Hostess
価格:2,371円+税
※ボーナス・トラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付

<トラックリスト>
1. What Goes Boom
2. Greens And Blues
3. Indie Cindy
4. Bagboy
5. Magdalena 318
6. Silver Snail
7. Blue Eyed Hexe
8. Ring The Bell
9. Another Toe In The Ocean
10. Andro Queen
11. Snakes
12. Jaime Bravo
13. Monkey Gone To Heaven (Live in the USA 2014)*
14. Nimrod’s Son (Live in the USA 2014)*
*日本盤ボーナストラック

iTunesリンク:
https://itunes.apple.com/jp/album/indie-cindy-deluxe-version/id839449191?at=11lwRX

<iTunes デラックス版は13曲のライヴ音源を収録!>
1. What Goes Boom
2. Greens And Blues
3. Indie Cindy
4. Bagboy
5. Magdalena 318
6. Silver Snail
7. Blue Eyed Hexe
8. Ring The Bell
9. Another Toe In The Ocean
10. Andro Queen
11. Snakes
12. Jaime Bravo

1. Bone Machine (Live in the USA 2014)
2. Hey (Live in the USA 2014)
3. Ana (Live in the USA 2014)
4. Magdalena 318 (Live in the USA 2014)
5. Snakes (Live in the USA 2014)
6. Indie Cindy (Live in the USA 2014)
7. I’ve Been Tired (Live in the USA 2014)
8. Head On (Live in the USA 2014)
9. The Sad Punk (Live In The USA 2014)
10. Distance Equals Rate Times Time (Live in the USA 2014)
11. Something Against You (Live in the USA 2014)
12. Isla De Encanta (Live in the USA 2014)
13. Planet Of Sound (Live in the USA 2014)

■ショート・バイオ

1986年、ブラック・フランシス(Vo)、キム・ディール(B/Vo)、ジョーイ・サンティアゴ(G)、デイヴィッド・ラヴァリング(Dr)によりアメリカのボストンで結成。USグランジ/オルタナ・ムーブメントを牽引し、その後のインディ・ロック・シーンに多大なる影響を与えた。1993年に解散を発表するも、04年に再結成し、同年のフジロックに参加するなど話題を呼んだ。また、2010年にはサマーソニックにも出演している。13年、ベーシストのキムが脱退。現在はア・パーフェクト・サークルやズワンの元メンバー、パズ・レンチャンティンをツアー・ベーシストに迎え、今年のツアーを行うことを発表。同年12月から、新曲を収録したEP1、EP2、EP3を順次発表。そして14年4月、23年振りとなるニュー・アルバム『インディ・シンディ』をリリース、8月にはサマーソニックで来日。
<関連リンク>
ピクシーズ 日本公式サイト

-音楽

関連記事

REDMAN初のミニアルバムリリース、最新MVとオフィシャルインタビューUP

テレビ東京系列にて放送中のアニメ「遊☆戯☆王ゼアル」のエンディングテーマ「Challenge the GAME」で突如シーンに出現した5人組ロックバンド「REDMAN」当初は、謎に包まれた存在だった彼 …

ドミコ SXSW2018で初渡米! SXSW Japan Nite 2018 出演と全米6大都市を回るツアーが決定!!

世界最大規模のカルチャーフェスとして日本の音楽ファンにもおなじみのSXSW(サウスバイサウスウエスト)。 アメリカ、テキサス・オースティンにて開催される2018年の<SXSW Japan Nite 2 …

PUFFY デビュー記念日に、ニューヨーク・セントラルパークでライブ開催 逆輸入スペシャルライブも決定!

PUFFYが22回目のデビュー記念日となる5月13日(アメリカ現地時間)に、ニューヨーク・セントラルパークにて開催された日米交流促進イベント「JAPAN DAY@CENTRAL PARK 2018」で …

E-girls、「史上最強に本気で踊っている」MV公開!

E-girlsが、2月10日リリースの初のベストアルバム『E.G. SMILE -E-girls BEST-』に収録される新曲「DANCE WITH ME NOW!」のミュージックビデオを公開した。 …

ザ・ローリング・ストーンズ『ヴードゥー・ラウンジ・アンカット』のデザイナーが語るアートワークの製作秘話映像が公開

今年11月に発売となったザ・ローリング・ストーンズ『ヴードゥー・ラウンジ・アンカット』の発売を記念して、『ヴードゥー・ラウンジ』のアルバム・ジャケットのデザイナーであるマーク・ノートンが語るデザイン製 …

THE YELLOW MONKEY 前代未聞!「PUNCH DRUNKARD TOUR 1998/99」 47都道府県の貴重ライヴ映像から毎日1公演をオフィシャルYouTubeにて10/18より公開

さらに12/4発売のリマスター盤再発に「BUNCHED BIRTH」も追加発売決定! 12月4日(水)に発売されるDVD『パンドラザ・イエロー・モンキーPUNCH DRUNKARD TOUR THE …